剣盾 エルフーン。 【ソードシールド】エルフーンの種族値、わざ、特性など能力と入手方法【ポケモン剣盾】

【ポケモン剣盾】エルフーンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

剣盾 エルフーン

ただし『あく』タイプの相手 味方は含まない には変化技がすべて失敗する 第6世代は条件なし。 相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 天気が『ひざしがつよい』の時は、2段階ずつ上がる。 自分は交代しても効果が引き継ぐ。 『くさ』タイプのポケモンには無効。 相手の『すばやさ』ランクを2段階下げる。 『くさ』タイプや特性『ぼうじん』、道具『ぼうじんゴーグル』を持っているポケモンには無効。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプ、『くさ』タイプ、特性『ぼうじん』、道具『ぼうじんゴーグル』を持っているポケモンには無効。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 『でんき』タイプや『くさ』タイプ、特性『ぼうじん』、『ぼうじんゴーグル』を持っているのポケモンには無効。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 投げつけた道具はなくなる。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 3倍になり 第7世代までは1. 5倍 、技『じしん』『じならし』『マグニチュード』の受けるダメージが半減する。 道具『グラスシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 変化技を使えなくする レコ. 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『そらをとぶ』『とびはねる』『フリーフォール』を使っている時でも命中する。 通常攻撃。 ただし、『なまけ』『バトルスイッチ』など一部の固有な特性の場合は失敗する。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手を2〜4ターン 実質1〜3ターン の間『ねむり』状態にする。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』『キョダイコウジン』、さらに第8世代からは『エレキフィールド』『グラスフィールド』『サイコフィールド』『ミストフィールド』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。

