ネスタ リゾート 神戸 キャンプ。 ネスタリゾート神戸「ネスタ・ネイチャー・キャンプフィールド」オープン

ネスタリゾート神戸のプールは2020年7月2日オープン!料金・スライダーの種類をチェック✔️

ネスタ リゾート 神戸 キャンプ

楽しめる30以上のアクティビティ。 話題のグランピングや大自然に囲まれた天然温泉など、全部で60以上もの施設があります。 住所 〒673-0703 兵庫県三木市細川町垂穂894-60 大阪からでも高速で1時間ほど。 都市圏からでもアクセスは抜群です。 地図で見たらこのあたりです。 比較的、兵庫県でも南のあたりにあります。 車でのアクセスですが、、、 山陽自動車道三木東インターチェンジから約2分。 中国自動車道吉川インターチェンジから約30分。 インターチェンジからのアクセスは抜群。 施設一覧• アクティビティ• オートキャンプ• グランピング• レストラン• プール• スポーツ(テニス、サッカーなど) ネスタリゾートにはこれだけの施設があります。 キャンプ施設は2020年3月からスタート。 宿泊はホテルやキャビン、グランピングだけでした。 しかも、値段が高いし・・・ なので、キャンプ施設がオープンしたのは嬉しい。 オートサイトがあればもっと人が来るのにと思っていたので良かったです。 料金 1Dayパスの料金。 値段は高すぎもなく安くもなく。 これでほとんどのアクティビティは楽しめす。 追加料金があるアクティビティもありますのでご注意を! 駐車料金は以下です。 普通車 1,100円 中型車 2,200円 大型車 3,300円 二輪車 330円 開園時間 平日:9:00~ 土日祝:8:30~ 土日は開園前から並んでいるので早めに行ったほうがいいです。 特に人気のバギーはすぐに予約でいっぱいになるので早く行くべき。 1番のメインのバギーを体験できないこともあるので・・・ アクティビティ 私が実際に体験したアクティビティを紹介します。 多すぎて全部は体験できてませんが・・・ ワイルドバギー ネスタリゾートでも1番人気があります。 バギーがこちら! 5つのコースがあります。 チャレンジサーキット・コース• エクストリームアドベンチャー・コース• ファミリーアドベンチャー・コース• アドベンチャー・コース• スピードサーキット・コース お勧めはエクストリームアドベンチャー・コースです。 全長1. 7kmもあり、アップダウンが激しいコース。 追加料金が発生しますが、1番バギーを楽しめました。 バギーは人気があるのですぐ予約でいっぱいになります。 特に追加料金が発生しないコースは早い。 なので、開園したらすぐにバギーで予約をして下さい。 まず予約して予約時間まで他のアクティビティを楽しむのがベスト! 追加料金は以上の通りです。 私はエクストリームアドベンチャーを体験しましたが、高いけど追加料金を払うだけの価値はありました。 出発前はこんな感じです。 ちなみにバギーの運転は普通自動車免許を所有してないと運転できません。 同乗は4歳以上で身長95cm以上が条件。 カヌー カヌー入口。 ご機嫌なワニが迎えてくれます。 撮影スポットなのでここで記念撮影をして下さい。 乗り場。 ご覧のように、写真奥にバンカーが見えます。 ネスタリゾートの敷地は元々ゴルフ場でした。 多分このカヌーの池はゴルフ場の池の名残かもしれませんね。 動画でイメージして下さい。 2人乗りなので親子で乗ると楽しいですよ。 手軽にカヌーを体験できるのでお勧め。 これを機会に本格的なカヌーに挑戦するのもええかも。 あと、カヌーの池で釣りも可能。 予約が必要なので、カヌーの後に体験して下さい。 初めての釣りとしてはハードルが低いのでお勧めです。 その他 トランポリンもあります。 時間制なので安心して楽しめます。 こんなのもありますよ。 これは予約が不要なのでいつでも楽しめます。 これ以外には、• 室内体験型アクティビティ「レジェントヒーローズ」• スカイジャングル• 動物と触れ合える「アニマルフレンズ」 などがあります。 これ以外にも沢山ありますので1日で全てのアクティビティは体験できません。 なので、1泊して2日間で楽しみましょう。 宿泊施設 ネスタリゾートには色んな種類の宿泊施設が併設されてます。 施設内で宿泊できるの楽しいと思います。 ホテル ザ・パヴォーネ ネスタリゾート神戸の中央にあります。 カヌー乗り場の目の前。 アクティビティへ向かう拠点としても便利。 詳細は、を確認して下さい。 客室や値段が見れます。 プレミアムキャビン(グランピング施設) ネスタリゾートといえばグランピング。 ウッドデッキがあるキャビン。 4名、6名、8名とサイズごとのキャビンがあります。 値段はそこそこしますのでセレブな人向け。 でも、1度は泊まってみたい施設です。 部屋の様子は、で確認して下さい。 オートキャンプ 今年の3月からオープン。 以前からネスタリゾートでオートキャンプができたらええのにと思っていたのでこのオープンは嬉しいです。 あまり情報が無いので記載できませんがいつか行ってみたいです。 値段は6,000円〜と少し高め。 宿泊施設ですが、これ以外にもありますのでをチェックして下さい。 まとめ 記載したようにネスタリゾート神戸は体験型のアクティビティが豊富です。 これから暖かくなるので是非行ってみて下さい。 夏にはプールもあります。 施設が広くてよく歩くので夏場は水分をしっかり持参して下さい。 自販機は所々にありますが、売店はありませんのでご注意を! 和食からステーキ、うどんなどレストランは沢山ありますので弁当は持参しなくても大丈夫かも。 もちろん、持参しても食べれますのでご安心下さい。 ネスタリゾートは大人から子供まで楽しめますのでお勧めな施設です。

