ハイ ボール どんな 味。 女心を無駄につかめるイチゴハイボールの造り方

焼酎ハイボールのおすすめレシピ!割合やグラスのベストは?あの味を自宅でも楽しもう♪

ハイ ボール どんな 味

ウイスキーにはぞれぞれ熟成年数というものがあり、一般的には熟成年数が長いほど高級なウイスキーとなります。 通常はウイスキーのラベルのところに熟成年数が表記されているのですが、中にはノンエイジウイスキーといってブレンド原酒の年数が不明のものもあります。 ハイボールには 熟成期間が10年以下のものやノンエイジウイスキーがおすすめです。 ウイスキーをストレートで飲む時はきつく感じても、ハイボールにしたら角が取れて飲みやすく感じるから不思議です。 ウイスキーは熟成期間を12年超えた時点で長期熟成の部類となり、価格も高くなっていきます。 それらのウイスキーは味やコク、香り全てにおいて深みがあります。 そうした長期熟成ウイスキーは、ハイボールよりもストレートやロックなどの飲み方で、しっかりとウイスキーそのものの味を楽しむ事の方が多いようです。 飲む場面に合わせたウイスキーを選ぶというやり方もあります。 例えば、料理と一緒に飲む時は、味が軽やかでクセのないウイスキーが最適です。 また、料理でも洋食に合うもの和食に合うものなどがあります。 単体や軽いおつまみでじっくりハイボールを味わいたい時は、インパクトのあるウイスキーだとより楽しめます。 例えばスモーキーなものや、甘さが残る芳香なものもおすすめです。 バニラやキャラメルの香りがするものはカクテル感覚でハイボールを楽しめます。 また来宅のお客さんに出す時や特別な記念日などは、ちょっと高級なウイスキーを使ったハイボールにすると気分が上がります。 また、毎日気軽に飲みたいなら、安い価格で好みの味のウイスキーを使ったハイボールなどにして楽しむのもおすすめです。

