ライン アット で 稼ぐ。 初心者でも分かるLINE@(ラインアット)の使い方とは!5分でわかる超かんたん解説

【初心者必見】LINE@(ラインアット)を活用したネットビジネスの稼ぎ方についてまとめてみた

ライン アット で 稼ぐ

1.LINE とは まず最初に知っておいて欲しいのは、 いわゆる、LINE(ライン)と、LINE (ラインアット)は、 完全に別モノ(別のアプリ)という点です。 個人的には、もっとハッキリと別物であると 認識しやすい名前にすべきと感じていますが、 LINEが爆発的に世の中に普及して浸透したので、 どうしてもネームバリュー的に LINEの文字を使いたかったのだと勝手に考えていますw それで肝心の違いについてですが、 LINE(ライン)については、今さら説明の必要はないと思いますが、 LINE (ラインアット)とは、LINE(ライン)よりも、 もっと情報発信に特化したアプリだという事になるでしょう。 もっとわかりやすく言えば、 LINE(ライン)は、これまでのメールの代替品といえますが、 LINE (ラインアット)は、メールマガジンの進化版といえると思います。 つまり、LINE (ラインアット)は、メルマガのように あなたのメッセージを多くの人に向けて一斉送信できるのです。 また、それだけでなく、LINE 専用のホームページが持てたり、 アンケート投票機能やクーポン配信などの新機能も満載なのです。 もちろん、LINE(ライン)の基本機能として使用できる 友達とのトークやタイムライン投稿も可能です。 今後、このLINE (ラインアット)の台頭により、 これまでのメール存在価値はだんだんと低くなることが予想されます。 実はもう、LINE (ラインアット)が、 メールにとって代わる時代がすぐそこまで来ているのです。 LINE とLINEとの違い LINE (ラインアット)がメルマガの進化版というのは 前述しましたが、では、具体的に, 両者にはどのような違いがあるのでしょうか? まず、通常のLINE(ライン)が 親しい間柄だけのコミュニケーションツールであるのに対して LINE (ラインアット)は、 ビジネスツールとしての色合いが濃いと思います。 もともと、LINE (ラインアット)は、 法人や事業者向けのみのアプリだったので、 これまで認知度はかなり低かったように思います。 ところが、最近になって個人でも利用できることになり、 個人で副業やアフィリエイトを考えている人に 注目されるようになったわけです。 そして、次の注目点ですが、 LINE (ラインアット)は、 「複数人で1つのアカウント管理できる」 「一人で複数のアカウントを管理できる」 という点が通常のLINEとは異なっています。 通常のLINE(ライン)では、 原則、一人「1アカウント」しか持てません。 この点は、アフィリエイトやビジネスを展開する場合、 非常に大きいメリットに成り得えます。 LINE のメリット 前述のように、LINE (ラインアット)は、 一人で複数のアカウントを保有することができます。 この点は、LINE(ライン)との大きな違いであり、 また、LINE (ラインアット)の大きなメリットともいえます。 しかし、それだけではありません。 LINE (ラインアット)が、これまでのメールの取って代わる 最大のメリットといえる点は、 「プッシュ通知」と呼ばれるものです。 そんな状況下で頭を悩ます人も多いと思うのですが、 これが、LINE (ラインアット)であれば、 「プッシュ通知」でダイレクトに購読者へ届きます。 これは、到達率が100%といえる世界です。 クリック率でいえば12倍以上、 成約率に至っては、これまでの5倍以上が見込めるのです。 単純計算ですが、 これまでの月の報酬が10万円だったなら50万円、 これまでが30万円なら150万円と 飛躍的で爆発的な収入が得られる可能性があるのです。 まさに、この点こそが、 LINE (ラインアット)の最大の強みといえます。 それと、補足ですが、 ここでチェックしておいて欲しい事があります。 