フレッチャー 艦 これ。 フレッチャー級とは (フレッチャーキュウとは) [単語記事]

【2019秋イベ】E3

フレッチャー 艦 これ

DDE改装後のフレッチャー() 基本情報 建造所 社 運用者 艦種 級名 ラッキー 13(Lucky 13) ファイティング・フレッチャー (The Fighting Fletcher) マザー・フレッチャー (Mother Fletcher) ファースト・イン・クラス (First in Class) 艦歴 起工 進水 就役 (再就役) 退役 (再退役) 除籍 その後 に台湾へとして売却 要目 2,100トン 376ft 3in(114. 7m) 最大幅 39ft 8in(12. 1m) 13ft(4. の1隻で、ネームシップ。 艦名は、に上陸をしを受章したに因む。 フレッチャーには「 ラッキー 13」( Lucky 13) や「 ファイティング・フレッチャー」( The Fighting Fletcher) 、「 マザー・フレッチャー」( Mother Fletcher) 、「 ファースト・イン・クラス」( First in Class) という愛称があった。 艦歴 [ ] フレッチャーは、にの社で起工した。 に未亡人であるF・F・フレッチャー夫人によって進水。 に竣工し、ウィリアム・M・コール(W. Cole)の下で就役した。 フレッチャーはフレッチャー級駆逐艦の中で(USS Nicholas, DD-449)と USS O'Bannon, DD-450 に次いで3番目に就役した艦だった。 第二次世界大戦 [ ] 就役したフレッチャーはに配属され、10月5日にのに到着した。 を巡る戦いに加わったフレッチャーは護衛任務と哨戒任務に従事し、10月30日にはを砲撃した。 11月9日に島への上陸を援護するためを出発したフレッチャーは、11月12日に輸送船団への空襲に対して対空戦闘を実施し、数機の撃墜を記録した。 11月13日のではに攻撃を行い、後の自沈に貢献した。 翌14日朝には哨戒機の通報により、前日に(USS Juneau, CL-52)を撃沈していた を追跡したが、逃げられた。 フレッチャーは翌日に補給のためエスピリトゥサント島へ戻り、ヌーメア沖での対潜哨戒任務を行った。 11月29日夜、重巡洋艦(USS Minneapolis, CA-36)、(USS Northampton, CA-26)、(USS Pensacola, CA-24)、(USS New Orleans, CA-32)、軽巡洋艦(USS Honolulu, CL-48)、駆逐艦4隻(フレッチャー他)はガダルカナル島へ向かう日本艦隊迎撃のためエスピリトゥサントを出撃。 これに駆逐艦2隻を加えたアメリカ艦隊は11月30日夜、駆逐艦からなる日本艦隊と交戦した()。 海戦開始時はフレッチャーが先頭で、その後に駆逐艦3隻、巡洋艦5隻と続いていた。 まず前衛の駆逐艦が魚雷を発射(フレッチャーは10本)したが、これは外れた。 続く砲撃では日本の駆逐艦を撃破(後沈没)したが、日本駆逐艦の雷撃で巡洋艦4隻が被雷した。 雷撃およびそれに続く砲撃の後、前衛の駆逐艦は北西に退避し、の西に沿って北上していた。 駆逐艦2隻がニューオーリンズの元へ向かうよう指示され、残る2隻(フレッチャーと ()(USS Drayton, DD-366))は被雷しなかったホノルルと合流後、炎上するノーザンプトンと遭遇。 フレッチャーとドレイトンは救助活動を行ない773名を救助した。 フレッチャーは機転を利かせての浮きが付いた貨物用ネットを投じ多くの生存者を救助している。 ノーザンプトンは沈没した。 救助活動後、2隻はホノルル、駆逐艦1隻と合流し、12月2日にエスピリトゥサントに帰投した。 におけるフレッチャーの活動は続き、哨戒、沿岸砲撃、対空戦闘、撃墜された友軍機の搭乗員救助、日本のの掃討、ガダルカナル島北岸への上陸援護といった多様な任務をこなした。 2月11日、ヌーメアに帰投中の第67任務部隊(司令官:少将)所属の軽巡洋艦(USS Helena, CL-50)から発進し哨戒中のが、艦隊から約17kmほど離れた海域で潜航する を発見。 哨戒機は発煙筒を投下して、近くにいたフレッチャーを攻撃に向かわせる。 フレッチャーは船首から約2700m離れた位置で潜航中の伊十八をソナー探知。 15時27分、フレッチャーは最初の攻撃を行う。 この結果、15時39分にと空気の泡が浮かび上がるのを確認し、4分後には大きな水中爆発音1回を聴取。 フレッチャーは浮かび上がった重油の中心部をめがけてさらに爆雷3発を投下。 この結果、15時46分に片と木片、歯車、その他伊十八のものと思われる物体が浮かび上がり、長い重油の帯ができるのを確認した こうしてフレッチャーはにも戦果を挙げた。 2月21日にフレッチャーは上陸を支援するために出航、3月5日から6日にかけての飛行場を夜間砲撃した。 ソロモン諸島各地への上陸部隊を載せた船団に対するフレッチャーの護衛活動は続いた。 4月23日から5月4日にかけて、フレッチャーはので十分な休息を得ると共に、ソロモン諸島での通常任務を通じて艦を最高の状態に高める機会を得た。 6月19日にエスピリトゥサント島を発ったフレッチャーは、アメリカ本土でのオーバーホールを受けた後で9月27日にヌーメアへ戻り活動を再開、10月31日まで行動した。 その後、フレッチャーはを支援する空母機動部隊に加わり、11月26日と12月4日には日本側の空襲に対して反撃を行った。 沖をゆくフレッチャー。 7月18日。 フレッチャーは12月9日にへ戻り、への侵攻に備えたオーバーホールとでの演習を行う。 1月13日から21日にかけて、フレッチャーは- ()間の輸送船団護衛に従事し、1月30日にはを砲撃する支援集団に加わった。 翌日、への上陸部隊主力と会合したフレッチャーは2月4日まで船団と環礁沖合の哨戒を行った。 へ空になった船団を護衛した後で2月15日にへ向かったフレッチャーは、2月20日・21日にタロアとウォッジェを砲撃するの護衛に加わり、それからエニウェトク環礁沖合の哨戒を行った。 パーヴィス港沖の演習に参加したフレッチャーは、続いて4月18日にの ()に到着。 フレッチャーはここを拠点に、 ()やアリ島、セレオ島への上陸支援砲撃に従事した。 5月にはヌーメアへの船団護衛と対潜哨戒任務を行う。 6月8日、での先頭にいたフレッチャーはの反撃を受けたが、被弾はなかった。 その後も夏を通して、フレッチャーは ()、、の支援や哨戒・護衛といった様々な活動を行った。 フレッチャーは10月12日にに参加する船団を護衛し、10月20日にはへの最初の上陸を援護した。 