ゴーゴー ジャグラー 設定 判別。 完全攻略!「ゴーゴージャグラーKK」設定判別 / 解析情報!

ゴーゴージャグラー|設定6から設定1まで全設定のグラフの特徴を画像と実機データで説明| 設定差をグラフから判別する方法

ゴーゴー ジャグラー 設定 判別

天国やゾーンもないので、ボーナス後0GやめでOKです。 先告知はプレミアのスタート音無音のみ。 初代ジャグラー・ゴーゴージャグラーSPを踏襲しているため、ゲーム性だけでなくプレミアム演出もスタート音の無音や、GOGOランプの光り方がいつもとちょっと違うといった、非常に 地味シンプルなつくりになっています。 最近のジャグラーのパネルはキャラクターが描かれているものも多いですが、ゴーゴージャグラーKKはパネルのデザインもを彷彿とさせる筐体です。 GOGOランプもLEDですが、4号機の豆電球を意識したフワッとした優しい光になってます。 3 98. 7 101. 5 103. 4 106. 掲載の数値はメーカー発表値となります。 2 5. 4 5. 1 5. 2 6. 2 6. 1 7. 07% ゴーゴージャグラーKKは、従来のチェリー重複抽選のほか、 単独チェリーのフラグが追加されています。 54 ゴーゴージャグラーKKでは、チェリーとぶどうのフラグが増えています。 順押しのチェリーフォローの打ち方だと単独ぶどうは取りこぼしがあり、変則打ちをしても単独チェリー当選は正確には見抜けないという、なんとも面倒くさい仕様の機種になっています。 単独ぶどうは全設定共通で、単独チェリーは確率が重いのでフラグの違いは気にせず、 従来どおりぶどうとチェリーをカウントすればOKです。 ボーナス確率はREGも含めて全体的に設定差が小さく、これといって強い判別要素がないため、比較的設定差がある REG確率やチェリー+REGが判別の軸になります。 また、設定5と設定6はBIG・REG確率が1:1となるので、 BIG確率と合成確率にも注目です。 昼~夕方から打つ場合、バケ先行のデータだけで選ぶのではなく、合成確率が設定6寄りの台で立ち回るのが無難。 ゴーゴージャグラーKKの打ち方(順押し・逆押し手順)解説 通常時の打ち方(順押し) 左リール枠内にBAR絵柄を目安にチェリーを狙い、中・右リールは適当打ち。 通常時の打ち方(逆押し) 全小役をしっかりフォローしたい場合は逆押しでフラグ判別をし、停止形によって細かい打ち分けが必要となります。 【逆押し手順】 まず右リール枠内に7絵柄を狙う。 ・ 上段に7絵柄が停止したら左・中リールとも7絵柄を狙う。 中リールにぶどうがテンパイしたら左リールに7絵柄を狙う。 ベルがテンパイしたら左リールもベル狙い、それ以外は左リールにBARを狙う。 ゴーゴージャグラーKKのプレミア演出とプレミアムBGM 【プレミア演出】 ・3秒フリーズ(第3停止ボタンを離してから3秒間) ・スタート音無音(リール回転時) ・GOGOランプもわもわ点滅 ・GOGOランプ即点灯 GOGOランプ即点灯は「パッ」と一瞬で点灯します。 もわもわ点滅は本当に「もわ… もわ…」してますw どちらも動画で見るとわかりやすいですよ。 【公式】ゴーゴージャグラーKKのプレミアム演出動画 【プレミアムBGM】 ・軍艦マーチ男性Ver. ・軍艦マーチ女性Ver. 5%とやなどと比較すると、少し物足りなさがあります。 また、前述したように強い設定判別要素がほぼないため、データだけで判断するのは難しいです。 とはいえ、機械割がそれほど高くないので、ホールも高設定を使いやすい機種といえます。 マイジャグなどの高スペックのジャグラーには高設定が入らないホールでも、アイムジャグラーやゴーゴージャグラーなど割が低い機種には高設定を使っているホールもあります。 ジャグラーに高設定を使っているか、その場合はどのジャグラーに使われているかといったホール状況や傾向をしっかり把握しておくことで、ゴーゴージャグラーKKの設定6をツモれる可能性が上がります。 ホール状況を把握するには本来はかなりの労力と時間がかかるので、仕事帰りや休日にしかホールに行けない場合などは、ホール営業の裏側(高設定を使う状況や設定配分など)を知るのが一番手っ取り早い方法です。 普通はそういう話は実際にホールで働くとか、ホール店長や業界人と仲良くならないとなかなか聞けないものですが、そんな貴重な情報を公開しているパチンコホールの現役店長がいます。 ホール状況を効率よくリサーチするポイントや手順、設定配分の癖や特徴などを「設定を入れる側」の視点から丁寧に解説されてます。 有料にはなりますが(1回パチスロで遊ぶのを我慢する程度の金額)、無料では絶対に得られない裏話や、ジャグラーの高設定狙いで勝つために必要な濃い情報が詰まっています。 ジャグラーで勝率を上げたい、通っているホールの設定状況を把握したいなら必見です。