それは、 LINE(ライン)とLINE (ラインアット)は、 アプリ自体が違うと前述しましたが、 アプリをダウンロードしてセットアップするのは あくまでも管理者側のみであり、 受取側(購読者)は、 通常のLINE(ライン)で情報を受け取ることができます。 なので、わざわざ受信者側が改めて LINE (ラインアット)のアカウントを取得する必要はないという点です。 すでに、日本国内のLINE(ライン)の利用率は SNSの中ではFacebookを抜いて最大規模となっています。 これだけ大きい市場に、 これだけ到達率の高いメディアを利用することが どれだけスゴイ事になるか・・・ 想像するだけでワクワクしてきませんか? LINE (ラインアット)の機能 ここでは、LINE (ラインアット)で稼ぐための戦略に入る前に、 「LINE (ラインアット)で何ができるのか?」について 簡単にまとめておきたいと思います。 以下の項目が全ての機能ではないですが、 重要な部分を抜粋して解説しておきます。 1.メッセージ一括送信 通常のLINE(ライン)と同様に、 友達(フォロワー)にメッセージを一括で送ることができます。 イメージとしては、メールの一斉配信のようなものです。 2.マンツーマントーク フォロワーと1対1でトークすることができます。 これは、通常のLINE(ライン)と同じ機能です。 3.自動応答機能 自動応答機能には2種類あります。 一つは、「自動応答メッセージ」 もう一つは、「キーワード応答メッセージ」です。 自動応答メッセージとは、 メッセージが送られてきた「時間帯」によって、 返信内容をランダムに変える機能です。 例えばですが、午前中なら「おはようございます。 」 夜中なら「こんばんは」という感じです。 キーワード応答メッセージとは、 フォロワーから送られてきた特定のキーワードに反応して それに対応するメッセージを自動で返信する機能です。 (あくまでも一例です。 ) 4.ホームページ機能 LINE内に専用のホームページを持つことができます。 お知らせやイベントの通知など、 一般のウェブサイトと同様の感じで利用することができます。 また、ホームに投稿した記事は、 LINE アカウントのホームに表示されるだけでなく、 フォロワーのタイムラインにも表示されます。 また、不特定多数のユーザーに向けて発信する タイムライン・ホーム機能もあります。 5.パソコンからも利用できる この点は、通常のLINE(ライン)でも可能ですが、 パソコン用のアプリをインストールすれば、 パソコン上からの管理もできるので スマホは使いづらいと感じている方にも適しています。 なお、アプリのダウンロードの際、 Google PlayやApp Storeで検索する時の注意ですが、 「LINE 」では出てきません。 そんな時は、 「LINEat」で検索するようにしてみてください。 以上、簡単ですが、 LINE (ランアット)の主要な機能をまとめてみました。 実は、まだまだ、この他にも新機能が満載で、 まさに、使い方はあなた次第といえるのですが、 あまりに機能が多いことは 逆に、使いこなせないという悪循環に陥りやすいともいえます。 そこで、次の章では初心者でもできる LINE (ラインアット)を使って稼ぐための戦略について 説明を加えていきたいと思います。 LINE を使って稼ぐための戦略 これまでの説明で、LINE (ラインアット)の機能は 大体分かったという人もいるでしょう。 しかし、機能が高度で複雑であるが故に、 我流で推し進めようとしても、 簡単には上手くいかないかもしれません。 せっかく、こんなに威力のあるLINE なので、 「宝の持ち腐れ」になってしまうのだけは避けたいものです。 なので、「実際の具体的な稼ぎ方」を知りたいですよね? そこで、もし、LINE を使ったマーケティングや アフィリエイト関連の最新情報を得たいと感じているなら、 こちらを参考にしてみてください。 ですので、現状でLINE (ラインアット)を使った マーケティングやアフィリエイトに関する手法を これだけ詳しく解説したものは本当に希少といえます。 知りたい人はレポートをご覧ください。 ) ちばひろオリジナル無料レポート一覧 ちばひろがオリジナルで作成した無料レポートの一覧です。 いつでもお気軽にダウンロードしてください。

