スマホ コスパ おすすめ。 コスパ最強格安スマホはコレ!愛用者が選ぶSIMフリースマホおすすめランキング18選

iPhoneは高い!代わりになるおすすめAndroidスマホとコスパの良いiPhone紹介

スマホ コスパ おすすめ

格安スマホ端末・SIMフリー端末とは はじめに、そもそも 「格安スマホ端末」とは何かを説明し、皆さんがよく混乱してしまう 「SIMフリー端末」との違いを解説します。 「格安スマホ端末」とは 「格安スマホ」という言葉の通り、 本体価格が非常に安いスマホ端末のことを 「格安スマホ端末」と言います。 しかし、厳密に「何万円までが格安スマホ端末である」という決まりはありません。 近年は10万円を超える機種が主流となっているため、その半額以下 「4万円台で購入できる端末」を当ページでは「格安スマホ端末」として扱います。 SIMフリー端末とは SIMフリー端末とは、大手キャリア3社 au・ドコモ・ソフトバンク と契約をした際にかけられる 「SIMロック」がかかっていない、もしくは解除済みの端末のことです。 SIMロックとは SIMロックは、大手キャリアとの契約時に端末にかけられる「自社回線のSIMカードしか使えないようにするための鍵」のことを指します。 例えば、もしauで契約をしてSIMロックがかけられると、契約した端末では au回線のSIMカードしか使えない状態になってしまうということです。 ただし、SIMロックは「契約後100日以降」等、一定の条件をクリアすれば解除することができます。 店頭でスタッフにSIMロックの解除をお願いした場合、手数料がかかりますが、 オンライン上で自分で解除手続きをすれば無料です。 SIMロック解除手続きは、手順に従えばどなたでも簡単に行えますので、ご自分で手続きされることをおすすめしますよ。 SIMロック解除ができた「SIMフリー端末」は、 どの回線のSIMカードでも利用することができます! SIMロックと格安スマホ 「MVNO」とも呼ばれる格安スマホ会社は、大手キャリア3社の回線を借りて、サービスを運営しています。 通信設備は借りているだけなので、設備の運営費・維持費等のコストを削減できるのです。 また、格安スマホ会社の多くが実店舗を持たないため、店舗の運営費や人件費を抑えられ、通信回線を安値で提供することができるという仕組みです。 SIMロックがかかった状態で格安スマホに乗り換える場合は、 契約中のキャリアの回線を利用している格安スマホ会社しか選ぶことができなくなってしまいます。 そこで、 「SIMフリー端末」の出番です! もともとSIMロックのかかっていないSIMフリー端末を購入、もしくは既に使っている端末のSIMロックを解除してSIMフリー端末にすれば、 どの格安スマホ会社とも新規契約が可能になります! 契約先の選択肢が増えれば、自分により最適なサービスやプランを選ぶことができますよね。 格安スマホ端末とSIMフリー端末の違いは? それでは、「格安スマホ端末」と「SIMフリー端末」の違いをまとめましょう。 「格安スマホ端末」は、本体価格が非常に安いスマホ端末• 「SIMフリー端末」は、SIMロックがかかっていない状態のスマホ端末 「格安スマホ端末」は とにかく値段がお手頃な端末であり、「SIMフリー端末」は、どんなに値段が高い機種であれ、 SIMロックがかかっていない端末であるということです。 どちらも格安SIMサービスを契約する時に使うことができます。 格安スマホ端末は非常に値段が安いことがわかりましたが、安い分品質が悪いのではないかと不安になってしまいますよね。 そこで、皆さんの不安を解消するべく、次は 格安スマホ端末のスペックが高性能端末とどのように違うのか解説します。 また、おすすめの格安スマホ端末を早速チェックしたい方は、下のボタンから飛ぶこともできますのでご活用下さい! 格安の代わりにスペックは劣る? 格安スマホ端末は、とにかく値段が安い端末であるということがわかりましたね。 便利なスマホが安く手に入るのは非常に嬉しいですが、安すぎると 「使い勝手が悪いのではないか」と疑ってしまいませんか? でも、安心してください。 格安スマホ端末が安いのは機能が悪いのではなく、 搭載する機能を限定しているからなのです。 高スペックなスマホにはたくさんの機能が搭載されていますが、中には「正直、必要ないな。 」と思うものもありますよね。 格安スマホ端末は、 すべての人にとって重要ではない機能を削ることで安い価格を実現しています。 具体的に、格安スマホ端末と高性能端末のスペックはどのような差があるのでしょうか。 どちらの端末でも変わらない性能と、 性能の差が出やすい機能を解説していきます。 基本的な性能は変わらない LINEを始めとするSNSアプリはもちろん、Google Play ストア でインストールでき、 利用できるアプリは変わりません。 機種によって異なりますが、ほとんどの格安スマホ端末が 指紋認証や顔認証機能を搭載しています。 