五 光 牧場 オート キャンプ 場。 五光牧場オートキャンプ場のブログや口コミ【WOM CAMP】

こっちゃん’s ファミキャンpage2♪:五光牧場オートキャンプ場 レポ♪

五 光 牧場 オート キャンプ 場

目次 []• ありのままの自然が魅力の五光牧場オートキャンプ場 五光牧場オートキャンプ場は 中央道長坂インターから車で約30分。 日本で一番高い場所にある駅「野辺山駅」で有名な、 標高1300メートル地点にあるキャンプ場です。 野辺山周辺まで車を走らせると、ゆったりとした壮大な景色が広がります。 まるで北海道にいるかのような錯覚に陥りますよ。 最低限の設備だけ。 自然と調和したキャンプ場 殆ど手を加えていないキャンプ場内は、 天然の芝生と木々が美しく調和した美しいロケーションです。 そのため、設備がしっかりと整った高規格キャンプ場とは違い、 ワイルドな環境です。 広大な敷地には 水場は2か所。 トイレも2か所しかありません。 道路も整地されていない、ありのままの状態です。 広大な敷地はまるでアドベンチャー 五光牧場オートキャンプ場は 予約が必要なキャンプ場ですが、 フリーサイトの為、好きな場所に設営することができます。 敷地内は広大なため、どこにテントを張るか迷ってしまう程です。 道からちょっと外れたところに穴場なサイトがぽつんとあったりするので、付近に車を停めて周りを探索するのも楽しいですよ。 最奥地は穴場?八ヶ岳と星空の見える特別サイト 今回設営した場所は、 八ヶ岳と星空の見える特別サイトという、広大な芝生が広がる開けたサイトです。 この先にもキャンプ場があるのか?と、不安になる位奥まで車を進めていくと、突然開けた場所に出ます。 木々に囲まれたサイトとは全く違った顔をみせるこのサイトは五光牧場オートキャンプ場の新しい一面をみせてくれます。 八ヶ岳と星空の見える特別サイトというだけあって、周りに遮蔽物がありません。 八ヶ岳も、こんなにくっきりと見えます。 この日は残念ながら星をみることができませんでしたが、 星がみえたら絶対感動しますね。 美しすぎる天然芝 まるで ゴルフ場のように美しい芝生。 ここまで見事な芝生のキャンプ場は、なかなかお目にかかれません。 ペグの刺さり具合も良好でした。 キャンプギアを直置きしても汚れが気になりません。 芝生に寝っ転がると、気持ちよかったですよ。 長野県では貴重な車乗り入れ可能なフリーサイト 長野県のフリーサイトのキャンプ場で、車の乗り入れができるところは意外と少ない印象ですが、 五光牧場オートキャンプ場は車の乗り入れが可能です。 これは大変ありがたいです。 これだけ広大なキャンプ場をリアカーにキャンプギアを載せての移動は、流石に過酷ですからね。 不便を楽しもう!ワイルドな環境でキャンプを楽しむ 最低限の設備で自然の地形を生かしたキャンプ場。 とても魅力的な響きですが、逆に 不便な点も多々あるということです。 高規格キャンプ場とは一味違った、ワイルドな環境をご紹介します。 平地は皆無!場所選びがすべて 自然の地形を生かしたキャンプ場だけあって、 完全な平地は存在しないと断言できます。 多少の傾斜地なら、全然許容範囲です。 殆どの場所が結構な傾斜なのですから。 傾斜が強い場所でのキャンプは中々不便です。 テーブルに置いたドリンクやお皿は滑り落ちていきますし、快適な睡眠も望めません。 傾斜の少ない場所はすぐに埋まります。 良い場所を押さえる為にも、 なるべく早くチェックインして場所選びに時間を割きたいところです。 五光牧場オートキャンプ場のチェックインは朝9時からです。 トイレは2つ。 場所選びを間違えるとトイレが大変 これだけ 広大な敷地にも関わらずトイレは2つしかありません。 つい最近まではトイレが1つしか無かったそうです。 この赤いコンテナのトイレがキャンプ場内にできたことで、大分快適になったそうですよ。 場所によってはトイレまで片道5分以上はかかるため、トイレ付近は人気スポットです。 すぐに埋まります。 今回設営した 八ヶ岳と星空の見える特別サイトは、 トイレまで片道5分以上と不便でしたが、傾斜が少なく、 プライベート感満載の絶景エリアでした。 多少トイレから遠くてもプライベート感のある傾斜の少ない場所を選ぶのか、景観と傾斜のことは無視してなるべくトイレに近い場所を選ぶのか。 キャンパーさんの考え次第ですよね。 整備されてない道がワイルドすぎる件 道路もありのままの自然です。 道は起伏が激しく、 車高の低い車だと確実に車の下を擦ります。 しかも、土が丸出しでぬかるんでいるため、 雨の日はスタックする率があがります。 今回は晴れた日にキャンプに行きましたが、車がちょっと低いため沢山擦りましたし、スタックもしました。 