カムテック。 カムロード バンテック ジル5 4WD エアサス ソーラーパネル 家庭用エアコン(新潟)(掲載終了)の中古車詳細

【楽天市場】防犯カメラのカムテック [会社概要]

カムテック

カムロードのノーマルタイヤからなぜタイヤ交換を行うのか 初めてキャンピングカーを所有すると タイヤ交換、アルミや鉄チンへの交換などの情報を見るようになります。 なぜこぞってタイヤ交換を行うのか。 これは、キャンピングカー全てが当てはまるというわけではなく 割とキャブコン(カムロード)に多い傾向です。 そして、単にドレスアップ。 ということではなく 安全面からタイヤ・アルミなどを交換している ということなのです。 カムロードのタイヤを選ぶ基準は負荷の許容量?タイヤサイズ? カムロードのタイヤはノーマルだとバーストしやすい。 ということではなくて なぜノーマルからタイヤ変更を行うのか。 これは、走行面や安全面を考慮してのバージョンアップということです。 まず、タイヤのサイズ(幅)が大きく影響します。 つまり、インチアップはせず15インチのまま、195の幅から215の幅にタイヤ幅を広くすることができます。 まず、これを行うことで設置面積が単純に増えるので 車の走行時に安定をします。 路面の轍(わだち)や横風に強くなるのです。 そして、バーストの原因でもある最大負荷能力の超過。 これはロードインデックスとして表記されています。 このミシュランのアジリスキャンピングはキャンピングカーの本場、ヨーロッパで定番のキャンピングカー専用タイヤ。 キャンピングカータイヤに求められる耐久性を確保し、ふらつきを軽減 ふらつきを軽減(トレッド端部まで覆うナイロンキャッププライを採用) トレッドの接地面を均一にし、操縦安定性を確保。 耐久性を確保(強靭なビード構造と2枚のケーシングを採用) 強靭なケーシングにより、キャンピングカーに求められる強度と耐久性を確保。 とまさに、キャンピングカー向けのタイヤなのです。 これまで日本ではキャンピングカー向けのタイヤとしては販売されていなかったというより 規格が存在していなかったのです。 これをきっかけきにキャンピングカー向けのタイヤ規格が増えることを期待します。 タイヤの空気圧を475 kps)〜550(kps)だと1本あたり1030kgの対荷重を確保できます。 ただでさえ重たい車で、生活水、荷物などを載せたキャンピングカーは荷重オーバーです。 そのため、カムロードベースの車はタイヤを変更することお勧めします。 ホイールは何を選ぶか これは非常に色々と意見があるようですね。 各社から様々でておりますので、見た目の好みもありますしね。 鉄チンが良いという方もいらっしゃれば、アルミの方がいい。 という方も。 そして、推奨はされていませんが、カムロードにハイエースの鉄チンを履く方もいらっしゃいます。 全ては自己責任の範疇になってしまうので良し悪しには言及はしません。 今回、筆者が採用したホイールは、バンテックがカムロード専用に開発したアルミホイール マッドキャンパー を採用しました。 0J インセット28 6H P. D139. 7 HUB106. 2 となっており、カムロードにぴったりなアルミホイールです。 ホイールナットは、シルバーとブラックの2つが用意されています。 今回はこのまま交換です。 これがマッドキャンパーにアジリスキャンピングをはめたものです。 こんな感じでゴツゴツのタイヤです。 ということで、早速はめていただいております。 いつもながらバンテック厚木さんは作業が手早いですねーー。 これで差がわかりやすいですね。 見た目が全然ちがいますねー。 ということで、後輪も交換です! 後輪をはずしたんですが、こちらもサビが目立ちますよね。。。 マッドキャンパーはスポークが少ないので、このサビがめだってしまうそうです。 バンテック厚木さんでは、このサビを隠すために、シャーシーブラックというスプレーで 隠してくれるのです。 これは無料でやっていただけました。 というより、こういうユーザーへの配慮が素敵ですねー。 こんな感じで綺麗なブラックにしていただけました! そして、マッドキャンパーのホイールナットはブラックを選択しました! そして、タイヤを履かせたらエアーを注入! ということで、タイヤを締め付けて完了です。 もちろん最後はトルクレンチでしっかりとめていただきました。 これが交換前 これが交換後になります。 顔つきもだいぶ違いますよねー。 タイヤを履き替えての感想 見た目はもちろん変化がありましたが、安全面と走行性の話です。 交換後の感想は 絶対履き替えた方がいいですよ!! というくらい全然違います! まず、全然違うのは横風に対する安定性。 これはすぐに実感として感じます。 あと、路面の轍についても、拾う感じが全然かわりました。 ノーマル時は「おっと!!」っという感じで、轍でハンドルが取られていたのですが とれらるほどにはならなくなりました。 これは普通に走行していて安心感が全然違います。 そして、次に、ゴツゴツ感。 ノーマルは空気圧が600kpsも入れるのでタイヤパンパンで 走行時も路面をガツガツいいながら走ります。 それは体感できるほどでしたが、475〜550kpsの空気圧になるので このゴツゴツ感が吸収され、乗りごごちも全然ちがいます。 ということで カムロードにマッドキャンパーのアルミを履いて アジリスキャンピングのタイヤは交換の価値ありです!!• , ,• コメント: pearladyさん コメントありがとうございます。 どうも「ハブ径がぴったりすぎて遊びがなさすぎてかえって良くない」とか「キャンピングカーの重さに耐えられる設計になっていない」とか いろんな意見があるようですが、あまり不具合の情報は見かけないですよねー。 タイヤ交換を頻繁にされるとのことなので、心配なさそうですが ハブぴったりすぎて放って置くとタイヤ交換の時に外すのがえらい大変になるそうですからね(笑) もっとキャンピングカーの足回りはバリエーションでても良いですよね!.

