東京電力 プラン おすすめ。 東京電力の新プラン4つと既存プランを徹底比較!!

【徹底比較】電化上手が廃止! 東京電力のスマートライフプランとの違いは?

東京電力 プラン おすすめ

一人暮らしで安い電力会社はどこだろう?と探していますよね。 一人暮らしの電気代は4,000円前後が相場。 そんな電気をあまり使わない一人暮らしでは、おすすめ電力会社を選ぶために各社の料金・割引内容などを細かく比較する必要があります。 結論を言うと、一人暮らしにおすすめな電力会社は「 Looopでんき」「 シン・エナジー」「 CDエナジー」「 東京ガス」「 関西電力」の5社になります。 この記事では一人暮らしの方におすすめな電力会社をランキング形式で紹介し、お得な選び方や乗り換えの疑問点なども分かりやすく解説します。 一人暮らしで電気の乗り換えを検討しているみなさんのお役に立てる内容になっているので、ぜひ参考にしてくださいね。 こんな人におすすめ! ・電気をあまり使わない人 ・家にあまりいない人 ・30A以上で契約している人 ・解約金や違約金を支払いたくない人 一人暮らしの方に今もっとも安くておすすめなのがLooopでんき。 Looopでんき最大の特徴は「基本料金が0円」ということ。 一人暮らしでは電気をあまり使わないため、電気代に占める基本料金の割合が大きくなりがちです。 しかしLooopでんきでは、 今まで毎月かかっていた基本料金をまるまる節約することができるのです! 余計な固定費がなくなり電気代は使った分だけ支払えばいいので、まさに一人暮らしにピッタリの電力会社と言えるでしょう。 特に30アンペアや40アンペアなど、基本料金が一定程度かかっている方では月に数百円の節約も可能です。 また、Looopでんきは初期費用や解約金などがありません。 もしかしたら将来引っ越すかもしれないという一人暮らしの方でも、気軽に申し込むことができますよ。 なお、東京の方はガスもセットで契約が可能。 電気とガスをまとめてお得にしたいという方にもピッタリの新電力です。 こんな人におすすめ! ・電気をあまり使わない人 ・関西、中国、四国、沖縄在住の人 ・日中にほとんど家にいない人 シン・エナジーはすべてのエリアに共通して、電気をあまり使わない方がお得になるような料金プランが特徴。 特に 関西、中国、四国、沖縄エリアでお得に利用できるのがポイント。 上記のエリアでは従来の電力会社が既に十分安いため、他の新電力ではほとんど安くできないか、むしろ割高になってしまうことが多いのです。 これらのエリア在住の一人暮らしの方は、 シン・エナジー一択と言っていいでしょう。 また、通常のプランと別に夜間(22時~8時)の電気代が安くなる「生活フィットプラン」も用意。 平日は仕事で日中ほとんど家を空け、電気は主に夜間に使うという生活の方にピッタリです。 寝てる間はエアコンをかけっぱなしという方にも最適なプランです。 関西、中国、四国、沖縄エリアに限らず他のエリアに住んでいる方でも、夜に電気を使う割合が高いという方はお得に利用できますよ。 シン・エナジーでは現在、Amazonギフト券やWAONポイントなどと交換できる 「EJOICAセレクトギフト」3,000円分プレゼントキャンペーンを実施中です。 こんな人におすすめ! ・電気をあまり使わない人 ・電気とガスをまとめたい CDエナジーには一人暮らしの方向けの「シングルでんき」が用意されていて、電気の使用量に関わらず毎月100円を安くすることができます。 また、首都圏ではガスの供給も行っていているため、電気とガスをセットで契約できるのも魅力。 CDエナジーでは 電気だけでなくガスもあわせて光熱費全体を節約することができるのです。 また、Amazonプライムの年会費を負担してくれる「エンタメでんき」というプランも選べたり、電気代100円につき1ポイントが毎月付与されるなど特典が豊富なのも魅力。 ポイントはTポイントやdポイントなどの提携ポイントと交換でき、電気代の支払いに充てることもできます。 CDエナジーに新規申し込みで 最大10,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。 これから夏は電気代が高くなる季節なので、検討中の方はこのタイミングでの申し込みがおすすめです。 こんな人におすすめ! ・電気とガスをまとめたい方 ・電気代の支払いでポイントを貯めたい方 深キョンのCMでおなじみの東京ガスの電気には、一人暮らしなど電気をあまり使わない人向けの「ずっとも電気1Sプラン」があります。 