低い車やスポーツカーの方は、気を付けてくださいね。 炊事場は2か所。 お湯はでません 炊事場は2か所あります。 トイレ同様、炊事場の近くも人気のスポットとなりますので、早い段階で埋まります。 水は天然水を引いているので そのまま飲めます。 とても冷たい水が気持ちいいです。 お湯はでませんが、それは贅沢というものです。 ちゃんとした炊事場があるだけでも大変ありがたく感じました。 外灯はありません。 夜は真っ暗です キャンプ場内には外灯がありません。 周りは真っ暗なので トイレや炊事場に行くときは懐中電灯が必須です。 真っ暗だと星も綺麗にみえますし、ランタンの光や焚火の炎が美しくみえます。 自然の中でキャンプをしてるんだなという実感が持てますよ。 ゴミ捨てに関しての注意事項 ゴミは捨てることができます。 但し 有料です。 生ゴミが220円です。 それ以外の分別は特に指定はありませんでした。 袋の大きさのよって金額が変わります。 30リットル袋が330円、45リットル袋が440円、70リットル袋が550円です。 ゴミが捨てられるだけでもありがたいですよね。 最高のロケーションで美味しいご飯を楽しむ 五光牧場オートキャンプ場から車で10分ほどのところにある清里には、行列のできるお店や、おいしい食材を取り扱ったお店が沢山あります。 今回のキャンプの目的が 「最高のロケーションで美味しいご飯を楽しむ」です。 五光牧場オートキャンプ場の付近にある美味しいお店を何店かご紹介します。 親子丼で有名な「中村農場」の絶品鶏ガラスープ 中村農場は、数十種類の鶏肉と卵を生産販売しています。 特に 親子丼は有名で、 2時間待ちは当たり前です。 その隣にある 直売所で親子丼を購入することができます。 直売所では行列することなく購入することができます。 冷凍食品ですので調理は必要ですよ。 キャンプで特におすすめなのが、 鶏ガラスープとセットで購入できるラーメンです。 キャンプ場で〆のラーメン。 酒飲みにはたまりません。 レシピ付きですよ。 鶏がらスープを解凍して、麺を茹でるだけです。 アッサリとしたスープと、専用の麺が絡んで美味です。 鶏ガラスープは大量に入っています。 ラーメンだけだとスープが余るので、翌日朝、スープとして頂いています。 2度も楽しめてしまう汎用性の高さ。 二日酔いの胃腸に沁みわたります。 幸せです。 別の建物にある、 中村農場菓子店のスイーツも絶品です。 生ものなのでお早目にお召し上がりください。 設営後のスイーツはほっこりとしますよ。 行列のできる人気店「萌木の村ROCK」のレトルトカレー 萌木の村ROCKのカレーは一度食べたら病みつきになります。 こちらも 2時間待ちは当たり前です。 その味を一言で表現すると「ROCKのカレー」としか例えようがありません。 そんな大人気のカレーが、レトルトで販売されています。 キャンプといえばカレーは定番ですよね。 設営後の腹ごしらえに、ROCKのカレーを食します。 レトルトだからといって侮ることなかれです。 お店で食べる味そのままなのです。 温めるだけですぐ食べられるのは魅力ですよね。 キャンプにはもってこいですね。 こだわりの品揃えが只者ではないスーパーひまわり市場 山梨県では有名なスーパーです。 こだわりの食材を調達し、見たこともないような珍しい食材をいっぱい取り揃えてます。 お寿司はなんと職人さんがその場で握っています。 とても スーパーとは思えないこだわり。 人気なわけです。 一番の売りはなんといっても 店長さんのマイクパフォーマンス。 心に染みるMCは、思わず聞き入ってしまいます。 気が付くと紹介された食材を手に取ってしまっている圧倒的な説得力。 今回思わず手に取ってしまったのがこちら。 産地直送の山口県産太刀魚の刺身と、 国内産の馬刺し。 どちらもスーパー見かけたことが無い珍しい食材ですね。 日本酒がすすむアテですね。 日本酒は山梨県北杜市白州町の地酒 「七賢」を購入。 キャンプで飲むお酒は地酒をチョイスして楽しんでいます。 一度入ると買わずにはいられない人気のスーパー「ひまわり市場」。 キャンプ飯の幅が広がること間違い無しですよ。 五光牧場オートキャンプ場で時間いっぱい食と絶景を楽しもう 朝早くにキャンプ場にチェックインして、理想の場所を確保したら、ささっと設営を済ませ、 清里で美味しい食材を購入する。 お昼過ぎにはキャンプ場に戻って、 贅沢な食事を最高のロケーションで楽しむことができますよ。 一見、バタバタとしたスケジュールに見えますが、 お昼以降はスローライフが待っています。 現地でしか楽しめないロケーションと一緒に、現地でしか調達できない美味しい食材も楽しみたいですよね。