次の

カマト・高圧プランジャーポンプ / KAMTEC

カムテック

皆様こんばんは〜塚本です。 本日のご紹介はK様よりご依頼頂いた 夜間走行 快適化のご案内です カムロードですが、ヘッドライトとポジションは通常の電球タイプです。 フォグランプは純正でLEDですが、こちらも社外品にして 光量アップ を致します。 使用する商品(LEDバルブ)ですが、バンテック京都のおすすめはIPF製となります。 ネット通販で海外製の安い商品もありますが、IPFは抜群のクオリティでオススメですよ〜 今回はLEDヘッドに合わせ、ポジションも同色のLEDに変更です 作業は当店自慢のサービスマン『凄腕サービスけんさん』が段取り良く取り付けです。 そして完成後・・・ 純正に比べLEDのスタイリッシュな光です。 光量もアップしていますので、夜間の視認性アップ間違い無しです。 見やすいように、ビフォアアフターです。 上が純正状態、下がLEDへ交換後です。 今回交換したLEDですが、かなり白いタイプとなりますので、 唯一の不安は霧や雪などの悪天候時の時ですが、2色LEDなのでそこも対策バッチリです。 車内のフォグ スイッチON-OFF操作で イエロー光にも出来ちゃいます。 全て交換すると少しコストはかかりますが・・・ 長距離を走るキャンピングカーには オススメですよ〜 This entry was posted in by. Bookmark the.

