自然 名前 女の子。 【2016~2017年版】女の子の名前170選と名付け基礎知識

女の子の名付け。古風だけど古臭くはない、かわいい名前26選! [ママリ]

自然 名前 女の子

名前は一生使う大事なもので、パパやママから赤ちゃんへのはじめての贈り物といえます。 そこで当記事では、2019年「子供の名前人気ランキング」から、男の子の名前について考えてみました。 まずは、文字数別で見る男の子の漢字の名前一覧や、自然にちなんだ名前、珍しい名前、響きがいい名前を一覧でご紹介します。 また、男の子の名前の決め方や傾向、センスのいい名前の付け方についてもまとめてみました。 人気のある男の子名前を紹介! 子供の名前の流行は?2019年「男の子の名前」ランキング発表 男の子の名前で、2019年に人気だったのはどんな名前なのでしょうか。 妊娠・出産・育児の情報サイト「ベビーカレンダー」の「2019年生まれの赤ちゃんの名前ランキング・名前のよみランキング・名前の漢字ランキング」より、上位3位までのランキングをご紹介します。 1位:「蓮(れん)」 圧倒的な人気を誇り、2000年あたりからトップ10に必ずランキングされる名前です。 そもそも蓮とは、花の名前です。 仏教の象徴的な花であり、お釈迦様はこの蓮の上に座っています。 そのことから、日本らしさや、清らかで美しいイメージを連想させます。 また、「れん」という読み方は呼びやすく、響きもよいため、人気があるようです。 2位:「湊(そう、みなと)」 2位も漢字一文字の名前がランクイン。 「湊」という漢字には、船が出入りする場所、あつまる、という意味があります。 その意味から、海をイメージさせ、さわやかな印象を与えたり、「いつも人に囲まれるような人気者に」という願いが込められているようです。 3位:「陽翔(はると、ひなと)」 男の子の名付けで人気の文字、「陽」と「翔」の組み合わせです。 「陽」を、「はる」や「ひな」と読ませることで、あたたかく、柔らかいイメージがあります。 また、「翔」の文字は、空を自由に羽ばたく印象を与えつつも、力強さを感じる文字です。 2つの漢字を組み合わせることで、ポジティブな雰囲気になりますね。 3位以降は下記をチェックしてみてくださいね。 文字数別・男の子の漢字の名前一覧 文字数別で、男の子に人気の漢字の名前を、ランキング上位の中からピックアップしました。 一文字の男の子の名前 ・樹(いつき) ・律(りつ) ・蒼(あおい、そう) いずれの文字も、凛々しいイメージの漢字が使われています。 また、「樹」と「蒼」は大自然を連想させ、「律」は、まっすぐで、誠実な印象を受けます。 2文字の男の子の名前 ・悠真(はるま、ゆうま) ・大和(やまと) ・結翔(ゆいと、ゆうと) 二文字の人気の名前のポイントは、「ま」または「と」で終わること。 それを踏まえ、「悠」、「大」、「翔」といった、壮大なイメージの漢字と、「真」、「和」、「結」といった、やわらかい雰囲気の漢字が組み合わさった素敵な名前になっていますね。 三文字の男の子の名前 三文字の男の子の名前は、ランキングの上位10位には入っていませんが、最近人気が出ている名前をご紹介します。 また、「明日磨」や「利久斗」など、音の響きをもとに、漢字を当てはめた名前もよく見られます。 その場合は、読みやすい漢字を使っているのがポイントです。 自然にちなんだ男の子の名前一覧 ここでは、植物や自然、季節に関連した男の子の名前をご紹介します。 