電気を使っても使わなくても、必ず東京電力より安くなるように設定されています。 さらに、毎月の電気代の支払いで パッチョポイントが貯まり、貯まったポイントはdポイントやPontaポイント、Tポイント、WAONポイントなどと交換ができます。 ポイント還元率 電気代1,000円=15ポイント ガス代1,000円=5ポイント また、レシピ動画サービス『クラシル』の有料機能の一部が使えたり、電気トラブルに24時間無料で対応してもらえるなどのサポートが充実しているのも魅力です。 ガス料金は変わりませんが、 電気とガスを東京ガスにまとめたい、様々なサービスやサポートもあわせて利用したいと言う方におすすめです。 こんな人におすすめ! ・関西エリアに在住 ・電気をあまり使わない ・電気とガスをまとめたい 関西エリアにお住まいの一人暮らしの方は、関西電力に電気とガスをまとめるというのもお得です。 関西電力では電気とガスのセットプラン「なっトクパック」を用意していて、 電気とガスをまとめると電気代、ガス代ともに今の関西電力・大阪ガスの料金より必ず安くなります。 「なっトクパック」に申し込むことで、電気は関西電力の従量電灯A(従来のプラン)から「なっトクでんき」に、ガスは大阪ガスの一般料金(従来のプラン)から「なっトクプラン」に切り替わります。 また、なっトクパックにすることで、電気代・ガス代の支払いで「はぴeポイント」という独自のポイントが貯まります。 ポイントはdポイントや楽天ポイント、ANAマイルなどの提携ポイントに交換することもできます。 ポイント還元率 電気代1,000円=8ポイント ガス代1,000円=5ポイント ポイントを貯めたいという人にもおすすめです。 一人暮らしにおすすめの電力会社の選び方 おすすめの電力会社を選ぶためには、選び方のコツを知っておくことも大切です。 一人暮らしで安い電力会社を選ぶポイントをまとめたのでご覧ください。 月々の電気使用量・アンペアを把握する まずは自分の現在の 電気使用量と 契約アンペアを確認することが大切です。 電気使用量はどれくらい? 電気使用量はkwhという単位で表されます。 一人暮らしの電気使用量は70~200kwhまでが相場。 130kwh前後が平均的で、それ以下なら少なめ、それ以上なら多めと判断するといいでしょう。 電力会社の中には80kwhなどあまり電気を使わない場合でお得になるところもあれば、200kwhなど電気をある程度使った方がお得になるところもあります。 検針票や請求書を見れば載っているので、まずは自分が電気をどれくらい使っているのかを知っておきましょう。 契約アンペアはどれくらい? 電気の使用量だけでなく、現在契約しているアンペア数も把握しておきましょう。 契約アンペアとは、電気を一度に流せる容量のこと。 アンペアが大きいほど一度に流せる電気も多くなりますが、その分基本料金が高くなってしまいます。 契約アンペアによってお得な電力会社も変わってくるので、電力会社を選ぶ際には自分の契約種別をしっかり確認しておきましょう(検針票に書いてあります)。 なお、契約アンペアや使用量ごとに安い電力会社は後半の『』で紹介します。 基本料金が無料または安い電力会社を選ぶ 一人暮らしの方は複数人世帯と比べて使用量が少ないので、その分基本料金が占める割合も大きいです。 基本料金は契約しているアンペアに比例して高くなるので、30Aや40Aで契約している人ほどメリットが大きいでしょう。 また、長期の出張や旅行などでよく家を不在にするという方も基本料金が0円または安い電力会社はお得です。 ただし、もともと基本料金がない関西、中国、四国、沖縄地方ではお得にならないので注意が必要です。 そこで一人暮らしの方は電気だけでなくガスとセットで光熱費全体を節約するという視点も大切になります。 現在のガス会社に特にこだわりがない方は、ガスも検討してみてください。 一人暮らしの方は引っ越しなどで電気を解約する機会も多くなりがちなので、解約金・違約金のかからない電力会社を選びましょう。 以下の電力会社では発生するので注意してください。 ・auでんき:1年未満の解約で2,000円 ・ソフトバンクでんき:いつ解約しても500円 ・J:COM電力:最大20,000円 一人暮らしで安い電気料金を比較 一人暮らしにおすすめな電力会社5社の電気料金はどこが安いのか?一目でわかるように比較しました。 東京電力エリア、関西電力エリアの2つのエリアに分けて、それぞれ3つの アンペア・使用量のパターンでシミュレーションしています。 