翌日ニューギニアへ向かった後、11月23日に増援部隊を載せた船団を護衛して再びレイテ島へ戻った。 翌月、フレッチャーは各地での戦闘を支援し、やでの上陸前の砲撃や数度の空襲での対空戦闘を行った。 1月、フレッチャーはを支援し、1月8日には日本軍機1機撃墜を報じている。 翌日には ()を援護し、サン・アントニオ海岸への上陸を支援した。 続いて1月29日にへ入ったフレッチャーは作業の援護を行う。 1月31日にナサグブ湾(Nasugbu Bay)上陸で支援砲撃を実施し、2月13日までの4日間にとの占領、の掃海を援護した。 2月14日、ロス・コチノス岬の日本軍砲兵陣地を艦砲射撃していたフレッチャーに1発の砲弾が命中し、死者8名・負傷者3名を出した。 フレッチャーはを行い、被弾後も30分にわたって砲撃を続けたほか、被弾した YMS-48の乗員を救助した後にYMS-48を砲撃処分した。 フレッチャーはマニラ湾で2月17日まで砲撃を行った。 フレッチャーは5月13日までの間、とへの上陸作戦、での掃海と上陸の援護、フィリピン各地での哨戒と護衛に従事した。 4月30日にはタラカン島で僚艦(USS Jenkins, DD-447)が触雷したため、スービック湾まで護衛を行っている。 その後フレッチャーはジェンキンスの負傷者を移乗させ、オーバーホールのために西海岸に向かった。 のでオーバーホールを行った後、フレッチャーはサンディエゴに留められ、そのままを迎えた。 フレッチャーは1月15日に退役した。 朝鮮戦争 [ ] (USS Kearsarge, CVS-33)と共にのフェイス7の回収に向かうフレッチャー。 5月15日撮影。 3月26日、フレッチャーは DDE-445()に艦種変更され10月3日に再就役する。 5月1日にを出航し、でに加わる。 勃発時、空母(USS Valley Forge, CV-45)と共に停泊中であったフレッチャーは、7月3日にと共に沖に到着した。 部隊にはの空母(HMS Triumph, R16)が加わり、への空爆を開始した。 フレッチャーは、夏までで任務に従事し、のおよびので補給を行った。 9月13日から17日にかけての支援を行い、その後11月11日に母港の真珠湾に帰還した。 11月19日に真珠湾を出港したフレッチャーは、朝鮮半島での作戦任務に就く第7艦隊で空母の護衛を担当する。 護衛任務に加えて2度の艦砲射撃を行い、沖縄の沖合で行われた対潜訓練に参加、のを行った。 6月20日に真珠湾へ帰還し、9月5日から11月24日まではで行われた初の水爆実験()に参加した。 その後5月4日から11月30日まで再びでの任務に従事した。 からまでの間、フレッチャーは毎年、第7艦隊と共に極東での任務に就き、には ()からのの軍民避難()で対潜護衛任務を担当した。 との両年、フレッチャーはとオーストラリアを経由する航海を行った。 この間の主な任務は対潜水艦戦訓練であった。 6月30日にフレッチャーの艦番号は DD-445(駆逐艦)に戻された。 ベトナム戦争 [ ] が勃発すると、現役にあった他の姉妹艦同様にフレッチャーも沿岸へ向かうことになった。 フレッチャーは空襲を行う空母のプレーンガードや地上部隊の砲撃支援といった数多くの任務をこなした。 フレッチャーはから退役するまでの間に4度の西太平洋展開を実施している。 退役 [ ] フレッチャーはにサンディエゴで退役し、同日除籍された。 退役したフレッチャーの艦体はサンディエゴのアメリカ海軍艦艇整備施設(U. Naval Ship Maintenance Facility)で保管された。 フレッチャーはがとして保存する案も出たものの、予算面での問題や、フレッチャーが戦後まもなく退役した姉妹艦に比べて戦後のDDE改装でオリジナルと異なる姿をしていたことなどが原因となり実現することはなかった。 保存の望みが絶たれたフレッチャーは廃棄が決定し、3つの戦争に参加した特筆すべき艦級のネームシップは にのTai Kien Industries Co. , Ltd. にとして売却された。 栄典 [ ] フレッチャーは第二次世界大戦の功績で15個(第二次大戦中のアメリカ海軍艦艇で第5位 )、朝鮮戦争の功績で5個、ベトナム戦争で7個の ()を受章した。 さらに ()(1968年1月18日)と ()2個(および:1959年9月21日、:1961年1月1-7日)も授けられている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• www. navsource. org. 2019年2月10日閲覧。 destroyerhistory. org. 2019年2月10日閲覧。 www. zuzuray. com. 2019年2月10日閲覧。 www. ussfletcher. org. 2019年2月10日閲覧。 Naval History and Heritage Command. 2019年2月10日閲覧。 www. combinedfleet. com. 2019年2月10日閲覧。 Battle of Tassafaronga, 30 November 1942, pp. 3-5• Battle of Tassafaronga, 30 November 1942, p. 戦史叢書第83巻 南東方面海軍作戦<2>ガ島撤収まで、439ページ、Battle of Tassafaronga, 30 November 1942, pp. 7-9• Battle of Tassafaronga, 30 November 1942, p. Battle of Tassafaronga, 30 November 1942, pp. 18-19• Battle of Tassafaronga, 30 November 1942, pp. 17-20• Battle of Tassafaronga, 30 November 1942, p. 、木俣『日本潜水艦戦史』374、375頁。 www. navsource. org. 2019年2月11日閲覧。 参考文献 [ ]• 木俣滋郎『日本潜水艦戦史』図書出版社、1993年、• 防衛庁防衛研修所 戦史室『』朝雲新聞社• 関連項目 [ ]• (CIC)…艦艇のCICのコンセプトは、第三次ソロモン海戦およびルンガ沖夜戦においてフレッチャーの副長 ()少佐により創出された。 ワイリー少佐はこの功績によりを授与された。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 フレッチャー DD-445 に関連する および があります。