自然や季節 自然や季節にちなんだ男の子の名前にはさまざまありますが、自然だと、太陽、海、空、風、陸などに関連する漢字、季節だと、生まれた時期の季節から連想する漢字が使われている傾向にあります。 自然にちなんだ名前 朝陽(あさひ)、伊吹(いぶき)、陸(りく)、凪(なぎ)、岳(がく) 春にちなんだ名前 暖(だん、はる)、春(しゅん、はる)、爽介(そうすけ)、咲弥(さくや)、柚右真(ゆうま) 夏にちなんだ名前 涼真(りょうま)、虹渡(にじと)、南風(なお)、雨汰(うた)、海翔(かいと) 秋にちなんだ名前 椋(りょう)、実央(みひろ)、穂嵩(ほたか)、果偉(かい)、理月(りつき) 冬にちなんだ名前 雪哉(ゆきや)、白澄(きよと)、冬空(とあ)、朔(さく)、新(あらた、しん) 植物や花 植物に関する名前には、樹木や草などに関する漢字が使われます。 また、花に関する名前は女の子によくつけられますが、男の子でも生まれた時期に咲く季節の花が使われることが多いようです。 植物にちなんだ名前 楓(かえで)、樹果(じゅか)、桧生(ひお)、森ノ介(しんのすけ)、林太郎(りんたろう) 花にちなんだ名前 桜祐(おうすけ)、葵(あおい)、桃李(とうり)、日葵(はるき)、柊斗(しゅうと) 男の子の珍しい名前一覧 珍しい名前だと、ほかの人と被らないため、個性が光ります。 ここでは、漢字・読み方が珍しい名前をピックアップしました。 漢字が珍しい 名前にはあまり使われないような漢字を使うと、個性的ですし、すぐに名前を覚えてもらえますね。 周(あまね、いたる、かた、かぬ、かね、ただ、ちか、 ちかし、なり、のり、ひろ、ひろし、まこと、めぐる、しゅう) 名前例:周(あまね、しゅう、いたる、ちかし、まこと、めぐる)、真周(ましゅう)、周成(しゅうせい)など 初(うい、は、はじめ、もと、はつ) 名前例:初(うい、はじめ)、初汰(うた)、初季(うぶき)など 識(しき、さと、さとり、つね、のり) 名前例:識(さとり)、識音(しおん)、識多(しきた)など 倭(やまと、まさ、やす、かず、しず、ふさ、わ) 名前例:倭(やまと)、倭夢(わむ)、斗倭(とわ)など 密(たかし、ひそか、みつ) 名前例:密(ひそか、たかし)、彬密(あきみつ)、密智(みつとも)など 読み方が珍しい 「名のり」と呼ばれる人の名前だけに使える読み方をご存知でしょうか。 たとえば「春男(はるお)」の「男」の漢字の「お」と読ませるのがそれにあたります。 ここでは、名のりを基とした正しい読み方で名前に使われる漢字で、珍しい読み方をご紹介しましょう。 陽(あきら、きよし、みなみ 悠(ちかし、はるか、ひさし) 白(あき、あきら、きよ、きよし) 道(おさむ、おさめ、なおし、わたる) 節(たかし、まこと、みさお) 男の子の響きがいい名前一覧 名前の響きによって、印象が異なります。 「響きがいい」と感じられる名前の特徴を3つ挙げると、 ・は行・ま行・や行が入った名前は、比較的柔らかく、あたたかみのある音の印象を与える ・「ゴ」「ガ」などの濁音が入る名前は、力強い響きがある ・「う」が文字の真ん中や終わりにつく長音や、「い」「と」「ん」で終わるなど、呼びやすい名前は響きがいい などがあります。 しかし、人によって、響きには好みや心地よさが異なります。 フルーネムを口に出してみて、響きのよさを確認してみてくださいね。 