電気代が3,000円程度になる方はシン・エナジーを、それ以上またはそれ以下になる方はLooopでんきを選ぶと良いでしょう。 関西電力エリアの一人暮らしで電気代を安くしたい場合はシン・エナジーを選びましょう。 なお、基本料金0円のLooopでんきはこれくらいの使用量まではあまりお得とは言えませんが、月5,000円を超えるような使用量の多い一人暮らしの方ではお得に利用することもできます。 一人暮らしで電力会社を乗り換える際の疑問解消 最後に、一人暮らしで電力会社を切り替える際によく聞かれる質問をまとめました。 一人暮らしでも必ず電気代が安くなるの? 電気の使用量や契約アンペアによっては 変わらないかむしろ割高になってしまう可能性があります。 電気使用量が極端に少ないと安くならない 電気の使用量が極端に少ない場合、電力会社を乗り換えても安くならない場合もあります。 そもそも新電力の多くは、使用量=電気料金が増えるにしたがって節約できる幅も大きくなるように金額を設定しています。 もちろん一人暮らしでも平均的な使用量の方であれば安くなりますが、月に2,000円未満というような極少使用量の方では残念ながらほとんど安くできないのです。 アンペア数によっては割高になる 電力会社の中にはあるアンペアまで基本料金が同額というところもあります。 例えば丸紅新電力では、10A~30A契約ではすべて基本料金が803円です(東京電力エリアの場合)。 東京電力の20Aの基本料金は572円ですから、現在20Aで契約している方が丸紅新電力に切り替えると月に231円の値上がりになってしまうのです。 20A以下で契約している方は乗り換え検討先の電力会社の基本料金を確認しておくことをおすすめします。 一人暮らしの平均的な電気代はどれくらい? 一人暮らしの方の電気代の平均は月に約4,000円程度。 ただし、エリアや年代、季節によって以下のような傾向にあります。 平均より安め 平均より高め 関西、中国、四国エリア その他のエリア 勤労世代 高齢世代 春・秋 夏・冬 平均はあくまで一つの指標ですが、平均より電気代が高い人は電力会社を切り替えることで安くできるでしょう。 賃貸マンション・アパートでも契約できるの? 賃貸のマンションやアパート、集合住宅でも、電力会社の切り替えは可能です。 ただし、建物で高圧一括受電をしている場合には申し込みができません。 検針票に「高圧」の記載があるか、契約アンペアが7kVA以上、建物に大きなキュービクルが設置されている場合は一括契約です。 分からない方は大家さんに確認してみましょう。 引っ越しと同時に申し込みできるの? 電力会社によって、 引っ越しと同時に利用できるかどうかは変わります。 この記事で紹介してきた電力会社で、引っ越しと同時に利用できるのはこちら。 引っ越しと同時に利用できない電力会社では、まずエリアごとの電力会社 東京電力や関西電力など に申し込んで1か月利用してから、希望の電力会社に申し込むことができるようになります。 今の電力会社へ解約連絡をすべき? 新電力への乗り換え時には、基本的にそれまで利用していた電力会社への解約連絡は必要ありません。 乗り換え先の電力会社が代わりに解約手続きをしてくれます。 初期費用・工事費はかかる? 電気の切り替えは基本的にはすべて無料です。 契約する電力会社によっては契約手数料がかかることもありますが、ほとんどの新電力では初期費用は無料です。 また、スマートメーターが未設置の方は簡単な取替作業が行われますが、工事費も一切発生しません。 切り替え完了までにはどれくらいかかるの? 基本的に次回の検針日から切り替わります。 申し込みのタイミングにもよりますが、およそ 2週間~1ヶ月程度かかるという認識でいましょう。 夏や冬など電気使用量が増える時期は申し込みが混み合い、次々回の検針日切り替えとなる可能性もあるので、なるべくゆとりをもって申し込むことをおすすめします。 他に電気代を安くする方法は? 電力会社を切り替えられない方、あるいは切り替えた上でさらに電気代を安くしたい方は以下の方法を実践すると良いでしょう。 契約アンペアを下げる 現在30Aや40Aで契約している方は、アンペアを20Aに下げることで月に200円~500円の節約になります。 それだけ電気を一度に使える量は減ってしまいますが、エアコン、ドライヤー、洗濯機、電子レンジなどを3つ同時に使わないなどの工夫をすれば問題ありません。 なお、10Aや15Aはさすがに低すぎて不自由になるので推奨しません。 