アイカツ 音 パレード。 #アイカツオンパレード! #音城セイラ 大好きなお姉ちゃんに甘い味を

アイカツオンパレード!

アイカツ 音 パレード

アニメ「アイカツオンパレード!」の詳細 バンダイ提供による、女児向けアーケードゲーム『アイカツ!』シリーズの最新作『アイカツオンパレード!』。 同ゲームの稼働に続き、テレビアニメ版の放送もスタートとなる。 スターハーモニー学園の転入生・姫石らきが、扉の向こうにある不思議な世界に踏み込み、たくさんのアイドルたちとの素敵な出会いを体験するストーリーだ。 前作『アイカツフレンズ! 』ではメインヒロインを務めた友希あいね、湊みおをはじめ、歴代ヒロインたちが大集合した、豪華な内容になっている。 地上波・BS・CS 放送スケジュール テレビ東京 2019年10月5日 土 10:30~ その他配信系 配信スケジュール キャスト 第1話• その他 第2話• その他 第3話• その他 第4話• その他 第5話• その他 第6話• その他 第7話• その他 第8話• その他 第9話• その他 第10話• その他 第11話• その他 第12話• その他 第13話• その他 第14話• その他 第15話• その他 第16話• その他 第17話• その他 第18話• その他 第19話• その他 第20話• その他 第21話• その他 第22話• その他 第23話• その他 第24話• その他 第25話• その他 第26話• その他 第27話• その他 第28話• その他 第29話• その他.

次の

#アイカツオンパレード! #音城セイラ 大好きなお姉ちゃんに甘い味を

アイカツ 音 パレード

アイカツオンパレード!、来週が最後になります。 いやー、ホント最後まで叩かれっぱなしでしたね。 というか、こんな出来なのによく半年も放送できたな、と思います。 最初はフレンズキャラ中心、スターズはボチボチ。 初代に至っては、なんとしばらく経ってから登場。 なぜ、最初から朱莉やいちごを出せなかったのか?たぶんこれがあったから、出鼻を挫かれたんじゃないの? 中盤は比較的よかったものの、終盤は酷い、酷いの一言。 キャラ崩壊(リリィが思い切りスポーツする等)も甚だしく、ピュアパレット無双はフレンズ2期から変わっておらず、ソレイユやルミナス等の主人公を含むユニットの出番が奪われ…。 おまけに、野々や理沙等、登場しない初代キャラもボチボチと。 もちろん、アリスちゃんも。 せっかく、ファンの期待が高かった作品だったのに、どれも中途半端。 繰り返しますが、何のための「オンパレード」なんでしょうか? コラボ曲はどれも評価があまり高くなく、エルザ・響・美月の「TAKE ME HIGHER」は 音割れがする等の低評価がちらほら。 ゆめに至っては新曲3つ Future Jewel、アイドル活動!オンパレードVerと、正義の気持ち いちご、朱莉等の他主人公は1曲or2曲、しかも「アイドル活動!オンパレードVer」だけしか歌わないキャラもいる始末。 葵、蘭などの主人公以外のキャラの殆どは新曲なし。 友梨佳様は「Dreaming Bird」に出演したものの、楓や桜は相変わらず不遇。 初代から何も成長してません。 スターズはゆめとエルザ様以外のキャラの新曲なし。 ローラですら新曲がない… こちらも、昔のまま。 キャラ格差が一番ひどい。 特にあこちゃん・小春ちゃん。 フレンズは未央、愛音、アリシアと響以外、新曲なし。 後の二人は初代とスターズのキャラと共演したステージを披露しました。 つまりハニーキャットが不遇だ、という問題はとにかく放置でした。 かぐやの留学の話も、フレンズでありましたが、オンパレードではそれが消えていたなど、こちらも話が崩壊してばかり。 ついに彼女らも卒業するんでしょうか?それだったら、長年高3で止まっていた時間が、ついに動き出します! 2012年10月に入学したなら、2018年9月には卒業していたはずなのに 1年半、留年していたことになります。 いちご、本当にありがとうございました! 最後に言います。 もうこれは黒歴史で問題ないですよね!? そうでないといったコメント等もお待ちしております。 良かれ悪かれ、取り敢えず、アイカツオンパレード半年間お疲れ様でした。 厳密に言えば、今度のノエルちゃん主役の「ドリームストリー」編もオンパレなので、オンパレはまだ完全に終了ではないでしょう。 (あくまで、らきちゃん目線のTV版オンパレは来週を以て終了) ここから本題: 4月からのドリーム編における予定を踏まえたうえで、今のTV放送版オンパレを振り返るとなると、少なともこの半年間において、運営側は収益・人気回復のことしか考えてないことがあからさまです。 そうじゃなければ、アリスちゃん・ハルカ先輩・服部ユウちゃん等の不遇枠キャラはとっくに焦点が当てられてたはずですし、ハニキャ・リフレ組のジュエルドレスの件も今更じゃなくとっくに解決されてたはずですし、ごく一部のキャラ以外新曲なしってことも無かったはずです。 表面的にオールスター編とはいえ、如何にも歴代のヒロイン組(いちご・あかり・ゆめ・ピュアパ組)とラスボス組(美月・ひめ・エルザ・カレン・ひびき)で辛うじて視聴者を釣っている感じあからさまです。 ごく一部のキャラを除き新曲が無いことや、大多数のキャラのCGが過去のものの使い回しであることで、流石にここまで粗雑であるとなると、フレンズ時代で大赤字出しすぎて相当金欠なのか?と思ってしまうくらいです。 アニメの方は賛否両論が激しく分かれ、バッシングも多いですが、4月以降もシリーズは引き続き存続し、秋頃には新規シリーズが企画されていくということは、少なとも収益・人気回復面では何とか成功しているようです。 ですが、今度のドリーム編における予定からみて、流石に運営側も今のままでやり続けては無理だと悟っていることが感じられます。 4月からアイカツは一旦TV放送枠が無くなりますが、現在の土曜午前10:30枠の後番組がまだ決まってないようです。 要するに、秋から新規のシリーズを放送する場合、本来でしたら今の枠をそのまま維持すれば良いだけのこと、4月からも引き続きオンパレで放送すればいいだけのことです。 しかし、それが出来ず、一旦TV枠から離れるということは、多分運営側からしても今のオンパレ風でこれ以上やるのは厳しいと悟ったからでしょう。 (多分) そして、ドリーム編でノエルちゃんが主役になったり、服部ユウちゃんの筐体化が実現されたりということは、運営側もようやく不遇枠に気づき始めている感じのようです。 (あくまで個人的な推測、実際どうなのかは何とも言えない) ただ、スターズの方まで(アリスちゃん、ハルカ先輩等)手が届か否かに関しては、正直不安なところです。 ありがとうございます。 結局、ハニキャとリフレ組のジュエルドレスはCG化・ステージなしという残念な結果に。 これ、スターズから何も変わっていませんよね? しかもまたピュアパレットが出演したので、これで3週連続に…。 一応、恵麻と舞花も出ましたが、衣装は… まさかの、スタイルドレスでした!そりゃないだろう!! 22話~24話を終えた後のアイドル達の怒り 葵「え!? 私の新曲なし? 」 蘭「美しき刃をなめてるのか!? 」 乙女「ガッカリ…。 これはないです…。 」 友梨佳「白銀の曲で歌わせてもらったわ。 でも私のソロ曲がなかったことには怒ってるわよ」 桜「いつまで、こんな扱いなんでしょう…」 楓「オーマイガー!! 私はいつまでもUnlucky…」 ドリアカ4人組「4月から主役に格上げだけど、新曲なしだったのはちょっと…」 スミレ「せっかくの機会が…」 雛姫「おいおい、それはないぜぇ…」 珠璃「熱い風…吹かない…」 凛「静まる心のBPM…」 続く 黒歴史かどうか?と言うなら 1番の黒歴史は間違いなくアイカツスターズでしょうね。 もちろん投票だけではなく 内容を見てもスターズは最低レベルのシリーズだと思いました。 初代アイカツと一転して内容がどんよりして暗い。 余計な恋愛男集団を出していちいち出しゃばらせる暴君内容。 キャラをいちいち泣かせてからの茶番感動話のワンパターンオンパレード。 エルザと金魚のフンの見てるだけで不快になるアイドルとは言えない酷いキャラの登場。 とにかく見てるだけで気分が悪くなる話ばかりでした。 次のフレンズでは初代をリスペクトしたような明るい雰囲気に戻ったんで最高でしたね。 オンパレードも歴代キャラ集結というサプライズアニメだと思えば 別に黒歴史でも何でもないでしょうね。 あと、皮肉な事にオンパレードに出てる時の スターズ勢のキャラ達は本編と違い常に楽しそうでしたね 笑 なので結果。 1番の黒歴史はアイカツスターズでした。

