夏バテ に 効く 料理。 夏バテに効く食材は?どんな栄養素の食べ物がいいの?そうめんはダメ?

夏バテに効く食事法の真実、“たくさん食べる”は逆効果!?

夏バテ に 効く 料理

夏バテの主な症状とは 夏バテは人によって、現れる症状が様々です。 下記で具体的な症状をご紹介していますので、「夏バテかな」と思った時の判断基準にしてみてください。 倦怠感 やる気が出ない 全身の疲労感 立ちくらみ 頭痛 めまい 食欲不振 下痢 熱っぽさ 吐き気 これらの症状は、下に行くほど夏バテが重症化しています。 中には、風邪や自律神経失調症の症状とよく似ている症状もありますが、ここで勘違いして風邪薬などを飲んでも夏バテであった場合、症状はよくなりません。 特に、めまい以下の症状が出た場合にはすぐに病院に相談するようにしましょう。 夏バテの原因 夏バテになってしまうのは、様々な原因が挙げられますが、一番の原因となっているのは夏の暑さです。 夏の暑さは人間の活力となるエネルギーの消耗を早めてしまうため、身体は疲労感を感じやすくなるのです。 また、エネルギー不足により内臓の働きも悪くなってしまい食欲が落ち、さらに疲れやすくなってしまうというわけです。 夏バテには紫外線も関係している 紫外線も夏バテの要因となることがあります。 紫外線が体に当たることで体内では活性酸素と呼ばれるものが発生するのですが、夏バテにはこの活性酸素が関係している場合があるのです。 活性酸素とは体内の細胞を破壊する非常に厄介な細胞で、この作用により身体にダメージが蓄積され、夏バテの症状が出てしまうのです。 室内外の気温差 室内外の気温差がある中で夏バテになる理由は、体温を調節する為に常に交感神経が働いているからです。 気温が高い室外と冷房が利いている室内を行き来していると、身体は体温調節を行う為に交感神経の働きが活発になります。 室外と室内の気温差が大きいほど交感神経が活発に働くので、多くのエネルギーを消費してしまうのです。 身体のエネルギーを消費するほど負担をかけてしまうことから、夏バテになりやすくなります。 冷房冷え 冷房によって身体が冷えることも夏バテの原因になります。 夏バテにならないように冷房を活用するのは得策ではあるものの、長時間気温が低いところにいると夏でも身体が冷えてしまいます。 特に仕事で座っている時間が長い人は身体を動かしていない為、熱があまり作られないので冷えを感じやすくなるでしょう。 これを防ぐ為にも、冷房の温度を上げたり、少し身体を動かすようにするのがおすすめです。 内臓冷え 内臓の冷えというのは、暑いからといって冷たいものを食べ過ぎたり飲みすぎたりしていると起こりやすくなります。 冷たい物の食べ過ぎや飲みすぎは内臓を冷やしてしまい、胃腸の調子が悪くなったり身体が倦怠感を感じたりと、夏バテを起こしやすくなるのです。 熱中症対策として水分を補給する際であってもあまり冷えた飲み物を飲むのではなく、常温の飲み物を飲む習慣をつけた方が良いでしょう。 夏バテの予防方法について 夏バテはしっかり予防することで防ぐことができます。 予防法には様々なものがありますので、自分にあった方法を見つけ暑い夏を乗り切りましょう 水分をこまめに摂る 夏バテ予防として最も手軽にできるのが、水分補給です。 暑くなり汗をたくさん流すと体内の水分がどんどん失われます。 ここで水分補給を怠ってしまうと脱水症状になり、めまいや吐き気など夏バテの症状が現れるのです。 