響きがいい名前の例 ふうま:颯真、風馬、楓摩など そうた:奏太、颯太、蒼大など ゆいと:結仁、結人、結斗など りゅうせい:琉生、流星、龍聖など たいが:大雅、泰河、大芽など じん:仁、心、任など きょう:響、恭、京など しょう:翔、聖、匠など るい:類、琉依、留一など れい:怜、玲、黎など 男の子の名前の決め方や傾向 男の子の名付けをするときに、決め方や傾向はあるのでしょうか。 姓名判断による画数や外国でも通用する名前、古風な名前といったポイントから見ていきましょう。 男の子の名付けのポイントは? 画数は気にする? 「姓名判断でよい名前をつけてあげたい……」そう思う親御さんは多いことでしょう。 実際に、名付けをするときに、画数を気にされる方は多いようです。 画数を考えながら名前をつけるときには、 ・苗字との吉画数を割り出し、その画数に合った名前を考える ・音の響きやつけたい名前の候補を挙げて、その名前に沿った画数の漢字を当てはめる ・一旦、画数は置いておいて、つけたい名前の候補を漢字で挙げ、それから画数を調べる という方法があります。 ただし、姓名判断にはさまざまな流派があるため、運勢が異なることもあります。 「この画数じゃないとダメ」というふうにこだわらず、画数は、あくまでも参考にする程度で。 それよりも、苗字との兼ね合いや、字面、音の響きなどを優先して名付けしたほうがよいでしょう。 外国でも通用するオシャレな名前がいい? 国際社会がますます進展する現代。 将来のことを考え、海外でも通じる名前をつけるのもいいですね。 その際のポイントは、 ・外国の人にとって発音しやすい、発音の1つ目に、か行、さ行、ま行を使う(かい、しゅう、まさとなど) ・ニックネームのような短い名前にする(例:けん、らん、れいなど) ・英語の単語にある発音に近い名前にする(例:しょう、えいじ、らいとなど) です。 ただし、「ジョン」「オリビア」など、外国人の名前に無理やり漢字をあてはめるのは、読みづらいこともあるため、あまりおすすめできません。 和風で古風なかっこいい名前がいい? かつて「キラキラネーム」が流行しましたが、その反動のように登場したのが「しわしわネーム」といわれています。 このしわしわネームは、古風な名前のことを意味するそう。 「しわしわ」というネーミングがマイナスイメージをあたえますが、古風な名前には、日本らしさや、歴史、伝統、男らしさを感じさせる名前が多いです。 和風で古風な名前をつけるときは、名前の文字数を決めると考えやすくなります。 また、歴史的人物や偉大な著名人などの名前に使われている漢字を使うのもおすすめです。 センスのいい名前の付け方 お子さんには、センスのいい名前をつけたいものですね。 「名付けセンスがいい!」と感じるのは、「名前に素敵な意味が込められている」ことではないでしょうか。 たとえば、外国語で素敵な意味を持つ単語が由来になっていたり、名前の漢字に込められた意味が縁起がよいものだったり、聞き慣れた単語の別名を使うなどすると、ネーミングセンス、言葉のセンスのよさが感じられますよ。 男の子の名前は、ママパパからの心を込めたプレゼント 男の子の名前をつける際のポイントをいくつかご紹介しました。 赤ちゃんの名前は、妊娠中に考えておくのもいいですし、生まれた顔を見てからインスピレーションを得てつけるのもいいと思います。 お子さんの成長を願い、心のこもった名前をつけてあげてくださいね。 文・構成/HugKum編集部.