次の

LINE@を使った稼ぎ方

ライン アット で 稼ぐ

1.LINE とは まず最初に知っておいて欲しいのは、 いわゆる、LINE(ライン)と、LINE (ラインアット)は、 完全に別モノ(別のアプリ)という点です。 個人的には、もっとハッキリと別物であると 認識しやすい名前にすべきと感じていますが、 LINEが爆発的に世の中に普及して浸透したので、 どうしてもネームバリュー的に LINEの文字を使いたかったのだと勝手に考えていますw それで肝心の違いについてですが、 LINE(ライン)については、今さら説明の必要はないと思いますが、 LINE (ラインアット)とは、LINE(ライン)よりも、 もっと情報発信に特化したアプリだという事になるでしょう。 もっとわかりやすく言えば、 LINE(ライン)は、これまでのメールの代替品といえますが、 LINE (ラインアット)は、メールマガジンの進化版といえると思います。 つまり、LINE (ラインアット)は、メルマガのように あなたのメッセージを多くの人に向けて一斉送信できるのです。 また、それだけでなく、LINE 専用のホームページが持てたり、 アンケート投票機能やクーポン配信などの新機能も満載なのです。 もちろん、LINE(ライン)の基本機能として使用できる 友達とのトークやタイムライン投稿も可能です。 今後、このLINE (ラインアット)の台頭により、 これまでのメール存在価値はだんだんと低くなることが予想されます。 実はもう、LINE (ラインアット)が、 メールにとって代わる時代がすぐそこまで来ているのです。 LINE とLINEとの違い LINE (ラインアット)がメルマガの進化版というのは 前述しましたが、では、具体的に, 両者にはどのような違いがあるのでしょうか? まず、通常のLINE(ライン)が 親しい間柄だけのコミュニケーションツールであるのに対して LINE (ラインアット)は、 ビジネスツールとしての色合いが濃いと思います。 もともと、LINE (ラインアット)は、 法人や事業者向けのみのアプリだったので、 これまで認知度はかなり低かったように思います。 ところが、最近になって個人でも利用できることになり、 個人で副業やアフィリエイトを考えている人に 注目されるようになったわけです。 そして、次の注目点ですが、 LINE (ラインアット)は、 「複数人で1つのアカウント管理できる」 「一人で複数のアカウントを管理できる」 という点が通常のLINEとは異なっています。 通常のLINE(ライン)では、 原則、一人「1アカウント」しか持てません。 この点は、アフィリエイトやビジネスを展開する場合、 非常に大きいメリットに成り得えます。 LINE のメリット 前述のように、LINE (ラインアット)は、 一人で複数のアカウントを保有することができます。 この点は、LINE(ライン)との大きな違いであり、 また、LINE (ラインアット)の大きなメリットともいえます。 しかし、それだけではありません。 LINE (ラインアット)が、これまでのメールの取って代わる 最大のメリットといえる点は、 「プッシュ通知」と呼ばれるものです。 そんな状況下で頭を悩ます人も多いと思うのですが、 これが、LINE (ラインアット)であれば、 「プッシュ通知」でダイレクトに購読者へ届きます。 これは、到達率が100%といえる世界です。 クリック率でいえば12倍以上、 成約率に至っては、これまでの5倍以上が見込めるのです。 単純計算ですが、 これまでの月の報酬が10万円だったなら50万円、 これまでが30万円なら150万円と 飛躍的で爆発的な収入が得られる可能性があるのです。 まさに、この点こそが、 LINE (ラインアット)の最大の強みといえます。 それと、補足ですが、 ここでチェックしておいて欲しい事があります。 それは、 LINE(ライン)とLINE (ラインアット)は、 アプリ自体が違うと前述しましたが、 アプリをダウンロードしてセットアップするのは あくまでも管理者側のみであり、 受取側(購読者)は、 通常のLINE(ライン)で情報を受け取ることができます。 