次の

おっさん史上、最も偉大なるアドベンチャーが始まる?! 五光牧場オートキャンプ場で雪中キャンプ~後編~

五 光 牧場 オート キャンプ 場

今回は 長野県川上村 にあるオートキャンプ場に突撃してきたのでレビューしていきたいと思います。 バイク 1名2700円• 薪1束500円• 毛布150円• AC電源1200円• ゴミ回収 がある場所ってどんなとこ? がある 長野県川上村は、の麓にある広域農業地域にあるレタス栽培が盛んなとても長閑な農業地帯です。 近くにはが有り、車で10分~20分程走れば牧場や避暑地等が点在しているので、ちょっとキャンプ場から足を伸ばせば美味しいソフトクリーム等食べに行くことが可能です。 いざ!キャンプ場内突撃!! は、予約不要完全フリーサイトのキャンプ場です。 敷地面積はとても広大で、はよく手入れされた綺麗な芝生サイトになっています。 上写真がキャンプ場内の写真になります。 綺麗な芝サイトがどこまでも続き、どこでもテント張り放題です。 しかし、オートキャンプ場で楽しく快適にキャンプを楽しむためにはいくつか抑えておかなければならない注意点とポイントもあります。 そこで、 オートキャンプ場攻略のポイント!! まず把握しておきたい1つ目のポイントは、この広大な敷地内にトイレ棟が2つ、冬季は1つしか無いという事です。 これが場内のマップになります。 夏季はのトイレと下の宿舎隣、風呂場の上のトイレの2箇所が使用可能で、冬季はのトイレ一箇所になってしまいます。 それ故あまりに遠い場所にテントを張ってしまうと、トイレまで徒歩で15分近くかかってしまうので特に小さ様連れや、家族で来る場合十分トイレの位置を確認してから場所を選ぶ必要があります。 2つ目のポイントは、平らな場所が少ないという点です。 キャンプ場が山に作られている事から、キャンプ場全体がなだらかな斜面でできています。 上の画像でもわかるとおり、場所によっては結構な斜度があります。 そのため快適にキャンプをするためには、いかに平らな場所を確保できるかが重要になります。 ちなみに今回、私は受付時間30分前の8時30に到着したのですが、何故かすでに受付が開始されていた為狙っていた場所はとれませんでした>< そして今回私が選んだキャンプ地は、MAP写真星印のこちら! ちょうどトイレと炊事場の真ん中あたりの土地で斜度も許容範囲だったのでここを本日のキャンプ地とする!! 3つ目のポイントは、買出しできるスーパーが近くには無いという点です。 一応近くにはというとても小さな商店があるのですが、買出しをそこで全て済ますには不十分です。 野菜の直売所等は周辺に2箇所あるので緊急時には野菜のみはれ可能ですが、お肉を入手することが出来ません。 十分な買出しを行う為には、オギノ長坂店まで行かなければならず、車で30分以上かかります。 営業開始時刻も10時と遅いため、買出しは事前に他の場所で済ませてくる事がおすすめです。 の設備! 次に設備を紹介していきたいと思います。 