鶏 胸 肉 レシピ。 人気の節約!鶏むね肉のジューシー唐揚げのフライパンレシピ。下味10分で簡単!柔らかくする3つのコツ

【保存版】早い!鶏胸肉料理の人気簡単37選まとめ!つくれぽ1000越えクックパッドとりむね肉レシピ!お弁当にも!

鶏 胸 肉 レシピ

タモリさん風蒸し鶏ときゅうりのサラダ 調理時間約65分 用意するもの• 鶏胸肉 1枚• きゅうり 1本• ごまドレッシング 適量 皮を剥いた鶏胸を熱湯に入れて、放置するだけ! まず、鶏胸肉の皮を剥ぎます。 鍋にお肉が浸かる程度のお水を入れて火にかけ、沸騰してきたら鶏胸肉を投入! 鶏胸肉を入れたら火を消して、フタをして1時間置いておきます。 この間に、鶏胸肉とあわせるお好みの食材を用意しておくのがオススメ。 1時間経ったら鶏胸肉を食べやすい大きさに手で千切ってお皿に盛りましょう。 あとはお好みの野菜やドレッシングと合わせるだけでOK! 今回はきゅうりの細切りと、自作のごまドレッシング(すりごま大さじ2、マヨネーズ大さじ2、砂糖大さじ1、酢と醤油とごま油各小さじ1)をあわせました。 レンジ調理より時間はかかるけど、プリッと食感がハンパない! 要するに蒸し鶏の作り方のひとつですね。 他のレシピだと鶏ハムにしたり、ジップロックに入れてレンジでチンしてサラダチキンにするレシピなども定番でしょうか。 こちらは熱湯放置オンリーで蒸し鶏にするレシピで、比べると時間は結構かかってしまうのですが…… そのかわりに食感のプリプリ感がスゴい! お肉のパサつきが残らないのはもちろん、コンビニのサラダチキンのようなしっとり食感も飛び越えて、ふわっとした口当たりとムチッとした弾力のある、抜群の食感になってくれるんです。 下ごしらえをしないためどうしても薄味になるので、ドレッシングで調整しつつさっぱり感を活かせるサラダ用にオススメ。 一手間加えるだけで爽やかでヘルシーでプリプリな鶏肉が楽しめる、ダイエット中にもこれからの季節にも嬉しいレシピかと思います!.

次の

鶏胸肉レシピ 簡単なのに柔らかいクックパッド人気1位は?殿堂入りは?

鶏 胸 肉 レシピ

鶏肉には前日からソミュール液に浸けて、味をしみこませます。 お肉をしっとりさせるポイントはゆっくり火を入れること。 沸騰したお湯にお肉を入れたら火を止めて余熱で火を入れましょう。 1 【ソミュール液】水に塩とカソナードを入れて火にかける。 沸騰したらその他の材料を入れて火を止め、常温になるまで冷ます。 2 鶏肉をソミュール液に10時間ほど浸ける。 3 鶏肉を取り出し、軽く流水で塩を抜く。 4 鶏肉を巻きやすいように厚みの駆る箇所を開き、外側に来るほうにお好みの黒コショウ、パプリカ、ハーブなどをまぶす。 5 鶏肉をきつめにクルクルと巻き、ラップで水が入り込まないようにしっかりと包みながら成形し、両端をキャンディーのように輪ゴムなどで縛る。 6 3本のお肉を沈めることができるサイズのお鍋にお湯を沸かし、沸騰したら鶏肉を入れて火を止める。 7 落としぶたをして、鶏肉がお湯に浸るようにして、ゆっくりと余熱で2時間ほど火を通す。 8 【マヨネーズ】卵黄、お塩、マスタード、白ワインビネガーをホイッパーでよく混ぜ、サラダ油を少量づつ注いで混ぜ続ける。 しっかりと乳化させることがポイント。 9 出来上がったマヨネーズにグレビッシュソースの具を全て混ぜる。 10 鶏ハムのお湯が常温まで冷めたら、お肉をラップから外してお好みの厚さにスライスする。 お皿にたくあん入りグレビッシュソースと共に盛って完成。 gnavi. 沸騰したらその他の材料を入れて火を止め、常温になるまで冷ます。 STEP2:鶏肉をソミュール液に10時間ほど浸ける。 STEP3:鶏肉を取り出し、軽く流水で塩を抜く。 STEP4:鶏肉を巻きやすいように厚みの駆る箇所を開き、外側に来るほうにお好みの黒コショウ、パプリカ、ハーブなどをまぶす。 STEP5:鶏肉をきつめにクルクルと巻き、ラップで水が入り込まないようにしっかりと包みながら成形し、両端をキャンディーのように輪ゴムなどで縛る。 STEP6:3本のお肉を沈めることができるサイズのお鍋にお湯を沸かし、沸騰したら鶏肉を入れて火を止める。 STEP7:落としぶたをして、鶏肉がお湯に浸るようにして、ゆっくりと余熱で2時間ほど火を通す。 STEP8:【マヨネーズ】卵黄、お塩、マスタード、白ワインビネガーをホイッパーでよく混ぜ、サラダ油を少量づつ注いで混ぜ続ける。 しっかりと乳化させることがポイント。 STEP9:出来上がったマヨネーズにグレビッシュソースの具を全て混ぜる。 STEP10:鶏ハムのお湯が常温まで冷めたら、お肉をラップから外してお好みの厚さにスライスする。 お皿にたくあん入りグレビッシュソースと共に盛って完成。 お肉をしっとりさせるポイントはゆっくり火を入れること。 沸騰したお湯にお肉を入れたら火を止めて余熱で火を入れましょう。 gnavi. gnavi. gnavi.