次の

ゴーゴージャグラーの設定判別は【連荘率】を絶対に使うべき!4,886台分の実機データから検証|正しい台選びで設定6を判別する方法

ゴーゴー ジャグラー 設定 判別

設定判別しやすいジャグラーランキング! 実際のランキングに行く前に、一つだけ注意事項があります。 ジャグラーの設定判別のしやすさは、 「スペック上の単純な判別のしやすさ」と、「実際のホールで入っている設定を考慮した判別のしやすさ」の2つがあります。 今回のランキングは、まずは「スペック上の単純な判別のしやすさ」を基準にランキングにします。 なぜならば、「実際のホールの設定」は店ごと、地域ごとで変わってしまうことだからです。 取りあえず、「スペック上の単純な判別のしやすさ」でランキングを作り、その中で「実際のホールの設定」について付け加える形式にしました。 「実際のホールの設定」については、僕の経験の話になってしまいます。 僕がジャグラーを打っている地域は、東京と埼玉を中心にした関東です。 35 96. 30 99. 25 101. 23 104. 18 107. 07 111. さらに、BIG確率もそこそこ設定差があります。 ぶどう確率の設定差は大きくないですが、数千回転させる場合には、参考にできるくらいの差はあります。 その上、打っている最中にチェリーでペカる「チェリー重複REG」と、それ以外の「単独REG」を分けて数えておけば、より正確に設定を推測することもできます。 総合的に見ると、 マイジャグラーは非常に設定判別しやすいジャグラーです。 ただし・・・ 店側は、マイジャグラーは設定判別しやすい その上、高設定の機械割が高い! ことは、重々承知しています。 なので、設定2や設定3という微妙な設定を使って、 設定判別をかく乱される可能性が一番高いのもマイジャグラーです。 他のジャグラーならば、設定2や設定3など使わない店も多いですが、マイジャグラーだけは設定2や設定3を使うという店も少なくないです。 よって、 実際のホールでのマイジャグラーの設定判別のしやすさは、店によって大きく違います。 「ベース 基本 の設定が1で、その中に設定5を混ぜる」ような設定配分の店ならば、マイジャグラーは非常に設定判別がしやすく、勝ちやすい機種になります。 「設定2や設定3を多用する」ような店では、マイジャグラーは一気に「設定判別しにくい機種」になり下がり、勝ちにくい機種になってしまいます。 店の設定の入れ方次第で、設定判別が簡単にも難しくもなるのがマイジャグラーの特徴です。 最新のマイジャグ4の「実際のホールで入っている設定を考慮した判別のしやすさ」については、こちらで詳しく説明しています。 興味のある方はぜひご覧ください。 49 96. 49 97. 49 99. 49 102. 49 104. 18 106. アイムジャグラーはREG確率の設定差が非常に大きくなっています。 低設定なのか、中間設定なのか、高設定なのか。 アイムジャグラーはREGを基準に設定判別すれば、低・中・高の判別がとてもやりやすいジャグラーです。 なお、BIG確率は設定1~設定6までの差が非常に小さいので、設定判別ではBIG出現率は一切考慮しなくていいと思います。 また、アイムジャグラーは設定1から設定6まで全設定で機械割が低めなので、 高設定投入率が他のジャグラーに比べて高くなります。 アイムジャグラーは、低設定の中に高設定が混じった設定配分になった場合に、REGを基準に設定推測を行えば、 高設定を見つけ出すことはたやすいです。 