目 塗り方。 キャラクターに命が灯る!目の塗り方メイキング

透明感のある瞳の塗り方についてまとめてみました

目 塗り方

透明感のある綺麗な目のコツ 最初の目の講座はもにかにこさんによって描かれたハッカードル2号の目の塗り方です。 ハイライトが美しい瞳の描き方をこのパートで学んでいきましょう! 下塗りと影の塗り 事前にバケツツールを使って瞳を大まかに塗り分けた状態からスタートします。 今回は瞳にピンク色を使って塗っていきます。 塗り分けた状態の目に影を塗っていきます。 下塗りレイヤーの上に新規レイヤーを作成し、乗算モードにします。 クリッピングをした後に、このレイヤーに影を塗っていきます。 瞳の上からグラデーションになるように影色を着色します。 筆ブラシで、上から暗めの青紫色、明るい水色を塗りました。 美しい目の描き方:描き込み 先ほどのレイヤーの上に、新規の通常レイヤーを作成しクリッピングします。 濃い青紫色で黒目を塗ります。 続いて瞳の下半分を塗っていきます。 黒目のレイヤーの上に新規レイヤーを作成し、スクリーンモードを選択します。 こちらもクリッピングをします。 明るい黄緑色を選択し、筆ブラシで瞳の下半分を塗りました。 さらにその上に新規の通常レイヤーを作成し、明るい水色で描き込みを加えました。 最後に、新規レイヤーを作成し陰影モードを選択します。 明るい水色を使って瞳の上半分を塗りました。 ここで一旦多くなったレイヤーを統合して一つにまとめていきます。 綺麗な目に仕上げる 先ほど一つに統合した目のレイヤーの上に新規レイヤーを作成し、モードはオーバーレイを選択します。 瞳にピンク色を塗って瞳に深みをもたせるために、筆ブラシで塗っていきます。 同じレイヤーにパステル系の黄色でハイライトを描いていきます。 今回はハイライトを星の形に描きました。 ハイライトがさらに目立つために、通常レイヤーを作成し、パステルっぽい黄色で星型のハイライトをなぞります。 最後に白色の筆ブラシで楕円のハイライトを描き光を美しく取り入れた瞳のイラストは完成です。 次の章ではキラキラした目の塗り方を解説していきますが、透明感とキラキラ感のある目のメイキングを別の記事でも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 キラキラした目のポイント 続いて、きりがやゆくるさんの「グラデーションを使って目を塗っていく方法」について解説していきます。 下塗りと影の塗り方 今回も事前にバケツツールを使って瞳を大まかに塗り分けたところからスタートします。 下塗りレイヤーの上に新しく乗算レイヤーをつくり、影をつけていきます。 ブラシは不透明度100%のブラシを使います。 影色には橙色を使用しました。 最後に、目の影レイヤーを複製しグラデーションをかけ、影色を調節しました。 今回はオレンジのグラデーションをまた上にかけ色の調節をしました。 瞳のグラデーション 続いて瞳にグラデーションをかけていきます。 今回は金色の目にするので黄色とオレンジのグラデーションをかけます。 瞳の上から下にかけてグラデーションをかけます。 続いて瞳孔を描いていきます。 同様に、瞳のレイヤーの上に乗算レイヤーをつくり、瞳孔を描きます。 ブラシは不透明度100%のブラシを使います。 瞳孔の色は、影色のオレンジと瞳の黄色の中間あたりのオレンジの色で塗りました。 今回は可愛らしい感じにしたかったので、瞳孔の形はハートマークにしています。 また上から乗算レイヤーをつくり、瞳の上部分を塗っていきます。 最後に覆い焼きレイヤーでハイライトを塗っていきます。 ブラシは不透明度100%のブラシを使います。 クリーム系の色でハイライトを入れていきます。 瞳の下部分に大きく1つ、他に小さな点を複数、ハイライトをいれました。 また、目の瞳孔のなかにさらにハートマークのハイライトを入れました。 これで完成です。 目のハイライトはキャラクターの個性を演出できます、星や花のマークのハイライトを入れても良いでしょう。 キャラクターにあったハイライトを入れましょう。 透明感のあるキラキラした目は、少し違うパターンをこの講座でも解説しています。 この講座では目を使ったキャラクターの性格付けについても触れているのでぜひ参考にしてみてください。 厚塗りの目の塗り方 最後は、ささもとろこさんによる深みのある瞳の塗り方について解説していきます。 下塗りと影の塗り方 まず、バケツツールを使って瞳を大まかに塗り分けました。 今回は瞳に黄緑色を使っています。 瞳の上の部分から順に、少し色相が青よりの暗い緑、ベースの緑、少し色相が黄色よりの明るい緑のグラデーションになるように着色していきます。 筆ブラシで、青よりの暗い緑、ベースの緑、少し色相が黄色塗ったあと、ぼかしを使って色の境界線を馴染ませます。 その後、徐々にまつげの際や、瞳のふちなどを暗くしていき、目の中央に瞳を描きます。 まつげの際には濃い茶色で塗り、ぼかしで馴染ませます。 筆ブラシでどんどん描いていきます。 これで、だいたい目のベースができてきました。 さらに塗っていき深みを出す 次に新規オーバーレイレイヤーを作成し、目のベースレイヤーでクリッピングします。 こうすることで、目から着色がはみ出なくなります。 オーバーレイレイヤーで黄色系やオレンジ系などの色を重ね、深みを出していきます。 瞳の黄色部分にオレンジ色をのせ、緑の部分には水色をのせました。 色をのせたあと境界線をぼかして馴染ませます。 瞳にハイライトを入れて仕上げる 発光レイヤーを作成し、目にハイライトをいれていきます。 いきなり白いハイライトをいれるのではなく、少し色をいれてから徐々に明るくしていきます。 今回は初めに明るめの黄緑を入れ境界線をぼかしました。 続いて上から明るめの黄色をのせ、また境界線をぼかしてハイライトを入れました。 最後に、同じ発行レイヤーにまつげのハイライトも軽くいれます。 これで完成です。 まとめ いかがでしたか?今回ご紹介したイラストは、、の中でも公開していますので、そちらも是非ご覧くださいね!.

