バトンタッチ ソード シールド。 【物理ムオン】タラプのみ 剣舞バトン ブリムオン 育成論 ポケモン剣盾 ポケットモンスター ソード シールド

【ソードシールド】状態異常の基礎知識まとめ【ポケモン剣盾】

バトンタッチ ソード シールド

技 バトンタッチ 分類 へんか タイプ ノーマル PP 40 命中 ー 対象 自分 効果 他の味方のポケモンと交代し、 かかっていた補助効果を引き継ぐ。 バトンタッチを使うと、能力変化やみがわりを引き継いで、味方のポケモンと交代ができます。 回避率や急所ランクも引き継いで交代します。 後攻でバトンタッチすれば、交代先に攻撃を受けることなく、場に出すことができます。 ただしデメリットもあり、 能力ダウンや こんらん状態、 のろい、 やどりぎのタネ、 ほろびのうたを受けた状態も引き継ぎます。 バトンタッチを覚えるポケモン バトンタッチを覚えるポケモンは多く、意外なポケモンが使ってくる場合もあります。 2020年5月時点では、以下のポケモンが、ランクバトルでバトンタッチを使えます。 バタフリー ピクシー ギャロップ 原種・ガラル カモネギ 原種 バリヤード 原種・ガラル シャワーズ サンダース ブースター ネイティオ キレイハナ エーフィ ブラッキー デリバード デリバード テッカニン クチート ルナトーン ソルロック フワライド ドクロッグ トゲキッス リーフィア グレイシア ココロモリ アギルダー アイアント カラマネロ ニンフィア ルチャブル ジュナイパー アブリボン ナマコブシ エースバーン インテレオン イオルブ フォクスライ バイーウールー ポットデス ブリムオン ニャイキング バリコオル イエッサン ドラパルト 対戦でのバトンタッチ 対戦でよくみられる、バトンタッチを使う戦術を紹介します。 加速バトン テッカニンは、特性 かそくにより、毎ターン素早さが1段階アップします。 みがわりで数ターン耐えたのちにバトンタッチすることで、素早さ上昇分を引き継ぐ戦術です。 つるぎのまいや かげぶんしんなどを併用することもあります。 からやぶバトン ポットデスの技 からをやぶるで、攻撃・特攻・素早さを2段階上げた状態になります。 その後バトンタッチするかそのまま攻撃するかを選択できる点も強力です。 きあいのタスキや しろいハーブを持っている場合が多いです。 ちょうまいバトン バタフリーやアブリボンの技 ちょうのまいにより、特攻・特防・素早さが1段階上がります。 特にバタフリーは特性ふくがんにより、命中率の上がった ねむりごなが使えるため、比較的安全に積んだりバトンタッチを使うことができます。 コットンバトン バイウールーは防御が3段階上がる技、 コットンガードが使えます。 耐久力を上げることで、みがわりを残しつつバトンタッチをしたり、 こうそくいどうで素早さを上げてバトンすることもできます。 きあいだめバトン フワライド、ブラッキーなどは、急所ランクを2段階上げる技、きあいだめを覚えます。 急所ランクについてはこちら 弱点保険バトン じゃくてんほけんを持って抜群技を受けると、攻撃と特攻が2段階上昇します。 ダイマックスと相性が良く、トゲキッスが持っていることが多いです。 そのまま攻撃しても強力ですが、相性の悪い相手に対しては、バトンタッチで有利な味方に交代しつつ能力上昇を引き継げます。 トゲキッスの場合、ダイジェットで素早さも上げられるのが嬉しい点です。

次の

ブラッキー育成論 : 急所連続!バトンタッチブラッキー|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