次の

女の子の珍しい名前一覧!変わった可愛い漢字も紹介

自然 名前 女の子

『空』をイメージする名前 果てしなく続く広い空をイメージした名前は、心の広さや、人としての器の大きさ、そして無限に広がる可能性や夢を持った、男の子らしい名前になるでしょう。 高く明るい『空』をイメージした名前 空斗(そらと・せいと・あおと・)・空色(あくあ)・巳空(みそら)・大空(そら)・空和(あお・あきかず)・青空(そら・せいあ)・空光(あきら)・天空(たかあき・かなた)・空飛()・悠空(ゆうあ・はるたか)空太(あらた)・昊(そら・こう)・空晴(たかはる)・空希()・空明(あきら)・空良(そら)・高昊(たか)・高空(たかあき) 優しく穏やかな『空』をイメージした名前 陽空(ひなた)・優空(ゆうく・まさたか)・心空(こあ)・真空(まそら)・空天(あくあ)・空寧(たかね)・朋空(ともあき)・温空(はるあ・はるたか) 空に羽ばたくイメージ 太()・竜飛(りゅうひ・りゅうと)・蒼羽(あおば)・明羽(あきは・あきば)・天羽(あもう)・羽太(うた)・良羽()・虎羽(こう)・虎飛(こりゅう)・飛人(たかと・たかひと)・翔耀(しょうよう・しょうき)・翔希(しょうき)・唯翔()・和飛(かずと・かずひ)・(つばさ・たすく)・翼空(つばさ)・(かける・しょう)・悠飛(ゆうひ)・飛(たか) なお、空に関する名前は「」で詳しく紹介しています。 『地』をイメージする名前 大きな大陸や広い大地をイメージして名付けると、人生を力強く、しっかりと歩んでくれそうな名前になりますね。 『陸』『地』を使った名前 大地(・たいち)・陸人(りくと)・快地(かいじ)・智地(さとし)・走地(そうじ)・竜地(りゅうじ)・光地(こうじ)・大地()・陸玖()・陸馬(りくま)・快陸(かいり)・大陸(だいち)・陸巳(むつみ)・地平(ちへい) 広い『草原』をイメージした名前 拓人(たくと)・拓己()・拓也(たくや)・原輝(げんき)・郷(ごう)・原土(げんと)・大平(たいへい)・草平(そうへい)・壮平(そうへい)・伸野(のぶや・しんや・のぶひろ・のぶなお)・大野(はるや・まさひろ・まさなお)・悠平(ゆうへい)・悠大(ゆうだい・)・悠地(ゆうじ)・悠陸(はるく)・原(はじめ)・原平(げんぺい・もとひら) 力強い『大地』をイメージした名前 剛大(ごうた・こうた)・剛平(こうへい)・勇大(ゆうだい・)・勇地(ゆうじ)・活地(かつじ)・進地(しんじ)・陸進(りくし・あつし)・立陸(りつあ・)・猛地(たけし)・猛土(たけと) なお、陸・地に関する名前は「」で詳しく紹介しています。 『海』をイメージする名前 海を使う名前は、数年前なら珍しかったものの、今ではとても一般的になりました。 海の青さや雄大さを名前にすると男の子らしくなります。 『海』に関連した名前 海渉(かいほ)・海渡( ・航海(こうかい)・航洋(こうよう)・太洋(たいよう)・太平(たいへい)・航(わたる)・海成(かいせい)・洋輔(ようすけ)・碧海(うみ・あおい)・青波(あおば)・海波(かいば)・海帆(かいほ)・帆人(はんと) 『湊』『港』を含む名前 湊()・湊太()・港太(こうた)・港平(こうへい)・港介(こうすけ)・湊介()・湊馬()・港陽(こうよう)・港飛()・港南(みなみ)・湊巳(・みなみ)・将湊() 穏やかな『海』をイメージした名前 凪(なぎ)・凪人(なぎと)・凪央人(なおと)・凪々人(ななと)・凪海(なみ・なぐみ)・静海(せかい)・静凪()・凪穏(なお)・凪穏斗(なおと)・和海人(わかと)・静波(せいな) 明るく元気な『海』をイメージした名前 耀海(よう)・海輝人(みきと)・海元(かいげん)・航明(こうめい)・渡輝(とき)・泳斗(えいと)・泳元(えいげん)・海満(うみ)・湘(しょう)・青輝(しょうき・あおき)・波輝(なき・)・大波(だいは)・大海(まさみ) なお、海に関する名前は「」で詳しく紹介しています。 