さらに、僕の実践上の経験から言うと、アイムジャグラーでは 設定3~設定4の機械割の微妙な中間設定は使われづらいです。 もちろん、アイムで中間設定を使う店も存在しますが、中間設定を一切使わない店も多いです。 なので、 実際のホールでは、アイムのシマは低設定の中に設定5が複数混ぜられるような、 とても設定判別しやすい状態になっていることが多いです。 69 95. 63 97. 58 99. 40 102. 35 106. 30 108. ハッピージャグラーは非常にバランスの良いスペックのジャグラーです。 低設定から高設定まで、BIG確率もREG確率もなだらかに高くなっています。 よって、BIG・REG・合算ともに、高ければ高いだけ素直に高設定に期待ができる機種です。 また、特筆すべきは、 設定間でぶどう確率が大きく変わっているジャグラーだということです。 ここまでぶどう確率にきれいに差がついているジャグラーも珍しいです。 ハッピージャグラーは現役のジャグラーシリーズの中で一番ぶどう出現率を設定判別に使えるジャグラーです。 実際のホールでは、ハッピージャグラーは他のジャグラーより高設定が入りにくい状況があるかもしれません。 比較的古いジャグラーだからです。 ただ、ハッピーがまだ多台数設置されている店では、まだまだハッピーの高設定が使われている可能性が高いです。 ハッピーの低設定は機械割が辛めなので、店側は黒字にし過ぎて客が飛ぶことを警戒して、最低限度の高設定は使うはずだからです。 多台数のハッピージャグラーのシマでは、BIG出現率・REG出現率・ボーナス合算出現率・ぶどう出現率など、総合的なデータで設定判別すれば、高設定をつかむことも難しくないです。 実際のチェリー狙いの機械割は、低設定域なら+1%、高設定域なら+2%程度の上乗せがあると予想されます。 設定判別がしやすいジャグラーの第4位はファンキージャグラーです。 ファンキージャグラーのREG確率は、設定間でそこそこの差があるものの、全体的に低いです。 なので、たくさんREGを引いている台はもちろん高設定に期待できるのですが、なかなかそういった状況にはなりません。。 この理由から、ファンキージャグラーは他のジャグラーよりREGを基準にした設定判別がしにくいです。 パチマガ・スロマガに書いてある実践上の単独REG出現率は大きめの差があるので、実践値とはいえ、参考にしてもいい数値かもしれません。 ファンキージャグラーのぶどう確率は、正確な解析値が発表されていません。 実践上の数値をみると、設定判別には使えないレベルの差しかなかったので、ここには書かないことにしました。 機械割も正確な数値は不明ながら、 低設定から高設定までかなり機械割が高めのジャグラーのようです。 ただ、その高機械割が原因になり、実際のホールでは高設定があまり入らないジャグラーの機種です。 ファンキージャグラーで高設定を狙うならば、少なくとも多台数のシマで打つべきです。 低設定域は+1%、高設定域は+2%を目安にして下さい。 設定判別がしやすいジャグラー第5位は、スーパーミラクルジャグラーです。 7機種中5位なので、設定判別しにくい方のジャグラーになりますが。。 スーパーミラクルジャグラーはとても変則的なスペックのジャグラーです。 REG確率は設定6<設定5となっていて、機械割を設定5<設定6とするために、BIG:REGの比率で調整しています。 この理由によって、 スーパーミラクルジャグラーは設定4~設定6の間の設定判別がしにくいジャグラーになっています。 ただ、スーパーミラクルジャグラーのREG確率は、設定1~設定2では非常に悪いです。 