エアコンの使い方を見直す エアコンは特に電気代が高くなる原因になるため、使い方を工夫することで使用電力を減らせます。 設定温度を調整する 冷房は28度、暖房は20度を目安にすることで電気代を抑えられます。 扇風機と併用する 扇風機を併用することで、部屋の空気を循環できエアコンの設定温度を下げずにすみます。 こまめに消さない エアコンは起動時が最も電気を使います。 1時間以内の外出ならつけっぱなしの方が消費電力を抑えられます。 まとめ 新電力への切り替えは、基本的に「電気をたくさん使う人ほどお得になる」と言われています。 しかし、 電気をあまり使わない家庭でもちゃんとお得になるということがこの記事でわかっていただけたかと思います。 ガスもまとめることでよりお得にすることができるので、ぜひあわせて検討してみてくださいね。 , ,•

次の

東京電力の売電価格|おすすめプランと申込方法【卒FIT】|みんなの太陽光発電

東京電力 プラン おすすめ

なぜ電力会社・電気料金プランを切り替えるだけで、電気代が安くなるの? 選べる電気料金プランには、基本料金が0円、夜間の電気料金が割安、一定の使用電力量まで電気料金が一律など、さまざまな料金設定のプランがあります。 例えば学校や仕事で昼間不在にすることが多く、帰宅してから夜間に電気を使うという人なら、夜間の電気料金が割安なプランを選ぶと、効率よく電気代が節約できますね。 自分の ライフスタイルに合った適切なプランを選ぶことで、無駄なくお得に電気を使うことができるんです。 東京電力エリアに一人暮らしの人におススメの電力会社を紹介します 東京電力エリアにお住まいで、現在東京電力EPの電気料金プランを契約中の人へ、おススメの電力会社を3社紹介します。 基本料金が0円!Looopでんき「おうちでんき」 基本料金が0円で電力料金の単価が一律なので、使った電気の分だけ電気代を支払えばよいシンプルな料金設定となっています。 太陽光などの再生可能エネルギーで発電された「FIT電気」の比率が高いのも特徴です。 現在東京電力EP「従量電灯B」 30A~60Aを契約している人は電気使用量にかかわらず、Looopでんき「おうちプラン」の方が必ず電気代が安くなりおススメです!ただし以下の場合は、「おうちプラン」の方が高くなる場合があるので注意しましょう。 スマ電「どーんと!夜得ホームプラン(エネチェンジ限定プラン)」電気料金表 区分 単位 スマ電「どーんと!夜得ホームプラン(エネチェンジ限定プラン)」料金(消費税率10%) 区分 単位 東京電力「従量電灯B」料金(消費税率10%) 最低料金 15kWhまで 1契約 380円65銭 基本料金 10A 1契約 286円00銭 15A 429円00銭 20A 572円00銭 30A 858円00銭 40A 1144円00銭 50A 1430円00銭 60A 1716円00銭 電力量料金 16kWh~300kWh 1kWh 27円70銭 電力量料金 120kWhまで 1kWh 19円88銭 121kWh~300kWh 26円48銭 301kWh〜 29円44銭 301kWh〜 30円57銭 平日夜間 (22時~翌8時) 25円21銭 休日 25円21銭 本プランの休日とは、土曜日、日曜日及び祝日をいいます。 東京電力EPの電気料金プランを切り替えて、一人暮らしの電気代を節約しよう 東京電力エリアに一人暮らしで、東京電力EPの 電気料金プランを契約中なら、一度プランの見直しをしてみましょう!自分のライフスタイルに合った電力会社に切り替えるだけで、カンタンに電気代が節約できますよ。 電力会社の切り替えに迷ったら、エネチェンジにおまかせください! 今回紹介した電気料金プラン以外にも、魅力的なプランがたくさんあります。 自分に合った電気料金プラン選びに迷ったときは、が便利です! お住まいの地域の郵便番号や世帯人数、在宅状況、現在の電気代などカンタンな質問に答えるだけで、アナタにぴったりな電力会社のプランが見つけられます。 エネチェンジ電力比較でプランを選んだら、そのまま申し込みまでできるので便利ですよ。 ご相談はエネチェンジまで エネチェンジでは、電力会社・電気料金プラン選びに関するご相談を受け付けています。 ご利用の際費用は一切かかりませんので、いつでもお気軽にお問い合わせください。 お電話でのお問い合わせ 0800-123-0233(受付時間:10時~18時、年中無休) Webでのお問い合わせ 「」をご利用ください。 法人のお客さまへは、「エネチェンジBiz」のスタッフがお答えいたします。 法人のお客さまのお問合せ 03-6774-6607(受付時間:10時~18時、平日のみ) さあ、アナタも電力会社のプランを見直して電気代を節約しよう! こまめな節電を試すよりも、電気代を効果的に節約できる方法が電力会社のプラン見直しです!最適なプランを選べば今よりも電気代を安くすることができますよ。 「エネチェンジ電力比較」では、かんたんな質問に答えるだけで電気料金のシミュレーションを行い、あなたのご家庭にぴったりな電気料金プランをご案内いたします。 もちろん、無料でご利用いただけます。

