お 葬式 ネックレス。 葬儀用ネックレスの選び方とは?真珠の理由や選ぶ時の注意点も解説!|終活ねっと

黒真珠のネックレスはお葬式でお祝い事の着用はダメなの?

お 葬式 ネックレス

宝石にまつわるマナーって?お葬式にダイヤはOK? 普段行きなれていないフォーマルな場所に行く時やビジネスシーンなどで、ふとジュエリーをどこまでつけて行って良いか迷うことってありませんか? 先日、こんな質問をされました。 「明日お葬式があるのですが、パールのネックレスもイヤリングも持っていません。 あるのは 小さなダイヤのついた婚約指輪だけ。 これって着けていっても良いのでしょうか?」 お葬式につけて良い宝石といえば「 パール」というのが常識です。 結婚指輪でも大きめのダイヤがついているような場合は控えるのがお葬式でのマナーと言われています。 ただ最近のお葬式はシンプルになる傾向があるそうです。 葬儀と火葬のみを1日で執り行う「 一日葬」や家族だけで行う「 家族葬」、「 樹木葬」など。 中には喪服を着ない カジュアルなスタイルで行うお葬式もあるとか。 そんな多様化、簡素化しつつあるお葬式にもやはり「パール」以外の宝石はしてはいけないのでしょうか。 また、それ以外にも 宝石にまつわるマナーってあるのでしょうか? 今回はそんなお話を幾つかご紹介いたしましょう。 お葬式にまつわる宝石のマナー お葬式は、亡くなった故人との最後の別れをする場所。 悲しみの席には 結婚指輪以外のアクセサリーは着けないというのが常識です。 もし何か1点身に着ける場合は、涙を連想させる パールがベター。 「 不幸が重ならない」という意味でネックレスは 一連、イヤリングやピアスをする場合も 一粒タイプが良いとされています。 勘違いする人が多いのが お葬式の宝石は黒か白ならOKだと思っている人。 確かにパール以外にも オニキスや ジェットという輝きの少ない黒のアクセサリーはOKとされていますが、光り輝く ダイヤモンドは遠慮するのが常識です。 ただ、前に一度、片耳だけダイヤのピアスをしてお焼香している若い男性を見たことがあります。 黒の喪服に小粒のダイヤのピアスは控え目でエレガントな雰囲気。 お葬式の厳かな悲しみの場面にも意外と溶け込んで見えました。 前述したように、最近のお葬式は多様化しています。 ごく親しい人だけのお葬式の場合、故人や遺族に失礼に値しない程度なら、色のついていない目立たない宝石であれば個人的には身に着けてもOKなんじゃないかなと最近は少し思っています。 日常生活での宝石にまつわるマナー 冠婚葬祭の中で宝石にまつわるマナーがあるのはお葬式ぐらい。 結婚式など華やかな場面ではお気に入りの宝石をどんどん身に付けて出席しましょう。 日本ではせっかく買った宝石を タンスの肥やしにする人が多いので、欧米と比べるとジュエリーを身につける機会がとても少ないといわれています。 宝石はあなたの人生のパートナー。 お気に入りの宝石を身につけているだけで気分が上がりハッピーになります。 普段から身につけて楽しんでください。 そんな日常生活で、もし宝石にまつわるマナーがあるとすれば考えられる場面は2つ。 ビジネスのシーン、と お茶席でのマナーです。 ビジネスシーンでの宝石のマナー ファッションやアパレル関係ならともかく、ごく普通のビジネスパーソンが会社につけていくなら目立たない シンプルなデザインのものがやはりベター。 人目を引く大きな宝石は、もちろん会社にもよるとは思いますが、あなたが社長やオーナーでなければ基本的には避けるべきでしょう。 ある宝石の大好きな女性が、会社の会議の席で、人差し指に18金のシンプルな指輪をつけていただけで、後から「 威圧的に感じる」と注意されたことがあったそうです。 もともと宝石は 権力の象徴です。 指につける宝石は左手は 信頼と服従を表し、右手は 権力と権威を象徴すると考えられていました。 大きな石のついた宝石やデザインの目立つものは アフター5まで我慢したほうがいいかもしれませんね。 お茶席での宝石のマナー もう一つ忘れてはいけないのがお茶席での宝石のマナーです。 お茶室は俗世間から離れて侘び寂びを味わう場所。 雰囲気を壊すような服装はもちろん、宝石類は 結婚指輪まで外すのが本来のマナーです。 宝石が茶道具に当たって傷をつけたり、煩わしい音を立てないようにとの配慮からくるマナーですが、正式なお茶席では マニキュアも厳禁なこともあります。 お茶室ではお茶だけを楽しむ場所。 着物以外なら、 シンプルで上品な服装で出かけましょう。 男性なら無地のスーツ、そして 腕時計も外すのがマナーです。 com いかがですか。 宝石にまつわるマナー。 お葬式でのマナーは本当に変わりつつあるようです。 いずれにせよ、大切なのは 宝石はTPOに合わせて楽しむことではないかと思います。 宝石だけが人目を引くのではなく、 全体のバランスを考えて身に付けてみてください。 私が素敵だなと思うのは 王室の方々の宝石の着け方です。 洋服はほとんど無地。 そして必ずネックレスとイヤリングはお揃いで、帽子がアクセントになっていますよね。 宝石のTPOに迷われたら、王室の方々の真似をすればまず間違いありません。 ぜひ参考にしてくださいね。 リカラット編集部 監修.