次の

【Webアニメ アイカツオンパレード!】第1話感想 音城ノエルのアイドル活動Youtubeで始まります!【ネタバレ】

アイカツ 音 パレード

音城ノエルとは『』の登場人物である。 は色の。 進学後はにしている。 第2期に入った第話が初登場。 の大新人・の。 とは同じの別で、その後となる、同じ好きの友人として新聞のをする仲。 らんとうらやましいぞ。 もっともはそのらいちの・の大なのだが。 こうした周囲のもあり、カや学園の達と親交を深めるようになり、遂に本人もカへの編験に合格。 の後を追う形でへのを踏み出した。 らいちやセイラだけでなく、夢咲ラ学園長もセイラに続く次代のとして太鼓判を押すなど期待をかけられている状況である。 『アイカツオンパレード!』での大躍進 より稼働・放送の『』。 ここでカが話に絡み始めたことで第11話で再登場を果たす。 そして第12話では・と共にみんなのこと「 」を結成。 ダスでもこれをきっかけにとしてされることになった。 そして。 新たに始まる『ー』で、 側の代表、そしてらきと共にWになることが発表された。 これにあわせる形でが加わったカの新曲「エンゼ」が、さらにの歌唱担当としてでは「」の名前でもお染みののが「あやね」名義で参加することも発表されている(のへの参加はの歌唱担当である紗・に続いて3人)。 上では学園対抗の「プリ」が開催されることになり、カ代表の1人として大抜される。 そして・と共にに立ち、らきからのを受けつつ、同い年のと同じに立く、そして実を見せるべく奮闘する。 関連動画 関連静画 関連項目•

次の