次の

「電気+ガス」のセットプラン、東京電力と東京ガスではどっちがおトク? 5項目で比較してみた

東京電力 プラン おすすめ

「電力会社を切り替えたいけど、どこを選べばいいか分からない…」という方に向けて、この記事ではおすすめの電力会社を紹介します。 おすすめの電力会社を見つけるには、電気料金の安さ、特典・割引の内容、キャンペーンの有無、供給実績を詳しく比較する必要があります。 しかしそれを自分でやるのは至難の業。 そこでこの記事では長年電力業界にいた筆者が徹底的に調べ上げ、 本当におすすめできる電力会社を分かりやすくまとめました。 上記の5社以外にも、様々な目的や状況別におすすめできる電力会社はあるのでそれぞれ詳しく紹介します。 初めて電力会社を乗り換えるという方も、すでに乗り換えたことがあるという方もぜひ電気代の見直しの参考にしてください! 離島を除く全国 1ヶ月の節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -78円 3~4人世帯 400kwh使用 -793円 5人以上世帯 650kwh使用 -2,121円 電力自由化直後からサービスを開始し、すでに20万件を超える供給実績のあるLooopでんき。 シンプルなプランとお得な電気料金で、 2020年現在もっともおすすめできる新電力です。 基本料金が0円 Looopでんきは、 基本料金が0円の新電力。 これまでの電力会社では毎月数百円から1,000円前後の基本料金を支払っていましたが、Looopでんきはその分を まるまる0円にできるのです。 基本料金はアンペアが大きいほど高いので、40A以上など契約しているアンペアが大きい方ほど節約効果も大きく、業界でも最安クラスの安さで利用することができます。 Looopでんき+ガスの契約も可能 Looopでんきは東京でガスのサービスも展開していて、 Looopでんき+ガスとしてセットで契約することが可能。 セット割が適用されることで、電気代だけでなくガス代も節約することが可能。 電気とガスをまとめたい、光熱費全体で節約したいという方にもピッタリの新電力です。 環境に優しい電気を使える また、Looopでんきは再生可能エネルギーを多く使用した環境にやさしい電源構成も魅力。 Looopでんきは電気料金の安さと環境への低負荷を両立させた数少ない新電力と言えます。 東京電力エリア、東北電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリア 1ヶ月の節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -47円 3~4人世帯 400kwh使用 -1,282円 5人以上世帯 650kwh使用 -2,494円 エルピオでんきは電気料金の安さに特化した新電力で、特に電気をたくさん使う家庭におすすめです。 電気使用量が多いほど安くなる エルピオでんきの最大の特徴は、電気をたくさん使う家庭でとにかく電気料金が安いこと。 特に電気をたくさん使った時 300kwh~ の単価が安く設定されているため、 電気代が1万円を超える家庭などでお得に利用できます。 ガスとのセット割や基本料金0円などの飛び道具はないですが、シンプルに電気料金が安くなるのが魅力です。 料金プランはいくつか用意されていますが、関東・東北・中部エリアでは「スタンダードプランS」、関西・中国・四国・九州エリアは「使った分だけSプラン」がそれぞれ最もお得に使えるプランです。 キャッシュバックが高額 また、エルピオでんきでは高額なキャッシュバックを実施しているのも特徴。 2020年6月現在では、 電気代3ヵ月15%OFF&3,000円~20,000円のキャッシュバックを実施しています。 業界でもかなり高額なキャンペーンなので、気になる方は実施中の申し込みがおすすめです。 