モノクロ イラスト 描き 方。 モノクロイラストの描き方【動画】 by kawashita

イラストの描き方*

モノクロ イラスト 描き 方

僕が描いた白黒イラストの世界 タイトル:都会 手書き作品。 賑わっている街、行き交う人々をイメージしました。 タイトル:近所 手書き作品。 これは2点透視図法の練習に描いたやつですね。 タイトル:地元 手書き作品。 これは僕の地元ですね。 写真を見ながら描きました。 やべっ!身ばれする! タイトル:4点透視建築 手書き+Photoshop加工した作品。 別にPhotoshopで加工する必要なかったですね。 なんで上下色を反転させたし! このイラストの見所は4点透視図法だと言うことですね。 順番に説明すると1点透視図法は部屋の内部、2点透視図法は家の外観、3点透視図法は町全体を見下ろした感じを描くときに使われますが、4点透視図法とは肉眼では絶対に視認することができない見え方なんです。 えーとあれ、魚眼レンズの見え方が一番近いですかね。 上部と下部がだんだん奥になっていき、真ん中を強調させる描き方ですね。 僕は好きです。 タイトル:色あせない世界 手書き+Photoshop加工した作品。 傾いた世界 オレンジの光が射したとしても 私の目に映る世界は色あせない あなたが見る世界はどんな色ですか? 僕はいったい何を言ってるんでしょうね。 タイトル:あべこべ世界 手書き+Photoshop加工した作品。 上も下も右も左もどっちがあーでこっちがあーだ、すべてが狂ったあべこべ世界。 そんな感じで描いてたと思います。 タイトル:機械いじり 手書き作品。 男の子?女の子?が楽しくパソコンをいじってます。 パソコンの光であたりを照らしてますけど実は真っ暗な部屋の中にいます。 引きこもりです。 天才の引きこもり。 光で照らしているのに当の本人は影だけの存在というちょっと怪しいイラストになっています。 タイトル:黄金の果実を求めて 手書き作品。 昔作った絵本の表紙です。 片腕の女の子とその仲間達が、食べると何でも願いが叶うといわれている黄金の果実を求めて旅する話です。 タイトル:白い世界 手書き作品。 これも昔作った絵本から。 いつからここにいるのかわからない、いつまでここにいるのかわからない・・・そんな白い世界を旅する少女の話。 タイトル:長靴を履いた猫 手書き作品。 有名な童話、長靴を履いた猫を元にしたイラスト。 知ってる人からすれば懐かしいんじゃないでしょうか? このキャラクターを元に初音ミクの楽曲で有名になりましたね。 あ、かっこいい!って。 買わなかったんですけどね。 高いから。 アニメは黒歴史扱いされてますけど僕は好きですよ。 以上! 手書き多いですね。 うんやっぱ手書きのほうが好きですね。 でもillustrator(デザインソフト)でイラストを描いてる内にillustratorの楽しさがわかってきました。 Photoshopは知らん。 そんな感じです。 最近はあまり描く時間ないですけどまたこういう絵描きたいなあ。 白黒イラストの描き方 僕なんかが描き方を教えるのはおこがましいですけどちょっと書きますね。 描き方というかコツですね。 僕は陰影とかよくわかりません。 光がどっちからきてどこに影ができるとか・・・だいたい 適当です。 全く分からないわけではないですけどそんなに意識しません。 ここだっ!ってところで影をつけてます。 ここで紹介したイラストみたいな陰影の強いイラストを描く場合は白と黒のバランスが大事だと思っています。 これは画力というよりデザインセンスが求められますね。 簡単な話、上を黒く塗ったら下は白、右が白なら左は黒と言った具合です。 でも白黒のバランスができていても構図のバランスが狂っていては印象も悪くなってしまいます。 あえて真っ白い空間を作ってイラストとのバランスをとるとか考えなきゃいけません。 難しいとこですね。 また、アクセントとして 一部分に色を入れれば(人物だったら目のみに彩色するとか)白黒イラストがさらに引き立って映えますよ。 以上が僕の描き方でーす。 人それぞれ描き方は違うと思いますけど白黒の場合はイラストの画力が低くても暗い影を落とすことでそれっぽく見せることができますよ。 雰囲気イケメン的な! それでは。