次の

Johnston

フレッチャー 艦 これ

Fletcherは 乙以上でないとドロップしないようなので注意しましょう。 kcwiki. 駆逐艦 時津風 J 1. 水上機母艦 瑞穂 J 1. piro. kcwiki. ボスについて ボスマスでは重巡ネ級改が出現します。 重巡ネ級改は装甲が255と非常に高いので、特効艦やカットイン艦を採用したいです。 編成例 編成は 輸送護衛部隊です。 第一艦隊 ・軽空x1、駆逐x4、補給x1 最短ルートを通るために 補給艦を1隻艦隊に組み込みましょう。 明石改や秋津洲改でも最短ルートを通れますが、軽空母を入れられなくなります。 駆逐艦は基本的に戦力にならないので、入渠時間の短い 未改造艦がおすすめです。 装備はドラム缶や大発動艇にして回収できる燃料を増やすといいでしょう。 艦隊司令部施設に関してはほとんど道中大破が起こらなかったので要らないと思います。 第二艦隊 ・重巡x2、軽巡x1、駆逐x3 艦娘はボスマスに特効がある 那智、足柄、羽黒、神通、雪風などがおすすめです。 羽黒、神通、江風、雪風は後段作戦でも特効がある可能性がありますが、私は他の艦娘で代用できると考え使用しています。 残りの駆逐艦には潜水艦対策に ソナーと爆雷投射機を搭載し、先制対潜をさせましょう。 スポンサーリンク 基地航空隊 基地航空隊は ボスマスに集中して送ります。 戦闘行動半径は 5以上必要です。 配備について 敵編成には空母がいないので 陸攻のみで大丈夫です。 支援艦隊 なし。 雪風を入れることでS勝利率は上がりましたが、それでもときどきA勝利になります。 確実にS勝利を取りたい場合は決戦支援を送った方がいいと思います。

