ウェリントン メガネ。 メガネの定番 ウェリントン|人気の秘密や着用シーンごとの印象を解説|眼鏡市場(メガネ・めがね)

ウェリントンメガネ 選び方のコツからおすすめブランドのアイテムを厳選紹介!

ウェリントン メガネ

参照: ブリッジ・テンプルが下の方についているものを! シェイプにばかり目がいきがちですが、密かなキーポイントとなるのが、 ブリッジ&テンプルの位置。 どちらも、できるだけ フレームの下方についているものを選んでみてください。 それだけで、横顔の印象がガラリとかわります。 特に、おでこが狭く、頬が長いタイプの面長さんに効果的ですよ。 面長を強調してしまうメガネフレームに注意! 面長さんが避けたいメガネは、顔の長さを強調してしまうもの。 次のようなタイプは、要注意です。 ハーフリムタイプ アンダーリムと逆に、レンズの上部分だけがリムに覆われているタイプです。 すっきりと知的でクールな印象をプラスしてくれますが、目から下の長さが強調されてしまうため、面長さんは避けた方が無難です。 オーバルタイプ、スクエアタイプ オーバルタイプは、横に長い楕円。 スクエアタイプは、長方形に近いシェイプです。 こちらも、目から下の長さが強調されるため、顔の長さが目立ってしまいます。 ただし、オーバルやスクエアでも、縦幅がやや深めのものならしっくりくることもあります。 気になるデザインがあったら、試着してみるのがいいでしょう。 なりたいタイプ別、面長さんへおすすめのメガネ ここからは 「なりたい自分」に近づけるおすすめメガネをご紹介します。 顔の長さをカバーするためだけではなく、より楽しく・ポジティブにメガネ選びをしてみませんか? 面長の印象を柔らげて、優しい雰囲気になりたい 優しい印象を与えたい場合は、 角張っていない丸みのあるフレームを選ぶとよいでしょう。 ベストマッチはボストンタイプ。 また、縦幅の深いオーバルタイプも、顔立ちが柔らかく仕上がります。 フレーム色は、暖色系がおすすめ。 淡いオレンジやピンク、薄いブラウンなどから、肌なじみのよいものを選んでみてはいかがでしょう。 面長を生かしつつ知的に見せたい 知的な印象を与えたい場合、一般的には スクエアタイプのフレームがおすすめです。 しかし、面長さんは要注意。 普通のスクエアタイプだと、顔の長さが目立ったり、老けて見えたりすることがあります。 サイズに注目し、なるべく 縦幅の深いものを選ぶように心がけるといいですね。 面長だからこそ選びたい!カッコいい印象になるメガネ カッコ良く見られたいなら、 アンダーリムタイプに挑戦してみてはいかがでしょうか。 ベースがスクエアのシェイプでも、アンダーリムなら、あまり面長を強調しません。 引き締まったイメージだけがプラスされるため、おすすめですよ。 とにかく小顔に見せたい! 小顔を狙うなら、ウェリントンタイプがいいでしょう。 ボリューム感のある、太めのフレームは、顔を小さめに見せてくれます。 引き締め効果があると言われるのは、ブラックや寒色系のカラーですが、肌や髪・瞳の色とのバランスがあるため、試着でしっかり確認しておきましょう。 まとめ 面長さんのメガネ選びでは、『 フレーム下部のラインから顎までをなるべく短くする』ことが鉄則。 ウェリントンタイプ・ ボストンタイプなど、縦幅の深いメガネなら、違和感も少なくかけこなせるでしょう。 また、 ブリッジやテンプルは、なるべく低い位置についているものを選ぶのもコツです。 横顔の長さをよりしっかりとカバーできます。 個性的なオシャレも楽しみたいなら、 アンダーリムタイプもおすすめ。 下側にアクセントが生まれるため、顔を短く見せられますよ。 顔タイプによらず、メガネ選びで最も重要なのが『 たくさん試着すること』です。 気になるフレームはどんどんかけてみて、「好き」「いまいち」を分類していきましょう。 すると、自分に似合うフレームが何となく分かってきます。 「忙しくて、メガネ屋に行けない!」 「ショップでの試着って、人目が気になって苦手…」 そんなあなたには、オーマイグラスのオンラインストアがおすすめ。 インターネットを使って、自宅にいながらお気に入りのメガネが手に入ります。 メガネ・サングラスを楽しく選ぶために、どうぞご活用くださいね。

次の

メガネ(ウェリントン)

