白 慣用句。 【色】の英語表現一覧|名前、種類、略称、慣用句、日本語との違い

白羽の矢が立つの意味、実はとんでもない由来

白 慣用句

小学校で習う慣用句一覧を50音別に検索 「あ」で始まる慣用句一覧• 【スポンサーリンク】 「い」で始まる慣用句一覧• 「う」で始まる慣用句一覧• 「え」で始まる慣用句一覧• 「お」で始まる慣用句一覧• 【スポンサーリンク】 「か」で始まる慣用句一覧• 「き」で始まる慣用句一覧• 「く」で始まる慣用句一覧• 「け」で始まる慣用句一覧• 「こ」で始まる慣用句一覧• 【スポンサーリンク】 「さ」で始まる慣用句一覧• 「し」で始まる慣用句一覧• 「す」で始まる慣用句一覧• 「せ」で始まる慣用句一覧• 「そ」で始まる慣用句一覧• 【スポンサーリンク】 「た」で始まる慣用句一覧• 「ち」で始まる慣用句一覧• 「つ」で始まる慣用句一覧• 「て」で始まる慣用句一覧• 「と」で始まる慣用句一覧• 【スポンサーリンク】 「な」で始まる慣用句一覧• 「に」で始まる慣用句一覧• 「ぬ」で始まる慣用句一覧• 「ね」で始まる慣用句一覧• 「の」で始まる慣用句一覧• 「は」で始まる慣用句一覧• 「ひ」で始まる慣用句一覧• 【スポンサーリンク】 「ふ」で始まる慣用句一覧• 「へ」で始まる慣用句一覧• 「ほ」で始まる慣用句一覧• 「ま」で始まる慣用句一覧• 「み」で始まる慣用句一覧• 「む」で始まる慣用句一覧• 「め」で始まる慣用句一覧• 「も」で始まる慣用句一覧• 「や」で始まる慣用句一覧• 「ゆ」で始まる慣用句一覧• 「よ」で始まる慣用句一覧• 「ら」で始まる慣用句• 「り」で始まる慣用句• 「る」で始まる慣用句• 「れ」で始まる慣用句一覧• 「ろ」で始まる慣用句一覧• 「わ」で始まる慣用句一覧•

次の

「白」がつく熟語や用例・慣用句・名詞など:無料の漢字書き順(筆順)調べ辞典

白 慣用句

はい、黒目や黒髪を表わす時に「黒」と「青」両方使っています。 黒髪は「青丝」で、「青春」の「青」も「髪の毛が黒いうちに」から来ています。 目で言うと一番有名な話は東晋の時代の文人阮籍が嫌いな人には白目を見せて訪問者を「退治」、好きな人には青目で迎えた書物の記載です。 黒を「青」で表わす用法はかなり古い書物である「尚書」からも確認できます。 1 《晋の阮籍 げんせき が、好感のもてる人は青眼で迎え、嫌な人は白眼で迎えたという「晋書」阮籍伝の故事から》親しい人が訪れたとき、喜んで迎える目つき。 《晋书》本传的两段记载加以解析,以彰明阮籍的现实态度及其特殊的表态方式。 及嵇喜来吊,籍作白眼,喜不怿而退。 喜弟康闻之,乃赍酒挟琴造焉,籍大悦,乃见青眼。 五色指青黄赤白黑,古时把这五种颜色作为主要的颜色。 《尚书• 《尚书• 青青不解久,星星行复出。 颈粗且短。 毛松软而厚。 冬毛灰黑色或深棕色,夏毛较暗。 汉族人眼睛的颜色主要是黑色和白色。

次の

『白』の読み方・書き順・部首・熟語・ことわざ・慣用句・故事成語

白 慣用句

略し方のポイントは、 単語から母音を取り除くこと。 母音をのぞいて2文字で表せる単語は2文字、3文字必要な単語は3文字になります。 色の形容詞 ちなみに、薄い色を表すときには 「light」、濃い色を表すときには 「dark」を使います。 に、日本語の青と英語のgreenについては詳しく書いてありました。 「そもそも」という話なんですけど、江戸時代よりさらにもっと、もっともっとさかのぼると、日本語には「緑」がありませんでした。 4色(アカ・クロ・シロ・アヲ)がすべての原色という考えでした。 これらの色は「赤い」「黒い」「白い」「青い」という言い方ができますが、他の色、例えば緑いや黄い(黄色いとは言いますけど)、紫いとは言わない言葉たちということでも上の4色が日本語に深く根ざしているのがわかりますね。 実はこの「緑がない言語」は日本語だけでなくて東アジアなど漢字を使う言語や、インド・アフリカ・マヤ語など世界中にあります。 それらの言語では「明るい緑」は「青」で表現されたり、「暗い緑」は黒と呼ばれ「暗い色」として表現されていたそうです。 そして面白いのは、「緑がない言語」の多くが「赤道直下」の言語らしく、日本語がどこから伝わってきたのかルートを辿る1つの手がかりになるかもしれないそうです。 それが今でも「青リンゴ」「青信号」「青二才」「青々と茂る」と言った言葉として残っているわけですね。 そういうちょっと違った、ひねくれた?視点から言葉を学んでみると、いろんな発見があって楽しいかも知れませんね。 (『日刊英語ライフ』から引用) これを見てふと、きしん君がこの前言っていたことを思い出しました。 「 色の数というのは、その人の話す言語にその色があるかないかによって決まるらしい。 」 日本語に虹色(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)があるからと言って他の言語にも必ずしもあるとは限らないらしいです。 中には、白と黒しか色がない国もあるらしい。 これと同じ原理で、元々緑がなかった日本語と英語は色の表現の仕方が若干ちがうみたいです。 色をつかった英語の慣用句 日本語にも、色をつかった慣用句は多くありますが、英語にも色をつかった慣用句があります。 代表的なものは、以下です。 色をつかった英語の慣用句 【1】 white lie(たわいもないウソ) 【2】 white as a sheet(真っ青な) 【3】 the white flag(白旗、降伏) 【4】 feel blue(ブルーな気分) 【1】white lie(たわいもないウソ) 直訳をすると「真っ白なウソ」です。 英語の「White」には、日本語と似たように「純白の」「純粋な」といった意味があります。 そのため、悪意のない・ささいなウソのことを英語では「White lie」といいます。 【2】white as a sheet(真っ青な) 日本語では、体調がわるい人の顔は「真っ青」と表現しますが、英語では「White as a sheet(シーツのように白い)」といいます。 日本語でも「顔面蒼白」とはいいますね。 英語では、青より白が強調されるんです。 【3】the white flag(白旗、降伏) ここは、日本語と同じですね。 日本語でも降参することを「白旗をあげる」といいます。 【4】feel blue(ブルーな気分) こちらはも、日本語と同じ表現の仕方をします。 最後に 英語と日本語の色彩表現の違いについてまとめました。 いかがだったでしょうか。

次の