ロイ ハラデイ。 ロイハラデイ203勝、ペドロマルティネス219勝って内容が凄い割には...

画像ハラデイの意味・由来

ロイ ハラデイ

ハラデイさんのツイッター。 カバー画像は愛機、アイコンもパイロット姿の自らの写真だった 米大リーグの元投手、ロイ・ハラデイさんが2017年11月7日(現地時間)、フロリダ州で飛行機事故のため亡くなった。 40歳だった。 大投手の突然の死に、世界中の野球ファンに悲しみが広がった。 また、日本では、ネットスラングを通じてその名を知る人も多く、その方面からのショックの声も相次いでいる。 自ら操縦する飛行機の墜落で 1998年のデビュー以降、トロント・ブルージェイズ、フィラデルフィア・フィリーズに所属、年間最優秀投手賞にあたる「サイ・ヤング賞」を2003年、10年の2度獲得、完全試合も達成するなど、13年の引退まで大リーグを代表する投手として活躍した。 大リーグ公式サイトによると、ハラデイさんは引退後、フロリダ州で妻と2人の息子とともに暮らしていたが、自ら操縦する小型飛行機が7日午後墜落、死去したという。 ハラデイさんはツイッターで10月13日、「引退以来の夢だった」という飛行機の購入を明かしており、以後たびたび、飛行機や操縦するハラデイさんの写真が投稿されていた。 大リーグがただちにコミッショナー名義で追悼コメントを発表したほか、米国をはじめとする世界各国のメディアでその死が大きく報じられた。 日本でも野球ファンにはその名がよく知られており、 「MLBが誇る大投手ロイ・ハラデイよ永遠に」 「生きて殿堂入りする姿を見たかったよ... なんてことだ... 」 「ハラデイといえば松井との対戦が色々思い出されるんだな。 今一番いい投手だと当時言っていたし。 ご冥福を... 」 と、悼むツイートが多数投稿された。 「画像ハラデイ」の語源 一方、2ちゃんねる(5ちゃんねる)内の掲示板「なんでも実況J(なんJ)」では、「貼る」と「ハラデイ」を引っ掛けた言葉遊びで、「画像を貼れ(アップロードしろ)」という意味の「画像ハラデイ(画像ハラディとも)」というネットスラングが存在する。 なんJやそれに影響されたネットコミュニティーでは当たり前のように使われる言葉であり、その投手としての活躍には詳しくなくとも、「ハラデイ」の名前だけは知っている、という人も少なくない。 そのため、なんJでは、 「往年のハラデイの画像ハラデイ(涙)」 「悲し過ぎてもう画像ハラディとか言えねーわ」 「これからもJでは画像ハラデイってレスされまくるやろうけどその度に少し胸を痛めるんやな」 「画像ハラデイは寂しすぎるから今日から画像ハッテバーグにするわ... 」 「普段は不謹慎ネタ大好きで煽りカスやってるj(なんJ)民らがガチで悲しんでるの見ると、やっぱハラデイって偉大やったんやなって」 と、少し違った形で、その急死を悲しむ声も広がっている。