ウェリントン メガネ

ウェリントンメガネというのは、「面長」の人には大変似合うメガネです。 レンズの逆台形が顔の印象をシャープに見せてくれる事から面長の顔の人との相性がいいと言えます。 そして、面長の顔の人には、ウェリントンメガネの中でも縦幅の広いものが特に似合うと言われています。 縦幅が広いものであれば面長の顔の人の特徴でもある顔が長いというのを逆手に取ってその印象を緩和する事ができる事が理由のようです。 簡単に言えば、面長の顔の人というのは、顎がシャープになっていますがメガネはその逆の形になったものを選ぶと似合うという事になります。 ここに面長の人に似合うメガネの事が載っていますので、この記事を参考にメガネ選びをしてみてください。 面長の人にピッタリのメガネが見つかるはずですよ。 丸顔の人がラウンド型のような丸型のメガネを掛けると余計にその丸さを強調させてしまうので、丸顔を気にしている人には不向きであると言えます。 それに対し、ウェリントンメガネというのはスクエア型になっているので丸顔の人でもシャープな印象に見せる事ができるというのも特徴です。 そして、ウェリントンメガネというのはフレームの色などによっても印象が全く違って見せる事ができるので自分の顔の形に合ったフレームを選ぶのと同時に自分の顔の形に合ったフレームのカラーも選ぶというのもポイントとなります。 その為、丸顔の人は黒縁の物を選ぶとより、シャープに見せる事ができるという事になります。 顔の形状の特徴を選ばない、という事もあり顔の大きさや顔の形など、自分の顔に一番似合うフレームがわからない、という方でも失敗しにくいフレームの形とも言えます。 その為、卵型の顔も例外ではありません。 卵型の顔型の場合、丸顔と同様、どうしてもその丸みが強調される事をネックに感じている人も少なくないと思います。 しかし、丸顔の説明でお話しましたが、その形状を感じさせないフレームの形であるという事もおススメのポイントとなっています。 しかし、三角顔の人の場合にはウェリントンメガネが似合う場合もありますので実際に、メガネを掛けてみないとわからない、というのが本音です。 シャープなフェイスラインが特徴の三角顔ですので印象が強めに出てしまうのがネックです。 また、そのシャープな印象はフレームのカラー次第で変わるという事が言えます。 フレームが黒の場合には、シャープさがより一層際立ってしまうので女性の場合にはあまりおすすめしません。 また、男性であっても近寄りがたい印象になってしまう事も否めませんのでそういう場合には、ブラウンなどを意識して選びましょう。 ブラウンの場合には、柔らかい印象をプラスしてくれるという事が言えますので職場である程度のポジションである場合や部下などが声を掛けやすい印象にしたいという場合におすすめです。 また、カジュアルな印象になりすぎてしまう事も考えられますのでやはり実際に掛けてみてから似合うか似合わないかを判断しましょう。 フレームの縦幅が広すぎる場合には鼻が低く見えてしまうというデメリットがあります。 その為、自分の顔に合ったバランスを知るという事が自分に似合うメガネを選ぶポイントになってくると言えます。 また、顔の幅とメガネの幅が同じになるようなメガネを意識して選ぶという事もポイントです。 顔を小さく見せようと敢えて、自分の顔の大きさよりも小さめのフレームを選んでしまうと、逆に顔が大きく見えてしまうというだけでなく、目が寄って見えてしまうという事が言えます。 特に、眉毛の形というのはフレーム選びにも大きな意味を持ちます。 例えば、フレームのトップ部分と眉毛が平行になるようなものを意識して選ぶのも大事な事です。 その為、つり上がった眉毛の場合には眉頭とフレームのトップ部分、鋭角な山型眉の人は眉頭と眉尻がメガネのフレームのトップ部分がそれぞれ平行になるようなものを選ぶ事できつい印象を和らげることができますよ。 また、逆に眉とフレームのトップ部分が離れすぎてしまうと老けて見えてしまうので注意してください。 参考にすべきウェリントンメガネが似合う人の画像8選 卵型や面長の顔にはベストマッチ.

次の

似合う?ウェリントン型メガネの選び方とおすすめ2種

ウェリントン メガネ

ウエリントメガネを愛する人たちのために、「 ウエリントンメガネ研究会」は発足しました。 ウエリントンメガネは、男らしく見えたり、知的に見えたりします。 しかし、一歩間違えれば、野暮ったい感じにもなります。 ですから、上手に掛けこなすことがウエリントンメガネには要求されるのです。 上手に掛けこなすには、ウエリントンのデザイン、カラー、サイズが自分にマッチしているかどうかが肝心です。 ウエリントンは「黒にするか、黒以外の色にするか」、「スタイルは伝統的なものにするか、現代的なものにするか」・・・・。 これも悩むところです。 ビジネスには黒、プライベートには黒以外の色と使い分けるのもいい方法です。 大きめのウエリントンをオシャレに掛けるのも悪くありません。 ウエリントンメガネのご相談は、お気軽に ウエリントンメガネ研究会のお店にどうぞ。

次の