『風』をイメージする名前 風には様々な種類があり、使える漢字も多くあります。 『風』を使った名前 風人(ふうと)・風太(ふうた)・風太郎(ふうたろう)・風介(ふうすけ)・風嶺(ふみね)・風弥(ふうや)・平風(ひらふ)・真風(まかぜ) 『風』の名前から命名 実在する風の名前をそのまま使い、読み方を名前らしく考えるのも良いですね。 若狭(わかさ)・神渡(しんと・じんと)・嶺渡(みねと)・春嵐(あらし・)・朝凪(なぎ・あさき)・夕凪(なぎ)・大南(だいな・みなみ)・疾風(はやて)・初嵐(あらし)・真風(まどか・まかぜ)・伊吹(いぶき)・朝嵐(あらし)・恒風(こうふう)・日方(ひかた)・真艫(まとも)・矢風(やかぜ)・羽風(はかぜ)・光風(みつき)・青嵐(あらし)・夏風(なつか)・涼風()・朔風(さくう)・夜風(よか)・空風(そら) 『爽』『颯』を含む名前 爽(あきら)・一爽(いっさ)・爽太朗(そうたろう)・爽(そう)・爽太()・爽介()・爽良(あきら)・颯馬(そうま)・一颯(いぶき)・颯(かける・そう)・颯希(さつき)・一颯(いっさ)・颯介() 『涼』を含む名前 涼平(りょうへい)・涼(りょう)・涼人(すずと)・涼也(りょうや)・涼介(りょうすけ)・涼太(りょうた)・清涼(せいりょう)・涼風(りょう) 優しく心地よい『風』をイメージ 吹心人(ふみと)・流風(りゅう)・涼風(りょう)・優風(ゆう)・優吹人(ゆふと)・温風(はるか)・爽風(そう)・涼風(りょう)・風快(かい)・風里(ふうり)・良風(よかぜ・りょう)・風良(ふうら) なお、風に関する名前は「」に詳しく紹介しています。 『太陽』をイメージする名前 『太』『陽』の2文字は、男の子の名前に使う漢字としては定番となっています。 しかし、読み方は様々です。 工夫を凝らした名前も素敵ですね。 『太』を含む名前 太一(たいち)・光太(こうた)・亨太(りょうた)・太輝(たいき)・陽太(ようた・はるお)・太星(おうせい・たいせい)・太(ふとし)・太樹(たいき)太朗(たろう)・太輝(たいき)・太良(たいら)・青太(せいた・あおた)・空太(そらた)・空太流(あたる)・太空(たから)・環太(かんた)・太平(たいへい)・太(だいしょう・たいしょう)・太晴(たいせい)・太人(だいと) 『陽』を含む名前 陽丸(ひまる)・陽輝()・陽大(ようた)・陽日(はるひ)・光陽(こうよう・みつはる)・陽一(よういち)・陽向(ひなた)・陽良(あきら)・陽樹(あき)・陽生(あき・あきお)・陽人()・陽馬(はるま) 強く輝く『太陽』をイメージ 耀々(きら)・大輝(だいき)・空輝(あきら)・天輝良(あきら)・空輝果(あきは)・永輝(えいき)・光栄(こうえい)・大光(だいこう)・光輝(みつき・)・明光(あきみつ)・明空(あくあ)・満輝(みつき)・照(しょう・あきら・てる)・照輝(しょうき・てるき)・照明(てるあき)・照空(てるあ・しょうあ)・空照(あきら)・天照(てる)・元輝(げんき・もとき)・晴輝() なお、太陽に関する名前は「」で詳しく紹介しています。 『草木』をイメージする名前 植物からとった名前は女の子だけではありません。 樹の強さや男の子らしい漢字の植物もあります。 