ディスプレイの大きさや美しさも、多少の差はありますが、気にならない程度です。 今回ご紹介する5つの端末のディスプレイの大きさと美しさ 解像度 を最新iPhoneと比較してみました。 解像度は、数字が大きいほど細部まで表示できるため、高性能であると言えます。 画面の大きさ インチ ディスプレイ 解像度 ピクセル iPhone 11 Pro 5. 8 2436 x 1125 P30 lite 6. 15 2312 x 1080 TCL PLEX 6. 53 1080 x 2340 AQUOS Sence 3 5. 4 2340 x 1080 Google Pixel 3 5. 6 2220 x 1080 格安スマホ端末のディスプレイの美しさは、 最新のiPhoneと比較してもあまり差がないことがおわかり頂けたでしょうか。 このように、安い格安スマホ端末でも、 スマホの基本的な機能は変わりません! 高性能スマホに少し劣ってしまう機能 格安スマホ端末が高性能端末に少し劣ってしまう可能性の高い機能は主に5つです。 動作性• カメラ• 防水・防塵• バッテリー容量• おサイフケータイ ただし、格安スマホ端末は上記の全てのスペックが高性能スマホに劣るというわけではありません。 格安スマホ端末の中でも 1つ1つの機種によって搭載されている機能や特性が全く異なります。 例えば、「防水・防塵やバッテリー容量に優れているが、おサイフケータイ機能は無い」といった具合に得意な部分と不得意な部分があるということです。 あなたが どの機能を重視するのかを考えながら、読み進めてみて下さいね。 動作性 格安スマホ端末の機種によっては、アプリの起動やスクロールなどの反応が高性能スマホに比べて遅いものがあります。 特に、データ量の重いゲームなどの映像がカクカクしてしまうことがあるようです。 特に、ヘビーユーザーの方は、 「動作性」に着目して格安スマホ端末選ぶことをおすすめします。 カメラ 高性能スマホの1番の売りと言っても過言ではないカメラ機能。 やはり、最新のiPhoneシリーズ等に比べると、格安スマホ端末のカメラ機能は劣ってしまいます。 しかし、最新iPhoneの半額以下で購入できる、 カメラ機能が優れた格安スマホ端末もありますよ。 後ほどご紹介しますので、カメラ機能にこだわる方はそちらをチェックしてみて下さいね。 防水・防塵 格安スマホ端末は、安さの代わりに防水・防塵機能が搭載されていない端末が多いです。 また、 防水機能がついているといっても、防水性の程度は機種によって異なります。 例えば、「少し濡れる程度なら大丈夫でも、水中に入れてしまうと壊れてしまう」といった具合です。 もちろん、中には防水・防塵機能に優れた格安スマホ端末もありますので、防水機能を重視される方もご安心下さい! バッテリー容量 バッテリー持ちも、端末選びにおいて重要なポイントですよね。 バッテリー容量はどの会社も重視しているのか、多くの格安スマホ端末が 高性能端末と同程度もしくはそれ以上のバッテリー容量を実現しています。 例えば、バッテリーが長持ちするのが特徴の「iPhoneXR」のバッテリー容量は 2,942mAh。 後ほどご紹介する、当サイトおすすめの格安スマホ端末は全て 3,000mAhを超えており、バッテリー容量は申し分ありません。 しかし、格安スマホ端末の中には値段が安い代わりにバッテリー容量の少ない端末もあるので、バッテリー持ちを重視される方はきちんと確認してくださいね。 おサイフケータイ おサイフケータイは、ケータイをかざすだけで決済ができる便利な機能。 おサイフケータイで利用できる決済方法は、 楽天Edy、モバイルWAON、モバイルSuica等です。 しかし、格安スマホ端末の中には、おサイフケータイに対応していないものが多くあります。 ただし、 PayPay、LINE Pay、楽天ペイ、au Pay等のアプリを使ったQRコード決済は、 おサイフケータイに非対応でも利用できますよ。 どの決済方法を使いたいのかによって、おサイフケータイ機能の重要性を判断することができますね。 以上が、格安スマホ端末が高性能端末より劣ってしまう5つのポイントです。 ただし、格安スマホ端末の中でも1つ1つの機種によって搭載されている機能や特性が全く異なります。 どの機能が自分には必要なのかを見極め、格安スマホ端末選びに進みましょう! 特徴別おすすめ格安スマホ端末5選 格安スマホ端末は、いくつかの機能が限定されているため、安い価格で販売されていることがわかりましたね。 自分がどの機能を特に重視するのかを考えて、格安スマホ端末を選ぶようにしましょう。 当サイトは、 それぞれ違う機能や特徴を持ったおすすめの格安スマホを5つ厳選しました! あなたが求める安くて便利な格安スマホがきっと見つかりますよ! 下記のリストからお目当ての格安スマホ端末紹介に飛べますので、是非ご活用下さいね。 