なので、わざわざ受信者側が改めて LINE (ラインアット)のアカウントを取得する必要はないという点です。 すでに、日本国内のLINE(ライン)の利用率は SNSの中ではFacebookを抜いて最大規模となっています。 これだけ大きい市場に、 これだけ到達率の高いメディアを利用することが どれだけスゴイ事になるか・・・ 想像するだけでワクワクしてきませんか? LINE (ラインアット)の機能 ここでは、LINE (ラインアット)で稼ぐための戦略に入る前に、 「LINE (ラインアット)で何ができるのか?」について 簡単にまとめておきたいと思います。 以下の項目が全ての機能ではないですが、 重要な部分を抜粋して解説しておきます。 1.メッセージ一括送信 通常のLINE(ライン)と同様に、 友達(フォロワー)にメッセージを一括で送ることができます。 イメージとしては、メールの一斉配信のようなものです。 2.マンツーマントーク フォロワーと1対1でトークすることができます。 これは、通常のLINE(ライン)と同じ機能です。 3.自動応答機能 自動応答機能には2種類あります。 一つは、「自動応答メッセージ」 もう一つは、「キーワード応答メッセージ」です。 自動応答メッセージとは、 メッセージが送られてきた「時間帯」によって、 返信内容をランダムに変える機能です。 例えばですが、午前中なら「おはようございます。 」 夜中なら「こんばんは」という感じです。 キーワード応答メッセージとは、 フォロワーから送られてきた特定のキーワードに反応して それに対応するメッセージを自動で返信する機能です。 (あくまでも一例です。 ) 4.ホームページ機能 LINE内に専用のホームページを持つことができます。 お知らせやイベントの通知など、 一般のウェブサイトと同様の感じで利用することができます。 また、ホームに投稿した記事は、 LINE アカウントのホームに表示されるだけでなく、 フォロワーのタイムラインにも表示されます。 また、不特定多数のユーザーに向けて発信する タイムライン・ホーム機能もあります。 5.パソコンからも利用できる この点は、通常のLINE(ライン)でも可能ですが、 パソコン用のアプリをインストールすれば、 パソコン上からの管理もできるので スマホは使いづらいと感じている方にも適しています。 なお、アプリのダウンロードの際、 Google PlayやApp Storeで検索する時の注意ですが、 「LINE 」では出てきません。 そんな時は、 「LINEat」で検索するようにしてみてください。 以上、簡単ですが、 LINE (ランアット)の主要な機能をまとめてみました。 実は、まだまだ、この他にも新機能が満載で、 まさに、使い方はあなた次第といえるのですが、 あまりに機能が多いことは 逆に、使いこなせないという悪循環に陥りやすいともいえます。 そこで、次の章では初心者でもできる LINE (ラインアット)を使って稼ぐための戦略について 説明を加えていきたいと思います。 LINE を使って稼ぐための戦略 これまでの説明で、LINE (ラインアット)の機能は 大体分かったという人もいるでしょう。 しかし、機能が高度で複雑であるが故に、 我流で推し進めようとしても、 簡単には上手くいかないかもしれません。 せっかく、こんなに威力のあるLINE なので、 「宝の持ち腐れ」になってしまうのだけは避けたいものです。 なので、「実際の具体的な稼ぎ方」を知りたいですよね? そこで、もし、LINE を使ったマーケティングや アフィリエイト関連の最新情報を得たいと感じているなら、 こちらを参考にしてみてください。 ですので、現状でLINE (ラインアット)を使った マーケティングやアフィリエイトに関する手法を これだけ詳しく解説したものは本当に希少といえます。 知りたい人はレポートをご覧ください。 ) ちばひろオリジナル無料レポート一覧 ちばひろがオリジナルで作成した無料レポートの一覧です。 いつでもお気軽にダウンロードしてください。