次の

「角娘」で学ぶモノクロイラストの作画テクニック

モノクロ イラスト 描き 方

それなら私はまず、描きたい物の資料集めから入ります。 サイトや写真集、プロの方の漫画やイラスト作品から「いいな」って思ったものを集めてきます。 (個人で楽しむ分には問題ありませんが、コンクールなどに出品するときはトレスやパクリは絶対しないこと!あくまでイメージであり参考です) その後構図(キャラクターの配置やポーズなど)を大まかに決めて、シャーペンで薄めに形をとります。 (棒人間と単純な図形で背景をざっくり、みたいな感じです) 実際に描き込むときもシャーペンが多いです。 鉛筆は太めの線で描きたいときに使います。 基本的に後から描いた部分の方が目立つので、先に人物(またはメインになる部分)を描いてしまうと埋もれてしまいます… 背景が出来たらキャラクターを描きます。 (服の下の身体の線は後で消します) あとはそのままシャーペンで服のしわや陰影などを描きこんで完成です。 が、私は滅多にしません(面倒なので…)。 でもカラーイラストにするときは、ボールペンで輪郭をなぞり、色鉛筆と水彩で仕上げてます。 分かりにくいうえ、長くなってしまい申し訳ありません… あくまで個人の意見としては、pixivなどで上手な描き手さんの作品や描き方を参考にするのがいいと思います。 (でも著作権とか気を付けて!) 質問者様もイラストを楽しんでくださいね!お粗末さまでした。 失礼ながら、質問者様はまだイラスト初心者ですよね?それならミリペンやGペンはあまりお勧めしません。 他の方もおっしゃっているように慣れないと使いこなすのは難しいです。 安価で専用カートリッジも売ってるのでお勧めです。 書き味も中々で使いやすいかな、と思いました。 ただし管理がずさんだとインクが固まってしまったり、(耐水性ですが)用紙や画材の相性次第ではにじんでしまうので気を付けて下さい。 私の具体的な描き方は、下絵の線を細めにボールペンでなぞり、そのあと何度もなぞって少しずつ太く力強くしていきます。 モノトーン調のはっきりした絵の時はマイネームの極細を使うことが多いです。 (ボールペンって実はすごく表情豊かな画材で、ペン先の角度や指に入れる強さで無限の表現ができるのでお勧めです!主線も背景も自由自在です。 ) アナログとデジタルの違いについて。 アナログは手描きのことです。 一方デジタルはパソコンやペンタブなどの機械を通して描かれたものです。 photoshop等の専用のソフトウェアを使っている場合が多いですね。 (デジタルはあまり詳しくないので間違ってるかも) 私はまだ高校生で機器が揃えられないのでアナログです。 いずれはデジタルに…と思っていますが、まだ自分の絵のスタイルが確立できていないうちはやめた方がいいです。 今はしっかり練習して、自分の絵に自信が持てたらトライしてみるのがいいのかな、と。 なによりも一番上達するのは質問者様が「いいな」と思った作品を真似してみることです。 上からなぞったり隅々まで眺めてみたり、こんなことが質問者様の画力向上に大きな効果を与えてくれますよ! 楽しみながら頑張ってくださいね。 長文失礼しました。 わたしはまず罫線入りのルーズリーフなど適当な紙にばあぁーっと全体のイメージ(ラフ)画みたいなものを描きます。 