おすすめ格安スマホ端末5選• ・アドブロックを入れられない ・音声入力で句読点を入れられない ・戻る・進むのスワイプジェスチャーが使えない それでも3万円のスマホとしては、かなり優秀。 ヘビーユーザーでないなら、買って損はないかと。 入荷待ちが発生するほど人気な端末のため、在庫状況は十分に確認するようにしましょう。 防水・防塵・おサイフケータイ機能全てが備わって、 31,680円はかなりお得です。 カメラの性能は高性能端末に比べて少し劣ってしまいますが、バッテリー容量はiPhone11 proよりも優れており、ユーザーからも好評です カメラはあまり重視せず、 バッテリー持ちを気にしたくない方や 防水・おサイフケータイ機能が欲しい方におすすめですよ。 8 重さ 169. さぁ、麗しの格安スマホワールドへいらっしゃいまへ。 megmix 僕もさっき楽天モバイルをポチりました。 僕が今使っているOPPO Reno AはSIMが2枚挿せるので、用途次第で使い道が広がりますよ。 5万以内でこの性能は驚き! Pixel 3a— まんぼう shobuen shobuen Google Pixel 3 の廉価版である「Google Pixel 3a」。 Google Pixel 3の機能と比べてもあまり差がないため、 ハイスペックな最新機種と張り合えるレベルの格安スマホ端末です。 他の格安スマホ端末に比べて少し値が張りますが、それでも5万円以下で購入できます。 特に、Google Pixel 3aは カメラ機能を重視する方におすすめ! 広角カメラは利用できませんが、無加工でも十分なほど綺麗な写真を撮影することができます。 以上、5万円以下のおすすめ格安スマホ端末をご紹介しました! どの機種も、それぞれ特徴が違って魅力的ですよね。 格安スマホ端末は 値段以上に機能が優れていることがおわかりいただけたのではないでしょうか 欲しい端末が決まったら、売り切れてしまう前に早速購入しましょう! 最後に、格安スマホ端末の購入方法についてお話したいと思います。 どこで購入するとお得なの? 欲しい格安スマホ端末が決まったら、次はいよいよ購入ですね。 格安スマホ端末は、 取り扱っている会社によって値段が異なるため、どこで購入するかも重要です。 格安スマホ端末の主な4つの購入方法をご紹介します。 楽天やAmazon等の オンラインショップ• 家電量販店• 中古品の購入• 格安スマホ会社で 端末とSIMをセット契約 楽天やAmazon等のオンラインショップ 様々なSIMフリー格安スマホ端末を 「端末のみ」で購入できるオンラインショップ。 楽天やAmazon以外に、スマホ専用オンラインショップ等もあります。 ただし、オンラインでの購入の場合は、購入するものを扱っている会社の信頼性を確かめてから購入するようにしましょう。 楽天スーパーセール等の期間には、スマホ端末も割引になることがあるようです。 できるだけ安く購入されたい方は、 セールの時期を狙ってみるのも良いかもしれません。 家電量販店 あまり安くなることはありませんが、オンラインでの購入が不安な方は 家電量販店の実店舗で購入することをおすすめします。 実際に端末を手にとって試してみることもできるので、購入後に「思っていたのと違う」といった事も起こりません。 店員さんが優しくサポートしてくれるので、安心して購入できますね。 中古品の購入 中古品の購入も、格安スマホ端末をより安く購入する1つの手です。 ただし、中古品の場合、新品と同じくらい 質の良い状態で長く使える保証はありません。 傷があったり、バッテリーが消耗していたり、中には修理が必要なものもあるようです。 かえって損をするリスクが大きいため、できれば新品を購入されることをおすすめします。 格安スマホ会社で端末とSIMをセット契約 当サイトが最もおすすめするのは、 格安スマホ会社で端末とSIMをセット契約する方法です。 格安スマホ会社によっては、対象端末の大幅なセールを行っているところもあります。 また、 SIMカードとのセット契約によって割引されるキャンペーン等もあるため、お得に端末を購入できる可能性が最も高いです! 格安スマホ会社でも、大手携帯会社 au・ドコモ・ソフトバンク と同じように端末料金を分割払いまたは一括払いから選ぶことができます。 ただし、分割払いの場合は手数料の分少し割高になってしまうことは留意しておいてくださいね。 また、 格安スマホ会社で「端末のみ」を購入することはできません。 必ずその会社と 「端末とSIMカード」をセットで契約することになります。 端末の料金だけでなく、 通信サービスの質や月額料金も考慮した上で契約先を選びましょう。 当サイトでは、格安スマホ・格安SIMを取り扱う21社を比較しておすすめの格安スマホ会社を厳選し、ランキング形式でご紹介しています ぜひ契約する格安スマホ会社選びの参考にしてくださいね。 端末だけでなく、月額通信料金も安く抑えてしまいましょう!.