次の

LINE(ライン)スタンプで稼ぐ方法と収入を公開【2020年版】

ライン アット で 稼ぐ

日常のコミュニケーションツールとして、欠かせない存在となったLINE。 最新の発表では、主要4か国(日本・台湾・タイ・インドネシア)の月間アクティブユーザー数は およそ1億7千万人となっています( より)。 そんなLINEにおいて、個人でもラインスタンプを作成・販売できる が開始したのは、2014年5月のこと。 以来たくさんの自作スタンプが、誕生しています。 開始から1年後の2015年5月にLINEが公表した数値では、 クリエイター上位10人の平均販売額が1億円を突破したことが判明。 大いに話題になったものです。 しかし最近は 「スタンプを作っても全然売れない」という声も、ネット上で増えてきました。 クリエイターズスタンプ開始当初は400個だった販売数も、今や482,084個(2017年12月時点)。 これだけの数の中から選んでもらうのは至難の業。 「超売れているごく一部のクリエイター」と、「売上0に近いほとんどのクリエイター」の2極化が進んでいるのが現状です。 とはいえ1. 7億人にリーチ出来る市場は、大変魅力的。 当ページは 今から参入する人に向けての「稼ぎ方ガイド」です。 これからLINEスタンプで稼ごうと考えている人に知っておいて欲しい、トピックスをまとめています。 クリエイターの取り分は売上の35% LINEスタンプは自作のスタンプが売れた時、その売上額をLINE社側とレベニューシェアする仕組みです。 現在は 売上総額の35%が、クリエイターの取り分となっています。 このシェア率は2015年の2月に改訂。 それまでは50%がクリエイターの取り分でした。 月間MVP制度の開始 2015年5月からスタークリエイターの発掘を目的に、 「月間MVP制度」がスタートしました。 MVPはダウンロード数を元に算出され、 「総合」「ダウンロード累計」「クリエイター累計」「動くスタンプ累計」の4部門があります。 受賞特典は次の通り。 さらなる売り上げ増が見込める支援を受けられます。 月間MVP受賞者の特典• 公式スタンプの販売権 「LINE クリエイターズマネジメント」の開始 2015年5月18日から、トップクリエイターによるLINEスタンプ作品の商品化など、ライツマネジメント支援を行う 「LINE Creators Management」を開始しました。 芸能事務所のような役割で、トップクリエイターをマネジメントし、作品に登場したキャラクターの育成支援を行うという内容です。 自作のキャラクターのグッズ販売を行っているトップクリエイターは多いですが、このマネジメント制度を通さずに自分で管理している人もけっこういますね。 「動くスタンプ」の販売が可能に 2016年6月21日から、 アニメーションスタンプ(動くスタンプonクリエイターズマーケット)の販売が開始されました。 動的スタンプは使っていて楽しいものです。 動くスタンプの販売価格相場は、静的スタンプの2倍。 売上単価の向上が見込めます。 このようにさまざまな動向を見ると、 「売れているクリエイター」はますます優遇される傾向にあり、2極化はこれからも広がりそうです。 トップクリエイターの販売収入を公開 LINE社では2014年11月と2015年5月の2回にわたり、人気スタンプの販売額を公表しています。 販売額からはクリエイターの収入も推測でき、公表当時は 「ラインスタンプ販売はこんなに稼げるのか!」と話題になったものです。 それ以降販売額は公表していませんが、実際にトップクリエイターがどの位稼いでいるのかを確認ください。 2014年11月公表実績データ 当時クリエイターへの収入は、販売額の50%でした。 クリエイターズマーケット開始から6か月後の数字です。 売上げ上位のスタンプ平均販売額とクリエイターへの配分額 ランキング 1セットあたりの平均販売額 クリエイターの収入(50%) 上位10位 3,680万円 1,840万円 上位30位 2,360万円 1,180万円 上位100位 1,300万円 650万円 上位1000位 270万円 135万円 ひとつのスタンプで1,000万円以上稼げるというのは、やはり夢がありますね。 スタンプ1セットあたりの販売額比率 スタンプ1セットあたりの販売額 該当するスタンプ数の比率 1000万円以上 0. 2% 100万円以上 2. 1% 50万円以上 1. 7% 10万円以上 7. 4% 1万円以上 29. 4% 1万円未満 59. 2% 合計 100% 夢がある一方で、 約6割のスタンプは1万円も稼げていないことが発覚。 厳しい現実も認識させられました。 2015年5月公表実績データ クリエイターズマーケット開始から1年後の数字です。 2015年2月以降の作成分から、配分率は売上の35%に下がりました。 ここではクリエイターへの収入は、便宜上40%で算出しています。 