次の

Let's Learn How to Color Different Types of Eyes

目 塗り方

目のパーツとその名称 まずは目のパーツについて見ていきます。 上記のイラストは目の塗りに必要な基本的なパーツです。 塗り方には順番があるので隣にレイヤーメニューを載せました。 まずは名称から。 気になるところといえば 「上まぶたB」です。 Bは眉毛みたいですが、多分上まぶたの一部です。 よくわからないで描いていますが、これが有ると無しで目の表情が変わるので、入らなかったら消しても問題ないです。 もう一つ気になる点は 「黒目B」です。 黒目Aはわかりますが、Bはよく描かれているのを見ますが、黒目なのか、虹彩なのかよくわかりません。 でも多分黒目の一部です。 これが有ると遠目に見ると黒目が大きく見えるし、目が細かく描かれている風に見えてリアリティがでます。 なくても大丈夫ですが。 基本的にはこれらのパーツを使って目を塗っていきます。 キャラに合わせてパーツを削ったり、誇張したりします。 上のイラストのように、先ほどの全部のパーツを使う必要もありません。 好みやキャラに合わせてパーツを増やしたり減らしたりすれば大丈夫です。 全身ポーズなどだと目の面積が小さいので、簡略的に描かれますし、顔アップの場合は目のディティールにこだわって細かく描いたりします。 イラスト性格に合わせて描き方を変えていくものなので、教科書通りにやる必要もありません。 でもそんな応用ができるようにまずは基本的なことを学んでいきましょう。 目の塗り方の順番 デジタルイラスト制作ソフトのClip Studio Paintを使って説明していきます。 まずは用紙の上に「線画」レイヤーを作成し、目のフレームを作ります。 今度は上まぶたと目玉を黒ベタで塗っておきます。 これは線画で一緒にやっても大丈夫です。 『目玉』レイヤーを作り、「黒ベタ」レイヤーをフォルダに入れておきます。 クリスタなら右クリックで 「フォルダーを作成してレイヤーを挿入」で大きなフォルダを作ることができます。 今度はベース色を塗っていきます。 ベース色は髪の毛や服の色などを参考に、キャラに合うものを選ぶといいでしょう。 今度は上まぶたの影を塗っていきます。 ついでに黒目Bも描いておきます。 黒目Bはお好みで。 上のまぶたから降りる影ですので、黒目の上にくるようにレイヤーを配置しましょう。 今度はレイヤーメニュー上の「普通」と書かれた項目から「覆い焼き 発光 」を選択し、目の下などを発光させます。 発光しすぎたり、色が馴染まない場合は透明度を下げるといいです。 ちなみに発光はあってもなくてもいいし、覆い焼きしないで水彩ブラシなどでも代用できます。 また、発光させる場所は下とは限りませんが、下が多いです。 今度は虹彩を入れていきます。 虹彩とは目に入る光を調整するものですが、黒目の周りにあるものです。 虹彩が伸び縮みすることによって、目は暗いところで光を得るために大きくなり、明るいところでは光を入れる量を少なくするために小さくなります。 デジタルイラストでは発光させて輝いて見せたり、ペンやブラシで光らせないで描いたりもします。 人によって塗り方が変わる場所でもあります。 今度はハイライトを入れます。 線画の上にかぶることが多いので、ハイライトのレイヤーは線画の上に作ります。 大きくするとアニメっぽくなりますし、多すぎるとキラキラしすぎます。 適量を探してみるといいです。 今度は白目を塗っていきます。 目玉下にくるので、レイヤーを目玉の下にくるように配置します。 今度は白目に影を入れていきます。 影色は青のイメージですが、肌色と合わせるために赤系の色を選ぶといいです。 そして透明度を下げて、透明感を出すのが一般的です。 透明度を下げなくても薄い色で塗ってもいいですね。 ちなみに上のイラストの場合は、ここら辺の色を使って、透明度を下げています。 目の塗り方の手順はこんなところです。 流れがだいたいわかったのではないでしょうか。 レイヤーの並べ方もだいたいこのような流れなので、あとは応用して自分で好きなように考えて塗るのがおすすめです。 目の塗り方〜簡単編〜 今度は簡単な目の塗り方をちょっと見ていきます。 先ほど塗り方の手順を見たので、今度はざっと画像を流し見してください。 全身ポーズなどや、アニメ塗りをやるときは簡単に目を塗ってしまうことも多いので、簡単な描き方も覚えておくと便利です。 簡単に塗る場合は黒ベタ部分を多くして、ベース塗りと発光とハイライトにまとめるといいです。 意外と塗りが少なくてもそれらしく見えるものです。 アニメ塗りに多い塗り方でしょうか。 目の塗り方〜応用編〜 今度は簡単塗りのちょっと応用編です。 よくあるのがハイライトを不透明水彩や消しゴムでぼかすテクニックです。 ハイライトの端を消したりぼかしたりして、光がかすれているように見せる方法です。 初めから水彩ブラシでぼかしながらでもいいですね。 あとは簡単な目の塗り方をした時も、ちょっと虹彩を入れたりすると目が細かく描かれている風に見えるので、リアリティがでます。 色はベース色を参考にして探すといいです。 アニメ塗りだけにするとパキパキした感じや人工的な感じが残るので、こうして手で書き加えた感をプラスすることがあるのです。 仕上げに手で虹彩やハイライトや光を描き入れましたよ、と言う感じがまたいいのです。 デジタルイラストの目の塗り方を研究しよう! 目の塗り方は人によって変わります。 Pixivなんかを見ているといろんな塗り方をしている人がいます。 イラストですので自由に塗っていいのだとわかります。 いろんな人の目の塗り方を研究して、オリジナルの目を作って見てくださいね!.