次の

もうパサパサさせない!胸肉でしっとり美味しい「鶏ハム」を作るレシピ!

鶏 胸 肉 レシピ

しっとりやわらかくて、美味しい鶏ハム! 安価な鶏胸肉がごちそうに大変身すると、話題沸騰中の料理です。 でもいざ作ってみると、なんだかパサパサ。 全然しっとりじゃない! ということで本日は、パサパサしない美味しい「鶏ハム」の作り方を科学的にご紹介したいと思います。 鶏胸肉で簡単にできる! しっとり美味しい「鶏ハム」を作るための科学 《材料 1人分》• 鶏むね肉 2枚(400 g )• 塩 4 g• 砂糖 4 g 科学1: 塩分濃度は1%!? そして砂糖を使用する 理由とは 人間の体内の塩分濃度は 0. 8~ 0. 9%に保たれているそうです。 つまりここで塩の量は1%というのは、 人間が本能的に美味しいと感じる塩分濃度の目安としているからです。 そして、 砂糖を使用することで、保水効果につながり旨味を逃がさない役割を果たしてくれるのです。 《作り方》 1. 鶏むね肉の皮は剥ぐ。 後で巻きやすいように長さを揃えて切り、観音開きにしてフォークで数ヶ所穴を空ける。 ボールなどに入れ、塩と砂糖を手でもみ込んで馴染ませたら、密封袋へ。 空気を完全に抜き、密封した状態で24時間冷蔵庫で寝かせる。 科学2:熟成時間は 24時間 調味料を揉み込んだ鶏胸肉を、24時間ほどを目安として冷蔵庫で寝かせることで、中まで熟成が進み、しっとりと柔らかくなります。 24時間目安の熟成の過程で、肉のたんぱく質の変化により水分や臭味が抜け、旨みやしっとり感、保存効果が増します。 をラップでキャンディー状に巻き付けて両端を輪ゴムでしばり、お湯の中に入れて30分間茹でたら取り出し、粗熱が取れたら冷蔵庫で完全に冷めるまで(約2時間)冷やし固める。 温度計を持っていない方は沸騰したお湯の中に入れ蓋をしてお湯が冷めるまで茹でてあげると近い効果が生まれます。 冷えて固まった2. を食べたい分だけ切り分ける。 科学まとめ• 塩分濃度は1%• 熟成時間は24時間を目安に• 明治11年創業の老舗ホテル、富士屋ホテルでの修行を積み退社後、ドラマ、映画、舞台などで俳優活動をしながら調理師免許、 フードコーディネーター認定書を取得。 様々な媒体、 フードイベントで活動しているwebコラムでも話題の次世代料理男子。

次の