次の

【ソードシールド】エルフーンの育成論!何でもこなすサポートのスペシャリスト!【ポケモン剣盾】

剣盾 エルフーン

エルフーンの育成論 エルフーンの育成論はこのようになります。 性格:おくびょう• 特性:いたずらごころ• 持ち物:きあいのタスキ、半減実、せいれいプレート、だっしゅつボタンなど• 努力値:C252 D4 S252• それも一理あるのですが、攻撃技を1つでも採用するなら臆病で素早さを伸ばしたほうが動きやすいはずです。 エルフーンは特攻はそこまで高くないものの、威力が高く通りの良いムーンフォースを覚えるため、数値以上の活躍をしてくれることでしょう。 特性は悪戯心を選ぼう! 『いたずらごころ』の特性を持っていることがエルフーンの採用理由であるといっても過言ではないくらいの強力な特性です。 悪戯心からの追い風により、隣の味方を即行動させる動きがとても魅力的ですね。 持ち物はきあいのタスキがおすすめ! エルフーンは、耐久が低く弱点も多いポケモンのため、持ち物は基本的にきあいのタスキを選ぶのが良いです。 襷を持たせることで、努力値を火力面に思いっきり振ることができるようになるのも大きいですね。 襷が余っていない場合には、半減実でごまかしたり、せいれいプレートで火力増強したりする形になるでしょう。 追い風からの味方の地震により、自発的に『だっしゅつボタン』を押していく動きもおもしろいと思います。 努力値は基本的にCS特化で! 持ち物が襷という前提にはなるのですが、エルフーンの努力値はCS特化にするのがおすすめです。 115属まで抜けてエルフーンミラーでもなるべく上を取る目的でのS振り、エルフーンが仕事を終えた後も置物にならないようCにも極振りといった形になります。 襷でない場合には、100属抜きの168や110属抜きの179といった値に素早さを落として、耐久面に振るのも良いと思います。 おすすめの技 エルフーンのおすすめの技を紹介します。 ムーンフォース ムーンフォースは高火力で通りの良いエルフーンのメインウエポンです。 全体技のマジカルシャインも覚えますが、エルフーンの場合、高い素早さから相手を縛っていけるムーンフォースのほうが使い勝手が良いので、こちらをおすすめします! エナジーボール・ギガドレイン・くさむすび 草技はドサイドンやトリトドン、ウォッシュロトムなどに刺さるので持っていると便利です。 ただし、エルフーンは採用したい技が多いので優先度は低めです。 おいかぜ エルフーンは悪戯心でこの技を使えるのが本当に偉いです。 8世代から、素早さの変化がそのターンに影響するようになったため、追い風後すぐに味方を動かしていくことが可能になりました。 エルフーンを採用するなら、この技は外せないことでしょう。 ふくろだたき 『せいぎのこころ』とのコンボを狙う場合には、袋叩きも採用しましょう。 ちょうはつ 追い風を軸とするので、苦手なトリックルームへの対策として、余裕があれば挑発もほしいところです。 状態異常系の技や相手の追い風も止められたり、汎用性が高いのもポイントですね。 うそなき・てだすけ 嘘泣きや手助けも覚えるため、味方の攻撃を重い一撃に変えることもできます。 手助けは猫騙しよりも優先度が高いのも覚えておくと良いでしょう。 トリックルーム 意外かもしれませんが、エルフーンはトリックルームも覚えます。 相手のトリルへのカウンターとして、また、スイッチトリパのような運用もできるようになりますが、エルフーンの耐久力を考慮すると扱いはとても難しいです。 まもる エルフーンは猫騙しが飛んできやすいポケモンであり、集中で落とされてしまうことも少なくないので、守るがあると便利でしょう。 エルフーンの対策 エルフーンは様々なサポートが可能なため、全く仕事させないといったことは難しいです。 そんな中でも有効な対策を紹介します。 トリックルームを展開する エルフーンを採用した構築は、基本的に中速〜高速帯のポケモンで固まっている形になっており、追い風で上を取っていこうというコンセプトになっています。 ダイジェットや追い風で応戦するのも1つの手ですが、上を取ろうとするときりがありません。 ですが、トリックルームであればこれらの構築に対して上を取っていけるため、有利に持っていくことができるでしょう。 エルフーンは挑発やアンコールでトリルの妨害をしてくることも考えられるため、『このゆびとまれ』や『ねこだまし』といった技でサポートしてあげると、より確実な対策となります。 エルフーンは草タイプのため『いかりのこな』では攻撃を吸い寄せることができない点には注意しましょう。 高耐久のポケモンを採用する エルフーンを相手にしたときの最悪のムーブは、隣の高火力ポケモンにより、こちらのポケモンが行動前に一撃で倒されてしまうことです。 この展開になってしまうと一方的に負けてしまうので、なんとしても避けなくてはなりません。 多くのポケモンを想定しないといけないので難しい部分でもありますが、これを達成できれば、エルフーンの種族値の低さもあり総合力で有利を取っていくことができるでしょう。 ガオガエンなどの威嚇持ちを採用すれば、多くの物理アタッカーに有利をとれるようになるので、積極的に採用していきたいところです。 まとめ ダブルバトルのエルフーンは、追い風を展開し、味方の高火力ポケモンをサポートしていく動きが基本となります。 対策をするのは難しいですが、トリックルームを展開したり、猫騙しや威嚇を駆使して対処していきましょう!•