まずは受付。 こちらが受け付けがある管理棟になります。 受付では薪の販売や、毛布等のレンタルも可能です。 そして隣にはカフェ?らしき建物があったのですが、前回来た時も今回もやっていませんでした。 多分冬季はやってないのかな? 次はこちら。 トイレ棟になります。 建物の見た目はコンテナですが、中はとても綺麗です。 ウォシュレット付でトイレ内には暖房も完備されていてとても快適で、今回参加した女性メンバーにも好評でした。 ただやはりトイレ棟自体がここ1つしかないので、特に女性は朝等混雑していたようです。 次は炊事場。 さすがにお湯までは出ませんが、清掃など綺麗にされていてしっかり管理されていました。 もちろん水も飲料可な水です。 次はこちら。 こちらはお風呂棟になります。 しかし残念ながらこちらの利用は今シーズンは9月で終了してしまったそうで利用する事ができませんでした。 シャワーも使用できないためお風呂やシャワーは近くにある温泉施設に行く必要があります。 ちなみに私はここのキャンプ場を利用する時はいつもにある パノラマの湯を利用しています。 こちらは車で20分前後のところにある温泉施設で、晴れれば露天風呂から富士山も見れるおすすめの温泉施設です その他 上記でも書きましたが、の場内はとにかく広い!! 上記で説明出来なかった風景や、今回のキャンプの1コマを紹介します。 まずこちら。 こちらはキャンプ場の一番奥にある特別サイト。 特別サイトといっても追加料金や予約等は必要無く、誰でも自由に使用できる平らな場所が殆ど無いにある唯一といっても良いくらい平らなエリアです。 しかしここからトイレまでが徒歩で15分前後かかる為人数は少なめでした。 一応このエリアには簡易的な炊事場が一箇所ある為、とにかく静かな場所が良くてトイレなんて無くても平気な強者キャンパーさんにはおすすめです。 次は展望台。 が一望できる絶景ポイントになります。 下には広大な農業地帯が広がっていて、見たことが無い大きなトター等が道を走っていたりと、農業地帯ならでわの風景を見ることができます。 夕食に作ったピザ 今回は本間製作所のクッキングストーブをピザ釜使用に改造してピザを焼きました。 改造について詳しくは過去のブログを参照して下さい。 まとめ 今回を利用して改めて思ったことは、キャンプ場料金が高いだけあってしっかりと管理されていたと思いました。 トイレの数が少なかったりシャワーが使えない等の不便さを差し引いてもまだなお魅力が勝るキャンプ場でした。 そしてその不便さからか、昨今のキャンプ人気でマナー違反をするキャンパーが増えてきている中、周辺のキャンプ場と比較し、を利用しているキャンパーさんたちはベテランキャンパーさんが多かった印象でした。 買出しを前日にしっかり済まし、朝一番に受付を済ませてよい場所を取れれば最高のキャンプ場ではないかと思います。 まだ行った事の無いキャンパーさんには是非おすすめしたい、そんなキャンプ場でした。 Ame-otoko.