植物の名前や『樹』を取入れた名前 樹()・樹快(じゅかい)・快樹(かいじゅ・かいき)・蓮()・ 大樹(だいき)・巴樹(ともき)・亮麻(りょうま)・果(あきら・まさる)・植樹()・植生(・なお)・柳(りゅう)・森(しげる)・林(しげる)・茂生(しげき)・一種(かずほ)・桂吾(けいご)・穂高(ほだか・ほたか)・杏介(きょうすけ)・幹矢(みきや)・光芽(こうが) 草木に子供の成長を重ねて… 大伸(たいしん)・葉希(ようき)・樹輝(じゅき)・高樹()・健樹(けんき・たけき・たけみ)・元幹(げんき・もとき)・幹太(かんた)・太樹(たいき・だいき)・伸空(のぶあ)・成生(なるき)・成輝(なるき)・大成(たいせい)・成太(せいた)・成葉(なるは)・大葉(たいよう)・葉太(ようた)・伸成(のぶなり)・伸夢(ひろむ)・悠樹() なお、草木に関する名前は、「」で詳しく紹介しています。 『月』や『宇宙』をイメージする名前 壮大なスケールになる月や宇宙をイメージしても、素敵な名前になります。 『月』を含む名前 月雅(つきまさ)・雅月(まさき)・清月(せいげつ)・逸月()・皓月(こうげ・こうき)・佳月(かげつ・よしつき)・朔(さく)・弦月(ゆづき)・優月(ゆづき・)・夕月(ゆづき・)・月影(つきかげ)・良夜(りょうや・りょう)・名月(なづき)・春月(・しゅんき) 幻想的な『月夜』をイメージ 静夜(せいや)・静月(しづき)・穏月(しづき)・静輝(しづき)・想夜(そうや)・想月(そうき)・空想(そう)・瞬輝(しゅんき)・煌夜(こうや)・煌(こう)・心月(しづき・みづき)・聖夜(せいや・まさや)・聖(せい・ひじり)・幻(げん)・幻人(げんと・かんと) なお、月に関する名前は「」で詳しく紹介しています。 『宇宙』に関する名前 七惺(ななせ)・北斗(ほくと)・宇宙(そら)・光星(きら・こうせい)・宇海(うみ)・宙人(そらと)・宇(しょう)・天太(あまた)・巨星(しんせい)・一星(いっせい)・逸星(いっせい)・ 一輝(・いちかず・いっき)・新星(しんせい)・雲星(うんせい)・銀河(ぎんが)・流星(りゅうせい)・遊星()・七星(ななせ)・星河(せいが)・昴(すばる) 『宇宙』の神秘をイメージ 果輝()・彼方(かなた)・悠輝(はるか・・)・悠宇(ゆう)・悠宇輝()・秘輝(やすき)・秘宙(みそら)・宇果流(はうる)・流宇(るう)・深宙(みそら)・昴輝()・昴宇(こう)・宇宙(かなた・こすも)・来空(らいあ)・空果南(あてな)・果空人(はくと) なお、宇宙に関する名前は「」で詳しく紹介しています。

次の

自然にまつわる女の子の名前300選!月・海・陽・音・花・色、何が好き?

自然 名前 女の子

最新の女の子の名前には、愛らしい人気の漢字が数多く使われています。 一体どんな漢字がよく使われる傾向にあるのでしょうか?漢字の意味と合わせて見ていきましょう。 ・結(ゆい、ゆ) 糸や縄などを繋 つな ぐ。 ・陽(ひ) ひなた 日の当たる所。 清い、澄む。 ・心(こ、ここ) こころ 物事について考えて判断・行動するもととなるもの、考え、気持ち、意味。 ・月(つき、づき) 地球の衛星 地球の周りを周期的にまわる宇宙に存在する物体。 地球の周りを約27. 32日かけて一周する。 ・菜(な) 葉や茎または、根を食用とする草の総称。 ・美(み) うつくしい。 色・形・音・容姿などがとても気持ちよく感じられるさま。 ・莉(り) 茉莉 まつり は、モクセイ科の常緑小低木。 夏の夕方に良い香りのする白色の五つの花びらを持つ花を開く。 ジャスミン モクセイ科ソケイ属の植物 の一種である。 かわいらしい、柔らかい印象の漢字が並びました。 『結』は10年ほど前から人気がありますが、名前のバリエーションが増えたことでより使われるようになりました。 また、『ゆい』や『さくら』など人気の呼び名でも別の漢字でWランクインということも増えています。 ・澪(みお) 川や海の、水が深くて船が通行するのに適した道筋。 ・蘭(らん) キク科ヒヨドリバナ属の多年草。 立派な・美しいものの例え。 ・奏(かなで) 楽器 色々な音を出す為の道具 で音を出す。 ・咲(さき) わらう 「笑」の古字。 花のつぼみが開く。 ・凪(なぎ) なぐ。 また、なぎ 風や波が止む事。 ・紬(つむぎ) つむぐ 繭や麻や綿などの繊維 をより合わせて糸にする。 ・華(はな) 花が開いたように、明るく人目を引きつけるさま。 ・雫(しずく) しずく 水のしたたり。 液体の粒 水 が落ちる事。 ・栞(しおり) しおり 木を削り削りして道しるべとしたもの ・唯(ゆい) 限定の意味を表す助字。 それだけ。 ただ1つ。 ・愛(あい) かわいがって大事にする。 ・円(まどか) 丸い 中心から等しい距離の点を結んだ形)角はない。 ・恋(れん) 特定の土地・植物・季節などに心を強く引きつけられること。 ・笑(えみ) 喜び笑う、うれしがる。 ・翼(つばさ) 鳥の左右の羽。 ・歩(あゆみ) 足を動かして前に進む。 ・遥(はるか) 違いが非常に大きいさま。 ・七(なな) 何度も。 何回も。 漢字一文字の名前だと、その漢字の持つ意味がダイレクトに反映されているように感じますね。 『城ヶ崎さん』や『一ノ瀬さん』といった漢字が連なる名字の人にも、漢字一文字の名前だとバランスが良く見えるということで、よく選ばれているようです。 姓名判断がすべてではありませんが、候補の名前が幾つか挙がったら診断してみるのも良いですね。 姓名判断は、名字(姓)+名前(名)の画数から占います。 --------------------------------------------- 姓名判断で占える五運 --------------------------------------------- ・総運 その人の人生を表す一番重要な運勢です。 生涯を通して影響する総合運で、主に50歳以上の人生に影響を及ぼすと言われています。 ・人運 総運に次いで重要と言われているのが人運です。 人間関係や協調性、社会的な成功に関係してきます。 20歳~50歳位までの運勢を表します。 ・外運 生活面での運勢のことです。 主に結婚運・仕事運など環境への適応能力を表します。 ・地運 個性・オリジナリティを表す運勢です。 対人関係や性格、行動力などを表します。 誕生~20歳位までの運勢になります。 ・天運 家柄を表し、祖先からの宿命とも言える運勢です。 なので、念の為出産前に名付けのスケジュールについてイメージしておくことをおすすめします。 赤ちゃんと対面し、候補の名前の中からしっくり来る名前を選んであげましょう。 内容としては、赤ちゃんの命名式とお披露目会。 最近では7日日にこだわらない人も増えてきていますが、大切な行事として行いたい人は、この日までに名前を決定しておく必要があります。 役所は、現在の居住地もしくは親の本籍地や子供の出生地でも構いません。 もしこの提出期限を1日でも過ぎたら「戸籍届出期間経過通知書」を提出しなければならず、戸籍には届出が遅れたことが記載されてしまいます。 また場合によっては届出義務者に5万円以下の過料が科せられることもあるので注意が必要です。 名前が決まれば、あとは出生届を書いて提出するだけ…ですが、出生届が受理されるとそう簡単に訂正は出来ません。 なので、出生届を書く前に、今一度チェックしておきたいポイントを6つにまとめました。 人名に使ってはいけない漢字もあり、それらを使ってしまうと出生届を受理してもらえないので事前に確認しておきましょう。 今一度、名字とのバランスを紙に書いて確かめてみましょう。 同じ部首の重なりが無いかも確認しておくと良いです。 例えば『さくままりか』など、名字の最後と同じ文字で名前が始まっていると『さくま・りか?』など勘違いされる場合があります。 また読み仮名が3文字以上になると、あだ名で呼ばれることも多いので、呼び名も考えて名付けるのも良いですね。 その時に、なかなか使われることの無い漢字だと説明に困ってしまいますよね。

次の