夏は、汗をかく量がその他の季節に比べても多くなりますので、水分は意識的に取らないといけません。 ただし、一度に大量の冷たい水分を飲むのはNGです。 冷たいものの飲みすぎは内臓を冷やしてしまうので、常温の水分をこまめに摂るようして体温を調節するのが得策です。 クーラーの温度を下げ過ぎない クーラーの温度を下げすぎてしまうと、室内外の気温差が大きくなり、自律神経に負担がかるため夏バテにかかりやすくなってしまいます。 冷房の適性温度は26度から28度とされているので、暑いからといって温度を下げ過ぎないように注意しましょう。 三食しっかり食べる これは、健康な体を保つための基本になりますが、3色しっかり食べるということはとても大切です。 暑いと、食欲が落ちてしまいさっぱりした麺類ばかり食べてしまうという方もいらっしゃるかもしれませんが、偏った食事では、身体はエネルギーを作ることができないのです。 ただ、何でも食べれば良いといわけではなく、夏バテ予防に適した食材を使うことが重要になります。 次項で夏バテ予防に効果的な食材を使ったレシピをご紹介しますので参考にしてくださいね。 夏バテ予防・症状改善に効果的なレシピ紹介 食欲不振でもしっかりと栄養を取らなければ体力が落ちて、夏バテにかかってしまいます。 そこで食欲がない時でも食べやすいレシピがあれば助かりますよね。 夏バテ予防と、症状改善のそれぞれに効果的な食事のレシピをご紹介します。 とても簡単に作ることができるので試してみてくださいね。 夏バテ予防に最適!「トマトとレタスのスープ」 このレシピのポイントは、夏野菜のトマトが入っていることにあります。 トマトは夏に失われやすいカリウムやビタミン類を多く含んでいるので、熱がある身体をクールダウンさせる効果があります。 食べやすいスープにして食べることで、暑さで食欲がないという人でも栄養を補給しやすくなるでしょう。 レタスは食べやすい形にちぎりましょう。 2カップ分の湯を沸かして沸騰させたら先ほど切ったトマトを入れて、顆粒だしと塩とこしょうで味を調節します。 煮立ったらレタスを入れて軽くかき混ぜて、完成です。 夏バテの症状回復に!「豚肉のガーリックチャーハン」 このレリピノポイントは、ビタミンB1とナイアシンが含まれている豚肉です。 ビタミンB1には疲労回復の効果があり、効率良くエネルギーを作ってくれます。 ナイアシンは糖質や脂質などをエネルギーに変換する為の栄養素です。 つまり、豚肉には夏バテで弱った身体の疲労を回復させ、身体の活力を取り戻す効果が期待できるということです。 フライパンにニンニクの薄切りとゴマ油を入れて火にかけ、香りがしてきたら豚肉を入れて炒めます。 豚肉に火が通ったらネギとピーマンとパプリカを入れて炒め、全体的に火が通ったら麦ご飯を入れて炒めます。 オイスターソースと顆粒だし、黒こしょうを加えて味を調節したら出来上がりです。 まとめ 夏バテは気温が上がると共に起こりやすくなります。 炎天下中での通勤には注意が必要になります。 またネイリストさんは、1日中クーラーの効いたサロンでお仕事をしているため、体が冷えやすくなります。 体の冷えも夏バテになる原因の一つになりますので、寒いと感じたらブランケットを使用するなどの対策も忘れずに行ってください。 きちんと対策を行うことで夏バテは予防できます。 しっかりと予防して、夏を乗り切りましょう。 キーワード•