次の

「厚塗り目イキング」目、厚塗り、メイキング描き方講座ストック

目 塗り方

今回のイラストはこれ 今回描き方をまとめたのは、2020年2月現在ブログのメインビジュアルに設定しているキャラクターのイラストです。 2019年のイラストと比べると、目の塗り方を大幅に変更しています。 メガネを外し、目の部分だけ切り取ってみるとこんな感じです。 パーツとレイヤー構成について この目の部分をパーツ分けするとこうなります。 それぞれの項目はこんな感じです。 (分かりづらくてスミマセン…)• 目の線画(顔の線画とは分けています)• 白目(本当は結膜と言うらしい)• ハイライト• 反射光• 反射光(窓枠)• 目の影(内側) この7パーツを12枚のレイヤーに分けて構成しています。 イラストのレイヤー構造について レイヤー構造をスクリーンショットを添えて載せてみます。 レイヤーについては、下記のような規則で重ねています。 後ろに来るものが下、表面に来るものを上の階層に配置• 塗りは線画よりも下• 光やエフェクトなどは線画よりも上• ハイライトは一番上• 使うレイヤーは通常レイヤーと発光レイヤーのみ と、 ここまで読んだけどよく分からん!という方、多分あなたが正解です。 これだけだととっっても分かりにくいので、どんな順番でどうやって描いていくのかをまとめていきます。 SAIの画面を載せていますが、恐らくPhotoshopでもCLIP STUDIOでも同じ原理になると思いますので、参考にしてみて下さい。 瞳の塗り方の順番や方法 なるべく詳しく、順を追って説明していきます。 目の線画だけ切り離す 目の線画部分を、他の顔部分のレイヤーから切り離し、目の線だけのレイヤーを作ります。 白目の部分を塗る 目の白い部分(結膜)部分を白く塗ります。 虹彩と瞳孔を塗る 虹彩・瞳孔は、Wikipediaによれば次のような部分を指します。 虹彩(こうさい、英: Iris)は、脊椎動物及び軟体動物頭足類の目において、角膜と水晶体の間にある薄い膜。 瞳孔の大きさを調節して網膜に入る光の量を調節する役割を持つ。 瞳孔がカメラの絞りの開口部に相当する。 引用:より 瞳孔(どうこう)または瞳(ひとみ)は、眼の虹彩によって囲まれた孔である。 瞳孔は光量に応じて、その径を変化させる。 瞳孔径の変化は、網膜に投射する光量の調整に寄与する。 引用:より 僕は、虹彩=膜、瞳孔=穴 と考えています。 このイラストでは目の色を紫にしたかったので、色の薄い部分を虹彩、濃い部分を瞳孔として塗っています。 この時点では下塗り状態です。 虹彩にグラデーションをつける 虹彩部分にグラデーションで影をつけます。 この時僕はエアブラシを使って少し濃い色を載せています。 白目の部分に影を入れる 虹彩の上、かつ線画の下にレイヤーを追加して、影を塗ります。 僕は単純に透明度を半分ほどまで下げて黒で塗っていますが、この影の塗り方はオーバーレイで重ねたり、乗算で重ねたり、お好みで変えて良いと思います。 