ご尽力いただきました。 尽力の意味とは?相手への使い方と自分への使い方を例文とともに解説

「ご尽力いただき」は目上の人に使うと失礼になる!?意味と例文も紹介

ご尽力いただきました

間違い:これからも当プロジェクトに尽力を尽くしていく所存です。 の意気込みを伝えるシーンですが「尽力を尽くす」なんて言ってしまうと、相手は違和感を持ってしまいます。 「重複表現は間違いではない」という声もありますが、「頭痛が痛い」という重複表現を聞いた場合、「正しい日本語が使えていない人だ」と思われてしまいます。 ビジネスシーンで使ってしまわないよう、普段から気をつけたいものです。 また、似たようなで 「尽力を注ぐ」という表現もありますが、こちらも重複表現に当たります。 「力を尽くすことを注ぐ」と、これも「尽くす」「注ぐ」と動詞が2回使われているからです。 こちらも、うっかり使ってしまわないようご注意ください。• 例:これもひとえに貴殿のご尽力の賜物です。。 例文は「今回のことはただただあなたが力を尽くしてくださった結果のことです。 本当にありがとうございます」という意味です。 3.「ご尽力」の類語 「ご尽力」と同じく目上の方に使うことができる類語には「お力添え」「ご助力」「ご支援」と言った言葉があります。 それぞれ例文をまじえて確認していきましょう。 3-1.「お力添え」 「お力添え」とは、「手を貸すこと」「手伝うこと」という意味の丁寧な表現です。 相手からの支援を丁寧に感謝する時に主に使われる言葉です。 「ご尽力」と違い、 相手が力を尽くすほどの努力を必要としないことから、 依頼の際にも使うことができます。 I appreciate for making efforts for this negotiation. 「ご尽力」を「make efforts」で表しています。 また、「ご尽力を賜り」「お礼申し上げます」ということから、「sincerely=心から」という意味の単語を使っています。 「sincerely」は、ビジネスメールの結びの言葉の中でも丁寧でフォーマルなものとして使われていますので、英語でかしこまった文章を作りたい時に便利な単語です。 5.まとめ いかがでしたでしょうか。 「ご尽力」は依頼の場面では使わない、「お力添え」は自分のことを言う時には使わない、など、似たような意味を持つ言葉であっても使い方が異なることを、今回解説いたしました。 言葉を正しく使ってこそ、周囲からの信頼を積み重ねることができます。 私たちはこれからも、今すぐ使えるビジネス用語の解説に「尽力」して参ります。

次の

「ご尽力いただき」の意味/類語・ビジネスメールの例文

ご尽力いただきました

さて話をもとにもどしますね。 今回の取引で先輩が目上の人に力を借りたのは事実です。 でもその大恩ある目上の人に「ご尽力いただき」=「力をつくしていただき」なんて使うのって失礼じゃないですか? だって目上の人に力をつくしてもらうんですよ! あなたはどう思いますか? ということで今回は「ご尽力いただき」という言葉は目上の人に使ったら失礼になるのか。 そして失礼かどうかの結論が出てから言葉の 意味もきちんとみてみましょう。 さらに実践で使えるように 例文を紹介します。 そのうえであなたの会話の幅が広がるように 類語もみてみましょう。 似たような意味の言葉でいろんな類語を使うことで会話の幅が広がるんですよ。 それではまいりましょう。 「ご尽力いただき」は目上の人に使うと失礼なの? 目上の人にわざわざ力をつくしてもらう「ご尽力いただき」という言葉。 ちょっと考えると目上の人に使う言葉としては失礼なような気もします。 でもこの「ご尽力いただき」には目上の人への敬意と感謝の心があふれている言葉です。 「尽力」に尊敬の意味でつける接頭語「 ご」をつける。 さらに「~してもらう」という言葉の謙譲語の「 いただき」。 相手に敬意を表し、相手に敬意を持ちへりくだって言う謙譲語までつけているんです。 どれだけ 相手への敬意が高いんだ!という言葉だったんです。 ということで「ご尽力いただき」は 目上の人に使っても何の問題もありません。 プロジェクトを成功させるために先輩にご尽力いただきました• ご尽力いただき本当にありがとうございます• 我が社が契約できるように大変 ご尽力いただき感謝いたしております• 日ごろから弊社商品の口コミに ご尽力いただき、まことにありがとうございます• 弊社の業績アップは ご尽力いただきましたお取引様のおかげです 心から感謝と敬意を伝えたいときに使う「ご尽力いただき」という言葉。 言葉って、ほんのちょっと言い方を変えるだけで自分の気持ちを相手に伝えることができるんですね。 類語 相手に敬意と感謝の心を表す「ご尽力いただき」という言葉。 せっかくですから類語もみてみましょう。 似た意味の言葉をいろいろ使えると会話で幅がでてきますから。

次の

「お力添え」「ご尽力」ビジネスで助ける意味を持つ敬語の例文15選

ご尽力いただきました

間違い:これからも当プロジェクトに尽力を尽くしていく所存です。 の意気込みを伝えるシーンですが「尽力を尽くす」なんて言ってしまうと、相手は違和感を持ってしまいます。 「重複表現は間違いではない」という声もありますが、「頭痛が痛い」という重複表現を聞いた場合、「正しい日本語が使えていない人だ」と思われてしまいます。 ビジネスシーンで使ってしまわないよう、普段から気をつけたいものです。 また、似たようなで 「尽力を注ぐ」という表現もありますが、こちらも重複表現に当たります。 「力を尽くすことを注ぐ」と、これも「尽くす」「注ぐ」と動詞が2回使われているからです。 こちらも、うっかり使ってしまわないようご注意ください。• 例:これもひとえに貴殿のご尽力の賜物です。。 例文は「今回のことはただただあなたが力を尽くしてくださった結果のことです。 本当にありがとうございます」という意味です。 3.「ご尽力」の類語 「ご尽力」と同じく目上の方に使うことができる類語には「お力添え」「ご助力」「ご支援」と言った言葉があります。 それぞれ例文をまじえて確認していきましょう。 3-1.「お力添え」 「お力添え」とは、「手を貸すこと」「手伝うこと」という意味の丁寧な表現です。 相手からの支援を丁寧に感謝する時に主に使われる言葉です。 「ご尽力」と違い、 相手が力を尽くすほどの努力を必要としないことから、 依頼の際にも使うことができます。 I appreciate for making efforts for this negotiation. 「ご尽力」を「make efforts」で表しています。 また、「ご尽力を賜り」「お礼申し上げます」ということから、「sincerely=心から」という意味の単語を使っています。 「sincerely」は、ビジネスメールの結びの言葉の中でも丁寧でフォーマルなものとして使われていますので、英語でかしこまった文章を作りたい時に便利な単語です。 5.まとめ いかがでしたでしょうか。 「ご尽力」は依頼の場面では使わない、「お力添え」は自分のことを言う時には使わない、など、似たような意味を持つ言葉であっても使い方が異なることを、今回解説いたしました。 言葉を正しく使ってこそ、周囲からの信頼を積み重ねることができます。 私たちはこれからも、今すぐ使えるビジネス用語の解説に「尽力」して参ります。

次の