次の

2台目に!コスパ最強カメラアンドロイドスマホおすすめ5選比較2019

スマホ コスパ おすすめ

市場的にディスプレイの大型化が進んでいることもあり、 大画面の目安として6型を1つの基準にしてみましょう。 かつて大画面だった5型台は、もはや標準的なサイズとなりつつあります。 また、 有機ELを採用している機種は、その仕組み上、黒をより美しく表現できるのが特徴です。 コントラストが高くなり、階調豊かな映像を楽しみやすくなります。 サブスクリプションの動画配信サービスを利用するなら、ディスプレイの違いにも着目してみましょう。 「4Gスマホ」の選び方ソフトバンク編:日常使いで安心な、防水やおサイフケータイに対応 スマホには大画面を特徴とするだけでなく、高性能なカメラを売りにするモデルなど、多様な機種が存在します。 でも忘れずにチェックしたいのが日頃の使い勝手について。 「Xperia 5」 「Xperia 5」はフラッグシップモデルの「Xperia 1」シリーズに次ぐ上位機種で、過剰なスペックを備えないものの、ほぼ最上位の性能を体感できるモデルです。 ディスプレイは6. 1型で、縦横比21:9の形状が特徴。 コンテンツによって対応は分かれるものの、横画面で動画を視聴したり、両手持ちでゲームアプリをプレイしたりする際に、横長の画面なら没入感がぐっと増します。 背面には、トリプルカメラを搭載。 望遠、標準、超広角という構成で幅広いシーンに対応します。 シリーズの上位機種が対応する「瞳AF」機能や、映画さながらの動画を撮影できる「Cinema Pro」アプリを備えます。 仕様としては、フルセグ、防水、おサイフケータイに対応。 カラーバリエーションは「ブルー」「グレー」「レッド」の3色です。 本体価格は9万1440円(税込、以下同)で、「トクするサポート」を適用して25カ月目に買い換えを行った場合、負担金は4万5720円に下がります。 「AQUOS sense3 plus」 個性が目立つ部分は少ないものの、標準的なスマホとして選びやすい1台。 背面には標準カメラと画角123度の広角カメラを備えます。 なお、先の2機種と比べるとプロセッサーに差があり、AQUOS sense3 plusでは、ミッドレンジ向けの「Snapdragon 636」を搭載。 上位モデル向けのSnapdragon 855を搭載する先の2機種と比べると見劣りする部分があります。 通信速度も先の2機種で下り最大988Mbpsだったのに対し、こちらは下り最大300Mbpsです。 仕様としては、防水とおサイフケータイをサポート。 ワンセグ・フルセグには非対応です。 カラーバリエーションは「ムーンブルー」「ブラック」「ホワイト」「ピンク」の4種類です。