瞳に反射光を入れる ここからは線画よりも上にレイヤーを追加していきます。 レイヤーは発光レイヤーを使います。 Photoshopだと覆い焼き(加算)になると思います。 目に光が差し込んでいる様子をイメージして、エアブラシで紫と赤を乗せていきます。 ここでは、単純に1色を乗せるのではなく、赤を乗せた上に重ねて紫を乗せ、端をぼかすことで光の境界線に色の変化を付けています。 こんな感じです。 赤色を乗せて、 その上に紫を乗せます。 それを「ぼかし」ブラシでぼかします。 出来上がり! レイヤー濃度を調整・さらに色を追加する 反射光を描いたレイヤーの濃度を調整し、イイ感じにします。 (完全に好みです) 別レイヤーをその上に追加し、先ほどの紫とは別の色(今回は水色にしました)を乗せます。 (この部分は本当に好みです…) 反射光(窓枠)を入れる 窓枠って何だ…という話なんですが、これは 僕が勝手に作ったオリジナル要素なので、恐らくこんな言葉はどこにも存在しないと思います。 窓から差し込む光、窓から漏れた光、画面から漏れた光などが目に当たっている感じを表現したいと思い、FF14のスクリーンショットを加工している最中に偶然発見した手法でした。 この窓枠の作り方はかなり適当なのですが、詳しく書くと下記のような流れとなります。 適当に四角を描きます。 (あえて手描きで描いた方が良い感じになります) ブラシサイズを細めにした消しゴムで線を引いて消します。 何となくランダムに線を引いてみます。 SAIであれば「自由な形」変形を使って、斜めにしたりイイ感じにいじります。 目のしっくり来る位置に持っていきます。 レイヤーの合成モードを「発光」にしたら完成! ちょっとした近未来間を出したい時にはピッタリだと思います。 (自画自賛) ハイライトを入れる ほぼ仕上げです。 一番上の階層にレイヤーを追加し、白色でハイライトを入れます。 ハイライトは、大きければ大きいほどコミカルになり、小さいとリアルな印象を与えるようです。 そして何カ所入れるかによっても印象が変わってきます。 今回はこの3か所にハイライトを入れてみました。 ハイライトにカラーを入れて発光感を強化する ただ白いハイライトを入れて終わり、でもいいのですが、一工夫すると発光感が強まってイイ感じになるのでオススメです。 僕の場合は、ハイライトレイヤーの1枚下に、カラーハイライトというレイヤーを作っています。 このレイヤーでは、エアブラシを使ってハイライトと同じ位置にふわっと色を乗せています。 これだけでも発光感はあるのですが、もう一工夫するともっと良くなります。 カラーハイライトに発光レイヤーを追加する カラーハイライトの上に1枚発光レイヤーを追加し、同じようにエアブラシで色をふわっと乗せます。 するとこれでもかという程に光ってくれます。 (やり過ぎ感は否めません) このあたりのエフェクトは本当に好みなので、どの程度までてを加えるかは時間との相談になりそうです… 最後に気になる部分があれば、バランスを整えて完成です!.

次の