世界 で 最も 美しい 顔 100 人 日本 人。 【2019年 最新】世界で最も美しい顔100人の日本人ノミネートは誰?韓国人のノミネート者も

「世界で最も美しい顔100人」はどこの国主催?審査員は何人?基準は?

世界 で 最も 美しい 顔 100 人 日本 人

ランキングの基準 ランキングに入る条件は、令和になってから化粧品のCMに出演している事です。 時代と共に好まれる顔も変わりますから、化粧品会社に選ばれている人が旬だと考えました。 複数の化粧品CMに出演している人は少ないので、その他の美容系CMについても加点していきます。 CM出演は、好感度と人気の象徴でもありますから、フェアなランキングになるのではないでしょうか。 CM価値については、 化粧品(美顔系)のCMが10ポイント、その他の 美容系CM(髪・脱毛・エステ・日焼け防止等)は 5ポイントで集計していきます。 また、複数のメーカーから化粧品のオファーをもらっている場合は、更に10ポイントボーナスとします。 他社でCM起用されているのを知った上で、その「美しさ」を商品イメージにしたいと考えられるのは、かなり高いハードルを越えている証拠だからです。 順位が並んだ場合には、令和以降のCM本数(ジャンル不問)で優劣をつけます。 それでも順位が並んだ時には、直近の映画やドラマの起用本数で判断します。 令和美女ランキング ベスト40 化粧品会社に選ばれるのは、女優としても本当に栄誉のあるオファーですよね。 化粧品会社に選ばれるだけでも狭き門ですので、ここにランクインしている人達は、芸能人の中でも優れた容姿を持った美女達と言って良いと思います。 まだランクインしていない人達の中にも、一気に駆け上がる可能性がある女優達がひしめいています。 特に、ローラ、沢口エリカ、菜々緒、黒木メイサ、蛯原友里、新木優子等、モデル出身の女優さん達は、いつ化粧品CMのオファーがあってもおかしくありませんね。 スポンサーリンク• メナード化粧品(10P) まとめ 「世界で最も美しい顔100人」のような個人の判断によるランキングは、一部の人から失礼な行為だと批判されています。 つまり、個人的な顔の好みで優劣をつける行為は、誹謗中傷と同様に受け取れられてしまう可能性があるわけですね。 今回は、化粧品CM本数とその他のTVでの活躍状況を根拠としたランキングです。 ですから、私の個人的な好みは一切反映されていませんので、誹謗中傷にはならずに成立するのではないでしょうか。 芸能人は、容姿での競争に勝ってきた人達ですから、その凄さを実績に基づいてランキングにしてみたつもりです。 令和元年に選ばれている美女の順位ですので、年末には順位が変動している可能性があります。 深田恭子さんを上回る美女が誕生するのか、勝負の行方が楽しみですね。