次の

葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説|終活ねっと

お 葬式 ネックレス

葬儀でピアス・ネックレスを身につける必要性について 和装ではアクセサリーは身につけない 葬儀の服装は大きく和装と洋装に別れまます。 和装を身につけられるのは、近親者のみとなりますので、多くの参列者は洋服での参加となります。 和装の場合は基本的に何もアクセサリーを身に着けません。 アクセサリーを考える必要があるのは、洋服で参列する人のみとなります。 パールは「身につけても良い」だけ 葬式にパールのアクセサリーを身につけるイメージがありますが、これはあくまでも「パールなら身につけても良い」というだけで、身につけなければならないわけではありません。 葬祭ではアクセサリーは身につけないのが基本です。 女性であれば派手な髪留めやブレスレットなどの装飾品は全て外して参加するのが通常です。 その中で例外的にパールだけは「つけれも許容される」ということになります。 これは諸説あるかと思いますが、パールには「涙の象徴」という意味があり、そのためイギリスのエリザベス女王が葬儀にパールを身に着けたのが慣習の始まりとされています。 ネックレスかイヤリング(ピアス)どちらか一方だけにするのが無難 パールならつけてもいいことになっていますが、それでも葬儀では派手な装いは禁止です。 誰でも身につけていいのは結婚指輪のみ。 首元と耳の両方にアクセサリーをつけるとどうしても華美な印象になりがちなので、ネックレスかイヤリングのどちらか片方だけつけるのが無難とされます。 パールアクセサリーの選び方 パールの色は白か黒か 基本的にはパールの色は白・黒・グレーのどれかを選びます。 中でも白にしておくのが無難。 地域性などにより黒が推奨されることもあります。 言わずもがな、ピンクやゴールドなどの色は避けましょう。 パールの大きさは7〜8mmで丸型 パールのサイズは7〜8mm経で、丸型を選びます。 サイズがこれより大きすぎたり小さすぎたりすると、華美になったらカジュアルな印象になってしまいます。 また、バロックパールと呼ばれるデコボコのいびつな形をした真珠のアクセサリーもありますが、葬儀では避けましょう。 葬儀では金色を避けますので、シルバーなど派手にならない金具が使われているもの・デザインのアクセサリーを選びます。 ネックレスは一連のもの パールネックレスは短い一連のものを選びます。 二連のものは、不幸が重なるとして葬祭では避けられます。 イヤリング(ピアス)は一粒 イヤリングの真珠は一粒のものを。 2つ以上だと華美になってしまいます。 イヤリングかピアスか 人によってはイヤリングでないといけない、ピアスはNGという話を聞いたことがあるかもしれません。 厳密にいえばどちらもいいです。 ただ、イヤリングの方が耳にフィットして金具が目立たないデザインのものを選びやすいという理由で、イヤリングの方が良しとされるようです。 ピアスでも華美なデザインでないものを選べるのであればどちらでもいいかと思います。 葬儀のピアス・ネックレスまとめ いくつか注意点はありましたが、基本的には葬祭用として販売されているものを選んでおけば失敗はないはずです。 唯一「うちの地域は黒じゃなきゃダメ!」みたいな慣習がある場合だけ、それに従ってください。 基本的には全国的に白の葬祭用パールを持っておけば安心です。

次の

お葬式に真珠ネックレスは必要?代わりにピアスや一粒では?

お 葬式 ネックレス

スポンサードリンク お葬式のアクセサリーで定番である 真珠ですが、つけていく場合は 色や大きさに 注意が必要です。 色は 白、グレー、黒のいずれか。 大きさは7~8ミリで、粒のそろったものが良いでしょう。 黒真珠でも、 ピーコックグリーンは 避けたほうが無難です。 色は黒っぽいですが、七色に光って 華やかな印象になるので、お葬式には向きません。 また、 ピンクパールも避けたほうが 良いでしょう。 黒珊瑚やオニキスはお葬式でも使える? 黒真珠と並んで、 黒珊瑚や オニキスの アクセサリーも喪服に合わせるジュエリーと 言われていますが、どちらも光沢が あるので、 葬儀では避けるのが良いようです。 葬儀以外の法事で着けるのは問題ないでしょう。 また、真珠と並んで正式なジュエリー と言われているのが、 ジェットです。 イギリス王室や、日本の皇室でも 使われています。 ジェットとはあまり聞きなれないかも しれませんが、 木の化石のこと。 魔除けやお守りとしても重宝されてきた 宝石です。 お葬式用アクセサリーの購入を 考えているのなら、ジェットを候補に いれてみてはいかがでしょうか。 お葬式のネックレス 長さの決まりはある? お葬式のネックレスの長さは、 短いほうが良いでしょう。 正式には、チョーカータイプ(約38センチ) またはプリンセスタイプ(約42センチ) と言われています。 長すぎるものを 二重にまくなんて もってのほか! ネックレスは 一連以外はNGですよ~! (不幸が重なる、と考えられるためです。 ) 長いものしか手元になければ、 着けていかないほうがよいですね。 迷った場合は、つけていかないのが 一番安心できるのでおすすめです。

次の