バトンタッチ ソード シールド

初めての投稿です。 YouTubeのほうで育成論の投稿をしていて、ポケ徹にも投稿しようと思いました。 いろいろとおかしい点がありましたら、教えてくださると幸いです。 採用理由と役割 採用理由は、某先生が急所に当てる戦法を使っていたのでそれに影響されて、僕も使ってみたいと思い、採用しました。 役割については、きあいだめをしてバトンをするだけです。 あとで詳しく説明しますが、万が一のときのためにイカサマを採用してるので、物理ポケモンを破壊する役割もあるかも知れません。 持ち物 《アッキのみ》 物理技を受けたときにBが一段階あがる持ち物です。 これによって、ドラパルトなどを安定して受けれるようになりました。 つきのひかりとあわせて耐久しながら相手のPPも減らせるようになりました。 性格・努力値と調整 《わんぱく》 環境が変わるのでなんとも言えませんが、現在は物理環境なので物理ポケモンに強いようにBに特化しました。 《努力値》 HB252 これは最大耐久にしました。 アッキのみを含めるとダメージ的に物理ポケモンには急所とかをされない限り安定して受け切ることが出来ます。 回復技のつきのひかりがあるので2n-1にしました。 D4 これはあまりです。 Sに振るのも考えましたが、4振ったところで抜けるようにならないのでそれなら少しでもと思い、Dに振りました。 技構成 《きあいだめ》 急所率を二段あげる技です。 二段階あげると、二分の一で相手の急所に当たるようになります。 三段階で100%なので、二階積めば100%急所に当たるようになります。 ただし、裏に引かなくては積むことは出来ないので、1回バトンを経由することが必要になります。 《バトンタッチ》 能力値をそのまま受け継いで裏のポケモンと交換することができます。 このポケモンの場合は、きあいだめ一回、アッキの実発動した後にすることが前提です。 《イカサマ》 この技は相手の攻撃力で攻撃する技です。 物理受けのような構成をしているので、最悪バトンが出来なくてもいいように、採用しました。 あとで詳しく説明しますが、環境のポケモンで物理なら確定二発取れます。 《つきのひかり》 基本的にHPを二分の一回復する技です。 出来る限りHPが多い状態でバトンをすることで、複数回この戦術を一回の対戦のなかで取ることが出来ます。 立ち回り例? 物理ポケモンに後だし? アッキの実発動、きあいだめを積む? バトンタッチ? 壁や相手の能力上昇をすべて無効化して1. 5倍で攻撃できるので、キッスでもドラパでもつめて遊んでください。 このポケモンの対策 特殊耐久がぺらぺらなのでキッス、ラプ、レーヌなどのポケモンに弱いです。 なので環境がかわるとまったく役に立たなくなるかもしれません。 したがって、「きあいだめ」を二回積んで急所率を100%にすることは不可能です。 わんぱくで採用する場合攻撃個体値を31にするべきだと思います。 次に、悪単体D130という優秀な特殊耐久を持つポケモンに、特殊耐久がペラペラという表現は合っていないと感じます。 また、環境のポケモンで物理なら確定2発を取れると書かれていますが、オーロンゲや耐久振りカビゴンに確定2発を取ることは出来ません。

次の

【ポケモン剣盾】ポットデスの育成論と対策

バトンタッチ ソード シールド

初めての投稿です。 YouTubeのほうで育成論の投稿をしていて、ポケ徹にも投稿しようと思いました。 いろいろとおかしい点がありましたら、教えてくださると幸いです。 採用理由と役割 採用理由は、某先生が急所に当てる戦法を使っていたのでそれに影響されて、僕も使ってみたいと思い、採用しました。 役割については、きあいだめをしてバトンをするだけです。 あとで詳しく説明しますが、万が一のときのためにイカサマを採用してるので、物理ポケモンを破壊する役割もあるかも知れません。 持ち物 《アッキのみ》 物理技を受けたときにBが一段階あがる持ち物です。 これによって、ドラパルトなどを安定して受けれるようになりました。 つきのひかりとあわせて耐久しながら相手のPPも減らせるようになりました。 性格・努力値と調整 《わんぱく》 環境が変わるのでなんとも言えませんが、現在は物理環境なので物理ポケモンに強いようにBに特化しました。 《努力値》 HB252 これは最大耐久にしました。 アッキのみを含めるとダメージ的に物理ポケモンには急所とかをされない限り安定して受け切ることが出来ます。 回復技のつきのひかりがあるので2n-1にしました。 D4 これはあまりです。 Sに振るのも考えましたが、4振ったところで抜けるようにならないのでそれなら少しでもと思い、Dに振りました。 技構成 《きあいだめ》 急所率を二段あげる技です。 二段階あげると、二分の一で相手の急所に当たるようになります。 三段階で100%なので、二階積めば100%急所に当たるようになります。 ただし、裏に引かなくては積むことは出来ないので、1回バトンを経由することが必要になります。 《バトンタッチ》 能力値をそのまま受け継いで裏のポケモンと交換することができます。 このポケモンの場合は、きあいだめ一回、アッキの実発動した後にすることが前提です。 《イカサマ》 この技は相手の攻撃力で攻撃する技です。 物理受けのような構成をしているので、最悪バトンが出来なくてもいいように、採用しました。 あとで詳しく説明しますが、環境のポケモンで物理なら確定二発取れます。 《つきのひかり》 基本的にHPを二分の一回復する技です。 出来る限りHPが多い状態でバトンをすることで、複数回この戦術を一回の対戦のなかで取ることが出来ます。 立ち回り例? 物理ポケモンに後だし? アッキの実発動、きあいだめを積む? バトンタッチ? 壁や相手の能力上昇をすべて無効化して1. 5倍で攻撃できるので、キッスでもドラパでもつめて遊んでください。 このポケモンの対策 特殊耐久がぺらぺらなのでキッス、ラプ、レーヌなどのポケモンに弱いです。 なので環境がかわるとまったく役に立たなくなるかもしれません。 したがって、「きあいだめ」を二回積んで急所率を100%にすることは不可能です。 わんぱくで採用する場合攻撃個体値を31にするべきだと思います。 次に、悪単体D130という優秀な特殊耐久を持つポケモンに、特殊耐久がペラペラという表現は合っていないと感じます。 また、環境のポケモンで物理なら確定2発を取れると書かれていますが、オーロンゲや耐久振りカビゴンに確定2発を取ることは出来ません。

次の