歌詞 奏。 奏逢〜Bank Bandのテーマ〜 Bank Band 歌詞情報

BENI 奏(かなで) 歌詞

歌詞 奏

それとも強い音? どんなふうに響かせようか迷う 書かれてるとおりに弾いても 何かが少し違ってる 難しく考え過ぎかな? 楽しそうに弾いてる誰かのニュアンスに耳を傾けるよ これぞ『完璧』と言える音。 それをいつも探しているけれど 本当を言うと 君の心揺さぶる、そんな音を奏でてみたいっていう それだけ 壁の落書きがうたってる 誰かの曲のワンフレーズ 書きなぐられた心の叫びが 誰にも気付かれずうなだれてる 声なき声、飲み込む怒り、笑顔に秘めた悲しみ… 超能力なんてないけど 読み取れんじゃないかな? って 君の心に耳を傾けるよ 君の好きな歌を口ずさんでみる 少し距離が縮まった気がした 君と僕を繋ぐ不思議なメロディー 大空に響いてどこまでも飛んでけ! ねぇ 聞こえてるかなぁ? ねぇ 届いてるかなぁ? 一緒に歌ってみてよ 君の描く『幸せ』ってどんなもの? 僕とは少し違っているようだけど 時々こうして 同じ歌をうたって歩いてく この時間僕らは幸せ これで『完璧』だって言えるもの。 そんなもの、この世界にありはしない 少し不安定だけど 愛する人と共に生きてる それで十分な幸せ 君と僕を繋ぐ音 大空に響いて飛んでけ! All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 Bank Bandさん『奏逢〜Bank Bandのテーマ〜』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 Bank Bandさん『奏逢〜Bank Bandのテーマ〜』の歌詞 ソウアイバンクバンドノテーマ words by サクライカズトシ music by コバヤシタケシサクライカズトシ Performed by バンクバンド.