次の

時々キャンプ!!:五光牧場オートキャンプ場②

五 光 牧場 オート キャンプ 場

目次 []• ありのままの自然が魅力の五光牧場オートキャンプ場 五光牧場オートキャンプ場は 中央道長坂インターから車で約30分。 日本で一番高い場所にある駅「野辺山駅」で有名な、 標高1300メートル地点にあるキャンプ場です。 野辺山周辺まで車を走らせると、ゆったりとした壮大な景色が広がります。 まるで北海道にいるかのような錯覚に陥りますよ。 最低限の設備だけ。 自然と調和したキャンプ場 殆ど手を加えていないキャンプ場内は、 天然の芝生と木々が美しく調和した美しいロケーションです。 そのため、設備がしっかりと整った高規格キャンプ場とは違い、 ワイルドな環境です。 広大な敷地には 水場は2か所。 トイレも2か所しかありません。 道路も整地されていない、ありのままの状態です。 広大な敷地はまるでアドベンチャー 五光牧場オートキャンプ場は 予約が必要なキャンプ場ですが、 フリーサイトの為、好きな場所に設営することができます。 敷地内は広大なため、どこにテントを張るか迷ってしまう程です。 道からちょっと外れたところに穴場なサイトがぽつんとあったりするので、付近に車を停めて周りを探索するのも楽しいですよ。 最奥地は穴場?八ヶ岳と星空の見える特別サイト 今回設営した場所は、 八ヶ岳と星空の見える特別サイトという、広大な芝生が広がる開けたサイトです。 この先にもキャンプ場があるのか?と、不安になる位奥まで車を進めていくと、突然開けた場所に出ます。 木々に囲まれたサイトとは全く違った顔をみせるこのサイトは五光牧場オートキャンプ場の新しい一面をみせてくれます。 八ヶ岳と星空の見える特別サイトというだけあって、周りに遮蔽物がありません。 八ヶ岳も、こんなにくっきりと見えます。 この日は残念ながら星をみることができませんでしたが、 星がみえたら絶対感動しますね。 美しすぎる天然芝 まるで ゴルフ場のように美しい芝生。 ここまで見事な芝生のキャンプ場は、なかなかお目にかかれません。 ペグの刺さり具合も良好でした。 キャンプギアを直置きしても汚れが気になりません。 芝生に寝っ転がると、気持ちよかったですよ。 長野県では貴重な車乗り入れ可能なフリーサイト 長野県のフリーサイトのキャンプ場で、車の乗り入れができるところは意外と少ない印象ですが、 五光牧場オートキャンプ場は車の乗り入れが可能です。 これは大変ありがたいです。 これだけ広大なキャンプ場をリアカーにキャンプギアを載せての移動は、流石に過酷ですからね。 不便を楽しもう!ワイルドな環境でキャンプを楽しむ 最低限の設備で自然の地形を生かしたキャンプ場。 とても魅力的な響きですが、逆に 不便な点も多々あるということです。 高規格キャンプ場とは一味違った、ワイルドな環境をご紹介します。 平地は皆無!場所選びがすべて 自然の地形を生かしたキャンプ場だけあって、 完全な平地は存在しないと断言できます。 多少の傾斜地なら、全然許容範囲です。 殆どの場所が結構な傾斜なのですから。 傾斜が強い場所でのキャンプは中々不便です。 テーブルに置いたドリンクやお皿は滑り落ちていきますし、快適な睡眠も望めません。 傾斜の少ない場所はすぐに埋まります。 良い場所を押さえる為にも、 なるべく早くチェックインして場所選びに時間を割きたいところです。 五光牧場オートキャンプ場のチェックインは朝9時からです。 トイレは2つ。 場所選びを間違えるとトイレが大変 これだけ 広大な敷地にも関わらずトイレは2つしかありません。 つい最近まではトイレが1つしか無かったそうです。 この赤いコンテナのトイレがキャンプ場内にできたことで、大分快適になったそうですよ。 場所によってはトイレまで片道5分以上はかかるため、トイレ付近は人気スポットです。 すぐに埋まります。 今回設営した 八ヶ岳と星空の見える特別サイトは、 トイレまで片道5分以上と不便でしたが、傾斜が少なく、 プライベート感満載の絶景エリアでした。 多少トイレから遠くてもプライベート感のある傾斜の少ない場所を選ぶのか、景観と傾斜のことは無視してなるべくトイレに近い場所を選ぶのか。 キャンパーさんの考え次第ですよね。 整備されてない道がワイルドすぎる件 道路もありのままの自然です。 道は起伏が激しく、 車高の低い車だと確実に車の下を擦ります。 しかも、土が丸出しでぬかるんでいるため、 雨の日はスタックする率があがります。 今回は晴れた日にキャンプに行きましたが、車がちょっと低いため沢山擦りましたし、スタックもしました。 低い車やスポーツカーの方は、気を付けてくださいね。 