次の

ハイボールに合うおすすめウイスキーを厳選!美味しいハイボールの作り方も

ハイ ボール どんな 味

ウイスキーはどんな味? ウイスキーを一言で表すなら、 「燻製された木の香りのするきつく苦いお酒」 といったところでしょうか。 アルコール度も40%を超えるものがほとんどなので、きついお酒ということにもなりますし、アルコールの苦味もかなり強く感じられます。 そして、ウイスキーの最も特徴的な燻製されたような木の香りは、ピートと呼ばれるものが原因です。 ピートとは泥炭とも呼ばれ、植物が枯れたあと、長い年月をかけて炭化していき、その炭化したものが地層で堆積し、泥のようなかたまりになったものです。 ウイスキーは大麦が原料になり、ピートはウイスキーの原料ではありません。 ウイスキーを造る初期の工程に大麦を乾燥させる製麦という工程があり、このときにピートを燃やして使います。 このピートを燃やした香りが燻されたような、ウイスキー独特な香りを引き起こす大きな原因になります。 ウイスキーには代表的な5つの種類が ウイスキーを飲むにあたり、どれを飲もうかと迷う人もいますよね? ウイスキーを飲み始めたときは種類がただでさえ多いので、どれを買ったら良いのか特に悩むことでしょう。 そこで覚えておきたいのが、ウイスキーを産地で分けた5つの分類です。 五大ウイスキーとも呼びます。 アイリッシュウイスキー アイリッシュウイスキーはアイルランドで造られ、「最古のウイスキー」とも呼ばれる歴史のあるウイスキーです。 ウイスキー初心者でも飲みやすくクセが少ないのが特徴。 スコッチ イギリスのスコットランドで造られ、ピートの香りが強いのが特徴。 日本のウイスキーはこのスコッチをお手本として造っているので、ある意味なじみの深いウイスキーです。 アメリカン バーボンという言葉を聞いたことある人は多いと思いますが、バーボンもアメリカンウイスキーの一種です。 原料や製法がさまざまで、個性のあるウイスキーを楽しむことができます。 カナディアン カナダで造られるウイスキーで、かなりライトな口当たりが特徴。 原料が大麦ではなく、ライ麦やトウモロコシを使っているので、少々個性的な味を楽しむことができます。 ジャパニーズ 実は五大ウイスキーの中には、日本のウイスキーも入っています。 日本人好みになるように、スモーキーさより甘い香りのするフレーバーが特徴的。 口当たりもとてもなめらかで、日本食にも合うように造られたとか。 飲み方で大きな差があります ウイスキー通からいわせれば、「ストレート以外言語道断だ」という人もいるかもしれません。 しかし、現代の若者のもっとも一般的な飲み方は、ハイボールでしょう。 どこの居酒屋さんにもウイスキーと炭酸で割ったハイボールがあります。 ここでは、飲み方ごとの味わいの違いを紹介します。 ストレート ウイスキーのストレートは、テキーラショットのように一気に飲み込むのではなく、チェイサー(水)と交互にちょびちょび飲むのが一般的。 ウイスキー本来の色や香り、味わいなどをゆっくりと楽しむ大人な飲み方です。 ロック 氷にウイスキーを注ぐシンプルな飲み方ですが、氷が溶けていくとともに変化する味わいも楽しめる飲み方です。 ウイスキーの強い香りが苦手な方はロックがオススメで、味や香りが少々なめらかになります。 ハイボール 居酒屋さんでも普通に飲めるハイボールですが、実はバーなどで飲む人もいる大人の飲み方なのです。 しかし、バーで飲むハイボールは居酒屋さんのハイボールとは少々違い、作り方や割る分量、ウイスキーの種類にもバーならではのこだわりがあります。 トワイスアップ トワイスアップはウイスキーと水を1:1で割る割り方。 水割りはウイスキーより水の方が多いですが、トワイスアップは1:1という絶対的な比率で決まっていて、ウイスキーの香りや味を損ねることなく楽しめます。 ウイスキー通になりたい方は、ストレートかトワイスアップで飲むのがベストだといいます。 ウイスキーは最初香りもきつくて不味いイメージでしたが、その香りや味わいに慣れるとどんどん面白くなります。 ウイスキーは奥の深い飲み物なので、ぜひ飲んで欲しいです。 飲みやすいウイスキーを、「」で紹介しています。 ウイスキーデビューしてみたい!という方は参考にどうぞ。

次の

ハイボール好きが教える!ハイボールに合うウイスキー10選

ハイ ボール どんな 味

ウィスキーに種類が豊富• 作り手によって味が左右される ハイボールの味が美味しいと感じてしまえば、以降はハイボールの虜になれます。 ウィスキーの種類が豊富 ハイボールを作るためにウィスキーを購入しようとする際に、陳列しているウィスキーの多さに迷ってしまいますよね。 自分の好みを見つけられれば良いのですが、それぞれを試すのも大変です。 ハイボールの味は作り手によって左右される Barのハイボールは美味しいとかがあるように、同じものを使っても完全に作り手によって味は左右します。 ハイボールを作るのも料理の一環になるので、味が変化するのも納得です。 ハイボールの味を安定させる条件 自分好みのハイボールの味を安定させる条件は以下の通りです。 ブラックニッカ• トリス あまりにも普通の銘柄なのですが、実績も十分なこの3つは絶対に安定する銘柄です。 ハイボールの味は絶対に安定させたい方はこちら この記事では基本的に自分でハイボールを作ることを前提にしています。 でも、ハイボールを作るのが面倒って方もいますよね。 あまりおススメはできないのですが、 ハイボール缶を飲むといいです。 既製品なので味は絶対的に安定していますが、やはり氷がないのが少し寂しいです ハイボールに使用するウィスキーの量 ハイボールに使用するウィスキーの量はグラスに4分の1と言われていますが、定量にしたほうが間違いありません。 30mlと自分で決めたほうが、安定した味の再現性は高いです。 逆にいえば、目分量は味がかなりブレてしまいます。

次の