次の

【艦これ】2隻目のフレッチャーって必要?

フレッチャー 艦 これ

本日5月のメンテもほぼ時間通りに終了。 の方が時間通りに終わるんじゃないの、運営さん? と思いつつ、今回も盛りだくさんの内容のメンテナンスでした。 とりあえず今回も気になる内容をチェック。 2】及び【Fletcher Mk. II】の実装 同後期型【Fletcher改 Mod. 2】、さらに対潜能力を高めた大規模改装対潜【Fletcher Mk. II】を実装します。 2】について ビジュアルは【Fletcher改】と大きく変わりませんが、【Fletcher改】の後期改修型として、対艦・対空・対潜戦闘力が大きく向上しています。 さらに大きく姿の変わる同艦最終形、対潜強化型【Fletcher Mk. II】に改修することも可能です。 II】について 「Fletcher」の最終形、改装Fletcher級対潜【Fletcher Mk. II】では次世代の新対潜装備の運用能力も高く、対潜戦闘能力が特に向上しています。 しかもMk2では結構姿が変わるみたい!。 みたいというのは、自分がまだ改造してないから…。 後で述べますが、Mod2限定の任務があるので、Mk2にするのはその任務が終わった後になりそうです。 2」による出撃が必要です。 II」による出撃が必要です。 ただ運営の注意にもありますが、ーMod2限定の任務があるので、改造のタイミングは要注意です。 同機は機上電探装備の改良型【天山一二型甲改 空六号電探改装備機 】と同様に、量産型ではありますが、「翔鶴」「瑞鶴」「」などのによる運用で、より高い能力を発揮します。 ある娘がサポートすることで 【天山】 の強化改修が可能となります。 ある艦娘たちがサポートすることで 【12cm単装砲改二】 の強化改修が可能となります。 気にしておく必要がありそうなのは、九七式艦攻改 試製三号戊型 空六号電探改装備機 の改修更新とSK レーダーの改修更新ですかね。 九七式艦攻改 試製三号戊型 空六号電探改装備機 は、夜攻の上位機でランカー装備の天山一二型甲改 空六号電探改装備機 に更新できるのが大きいかも。 大発搭載のって改二がほとんどなので、改で大発が搭載できるのは、初心者向けには結構いい感じかも。 ただ、「次期作戦 後段作戦予定 に備え…」が凄く気になりますね…。 少なくとも三日月が参加した作戦が後段作戦のモチーフになるって予告ですかね。 これは少し調べないと。 こちらはマンスリー遠征になるのかな? ただこちらにも「次期作戦 前段作戦深部予定 …」という文字列が。 関連の作戦が前段作戦と絡んでるってことですが、付近の戦場ってくらいしか思いつかないのですが…。 単発にイヤーリー、クォータリーが追加されてます。 新遠征をこなす任務もあるので、こちらも遠征の条件とか判ってからですかね。 Roberts】【】限定特別邂逅! Fletcher級【Fletcher】、そしてTaffy IIIからは【Gambier Bay】【Samuel B. Roberts】との限定特別邂逅可能な海域 Taffy IIIの「Gambier Bay」及び「Samuel B. 新任務で外国艦が要求されてるので、色々邂逅出来ることに。 ー:6-1、6-2、6-3、6-4、 6-5、3-4 未所持のみ 、 3-5 未所持のみ• サム:2-3• ベイ:2-3• パース:2-4 サム、ガンビー、パースはもうちょっと邂逅出来る海域が多い気もしますが、このあたりはもうちょっと試行回数が増えたら判明するかなーといったところ。 この他にも家具やジュークボックスの追加、母港拡張など本当に盛りだくさんなメンテナンスでしたが、とりあえずイベントに向けて気になる内容は書いた通りです。 ちょっと長くなりましたが、任務などはノンビリ休みの日にでもこなしていきましょう!。 ただ次のメンテでイベント開始なので、そんなに無理は出来ないんですよね…。 Kircheis-Kancolle.

次の