なので、「REG出現率が良好な台は、設定3~設定4以上はあるだろう」という判別は可能です。 REG出現率と合算ボーナス出現率がなるべく高い台を選んで打ち、その結果、その台が設定4なのか、設定5なのか、設定6なのかは運まかせにするしかないジャグラーです。 低設定域のBIG確率は低く、高設定域のBIG確率は高いので、BIG出現率 もしくは合算ボーナス出現率 も加味すれば、 低設定台なのか高設定台なのかは、ギリギリ判別できるジャグラーだと言えます。 なお、スーパーミラクルジャグラーのぶどう正確な確率は解析されていません。 初代ミラクルジャグラー同様、多少のぶどう確率の差はあると予想されますが、大きな差はない可能性が高いです。 82 97. 76 99. 70 100. 65 102. 60 105. 54 108. 設定1のまぐれ噴きと高設定が区別できないからです。 ゴーゴージャグラーは設定1のボーナス確率が高く、そのせいで設定判別が難しくなっている機種の代表です。 ゴーゴージャグラーのぶどう確率は設定1から設定6まで段階的に高くなっていますが、大きな差ではないので、あまりあてにできない設定推測要素です。 ただ、 ゴーゴージャグラーは人気の高いジャグラーなので、「設定1の機械割が高いから、実際の設定はベタピン オール設定1 」とはならないです。 終日のデータや、終日の全台の合計のボーナス出現率から逆算すると、ゴーゴージャグラーに高設定を入れているホールは少なくないです。 この意味で、 ゴージャグは「設定判別がしにくいジャグラー=勝ちにくいジャグラー」とはならない機種です。 設定1のボーナス確率が高ければ設定判別は困難になりますが、 設定1のボーナス確率が高く機械割も高ければ、 高設定狙いを失敗して設定1を打ってしまった場合の被害は少なくなるということもあります。 僕は、ゴージャグは設定判別が難しいけれど、意外に勝てるチャンスがあるジャグラーだと思っています。 設定1のREG確率が比較的高く、設定6のREG確率が比較的悪いからです。 REG出現率を基準にする、ジャグラーお約束の設定判別が通じにくい機種です。 ぶどう確率の設定差も小さいです。 ジャグラーガールズは設定判別がしにくい機種ですが、発売当初から数年間は打つ機会が多かったです。 高設定がよく使われたからです。 ですが、現在はジャグラーガールズを多台数残して、しっかりと高設定を使っているホールは非常に少なくなってしまいました。 僕にとってジャグラーガールズは、本気で格闘していた4~5年前が懐かしくなり、たまに打ちたくなってしまうジャグラーです。 「強ガコ」や「第3停止ペカ」など、今でも出したいプレミアです。 ジャグラーで設定判別しやすい機種ランキング・まとめ 設定判別がしやすいジャグラーは 1位・マイジャグラー 2位・アイムジャグラー 3位・ハッピージャグラー 4位・ファンキージャグラー 5位・スーパーミラクルジャグラー 6位・ゴーゴージャグラー 7位・ジャグラーガールズ という結果になりました。 ただ、冒頭でも書いたように、これはスペックから考察した判別しやすさの順位です。 実際のホールでの設定配分によっては、その設定判別のしやすさや勝ちやすさは変わってきます。 実際のホールでの設定判別のしやすさや勝ちやすさを、ジャグラーの「プロ」の視点で、こちらのページにまとめています。 プロが打つジャグラーの機種は何なのか? その機種を打てば素人でもジャグラーで勝てるのか? などを知りたい方は、ぜひこちらのページをご覧下さい。