北海道を除く全国 1ヶ月の節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -165円 3~4人世帯 400kwh使用 -736円 5人以上世帯 650kwh使用 -1,451円 電気使用量が少ない方ほどお得 シン・エナジーは電気をあまり使わない 省エネ志向の方が特にお得になる電力会社。 ここまで紹介してきた電力会社は電気をたくさん使う方がお得でしたが、シン・エナジーは月の電気代が~8,000円くらいまでの方にピッタリの電力会社です。 一人暮らしや二人暮らし、あまり電気を使わない3人家族などが該当しますね。 深夜が安くなるプラン また、シン・エナジーには 深夜の電気料金が安くなる「生活フィットプラン」も用意されています。 共働きの家庭や、日中あまり家にいない方、休日に家族が多く集まる家庭などで特に大きな節約が見込めますよ。 シン・エナジーでは現在、新規申し込みでAmazonギフト券やWAONポイントなどと交換可能な「JOICAセレクトギフト」3,000円分がもらえるキャンペーンを実施しています。 東京電力エリア 1ヵ月の節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -180円 3~4人世帯 400kwh使用 -899円 5人以上世帯 650kwh使用 -2,300円 電気使用量に合わせた豊富なプラン CDエナジーでは一人暮らしから大家族まで使用量に応じたプランが用意されています。 そのため、どんな使用量の方でも自分にピッタリなプランを選んでお得にすることができます。 電気とガスをセットにできる CDエナジーはガスとセットで契約することも可能。 セット割が適用されることで、電気代、ガス代がさらに0. 5%OFFになります。 他のセットにできる会社では、電気とガスいずれかしか安くできない場合が多いため、どちらも安くできるのはCDエナジーの大きな魅力です。 電気ガス代の支払いでポイントが貯まる さらに、電気ガス代の支払いで毎月独自のポイントが貯まります。 貯まったポイントはTポイントやdポイントなど様々な提携ポイントと交換できたり、貯まったポイントを電気代の支払いに充てることも可能です。 CDエナジーでは現在、新規申し込みで 最大10,000円キャッシュバックキャンペーンを実施しています。 検討している方はお早めの申し込みがおすすめです。 東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、九州電力エリア 1ヵ月の 節約額 1~2人世帯 150kwh使用 -138円 3~4人世帯 400kwh使用 -953円 5人以上世帯 650kwh使用 -2,381円 基本料金が0円 あしたでんきは、 Looopでんきと同様に基本料金が0円の新電力。 電気代は使った分だけ支払えばよく、大きなアンペアで契約していた方ほどお得になるのが魅力です。 Looopでんきに比べてサービス面は若干劣りますが、電気代はさらに100円~300円ほど安くなるように設定されています。 たくさん使う方向けのプランも用意 あしたでんきでは電気をたくさん使う人向けに「たっぷりプラン」も用意。 基本料金は3,000円かかりますが、単価が非常に安く設定されています。 電気代が20,000円を超えるような使用量が多い家庭では一か月に3,000円近くも電気代を節約することも可能です。 安心の東京電力グループ あしたでんきは新電力でありながら東京電力のグループ会社。 東電の社員も多数出向しており、電気に関するノウハウも豊富です。 そして電気料金は北海道に次いで全国2位の高さ。 そのため、数ある新電力の中から本当に信頼出来て電気料金も安くなる電力会社を選ぶのが大切です。 関東エリアでは、ランキングで紹介したLooopでんき、エルピオでんき、シン・エナジー、CDエナジーの他にも、 東京ガスの電気もおすすめです。 東京ガスの電気 東京ガスの電気はご存知東京ガスが提供する電気のサービス。 印象的なM効果もあり、新電力として契約者は全国No. 1の実績を誇ります。 東京ガスの都市ガスとのセット割が用意されており、電気とガスをセットで契約すると毎月270円が割引されます。 また、電気やガスの支払いでパッチョポイントが貯まり、様々な商品や提携ポイントと交換が可能。 また、電気のトラブルに無料で対応してくれるなどのサービスも付帯します。 電気代が安くなるだけでなく、豊富な特典や抜群の実績も兼ね備えた新電力です。 