次の

福山工場|工場紹介|事業内容|企業情報|ツネイシカムテックス株式会社

カムテック

依然として、自由にお出かけできない日々が続いています。 「自由に動けるようになったら、あそこへ行こう。 あれを食べよう」と期待は膨らみます。 今回はそんな未来を夢に見つつ、人気の国産キャブコンのベース車について、ちょっと勉強してみましょう。 今夏にはマツダ・ボンゴトラックの生産終了が予定されています。 これにより、国産キャブコンのベース車両としては、事実上トヨタ・カムロード一択になります。 いすゞBe-camという選択肢もありますが、現状、この車両は日本特種ボディー社にしか供給されていません。 今後は、フィアット・デュカトの導入を決めたバンテック社以外、ほぼカムロードの独占になるでしょう。 どうしてこうなったのでしょうか。 (TOP画像=キャブコンのベース車両として、ほぼ唯一の選択肢になったトヨタ・カムロード。 弱点もあるが貴重な存在だ/Photo:VANTECH) 4ナンバートラックから生まれた専用シャシー まず、キャブコンのベース車両を理解するためには4ナンバーについての説明が必要です。 国産キャブコンのベース車両の多くは1~1. 5トン積みの小型トラックです。 これは「小型貨物自動車」=4ナンバー車に相当します。 この枠組みでは、 ・全長4. 70m、全幅1. 70m、全高2. 00m以内 ・排気量2千cc以下(ディーゼルエンジンは排気量制限なし) と規定されています。 元々が業務用の貨物車両ですから、経済性が最優先。 4ナンバー車は1ナンバー車に比べて保険料は安く、高速道路料金も普通車料金になります。 カムロードはトヨタがキャンピングカー専用(キャンピングカー特装)としてビルダー各社に販売している車両で、もとになっているのは4ナンバー車のトヨタ・ダイナです。 さて、ここでひとつ問題があります。 カムロードベースのキャンピングカーに乗っているオーナーさんの多くから「走り」に対する不満が聞かれるのです。 カムロードに用意されているエンジンは、ガソリンなら2千cc。 ディーゼルを選ぶと3千ccです。 さて、キャンピングカーには居室が載っています。 つまり、荷物を積みっぱなしにしているトラックと同じ。 商品にもよりますが、それ相応の重さがあります。 それに対して2千ccのガソリンエンジンでは、正直なところ力不足なのです。 ガソリンエンジンよりもハイパワーが望めるディーゼルエンジンでも、カムロードに搭載されているエンジンはずっとモデルチェンジをしておらず、デビューは20年以上前の古いタイプのもの。 やはり3千ccあっても力不足の感はいなめません。 なぜ、他のベース車両にしづらいのか 国産キャブコンの登録ナンバーは、ベースの車両が4ナンバー相当であっても、8ナンバーです。 8ナンバーはサイズ、排気量ともに制限はありません。 そうなると、もとが4ナンバーだったカムロードで我慢していないで、もっと大きいトラックをベースにすればいいじゃないか、と思いますよね? でも、それがなかなか実現しないのには、わけがあります。 まず、カムロードの名誉のために言っておくと、決してカムロードは劣っているわけではありません。 4ナンバークラスのトラックはいすゞにも日産にもありますが、条件はカムロードと同じでエンジンは2千ccですから、メーカーを変えたからといってカムロード以上のパフォーマンスは期待できません。 ましてやカムロードはキャンピングカー用に特別仕様にした「キャンピングカー特装」なので、キャンピングカーの特性に合わせてサスペンションなどもセッティングされています。 4ナンバークラスの中ではカムロードがベストなセレクション、ということになります。 1970年代にごく短期間だけ販売されたいすゞのエルフ・マイパック。 いまのところ日本で販売された唯一のFF小型トラック。 今、これがあればベース車として最適だったと思われる じゃあ、いっそもっと大きい車にすれば、居室も大きくてエンジンパワーも上がるのでは? そう考えると、候補になるのは2トン車になります。 2トン車の多くは1ナンバーになりますが、1ナンバーはサイズ・排気量ともに上限はありませんから、パワフルなエンジンが搭載されています。 しかし、ここで問題があります。 1ナンバー車は大きくてパワフルな一方、車両価格も4ナンバーよりも高価です。 さらに現時点ではキャンパー特装はありませんから、サスペンションのチューニングなどの手間も必要です。 当然、それらはすべて、キャンピングカーの価格に跳ね返ってきます。 これが、現在カムロードがほぼ独占状態になっている一番の理由なのです。 理想的なベース車両を妄想すると…… 現実はさまざまな事情のもとに成り立っていることが、おわかりいただけたと思います。 こうした事情をちょっと無視して、性能ありきで理想のベース車両について考えてみると、以下のようになります。 【エンジン】 ・車両の重量を考えたら、2500~3千ccぐらいのエンジンが欲しい ・ディーゼルなら3千ccぐらいのターボディーゼルが理想 【サイズ】 ・ホイルベース(前後軸の距離)はカムロードより200mmほど長く ・トレッド(左右輪の距離)は2トンクラス程度に これなら、積み荷(居室)が重くなりすぎることもなく、重量バランスも良くなるはずです。 【エンジンの駆動形式】 ・エンジンと後軸をつなぐプロペラシャフトのないFF(前輪駆動)に シャフトがないため低床化が可能で、重心が下がることで走行性が安定し、居室の設計の自由度も増します。 ……こんなベース車両があれば、日本のキャブコンももっと自由に、パワフルになれるのではないか、と妄想します。 ここに挙げたスペックを考えると、実はそれをすべてかなえている車両があります。 それはフィアット・デュカト。 パワフルなターボディーゼルエンジン、低床でレイアウト自在なFF方式、モジュラー構造でホイールベースが自由自在。 ヨーロッパでキャンピングカーのベース車として70%以上のシェアをあっという間に獲得したのもうなずけます。 ヨーロッパのデファクトスタンダード、フィアット・デュカト。 FFの特徴を生かし、運転席周りだけ カラーの部分 で出荷される無駄のない設計(Photo:FCA International) 日本の技術でこのようなスペックの車両を作ったら、国内はもとより、ヨーロッパでも売れると思います。 トヨタ、日産、マツダ、いすゞ、どこでもいいので、日本の自動車メーカーで作ってくれないかなあ……などと思うのは私だけでしょうか? 妄想ばかり広げていても仕方がありませんね。 ですが、カムロードが独占状態なら、せめてエンジンのパワーアップを図ってもらえないものか、と思います。 現行のカムロードのガソリン車には1TR-FE型2千ccエンジンが搭載されていますが、これを同系列の2TR-FE型2700ccエンジンに変えれば、かなり走りは改善するはず。 エンジンのサイズは2千と2700とでまったく同じなので、積み替えるのに設計変更は不要だと思ってしまいます。 トヨタさん、なんとか検討いただけないものでしょうか? あわせて読みたい.

次の