炊事場は2か所。 お湯はでません 炊事場は2か所あります。 トイレ同様、炊事場の近くも人気のスポットとなりますので、早い段階で埋まります。 水は天然水を引いているので そのまま飲めます。 とても冷たい水が気持ちいいです。 お湯はでませんが、それは贅沢というものです。 ちゃんとした炊事場があるだけでも大変ありがたく感じました。 外灯はありません。 夜は真っ暗です キャンプ場内には外灯がありません。 周りは真っ暗なので トイレや炊事場に行くときは懐中電灯が必須です。 真っ暗だと星も綺麗にみえますし、ランタンの光や焚火の炎が美しくみえます。 自然の中でキャンプをしてるんだなという実感が持てますよ。 ゴミ捨てに関しての注意事項 ゴミは捨てることができます。 但し 有料です。 生ゴミが220円です。 それ以外の分別は特に指定はありませんでした。 袋の大きさのよって金額が変わります。 30リットル袋が330円、45リットル袋が440円、70リットル袋が550円です。 ゴミが捨てられるだけでもありがたいですよね。 最高のロケーションで美味しいご飯を楽しむ 五光牧場オートキャンプ場から車で10分ほどのところにある清里には、行列のできるお店や、おいしい食材を取り扱ったお店が沢山あります。 今回のキャンプの目的が 「最高のロケーションで美味しいご飯を楽しむ」です。 五光牧場オートキャンプ場の付近にある美味しいお店を何店かご紹介します。 親子丼で有名な「中村農場」の絶品鶏ガラスープ 中村農場は、数十種類の鶏肉と卵を生産販売しています。 特に 親子丼は有名で、 2時間待ちは当たり前です。 その隣にある 直売所で親子丼を購入することができます。 直売所では行列することなく購入することができます。 冷凍食品ですので調理は必要ですよ。 キャンプで特におすすめなのが、 鶏ガラスープとセットで購入できるラーメンです。 キャンプ場で〆のラーメン。 酒飲みにはたまりません。 レシピ付きですよ。 鶏がらスープを解凍して、麺を茹でるだけです。 アッサリとしたスープと、専用の麺が絡んで美味です。 鶏ガラスープは大量に入っています。 ラーメンだけだとスープが余るので、翌日朝、スープとして頂いています。 2度も楽しめてしまう汎用性の高さ。 二日酔いの胃腸に沁みわたります。 幸せです。 別の建物にある、 中村農場菓子店のスイーツも絶品です。 生ものなのでお早目にお召し上がりください。 設営後のスイーツはほっこりとしますよ。 行列のできる人気店「萌木の村ROCK」のレトルトカレー 萌木の村ROCKのカレーは一度食べたら病みつきになります。 こちらも 2時間待ちは当たり前です。 その味を一言で表現すると「ROCKのカレー」としか例えようがありません。 そんな大人気のカレーが、レトルトで販売されています。 キャンプといえばカレーは定番ですよね。 設営後の腹ごしらえに、ROCKのカレーを食します。 レトルトだからといって侮ることなかれです。 お店で食べる味そのままなのです。 温めるだけですぐ食べられるのは魅力ですよね。 キャンプにはもってこいですね。 こだわりの品揃えが只者ではないスーパーひまわり市場 山梨県では有名なスーパーです。 こだわりの食材を調達し、見たこともないような珍しい食材をいっぱい取り揃えてます。 お寿司はなんと職人さんがその場で握っています。 とても スーパーとは思えないこだわり。 人気なわけです。 一番の売りはなんといっても 店長さんのマイクパフォーマンス。 心に染みるMCは、思わず聞き入ってしまいます。 気が付くと紹介された食材を手に取ってしまっている圧倒的な説得力。 今回思わず手に取ってしまったのがこちら。 産地直送の山口県産太刀魚の刺身と、 国内産の馬刺し。 どちらもスーパー見かけたことが無い珍しい食材ですね。 日本酒がすすむアテですね。 日本酒は山梨県北杜市白州町の地酒 「七賢」を購入。 キャンプで飲むお酒は地酒をチョイスして楽しんでいます。 一度入ると買わずにはいられない人気のスーパー「ひまわり市場」。 キャンプ飯の幅が広がること間違い無しですよ。 五光牧場オートキャンプ場で時間いっぱい食と絶景を楽しもう 朝早くにキャンプ場にチェックインして、理想の場所を確保したら、ささっと設営を済ませ、 清里で美味しい食材を購入する。 お昼過ぎにはキャンプ場に戻って、 贅沢な食事を最高のロケーションで楽しむことができますよ。 一見、バタバタとしたスケジュールに見えますが、 お昼以降はスローライフが待っています。 現地でしか楽しめないロケーションと一緒に、現地でしか調達できない美味しい食材も楽しみたいですよね。

次の