次の

夏バテに効く食事法の真実、“たくさん食べる”は逆効果!?

夏バテ に 効く 料理

真夏や盛夏と呼ばれる季節が終わっても、まだまだ厳しい残暑が続いており「食欲がない」「なんとなくダルい」「寝つきが悪い」といった夏バテの自覚症状を訴える人が多くなる時期でもあります。 中でも特にタチが悪いのが食欲不振。 しっかり食事を取らないことでさらなる体調不良や病気を引き起こすこともあります。 今回は暑さや夏バテが食欲不振を引き起こす理由を探るとともに、夏バテの予防・回復に必要な栄養素や効果的な料理について紹介していきます。 暑さ、夏バテで食欲を失うわけ まずは「夏バテ」と呼ばれる状態について確認しておきましょう。 暑気中り(しょきあたり)や夏負けとも呼ばれる夏バテは厳密な医学用語ではなく、夏の暑さや高い湿度が続くことに影響を受けて発生する体調不良全般を指す言葉として使われており、代表的な自覚症状は食欲不振、倦怠感、不眠などが挙げられます。 この夏バテは、体温、呼吸、消化吸収、血液循環、心拍数といった人間の体のあらゆる機能を調整している自律神経が乱れることや消化器官の不調などによって引き起こされると考えられています。 人間は暑さを感じると汗をかき、体の外に熱を逃すことで体温を調整します。 これも自律神経が担っている体の調節機能のひとつです。 自律神経が乱れたケースを例にとれば、暑さと湿度の厳しい屋外とエアコンが効いて涼しい屋内の出入りを繰り返すことにより、体温調節の頻度が増えてバランスが崩れてしまうことがあるのです。 また自律神経は食物の消化吸収もコントロールしているため、一度バランスを崩せば食欲不振などの症状も同時に出てきてしまうことになります。 これが夏バテによる食欲不振のメカニズムの一例です。 また、暑い夏には自律神経の乱れ以外にも、喉の渇きを潤すための「暴飲」が食欲不振を引き起こすケースがあります。 暑くて汗をダラダラかいてしまうような日は熱中症予防のための水分補給が欠かせませんが、炭酸飲料やビールなど冷たい飲み物を過剰に摂取してしまうと胃酸が薄まってしまうとともに体が冷えることによって胃腸機能が低下し、結果として食欲がなくなってしまうこともあるのです。 夏バテ(自律神経の乱れ)、冷たい飲み物の過剰摂取、いずれの食欲不振であっても食事の摂取量が減り、体力の維持・回復に必要な栄養素やエネルギーが不足することによって、さらなる体調不良を引き起こす可能性が高くなるので注意が必要です。 夏バテ予防・回復に必要な栄養素 先ほど、暑い屋外とエアコンの効いた屋内の出入りを繰り返すことが自律神経の乱れを引き起こし、夏バテの原因のひとつになると説明しました。 しかし、高温多湿な日本で生活している以上、避けられない環境であることは間違いありませんし、適切なエアコンの使用は熱中症の予防にもなります。 湿度や温度といった外的環境を変えることは難しいので、日々の生活の中で夏バテの予防を、できることから始めてみましょうというのが今回の主題です。 手っ取り早いのは、何と言っても日常生活で無理なく組み込みやすい食事による対策です。 ここでは夏バテ予防に効果的な栄養素とともに、夏バテになってしまった時の回復に効く栄養素も紹介します。 うなぎ、いか、卵、バター、レバーなどに多く含まれています。 なおビタミンCについてはピーマンやブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤ、レモン、キウイなどに多く含まれています。 肉類、魚介類、卵類、大豆製品、乳製品に含まれています。 ミネラル不足は熱中症や目眩の原因にもなるので、夏場は特に摂取を心がけたい栄養素です。 しかし、様々な食品に含まれているので何を食べるというよりも、1日3食をしっかり食べることができれば基本的な必要量は摂取できると言って良いと思います。 なおナトリウムは、特に食塩や味噌、醤油、カルシウムは牛乳や乳製品、海藻類、カリウムはアボガドやバナナなどの果物、イモ類、マグネシウムは干しエビやしらす干し、納豆や豆腐などの大豆製品に多く含まれていると言われます。 汗や尿から排出されてしまうため、夏場は多めに摂っておきたい栄養素です。 豚肉、うなぎ、ほうれん草、ゴマ、大豆といった食材に含まれています。 ビタミンB1と一緒に摂ることでビタミンB1の働きが高まり効果も持続します。 ニンニクやニラに含まれています。 レモンやグレープフルーツ、梅干しといった酸っぱい食べ物に多く含まれています。 夏バテ予防・回復に効く料理 夏バテの予防と夏バテからの回復、それぞれに効果的な栄養素が分かったところで夏バテ予防に食べたい料理、夏バテになってしまったら食べたい料理についても紹介します。 いずれも一般的な料理なので、料理の得意な方は食材だけを活かして好みの形にアレンジしてみてはいかがでしょうか。 また、レバーの他にニラも入っているため、ビタミンB1の吸収を助けるアリシンも摂取できます。 レバーを豚肉に変えて、肉野菜炒め風にすることでビタミンB1を豊富に含んだ夏バテ回復用のメニューにもなります。 また、ビタミンB1も含まれているため、夏バテ予防だけでなく疲労回復にも効果が期待できそうです。 食欲不振で「蒲焼きはちょっと…」ということであれば、ひつまぶしやうな茶漬けにすると食べやすいかもしれません。 諸説ありますが、土用の丑の日とはなかなか理にかなった料理と言えるようです。 ゴーヤは塩もみすることで苦味を抑えることもできるので苦味が苦手な方は試してください。 大抵のゴーヤチャンプルには人参、玉葱、スパム、卵なども入っているので栄養バランスもいいのです。 冷奴でも良いのですが、夏バテになっているときは、身体を温めた方が胃腸の調子を早く回復できる可能性があるので、より効果的です。 身体を温めるという意味では温しゃぶや生姜焼きなど温かい料理でも構いません。 しゃぶしゃぶの場合は、タレをゴマだれにすることによって、ゴマに含まれているビタミンB1も同時に摂取することができます。 特にぬか漬けの場合、ぬかそのものにもビタミンB1はありますが、ぬかにつけた野菜もビタミンB1の含有量が5倍にも10倍にも増加すると言われます。 夏バテ予防、夏バテ回復という観点で効果的な料理を紹介しましたが、もちろんここに挙げた料理だけを食べていれば良いというわけではありません。 夏バテの予防・回復には栄養バランスのとれた食事が何よりも大切です。 タンパク質、ビタミン、ミネラルの摂取を意識しつつ、1日3食をしっかり食べるように心がけましょう。 さらに詳しく知りたい方はもあわせてご確認ください。 また、生活スタイルから見直して暑さに打ち克ちたいという方には「」もおすすめです。 *本内容は記述時点で入手している情報をもとに執筆された原稿であるため、その内容の実現や確約、正当性をお約束する趣旨のものではありません。 あらかじめご了承ください。 参照、引用元.