関西エリアでおすすめの電力会社は? 関西エリア(京都、大阪、滋賀、兵庫、奈良、和歌山、福井の一部、三重の一部、岐阜県の一部)は関東に次いで2番目に電気を使う人口が多いエリア。 電気をたくさん使う人は先ほどのランキングのエルピオでんき、Looopでんきがおすすめですが、電気をあまり使わない人は シン・エナジー、関西電力の「なっトクパック」(電気とガスのセット契約プラン)がおすすめです。 電気とガスをまとめられる関西電力がおすすめ 関西電力「なっトクパック」は、電気とガスをセットにしたプラン。 電気代、ガス代ともに安くすることができます。 特に使用量が少ない家庭では電気だけでの節約は限界があるため、ガスもセットでお得にすると良いでしょう。 関西電力エリアにおすすめ電力会社はこちらでも詳しくまとめています。 北海道では特に基本料金が高いため、 基本料金が0円の電力会社がおすすめになります。 北海道で利用できる基本料金0円の電力会社でおすすめは Looopでんき。 基本料金は契約しているアンペアによって料金が変わり、北海道電力では40Aなら1,364円、60Aなら2,046円です。 一方Looopでんきは何アンペアで契約していても0円なので、それだけで1,000円~2,000円を節約できることになります。 基本料金0円は多くの方にメリットがありますが、北海道の方は特にその恩恵を受けられるのです。 北海道電力エリアでおすすめ電力会社はこちらで詳しくまとめています。 中部地方で特におすすめの電力会社は あしたでんき、エルピオでんきの2社です。 1人~4人家族まではあしたでんきがお得で、4人以上で電気をたくさん使う家庭ではエルピオでんきがお得になります。 一人暮らしにおすすめの電力会社は? 一人暮らしの方は電気をあまり使わないため、電気をよく使うファミリー世帯とは異なる電力会社がおすすめになります。 一人暮らしの方は 使用量が少ない時の単価が安いシン・エナジー、 毎月一律額が割り引かれるCDエナジー「シングルでんき」を選ぶとお得です。 一人暮らしにおすすめの電力会社はこちらの記事でも詳しくまとめています。 電気ガスのセット契約ができる電力会社は上でも紹介したCDエナジーや東京ガス、関西電力がありますが、他にも ニチガスもおすすめです。 また、小田急グループが提供する 小田急でんき、東急グループが提供する 東急でんきも、それぞれガスとのセット契約が可能です。 スマホとまとめるのにおすすめの電力会社は? 大手スマホキャリアで電気のサービスを行っているのはauとソフトバンクの2社です。 auでんきは電気代の支払いでPontaポイントが貯まります。 また、電気のトラブルに無料で駆けつけてくれるサービスも利用できます。 オール電化におすすめは? 現在、オール電化の家庭の方で2016年より前に設定された料金プランを利用している人は、料金プランを変更してしまうと高くなってしまいます。 つまり、そうした方々は「 今の電力会社を使い続けることがおすすめ」となります。 ただそれ以降に設定された料金プラン、例えば東京電力であれば「スマートライフプラン」を利用している人には、必ず安くなる出光昭和シェルの電気がおすすめです。 Looopでんき ・基本料金0円/一律の使用料金 エルピオでんき ・たくさん使う人が特に安くなる シン・エナジー ・少量使用者が安くなるプラン CDエナジー ・使用量で選べる3つのプラン ・定額サービスが無料になる3つのプラン ・ガスとのセットで0. 5%OFF ・カテエネポイントが100円=1P貯まる 東京ガス ・少量使用者、ファミリー世帯で選べる2つのプラン ・ガスとのセットで0. 5%OFFまたは月275円引き ・パッチョポイントが1,000円=15P貯まる あしたでんき ・基本料金0円/一律の使用料金 ニチガス ・200kwhまで定額。 3人家族以上で安くなる ・ガスとのセットで月300円引き 出光昭和シェルの電気 ・たくさん使う人が安くなる 楽天でんき ・基本料金0円/一律の使用料金 ・楽天ポイントが最大100円=1. 開示されていないものは「開示なし」とします。 CDエナジー 開示なし あしたでんき 開示なし ソフトバンクでんき 開示なし シン・エナジー 開示なし 親指でんき 卸電力取引所 100% Looopでんき 再エネ 23. 4% 、水力 2. 卸電力取引所とは電気の取引を行う市場で、ここには火力、原子力、水力など様々な方法で発電した電気が含まれます。 また「その他」「開示なし」の場合は詳細が不明です。 