次の

【2020年】コスパ最強!おすすめのプリンターとその選び方【複合機】

スマホ コスパ おすすめ

ミドルレンジでもハイスペック機に迫る性能のモデルがある ミドルレンジのスマホには、あまり高性能なプロセッサは搭載されていませんが、Web閲覧やメール、シンプルなゲームをする程度だったら問題なく動くプロセッサが搭載されています。 ちなみに多くのスマホが米Qualcomm(クアルコム)の「Snapdragon(スナップドラゴン)」というプロセッサを搭載していますが、ミドルレンジモデルはその型番の数字が600番台から700番台です。 基本的に数字が大きいものほど高性能ですので、気になったらスペック表を確認してみるといいでしょう。 RAMは、例えるならば机の広さ、内蔵ストレージ(ROM)は引き出しの多さです。 RAMが大きいと快適に操作でき、内蔵ストレージが大きいとアプリや写真、音楽などをたくさん保存できます。 RAMは少なくとも3GB以上、できれば4GBあるモデルがおすすめです。 内蔵ストレージは少なくとも32GB以上、できれば64GB以上あると安心できます。 microSDメモリカードを利用できると、保存容量を増やすことができます。 デュアルも当たり前に? カメラ性能をチェック 最近では、3万円台のミドルレンジスマホでもメインのアウトカメラはデュアルカメラが当たり前になりました。 画素数は1200万画素以上が採用され、超広角や光学2倍ズームで撮影できるものも増えています。 複数のカメラを搭載していると、背景をぼかしたポートレート撮影も可能です。 ミドルレンジスマホのカメラは、ハイスペックスマホのような飛び抜けたカメラ性能ではありませんが、撮影で失敗することはほとんどなく、トレンドの機能も取り入れられています。 ミドルレンジにもデュアルカメラの波が 例えば、最近は超広角カメラが話題です。 スマホカメラは基本的に広角ですが、それ以上の広角カメラで非常に広い範囲を撮ることができます。 大人数での集合写真、大きな建物やホテルなどの室内を撮るときに非常に便利ですのでおすすめです。 また、スペックの「F値」にも注目。 数値が小さいほど、暗い場所でも明るく撮れます。 3万円台のスマホのフロントカメラは800万画素以上を備えているモデルがほとんど。 こだわっているモデルだとメインカメラ並みの画素数を備えるものもあり、美しいセルフィーが撮れます。 おサイフケータイや防水など便利機能もチェック 低価格のスマホだと省かれがちなおサイフケータイ(FeliCa)、防水・防塵(じん)機能も、3万円台のスマホになると備えているものが多くなります。 「おサイフケータイ」の利用イメージ キャッシュレス決済の広まりやポイント還元でコード決済に注目が集まっていますが、素早く支払えるおサイフケータイの便利さは格別。 使い始めるとなくてはならない機能になりますので、おサイフケータイ対応がおすすめです。 また、防水・防塵性能を備えていると、どんな環境でも気にせず使えます。 一方、ワンセグやフルセグのテレビ機能は省かれるモデルが増えてきています。 今はテレビ番組のインターネット配信サービスも増えているので、それほど問題にはならないでしょう。 3万円台のAndroidスマホ、おすすめ機種はコレ! 以上のポイントを踏まえた上で、おすすめの3万円台のAndroidスマホを3機種ご紹介します。 「Xperia 8」 21:9のワイド画面を搭載した人気のXperia ソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia(エクスペリア)」シリーズといえば、国産スマホの中でも高機能モデルとして人気。 そのエッセンスを取り込んだお手頃モデルが「Xperia 8」です。 「OPPO Reno A」 6GBのメインメモリ、64GBのストレージ(楽天モバイル版は128GB)と、 ワンランク高いスペックを誇る人気モデル。 処理能力の高さゆえか操作は非常に滑らかで、ちょっとビジュアルに凝ったゲームも難なくこなします。 メインカメラは約1600万画素と約200万画素の組み合わせで、200万画素の方は被写界深度測定に使われるカメラ。 ポートレートモードで背景をぼかした撮影が可能です。 フロントカメラが約2500万画素とメインカメラより高画素なのも特徴。 OPPO独自の画像処理技術で美しいセルフィーを撮れます。 海外メーカー製のSIMロックフリーモデルながら、 防水・防塵、おサイフケータイという日本仕様にもしっかり対応してくれているのがうれしいところ。 なお、指紋センサーはディスプレイ内に収められ、先進的であるとともに、すっきりしたデザインを実現しています。 直販価格は3万9380円(税込み)。 関連記事• スマートフォンのおすすめモデルから、コンパクトな製品をピックアップ。 ディスプレイが5型以下のモデルから選びました。 iPhoneの選択肢もあります。 Androidスマートフォンにおける人気ブランドの一角を占めるソニーモバイルコミュニケーションズの「Xperia」。 選ぶ上で重要な3つのポイントを紹介しつつ、それを踏まえたおすすめ機種を紹介します。 スマホの本体価格が高騰する中、2万〜5万円程度で買えるミドルレンジのAndroidスマートフォンに注目が集まっています。 この記事では、ミドルレンジのAndroidスマホを選ぶ上で注目したいポイントと、それを踏まえたオススメ機種をご紹介します。 MVNOが提供するいわゆる「格安SIM」の普及で、キャリアを問わず使える「SIMロックフリー」のスマートフォンに注目が集まっています。 この記事では、SIMロックフリースマホで注目すべきポイントとおすすめ機種を紹介します。 国産スマートフォンとして人気が高いシャープの「AQUOS」シリーズは、同社のIGZOディスプレイまたは有機ELを使った鮮やかな画面と、高い省電力性が特徴です。 テーマ別に「AQUOS」シリーズを選ぶならココに注目、というポイントとオススメモデルをご紹介します。

次の