いきなり本番の紙に描くのが不安だということと、 そうすることでプロポーションバランスに変なところがないかなど、 構図の確認にもなるからです。 これは描き易さの問題ですから、自分が楽に描ける順序を見つけていきましょう^^! モノクロもカラーも、線画の時点では(完成した見た目は)あまり変わりません。 ただカラーは、キレイに仕上がるように線画も気を抜かずに描きます。 消えずに残った鉛筆の線がのこったりしたら嫌なのでラフは描かずに 下書きから、完成の線画に近い線を描いていきます。 ちなみに線画は0.5のシャープペンHBで、線画のペン入れはコピックマルチライナーで やっています。 モノクロの場合は黒、カラーの場合はセピア(茶色)をつかっています! どちらかというとやわらかい雰囲気の絵を描くことが多いので。 長文でしたが参考になれば><! 補足 ペンのことでしたか!w ミリペンとかGペンとか、要するに軸とペン先からなるペンは わたしはまったく使いません。 インクがかわかないうちに速く作業をすませなくてはいけないとか 室温にも気を遣わなくてはいけないとかいろいろと面倒だし、 サインペンで事足りるからです。 使いやすさは人それぞれでしょうが、やっぱり漫画家らしい 軸とペン先のペンを使いたいということでしたら お店にいくと商品に「太い線におすすめ」とかいろいろ説明が あるとおもいます。 デジタルというのは専門の道具(ペンタブって聞いたことありますか?)や パソコンのソフトなどを使ってパソコン上で絵を描く方法です。 イラストの描き方が分からないのでしたら今はまだデジタルはおすすめしません。 あなたのように手描きで描く方法をアナログといいます。 ちなみにわたしもアナログです^^ キャラクターにしても風景にしても、最初はアタリといういわば大体の全体像を薄く書いてから詳細な表現に入るといいですよ。 絵がうまく見えるかどうかの大きな要素はバランスです。 バランスがとれていればどれだけシンプルで簡単な表現でも見るものを惹きつけますし、バランスがとれていなければ凝って書いてもうまく見えません。 アタリの取り方ですが、キャラクターに絞っていうと、マネキンを最初に書くイメージです。 頭、首、肩、胸、腰、腿、脚、足首、足先、腕、肘、手首、手先・・・といったように、各パーツに分けて考え、それぞれがどんな形でどんな動きをするのか、大体自分の体を観察すれば間違えません。 これらを目的とする動きに合わせて組み立ててゆき、その「マネキン」に顔を作り、髪をはやし、服を着せていきます。 この顔、髪、服も各所のパーツで同じように考えて組み立てます。 この点、Pixivの「ポージング 講座」などの検索で良いものが探せると思います。 描画方法ですが、アナログということでよろしいでしょうか。 鉛筆でもシャーペンでもいいかと思います。 鉛筆・シャーペンに共通して言える注意点として、「ペン先を回す」という意識が必要です。 一定方向のみを接紙させ続けると、芯が斜めに不安定に削れていくので、太い線や荒い線になりがちです。 少し書いたらペン先を回し、いつでもシャープな線をかけるようにすると綺麗な仕上がりになりますよ。 カラーはお好みです。 水彩絵の具やアクリル絵の具、エアブラシや色鉛筆やカラーペンを使うこともあります。