登録クリエイター数 393,000人• 販売中のスタンプ数 110,000セット• 販売総額 89億4600万円 トップクリエイターの販売額と収入 項目 販売額 クリエイターの収入(暫定40%) スタンプ別上位10位平均 5,050万円 2,020万円 クリエイター別上位10位平均 1億900万円 4,360万円 上位10位のスタンプ販売額が、前回調査時の3,680万円から5,050万円に上昇。 さらに 1億円以上を売り上げているクリエイターが存在していることが判明しました。 開始1年間で一億円プレイヤーが誕生。 まるで芸能界やプロ野球の世界ですね。 ラインスタンプで稼いだ人はどんな人? サイト管理人もチャレンジしてみました! 私も2015年前半に8種類ほどスタンプを作成し、販売しています。 現在はツイッターのBOTなどを活用し、自動集客に切り替え。 一切作業してません。 大きな金額ではないですが、それでもいまだに一定額をコンスタントに稼いでいます。 もし再開するとしたら、人気作品の第2弾や横展開をして、ヒットする確率を高めていく予定。 ちなみに私が販売している中で1、2を争う感じで売れているタイトルのひとつが、です。 お金持ちになりたい人向けに 「お金持ち体験」をしてもらうべく作成してみました。 よろしければ利用してみてくださいね。 スポンサーリンク 4. 本当に稼げるの?「売れない」と嘆く人達まとめ 人気作品を紹介しましたが、お伝えしたように実際は稼げていない人がほとんど。 作品数はますます増え、大半の作品は埋もれてしまっています。 そんなリアルな現状を調査しました。 プロレススタンプ。 14年9月にリリースし、初月20万円・翌月10万円と順調なスタートでした。 しかし間もなく、大手プロレス団体がクオリティの高いスタンプを販売。 その影響で売上は急降下しました。 今では毎月1,000円程度の売り上げとのこと。 【出典】より 15年9月に発売。 発売開始から2週間の売上は2,061円。 初日に1,000円程度売れ、その後1日数十円の売上ペースです。 【出典】 より 家族や友達が買ってくれた他はほぼ売れず。 トータル売上985円。 しかも売上は1,000円から引き出せるので、事実上の無収入ということになります。 【出典】 より いかがでしょうか?売れていないスタンプもそれなりのクオリティです。 しかしまったく売れないとのことで、宣伝方法など作品以外の要素もあるのでしょう。 現在売れているクリエイターの方の中には、最初はさっぱり売れずに試行錯誤した経験をもつ方も少なくありません。 失敗を繰り返しながら、あきらめずに作品を生み出し続ける必要があります。 LINEスタンプで稼ぐメリット・デメリットと向いている人 【1】企画 【2】制作 【3】プロモーション(宣伝活動) この中で一番難しそうだと躊躇するのは、 「制作」の部分ではないでしょうか? 私も当初はまったくの未経験で、やり方もわからず不安でした。 しかし最終的には、8種類のスタンプを完成させています。 アプリなどの専用ツールを使用することで、とても簡単に作れたのは予想外でした。 集中すれば3日位で1セットできてしまいます。 私が重宝しているのがというアプリ。 詳細はアプリの紹介ページに書いてありますが、おおまかな手順は下記の通りです。 1.下書き メモ帳にスタンプ(8個以上)と、サムネイル2つを書く。 私の場合は鉛筆で下書きし、マジックでなぞりました。 メモ帳は以下のものが一番使い勝手がよかったです。 2.パソコンに取り込む 描いた絵を「手描きスタンプ」アプリで撮影。 撮影した画像を に取り込みます。 3.イラストレーターで加工 画像の汚れをイラストレーターで取り除き、色を付けて完成です。 たったこれだけ。 私たちは素人なのですから、わざわざ高い機材を購入する必要もありません。 あくまでも発想力で勝負しましょう。 絵心がない人は格安で外注しよう ランサーズとは、 「仕事を依頼した企業・個人」と 「仕事を受けたい個人」をマッチングさせるサービス。 ラインスタンプを描いてくれる人を、ランサーズを通じて募集する方法です。 依頼概要を書いて、仕事を募集。 募集条件が適正であれば、提案が複数の人から来るのでその中から1人お願いしたい人を選びます。 料金相場はココナラより高めですが、 修正回数など自分で条件を決められるのがメリットです。 まとめ 競争の激しい分野ではありますが、同時に約1. 7億人に一気にリーチできるとても魅力的な市場です。 後発で参入するには、斬新なアイディアを生み出すことが必要。 「ヒットするまでは絶対あきらめない」という強い覚悟をもちましょう。 人気のクリエイターは、たくさんの作品を生み出している人が多いです。 多くの作品を作るうちに、ユーザーにささる勘所がわかるようになり、ヒット作が生まれるという流れ。 魅力的な市場は、ヒットするまで相当な努力が必要。 LINEスタンプ販売もそれに該当します。 一攫千金を狙いたいという方は、是非チャレンジしてみてください。 スポンサーリンク.

次の