そのため100%自社発電の電気を利用できる電力会社はほとんどないのが現状です。 電力会社の4つの比較ポイント 電力会社を比較する際のポイントを4つ紹介します。 電気料金 電力会社を比較する際は、まずはその電力会社の電気料金を比較しましょう。 比較の方法は、従来の電力会社(東電など)に対して、 基本料金、単価がどれだけ安いのか?を見ることです。 一般的に、以下のことが言えます。 セット割・特典の豊富さ セット割や特典の豊富さを比較することも重要なポイントです。 自分が普段からよく使うサービス(ネット、スマホ、ガスなど)とセットにすることでそれらの料金を安くすることもできたり、ポイント特典が付く電力会社では電気代の支払いでポイントを貯めることもできます。 電気料金の節約だけでなく、生活費全体をお得にしたい方はセット割・特典が豊富な電力会社を選びましょう。 ただし、セット割や特典が豊富な電力会社は電気料金の安さで少し劣る場合が多いので注意しましょう。 キャンペーン 電気の乗り換え時にキャンペーンを実施しているかどうかを比較します。 キャンペーンの内容はギフト券のプレゼントであったり、電気代のキャッシュバックであったりします。 キャンペーンやキャッシュバックは、その金額の分だけ電気代をさらに安くできたということになります。 電気料金では若干高いとしても、キャンペーンを含めると安くなる場合も多いので、キャンペーンの有無と金額はしっかり比較しましょう。 電気の供給実績 その電力会社がどれくらい電力事業の実績があるのかを比較します。 電力会社(新電力)は、大きく分けて以下の3つに分類できます。 ・電力自由化以前から電力事業を行ってきた企業 例:出光昭和シェル、ENEOS、シン・エナジー ・電力自由化に合わせて電力事業に参入した企業 例:楽天でんき、auでんき、ソフトバンクでんき ・従来の電力会社の関連会社や子会社 例:あしたでんき 自由化以前から電力事業を行ってきた企業、従来の電力会社の関連企業は電力事業に関するノウハウが豊富です。 また、多くの電気の販売実績もあります。 電気を提供するインフラ企業としての実績を比較し、安心して契約できる電力会社を選ぶことも大切です。 電力会社を乗り換える前の基本情報 おすすめな電力会社は見つかったでしょうか?最後に電力会社を乗り換える前の基本情報をまとめます。 電力会社の乗り換え方法と流れ 電力会社の乗り換えは、公式サイトから申し込むだけで完了します。 申し込む際は 電気の検針票(新電力の場合はマイページ画面)、クレジットカードまたは口座番号を手元に用意しましょう。 公式サイトから申し込む• スマートメーターの設置作業が行われる• 現在の電力会社の解約が行われる• 電気が切り替わる 申し込み者がするのは1だけで、以降は何もする必要はありません。 工事は不要 電気の切り替えで工事はありません。 スマートメーターが未設置の場合のみ設置作業が行われますが、家の外にあるメーターの簡単な取替作業なので立ち合い不要、費用も無料です。 現在の電力会社の解約作業も不要 現在契約している電力会社の解約は、申込先の電力会社が代行してくれます。 自分で解約の手続きや連絡をする必要はありません。 約1か月で電気が切り替わる 電力会社によって異なりますが、おおむね申し込みから約1ヵ月で電気が切り替わります。 切り替え当日も何もする必要はなく、自然に切り替わります。 解約金・違約金がかかる場合がある 現在の電力会社を解約する際に、解約金や違約金が発生する場合があります。 なお、この記事で紹介してきた電力会社で解約金・違約金が発生するのは以下の電力会社です。 今までは必ず地域の決められた電力会社としか契約できませんでしたが、電力自由化以降、私たちは好きな電力会社と契約できるようになりました。 電力自由化以降に登場した電力会社は「新電力」と呼ばれ、大小あわせて500社を超えるといわれています。 乗り換えても電気の品質・安定性は変わらない 電気を家庭まで送る送電網はこれまでも従来の電力会社が管理しますし、乗り換え先の電力会社で万が一電気の供給がストップしても、代わりに従来の電力会社がバックアップする仕組みになっています。 これまでと全く同じ電気を使うことができます。 まとめ いかがでしたか? かなり長くなってしまいましたが、新電力会社への乗り換えにきっと役に立つと思います。 たくさんあって選ぶのが面倒だという方もいると思いますが、そうした方にはこの記事で紹介した「」からぜひ検討してみてくださいね。 , ,•

次の