次の

Just 2 colors! Black & White Drawings

モノクロ イラスト 描き 方

イラストレーションはもちろん、写真や映像など視覚に訴えかける媒体においては、登場人物の感情や作品世界の表現に、しばしば「モノクローム」が採用されます。 モノクロの画面は一般的に、カラー画面よりも色彩の情報が少ない分、主題の「明暗」や「形」に意識が向きやすいと言われています。 モノクロのイラストレーション、とりわけキャラクターの表現においては、線の使い分けやラインの引き方、質感の表現方法、影の付け方、塗り方を工夫することによって、モノクロならではの独特な雰囲気を演出することも可能であり、それはモノクロイラストが持つ魅力の一つでもあります。 「」は、モノクロでキャラクターを作画する際のテクニックを紹介する指南書です。 イラストレーター・jacoさんによる詳細なテクニック解説をはじめ、カラーイラストにはない表現手法、イラストのクオリティチェックを行うために見るべきポイントなども紹介するほか、jacoさんが得意とする「角娘」(角の生えた少女)のモノクロイラスト集としても楽しめる一冊にまとまっています。 「シンプルがゆえにカラーイラストの作画とは異なる技術や感覚を必要とし、シンプルがゆえに少しのバランスの違いで美しくも下品にもなることも多く、だからこそ上手く描き上げることができた時に感じる『難しいパズルが組み上がったような感覚』は、カラーイラストを描いた時とは異なるものがあります」(「はじめに」より) 本記事では、第1章「モノクロイラストならではの『線』の描き方」より、絵の段階ごとに使う「線の種類」についての解説部分を抜粋して紹介します。 実際に私の場合、ラフや下描き、清書や描き込みに4、5種類の線を使い分けてイラストを描いています。 ここではどんな線を使って、どんなものを描いているのかご紹介します。 もちろん、この線を使わないといけないというルールはありません。 何度も何度も描きながら経験して、自分で描きやすい線を探してください。 ラフ ラフを描く時の線は、細かい描写は気にせず思いのまま引いています。 ここではポーズや構図が確認できればいいので、クロッキーで使うような鉛筆風の線を使っています。 ササッと鉛筆で描いたようなタッチです。 クロッキー感覚なので、鉛筆に近い線のブラシを使用。 下書き 構図が決まったら下描きに移ります。 完成をイメージしながら繰り返し線を引き、理想の線を追求していきます。 下描きでは太めで柔らかな線が引けるブラシを選んでいます。 柔らかな線が引ける、太めのブラシをチョイス。 細部も描いたり消したりして形を整えます。 納得がいくまで何度も線を引いていきます。 線画 下描きの線をガイドに清書をして線画を完成させます。 ここが一番神経を使う作業なのですが、使うのはクリアな線で、肌のラインには強弱もつけています。 クリアな線を使い、納得のいく輪郭線を引く。 仕上がった線画には余計な線を残しません。 肌はこれ以上描き込まないため、この時点で完成形です。 ラフはどんな線で描いているのか アイデアを最初に形にしてみるのがラフです。 どんなイラストも全てはラフから始まります。 ここではラフで使われている線に注目してみましょう。 ラフの例 思いのままに引いた線は、ラフでイメージを形にするため メモ書きのようなものから完成が見えているような的確な線まで、ラフで使われている線は様々です。 ここで取り上げているのは全て本書に掲載されているイラストのラフです。 アイデアの源泉でもあるこのラフと見比べてみてください。 イラスト完成例• イメージしたポーズを形にしてみます。 大まかな構図は描きながら確認します。 下描きはどんな線で描いているのか 下描きは、より具体的にアイデアを形にしていく作業です。 髪型や衣装など決めることは沢山あります。 そんな下描きではどんな線が使われているのでしょう。 何度も重ねた線でアイデアを練り、理想の線を追求する下描き線。 迷いながらも線を重ね、完成のイメージに近づけるのが下描きです。 実際に清書をする際に細かい構図の変更を行なっていますが、この段階でアイデアを固めておきます。 下書き。 服の柄や小物も、細かく描き込んでおきます。 描き込む直前の線画をチェック 線画は建物に例えれば設計図、映画ならば脚本のようなものです。 どれだけ練られてきたものがかたちになったのか、しっかりと丁寧に描かれているのか。 次のステップに進む前に、ぜひ線の完成度を確認してください。 線画の例 線画の完成度がイラストの出来を決定する 繰り返しになりますが、線画はイラストのベース(土台)となります。 土台となるものが不完全では、その上にいくら盛り付けても容易に崩れてしまいます。 どうぞ妥協せず、理想の線を追求して線画に取り組んでみてください。 線画の例 <玄光社の本>.

次の