次の

2020.4.3 NESTA RESORT KOBE ネスタ・ネイチャー・キャンプフィールド(オートキャンプ)【第26回キャンプレポート】

ネスタ リゾート 神戸 キャンプ

三木市にあるネスタリゾート神戸の屋外レジャープール 「WATER FORT(ウォーターフォート)」が今年は2020年7月2日(木)にオープンします! まだ新型コロナウイルスが気になるところではありますが、感染拡大防止策を講じた上で営業されるとのことです。 また、定期的に園内アナウンスを実施し、注意喚起に努めます。 ご利用前後にご使用下さい。 隣同士の設営はご遠慮下さいませ。 またプール退場 一時退場含む 時もマスクの着用にご協力をお願い致します。 また、定期的に園内アナウンスを実施し、注意喚起に努めます。 公式サイト 詳細は公式ページを要チェック! 公式サイト 以前こまさんが「ウォーターフォート」に行ってきた際の記事はこちら! 当時はまだありませんでしたが、現在は4つの大型ウォータースライダーもありますよ!• 2トンもの水が豪快に降り注ぐ「水の要塞」• 大人も子どもも楽しめる1周150mの「流れるプール」• 夢中で遊べるキッズプール「JAVA JAVA(ジャバジャバ)」 現在、ネスタリゾート神戸は入場料制となっており、「ワイルド・バギー」などの大自然アクティビティを利用するには別途「1Dayパス」の購入が必要です! 公式サイト 関連記事 明石海浜プールは2020年7月15日(水)オープンです!.

次の

2020.4.3 NESTA RESORT KOBE ネスタ・ネイチャー・キャンプフィールド(オートキャンプ)【第26回キャンプレポート】

ネスタ リゾート 神戸 キャンプ

BBQは小さな子供には、ちょっと不向きかも… 春になると青空のもとでBBQがしたくなるもの!ワイワイと仲間たちと美味しい料理とお酒を楽しみながら最高の時間を過ごしたくなりますよね。 私はアウトドアが好きなので、BBQ大好きです!…でも子供が生まれて、念願の家族でBBQを実行したもの、意外とBBQって小さい子供連れには不向きだなと感じることが多くありました。 火の元があちこちにある 炭でお肉を焼くのがBBQの醍醐味ですが、なんでも手を突っ込んだり、チョロチョロ動き回るような小さな子供にとっては危険がいっぱい!しかもあちこちにBBQをしているグループがいたりもするので、周囲に点在する危険個所に子供が立ち入らないかと親は気が気ではありません。 終始、最大の注意をし続けるってすごく疲れます…。 小さいから迷子になりやすい 子供って小さいうえに、チョロチョロと動き回る。 子供の背丈よりも大きいコンロが乱立するBBQ中に動き回られてしまうと、ちょっとした隙にすぐ見失ってしまうことがあります。 しかも危険がいっぱいの熱々コンロが至る所にあるわけですから、親にとってはもうヒヤヒヤもんです…! 実際、我が家もヒヤッとしたことがありました。 「やっぱりBBQはもっと大きくなってからじゃなきゃダメだな」そんな結論を出す寸前でした、そう、グランピングで出会うまではね…! 子連れ家族こそグランピングでBBQ! BBQはやりたいけど、親もゆっくり楽しみたい!そんな願いをかなえてくれる方法がありました。 贅沢にキャンプを楽しむ新しいアウトドアスタイルとして話題になり、人気を集めています。 (楽天トラベルより引用) 普通のBBQやキャンプに豪華さが加わるので、確かにお値段は少々高くなります。 家族3人の残り少ない時間を、なるべく体に負担の少ない状態で楽しみたいということで、 ネスタリゾート神戸でグランピングをすることにしました。 JR大阪駅より直通バスが出ており、なんと60分で着いてしまうのも魅力でした! ネスタリゾート神戸を選んだ最大の理由 (画像は公式HPより) こちらのグランピング施設は、独立したキャビンが敷地内に点在しており、• 子供が騒いだとしてもある程度のプライバシーが保てること。 広いバルコニーでBBQができ、目を離しても子供が迷子にならない。 上記のポイントに魅力を感じました。 デッキの周りには柵があるので、子供が迷子になる心配もなく自由に歩かせることが出来るので、親も落ち着いて子供を見守ることが出来ます。 (頭の小さな子は柵の間から落ちないように気を付けてね!) 調理台も大人の腰の高さにあるので、子供が触る心配もなし! デッキと地続きでお部屋があるので、すぐトイレにも行けるし、お昼寝をする子供を見ながらでもBBQが出来ちゃいます!息子もお部屋に行ったりデッキに戻ったりとチョロチョロしていましたが、 安全を確保しながら子供が自由に動き回れる空間があること。

次の