次の

スキマスイッチ 奏(かなで) 歌詞

歌詞 奏

[漫畫版] 有一個搖籃 裡面有一個人 一個人變成兩個人 一個搖籃 一顆在霧裡難以辨析的星星 在墓場晃動著消失了 ____________________________________ 【奏者之歌】(奏之曲 / つないだ手にキスを) 【奏者之歌】(完整版) 歌詞: そして坊やは眠けについた 就這樣 小寶寶 安然入睡 【so shi te bo u ya wa ne mu ri ni tsu i ta】 息く灰の中の炎ひとつふたつと 在灰燼中閃爍的火星 一個、兩個 【i ki zu ku hai no na ka no ho noo hi to tsu hu ta tsu to】 浮かぶふりみ愛しい橫顏 浮現出你無數 可愛的側臉 【u ka bu hu ku ra mi i to shi i yo ko ka o】 大地に垂るる幾千の夢夢... 垂落於大地上的 幾千個夢 夢... 【dai chi ni ta ru ru i ku sen no yu me yu me】 銀の瞳のゆりぐ夜に 在銀色眼瞳搖曳的夜晚裡 【gin no hi to mi no yu ra gu yo ru ni】 生まれおさた輝くお前 你帶著光輝降生於世 【u ma re o chi ta ka ga ya ku o ma e】 幾億の年月がいくつ祈けお土へ還しても 即使歷經幾億年的歲月 祝禱已回歸塵土 【i ku o ku no to shi tsu ki ga i ku tsu i no ri wo tsu chi he ka e shi te mo】 ワタシわ祈け読ける 我也依然會 繼續為你祈禱 【wa ta shi wa i no ri tsu tsu ke ru】 どうかこの子に愛をつないだ手にキスを 請將愛賜給這個孩子 在相繫的手上 留下輕吻 【dou ka ko no ko ni ai wo tsu na i da te ni ki su wo】 ____________________________________ 蘿特的能力是【夢】,擅長從精神層面攻擊敵人,其歌聲如同洗腦一般,使受害者陷入無法逃離的惡夢之中。 賈絲大衛繼承的諾亞記憶是【羈絆】,一起唱歌、並開槍射擊對方,就能合體成為一個諾亞。 而第14號諾亞(內亞)是方舟的【奏者】,一邊彈奏鋼琴一邊唱歌,則可以操縱諾亞方舟。 (可惜動畫中的【奏者之歌】不是以內亞的聲音來唱,而是由亞連的聲優 小林沙苗 以自己原本的聲線來演唱。 ) 由此觀察,諾亞一族的歌聲似乎隱藏著某些特殊力量,或許是將某些宗教儀式轉化成歌聲或音樂的形式來表現。 另外,在【奏者之歌】的歌詞裡,似乎也還隱藏了一個伏筆,那就是歌詞中提到的——「銀の瞳」(銀色眼瞳)。 在《驅魔少年》的角色裡,只有亞連的眼睛顏色設定是銀灰色,因此歌詞中提到的「銀色眼瞳」,很可能正是在暗示「亞連」。 漫畫裡,內亞曾經說【奏者之歌】的「樂譜」是「『亞連』的樂譜」。 「因為……這是『亞連』的樂譜。 從諾亞方舟存在的歷史來看,「樂譜」的存在時間很可能也早就超過了7000年。 如果上述的事件屬實,那麼「亞連」的真實年齡很可能就不是15、16歲,也不止50幾歲,而是7000多歲了。 ( 不禁讓人聯想到【心】的存在……) 以下內容,是我個人的推測…… 從漫畫和動畫裡,都可以發現當內亞在演唱【奏者之歌】時,背景會不斷浮現出許多八角星。 在希臘藝術中,八角星也代表了「伯利恆之星」,象徵永恆不變的光明和希望。 「伯利恆之星」的重要意義,在於耶穌降生時,它引導了東方三博士順利找到耶穌降生的馬槽。 (而亞連的角色定位就是【救世主】…… 相信大家應該都知道是在隱喻誰吧。 ) 接著再依照「樂譜」裡的歌詞情境來分析,這份「樂譜」的內容看起來是在描述一個小孩誕生的祝福。 而歌曲中的主角……如果這個在光輝中誕生的小孩,指的就是「亞連」(【心】)的話,那麼寫出這首歌詞的人很可能就是他的父母或親人吧。 但這首「樂譜」是諾亞方舟裡的樂譜,而且可能只有【千年伯爵】會唱,所以……會不會7000年前的【千年伯爵】和【心】其實是親人(況且「亞當」也確實是所有人類的始祖),但由於某種原因造成兩人決裂,於是才形成了後來相互對抗的兩大陣營。 星野老師曾經說過《驅魔少年》的核心是「悲劇」與「愛」,而故事中也能看出《驅魔少年》裡最重要的情感就是「親情」。 14更新: 關於【奏者之歌】的歌詞,還有另外一種翻譯方式。 就這樣 小小的他安然長眠 骨灰上的火焰似乎在喘息 一下 兩下 眼前浮現出他圓滾滾的可愛側臉 落到大地的數以千計的夢想 夢想 銀色瞳孔搖曳的夜晚 閃耀的你降臨人世 即使億萬年時光埋葬了無數祈願 我依舊會繼續祈願 請把愛給予這個孩子 緊握並親吻他的小手................................................................ 這段歌詞翻譯最重要的是開頭的前兩句: 「 就這樣 小小的他安然長眠, 骨灰上的火焰似乎在喘息 一下 兩下」…… 如果這樣的翻譯方式才是【奏者之歌】描述的真正情境,那麼這首【奏者之歌】實際上就不是「搖籃曲」,而是一首「安魂曲」…… 小小的孩子死了。 另一個小小的孩子誕生了。 死掉的孩子是誰?新生的孩子又是誰? 這些真相可能都必須持續等待【千年伯爵】與【心】之間的劇情逐漸明朗化後,才能有解答了…….