次の

画像ハラデイの意味・由来

ロイ ハラデイ

Contents• ロイ・ハラデイの死 本日通勤のとき電車内でTwitterを見ていたところ、驚くべきニュースが入ってきました。 He was 40. — MLB MLB トロントブルージェイズとフィラデルフィアフィリーズで活躍し、サイヤング賞2回の大投手ロイ・ハラデイが飛行機事故で死亡したというのです。 — damejima damejima まさか予想することもできない突然の死に気持ちの整理がまったくつきませんでした。 個人的にはロイ・ハラデイはもっとも優れた投手かつもっとも好きな投手。 卓越した投球術と優れた人間性を併せ持つ最高の投手でした。 Doc. — MLB MLB 2010年のポストシーズンでノーヒットノーランを達成したのはいまだにメジャーリーグファンの語り草だ。 最高の投手 今回ハラデイは飛行機事故によって亡くなっている。 操縦は彼自身によるもの。 I have dreamed about owning a A5 since I retired! Real life is better then my dreams!! 飛行機が好きだったのだろう、それだけに今回の事故はやりきれない思いが頭に浮かんできてうまく整理できないでいる。 ロイ・ハラデイは球数少なく、ゴロを打たせる。 それでいて要所では三振も取るというまさに現代の投手のひな形を作った選手だ。 黒田投手を始め多くの投手が彼の投球術を参考に自分のピッチングを組み立てていった。 野球ファンにとって悲しみの日となった ロイ・ハラデイの死のニュースが駆け巡ったとき、全米が、世界中が悲しみに暮れた。 イチロー、松井秀喜など日本人選手からロイ・ハラデイを知った私にとって彼らに立ちはだかる巨大な存在であり続けた。 残念ながらチャンピオンリングを手に入れることはできなかったが、彼の40年の人生、16年のメジャーリーガーとしてのキャリアはそれと同じくらいの価値があると思う。 マーリンズのホセフェルナンデスしかり、ここ最近メジャーリーグのスターの事故死が相次いだ。 まさかハラデイがこんなに早く・・・というのが率直な感想だ。 もし生きていたら、多くの人に希望を与える存在であり続けたろう。 今度はファンである私がハラデイからもらった贈り物を発信していく順番なんだろう。 まとめ Gone far too soon. Rest In Peace, Doc. — Phillies Phillies ありがとう、ドク(ハラデイの愛称) あなたの投球に私は勇気づけられてきました。 あなたは私にとっていつまでも最高の投手です。 photo credit: jaydoubleyougee via.

次の

ロイ・ハラデイの完全試合やノーヒッターなどハイライト。00年代最高投手

ロイ ハラデイ

煙草、アルコール依存、晩年は痛みから薬物依存におぼれていったハラデー氏 2000年代のMLBを代表する先発投手の一人でありながら、自身の操縦する小型飛行機の事故により40歳の若さでこの世を去ったロイ・ハラデー氏。 そのハラデー氏が深刻な薬物依存に悩んでいたことを家族が語ったドキュメンタリー番組「Imperfect: The Roy Halladay Story」が29日(日本時間30日)に米TV局「ESPN」で放送される。 放送に先駆け、米紙「ニューヨーク・ポスト」がハラデー氏の壮絶な半生を報じている。 MLB通算203勝、防御率3. 38と素晴らしい成績を残したハラデー氏。 しかし、その野球人生は依存症との闘いの歴史でもあった。 記事では「フィールドを去れば、彼の人生はとても苦難に満ちたものだった。 オピオイド系の鎮痛剤との依存と戦い、出来れば逃れたいスポットライトなか、周りにいる人に誇りに思ってほしくて、その為に彼は何でもやった」とその知られざる姿を明かしている。 妻のブランディさんが最初にハラデー氏の依存しがちな性格に気付いたのは、2人が結婚する前、彼がメジャー昇格を果たした1998年の11月。 煙草の入った缶やウイスキーの空き瓶が家中に散乱しており「子供の頃に自由がなかったから、今の自由を楽しんでいるんだよ」と釈明したハラデー氏のエピソードを明かしている。 その後もアルコール依存は悪化し、防御率10. 64を記録した2000年には球団が飲酒問題からカウンセリングを受けさせるほどに。 チームメートからは「ミニバー(小さなバー)」とのニックネームが定着した。 酒量を減らした2002年からは成績も安定していったが、それでも寝る前の睡眠薬は欠かせず、試合前には吐くほどプレッシャーを感じていたという。 ピッチングの中でしか自分を満たすことができなかったハラデー氏。 ブランディさんは何度も野球をやめるよう諭したが、晩年は痛みを抱えながらもオピオイド系の鎮痛剤を打ち試合に出続けた。 2013年に引退し、4年後の2017年11月7日に小型飛行機の操縦を誤り事故。 遺体からは薬物が検出された。 記事では「彼は投げることにこだわり、薬物が彼がマウンドに立ち続けることを助けた。 それが、この悲劇の原因となったのかもしれない」と伝えている。 (Full-Count編集部).

次の