次の

【ポケモン剣盾】エルフーンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

剣盾 エルフーン

初めまして。 かんちゃろーといいます。 初めてのブログです。 よろしくお願いします。 文章下手なのはご勘弁願います。 今回は剣盾での目標順位であった最終3桁を達成した記念に今回使っていた構築を紹介したいと思います。 以下本文 1.パー構成 パーを組んだ経緯についてですが、今作はTOP6で構成されたパーへの具体的な回答の三体に補完していく構築でないとランクが上がらない気がしました。 TOP6にいるドラパルトが特殊アタッカーor鬼火身代わり型が多いように感じたこと、初手に来るは、ミトム、ドラパルトの確率が高いことを考えて初手にすり抜けスカーフ、後ろに鉢巻エースバーンとラムDM(後述)の三体から構築案をスタート、そこに補完として弱点保険パッチラゴン、チョッキ、オボンを添えたのが今回の構築となっております。 2.個体解説 数値に関しては左からH-A-B-C-D-Sの順で実数値、()内にの数値を書きます。 それでは一体ずつの解説にに入ります。 残飯コットンが有名なためすりぬけの特殊ドラパは嬉々として攻撃してくるためそこに予想外の大ダメージを打ち込む。 ドラパの眼鏡大文字はたえないが、ムンフォでCを下げて眼鏡をはずすこともできる。 特に身代わりから入ってくる場合テンションがマックスになる。 ミトムに関してもボルチェンから入ってこられることが極めて多くダメージレースに有利に立てる、但し起点になりやすいため状況によってはDMすることも。 初手のにはとんぼ返りから入る。 選出率は高めで、BIG6のが多く採用されるほど出しやすくなる。 ナット見たらベンチ。 PK苦手そう 晴れ猛炎ボールでDMキッス落としたり晴れ火炎ボールでDMみみっきゅ落としたり半端なかった。 にエルフのトンボで入って襷つぶしつつアイへにうけだして火炎ボールの一貫を取りに行ったりする。 DMするのはあまり強くなくの大バーンから普通に殴るのが強い。 トンボの火力もばかにならない。 真の強者ではないので不意打ちは打たなかった。。 雷キックほしい。 増田さんこの記事を読んでいたらご検討宜しくお願い致します。 DM前提でドン引きするほどの耐久値を誇る。 水タイプが苦手らしい。 低いDをダイロックとダイアースで底上げできるのも強く要塞と化す。 DMがおわってもう一回殴れることが多い。 みみっきゅにはダイバーンから入りエースバーンにつなぐ。 おそらくとエースバーンと相性が一番いい。 環境にスカーフキッスが多かったためからトンボでつなぐと強かった。 意外とDMドラパに弱い。 というよりダイドラグーンによわい。 選出率はそこそこあった。 BIG6に以上の三体を出せばほぼ全勝できたので構築はよかったと思う。 キッスに対して隙を見せるのが嫌でパーが鈍足と高速に分かれているためトリルで切り返せるHBを採用。 スペックは想像より高かった。 受けだしてくる は燃やす。 呪われボディはスカーフキッスやをお通夜にできて楽しかった。 実はDMすると確定幅が大きく変わるで結構DMした。 ドリュのとダイアースで死ぬのが嫌だったが一回しかされなくてよかった。 初手ドラパにボコボコにされることが増えてから無理やり初手に投げてトリルしてた。 選出はそこそこした。 耐久お化け。 噂通りの強さだった。 ウケるにはジワるで対抗。 ウケる対ジワるは勝率五分五分だった。 キッスにはDMしたくなるHDラインだった。 交代読みがさえていれば強い。 じわれは当たらない。 みみっきゅに隙を見せるが外せる技はなかった。 空元気読みで鬼火は打たれないのでのしかかりでよい。 DMしてもしなくてもつよく、選出率もそこそこだった。 過去にHBを使っていたからBラインの錯覚が多かったのが反省点。 残飯ゲロゲが増加していて免疫が強いと最終日に気づいた。 技のテンプレはけたぐりが炎の牙だが弱点を突かれないときの能動的火力アップを評価してけたぐり採用。 技は結構当ててくれた。 DM前提の耐久ラインに見えるが、素でドラゴンアローやじゃれつくを耐えたり、絶えたりする。 EasyWin製造機。 は絶妙に火力が足りない。 調整意図のSラインでかっこいい風のことを書いててうざいと思ったひと。 ごめんなさい。 かっこよくて 調整次第でDMにダイサンダーを耐えられることがあります。 相手が弱点保険を発動すればきついです。 そこでのトリルラスト1ターンでパッチラゴンとが面した場合を自分の弱点保険で相殺して、トリルが切れてもう一度殴るムーヴが強いためSラインはこう表現しました。 Sはそこそこふっていますがトリルと相性が良かったです。 選出はそこそこした。 結局全てのがまんべんなく選出できてよかったと思う。 選出パターンはTOP6に対してエルフバーン TOP5プラスにはパッチラゴン 残りはに組み合わせた 重いは、みみっきゅ、弱補ドラパ、、レンズキッス、玉ギャラその他たくさん あとがたり 初めてのブログ。 正直な感想は(めっちゃ書くことあって時間かかるやん)というものですが記事を書くことでさらに自分のに愛着がわきました。 下手な文章で最後まで読んでいただいた方本当にありがとうございます。 来シーズンはスカーフ入り構築を組もうと思っています。 切断バグ2回されましたが、これからも負けずに(相手も負けないそうですが)頑張っていきたいです。 来季の目標は500位以内かな?プレイングはまだまだ未熟だなと痛感しました。 始めたばかりなのでフォローしていただけるとありがたいです。 kancharo99poke kancharopoke.

次の