次の

世界からみた「日本で最も顔が美しい」一番綺麗な日本人・女性芸能人まとめ【2018年最新】

世界 で 最も 美しい 顔 100 人 日本 人

年末の恒例となった「世界で最も美しい顔100人」の2018年度版が発表になった。 アメリカの映画批評サイト『TC Candler』が選定するもので今やすっかり恒例になった感のある発表だ。 昨年はフィリピン出身の女優リザ・ソベラーノが1位だったが、今年は4位。 代わって1位の座に輝いたのは、フランス出身のティラーヌ・ブロンドーだった。 日本の最高位は小松菜奈、韓国は5年連続でナナ 4歳の頃からモデルとなり、6歳の頃には「世界でもっとも美しい少女」と呼ばれた彼女は現在、17歳。 モデル兼女優として活躍している。 昨年の「世界で最も美しい顔100人」では2位だったが、今回初めて1位に輝いた。 日本からはモデルの31位の小松菜奈が日本人最高順位となった。 そのほか、日本からは女優の石原さとみが43位、TWICEの湊崎紗夏が46位、モデルの丹羽仁希が75位、グラビアアイドルの篠崎愛が84位でランクインしているが、韓国から選ばれた者も非常に多かった。 最高位はガールズグループAFTER SCHOOLのナナだ。 2位となったTWICEの台湾出身ツウィには及ばなかったが、今年は6位でランクインした。 ナナは同ランキングで2年連続(2014年と2015年)に1位に輝き、2016年は3位、昨年は5位だった。 今年、ベスト5入りはならなかったが5年連続トップ10圏内に入っていのだから、もはや殿堂入りと言えるだろう。 参考記事: イ・ソンギョンとコ・アラをのぞけば、いずれもK-POPガールズグループのメンバーばかりだが、それも当然だろう。 というのも、韓国からノミネートされた美女たちの多くのほとんどがK-POPガールズグループのメンバーだったのだ。 グループの解散などで現在はソロとして活躍するソンミ(元Wonder Girls)、キム・ジェギョン(元Rainbow)、ボラ(元SISTAR)ミンヒ(元STELLAR)、キム・チョンハ(元I. I)を含めと、計25グループのK-POPガールズグループ出身者たちがノミネートされ、女優やソロ歌手を含めるとその数は実に55名がノミネートされたことになる。 同ランキングはこれまでも多くのK-POPガールズアイドルたちがノミネートされたり、トップ100入りをしてきたが、今年もその傾向は変わらなかったというわけだ。 (参考記事:) ベスト100入りしなかったが注目のふたり それだけK-POPガールズアイドルたちの人気と知名度が高い証拠ともいえるが、個人的に驚いたのは、今や韓国はおろか日本でもファンが多い「美しすぎるメイクアップ・アーティスト」にしてカリスマ的YouTuberのがノミネートされていたことだ。 彼女とは今年上半期にインタビューし、その内容を本欄でも紹介したが、さすがインスタグラムのフォロワー数520万人以上、YouTubeチャンネル登録者数400万人を超えるインフルエンサーである。 今回はベスト100入りこそならなかったが、タレントでもモデルでもない彼女がノミネートされただけでも、ひとつの快挙と言えるだろう。 ちなみにこのPONYと同じくベスト100入りこそしなかったが、日本では無名に近い日本人女性も今年はノミネートされていた。 RUIがそのひとだ。 実は彼女。 韓国で活動する日本人K-POPアイドルだ。 ガールズグループH. Bのリーダーでソロ活動も展開しており、韓国の人気男性誌の表紙グラビアを飾ったことがあるほど。 韓国のアイドル・ファンたちの間では「知る人ぞ知るミューズ(女神)」(韓国スポーツ紙記者)だという。 (参考記事:) いずれにしても、今年も発表された「世界で最も美しい顔」。 きっと今ごろ世界各国で話題になっていることだろう。

次の

最も美しい顔

世界 で 最も 美しい 顔 100 人 日本 人

個人が趣味で決めたランキング、今年の結果は? そもそも「世界でもっとも美しい顔ベスト100」は、(現在はサイトを閉じ、SNSとYouTubeのみ)。 ノミネートや順位付けの基準は、なんと「主観である」とかつてサイトに明記されていて、ほぼ個人が趣味で決めているものと思われます。 写真もネット上などにころがってる画像を使ってるだけ。 この実態が、かなり知れ渡ったにもかかわらず、なぜか毎年騒がれるのです。 ちなみに、2018年の1位は、フランス出身のティラーヌ・ブロンドー(17歳、ファッションモデル)。 日本人は15人もがノミネートされましたが、ランクインしたのは31位・小松菜奈、43位・石原さとみ、 46位・湊崎紗夏(韓国ガールズグループTWICEのサナ)、75位・Niki(丹羽仁希、テラスハウス出演のモデル)、84位・篠崎愛(グラビアアイドル)という謎の結果。 ノミネートされていたローラや宮脇咲良(HKT48)は100人のなかに選ばれませんでした。 高須「めちゃくちゃだね。 めっちゃくちゃ。 選ぶにも権利があって、美容整形の医者とか、メークアップアーティストとか、何か実績がある人じゃないと信じないと思うけどね。 日本人でノミネートされた15人を見て、いかがですか? 高須「顔じゃないな。 これね、乳で選んでるんじゃないですか? 全体にバストが大きそうな人が多いから。 今田美桜さん(若手女優)の写真、胸の割れ目を強調してるけど、これはいい格好の乳じゃないな。 NIKIさん(『テラスハウス』出演のモデル)も同じ。 篠崎愛さん(グラビアアイドル)なんて、髪の毛で顔半分隠れてて、乳の谷間だけ目立って。 美しい顔を選ぶなら、乳なんか出さなくっていいんだよ」.

次の