次の

ゴーゴージャグラーの設定判別2つのポイント : パチスロ : 全六

ゴーゴー ジャグラー 設定 判別

今回はGOGOジャグラーの100ゲーム以内の連荘率について実機データ4,886台から検証してみたいと思います。 設定判別ツールには単独REGとかBIGとかボーナスフラグやブドウ確率などしか入力欄がないですよね? それは連荘率は設定差が公開されていないからだけです。 ジャグラーはAタイプなので1ゲーム毎の完全確率(独立抽選)という前提があるためですが 連荘率は完全確率だったとしても設定差が出てきます。 完全確率ではない検証記事は下記の記事をご覧ください。 実機データでは連荘率が理論値以上に差がつく為、絶対に設定判別要素に加えるべきです。 是非、設定判別要素に加えて設定6を逃がさないようにしてくださいね。 それではご覧ください。 コンテンツ• GOGOジャグラーの設定判別・台選びには【連荘率】を絶対に使うべき理由 今回は100ゲーム以内のぺカリを連荘としてお話を進めていきます。 連荘する理論的な確率ですが、100G以内にペカる確率は以下の式で計算できます。 連荘率 =100% - ( 99. 4% GOGOジャグラーの公表値のボーナス確率からの連荘率は以下の通りです。 理論連荘率との実機データ差異 設定 論値値 実機データ 差異 1 47. 実機のボーナス確率の連荘率は『 実機ボーナス確率の理論連荘率』にほぼ等しいです。 GOGOジャグラーの実機ボーナス確率はコチラの記事をご覧ください。 問題は公表値の設定1と実機の連荘率の差異です。 40%って絆の高確率巻物位ですね。 当たる時はあたりますが、体感的に当たらないですよね? ジャグラーは連荘率50%切るとペカんな~となります。 設定6は終日6割を切らない事も多いです。 コチラは設定5の稼働記録ですが、一時的に7割を超えている稼働記録です。 また、設定6は実機の理論値よりもさらに連荘しやすいデータが採れています。 高設定は毎回連荘するわけではありませんが、2000ゲームで大体統計に落ち着いてきます。 これはジャグラーの高設定が2000ゲーム程度で連荘の周期があるためです。 通常設定判別は子役とボーナス確率で行われていると思いますが、連荘の突入率をカウントしてみましょう。 管理人はもちろんこの方法を利用して中間設定を最高点で見切るために使っています。 -スポンサーリンク- GOGOジャグラーの設定6はどの位、連荘するのか? さて、気になる設定6のデータですが、ジャグラーは一度連荘に入ると高設定ほど連荘が継続します。 設定6はどの程度の連荘しているのかご覧ください。 66 1. 4 2. 2 1. 5 1. 95 1. 9 3. 8 2. 6 1. 93 2. 0 4. 2 2. 6 2. 17 2. 2 4. 9 3. 0 2. 29 2. 3 5. 7 3. 4 3. 51 2. 7 7. 1 4. 1 4. 0 で説明しています。 さて、設定6ですが初当たりが一度とれると連荘しない時もならして約1. 5個の連荘がついてきます。 連荘しない時もあるため、平均連荘数は2. 7回と出ています。 これは初当たりから数えて3. 7連するという事です。 経験上、3連以上をコンスタントにひける台は設定5以上が多いですね。 また、注目してほしい事は最大BIG連荘数です。 BIG4連は他ジャグラーでも高設定挙動です。 設定4までは3連しない事が多く、4連となると強い上昇のスランプが出来るため、高設定に期待できるようになります。 設定判別への応用 こちらのページでカウント方法を解説しています。 で説明しています。 こちらの方法とボーナスフラグの詳細や子役確率を見ると、上の方、下の方がより分かりやすくなります。 高設定の合算確率なのに全然でないジャグラーってしょっちゅうありますよね? あれって良くて中間設定か低設定なんです。 高設定はきちんと連荘することを意識して立ち回ると合算が良いだけのジャグラーに騙されなくなります。 100ゲーム比率と平均連荘数をカウントして設定判別の精度を向上させましょう! -スポンサーリンク- あとがき 不発でなかなかでない高設定もありますが、そういう時って高設定はREGでも連荘するんですよね。 おそらくジャグラーは設定と状況によりBIGを出すかREGを出すか決める条件があり、主に差枚数で行われていると思います。 しかし、ペカる回数(連荘の回数)は設定により全く異なってきます。 経験上平均連荘数が2. 0を超える(2. 1以上)あると設定4以上に期待できます。 設定3は綺麗に2. 0で止まる事が多いです。 また連荘にそもそも入らない台は低設定です。 連荘率だけでの設定判別は難しいですが、一つの要素に加えるとグンと精度が上昇します。 是非、ホールで使ってみてくださいね!.

次の