次の

『奏』 歌詞でスキマスイッチが本当に伝えたいこととは? 解釈、考察

歌詞 奏

カテゴリ• 常田 その後、ふたりでいろいろと話し合ったよね。 一組の男女が離れ離れになってしまうような。 女性を置いて男性が遠くに行ってしまうというシチュエーションはよくあるから、離れていくのは女性にしたほうが面白いんじゃないかって シングルのリリース時期に合わせてテーマを「別れ」に設定されたみたいです。 3月は卒業式や、年度の終わりで新しい一歩を踏み出そうとする方も多いと思います。 前向きな一歩だけど、前に進む人も、それを見送る人も寂しさや応援したい気持ち、いろいろな感情が混ざる「別れの瞬間」がこの曲のテーマです。 登場人物 この曲には「僕」と「君」が登場します。 上記のインタビューから推測すると、「君」は女性のようです。 恋愛関係にある一組の男女が登場人物です。 「僕」は歌手やミュージシャンにも思えますね。 しかし、一貫して「僕」の視線からつづられる歌詞に、聴く人によっては親子や親友などいろいろな関係性に当てはめて考えられます。 一つ根幹にテーマを持っているからこそ、聴く人が自分をあてはめられたり、聴く人によって登場人物が変化する、それが『奏』の魅力なのかもしれません。 具体的考察 やってきた別れの時、見送る「僕」 君の手を引くその役目が 僕の使命だなんてそう思ってた だけど今わかったんだ 僕らならもう 重ねた日々がほら導いてくれる 君が大人になってくその時間が 降り積もる間に僕も変わってく たとえばそこにこんな歌があれば ふたりはいつもどんな時もつながっていける 今まではどちらかというと「僕」が引っ張っていて、これからもそうだと思っていた。 だけど「君」は一人で前に進んでいくことができると「僕」が気付きます。 お互い新しい道で成長し、変わっていくけれど、今まで重ねてきた時間は遠く離れた二人を引き離しはしない。 二人は今までの日々の中で積み重ねてきた絆を再確認します。 迫る別れ、そして 離れていてもお互いの絆は強いことを確認する二人。 しかし、その時はやってきます。 突然ふいに鳴り響くベルの音 焦る僕 ほどける手 離れてく君 夢中で呼び止めて抱きしめたんだ 君がどこに行ったって僕の声で守るよ 覚悟していたその時ですが、「僕」はまだ言えていないことがありました。 「さよなら」に代わる言葉。 「君」への最後の言葉。 次第に「君」の手は離れ、刻々と時が迫ります。 必死で呼び止め、ようやく言葉にします。 離れしまっても、どこへ行っても、遠くで守るよ。 だから、君は君の新しい道を前向きに進んでほしい。 別れを受け入れ、お互いに新しい道を進みはじめる。 「僕」もようやく、一歩を踏み出したのです。 「君」のいない世界でも 別れを受け入れた「僕」、今までの想いが洪水のようにあふれ出します。 君が僕の前に現れた日から 何もかもが違く見えたんだ 朝も光も涙も歌う声も 君が輝きをくれたんだ 抑えきれない思いをこの声に乗せて 遠く君の街へ届けよう 大切な人、好きな人、かけがえのない存在と出会ったとき、人はそれまでの人生や価値観が大きく変わります。 なんの変哲もない日常を彩ってくれた大切な存在のためにできることは、遠くからでも想いを届けること。 そして、その想いがあれば、遠く離れてもつながっていられるのです まとめ 『奏』の考察、いかがでしたでしょうか? 別れは寂しいものだけれど、今まで重ねた時間は無駄にはならないし、離れても想いがあれば絆は途切れない、そんなメッセージを感じました。 すでにストーリーが確立されている歌詞ですが、誰もが直面する別れの時を、誰もが共感できる繊細な歌詞で描かれていて、本当に素敵な曲ですよね。 元々好きな曲でしたが、考察することでよりこの楽曲が好きになりました! この考察が、皆さんがより『奏』を楽しめる一助となっていれば幸いです。

次の