次の

夏バテ時の食事と言ったらコレ!夏バテ予防に効く食べ物、飲み物をご紹介!

夏バテ に 効く 料理

夏バテ対策には夏バテに効く食べ物! 体がだるい、食欲がない、疲れが取れない、そんな夏の体の不調は夏バテかもしれません。 食欲が落ちてくると冷たいものやサッパリしたものが食べたくなる方も多いと思いますが、実は逆効果になることもあります。 夏バテの原因とは まずは夏バテの原因について見てみましょう。 自律神経の乱れ 夏バテは、高温多湿の夏の時期に体温を一定に保とうとして自律神経が疲弊して乱れることが原因と言われています。 自律神経は交感神経と副交感神経という2つで構成されていますが、この2つの神経のバランスが大事になります。 そして、暑い室外と冷房で冷えた室内を往復することによってこの自律神経が乱れやすくなります。 とは言え、ずっと寒い室内にいても自律神経が働かなくなってしまいます。 適切な温度調節が大事になります。 熱帯夜による睡眠不足 夏の夜は寝苦しい方も多いと思います。 熱帯夜によって睡眠不足になると疲労を回復できず、疲れがたまってしまうことも夏バテを引き起こす原因になります。 エアコンなど上手に使ってしっかり眠れるようにしたいものですね。 冷たいものを摂りすぎる 暑くなると冷たい飲み物が欲しくなりますよね。 冷たい飲み物で体を冷やすのは熱中症対策には必要ですが、その冷たいものを摂ることで血流を悪化させ、消化器官の働きが滞って消化不良になり、体力が低下する原因にもなります。 冷たいものも食べすぎ飲みすぎには注意ですね。 栄養不足 食欲が無いとサッパリしたものばかり食べてしまいがちですよね。 そうめんなどの麺類ばかり食べていると栄養が不足してしまいます。 この食欲がなくなることから栄養が不足してくることも夏バテの原因になります。 また、汗を大量にかくことで水分以外にもミネラルを体外に排出してしまうことも夏バテにつながります。 夏はしっかり栄養補給することが大事になります。 夏バテに効く食べ物を栄養素ごとに 食欲がなくなるとサッパリしたものを食べたくなったり飲み物が多くなったりするものですが、そうするとタンパク質やビタミンやミネラルなどの栄養が不足してしまいます。 そのため、食欲がない時ほど栄養価の高いものを選んで食べる必要があります。 夏バテに効く栄養素としては以下のものがあります。 タンパク質 暑くなるとつい、そうめんなどの麺類で手軽に済ませてしまいがちですが、炭水化物ばかりの食事では栄養が不足してしまいます。 タンパク質は血液や筋肉など身体を作る材料になる大事な栄養素です。 疲労回復や持久力にも欠かせない栄養素で、不足すると疲れやすくなったりします。 タンパク質を摂れる食材は、 肉や魚や卵、豆腐や納豆などの大豆製品、牛乳やヨーグルトなどの乳製品があります。 これらを食事に取り入れていく必要があります。 ビタミンB群 ビタミンB1には、炭水化物をエネルギーに変える働きがあります。 糖質の代謝を助けて疲労回復効果があることからも、疲労回復に欠かせないビタミンとも言われています。 また、ビタミンB2は、脂質をエネルギーに変えるのを助けます。 ビタミンB2と言えば肌にいいというイメージもあるかと思いますが、夏バテ対策としても大事です。 ビタミンB群が多い食材は、 豚肉やうなぎや卵、豆腐や納豆などの大豆製品や枝豆などがあります。 ミネラル・ビタミンC 暑い夏にはたくさん汗をかきますよね。 汗をかくことによって、水分だけでなくミネラル類も失ってしまいます。 カルシウムやカリウムなどが排出されがちです。 また、ビタミンCにも疲労回復効果があると言われています。 ビタミンCの抗酸化作用により活性酸素の過剰な発生を抑え、身体への悪い影響を抑制してくれます。 夏は紫外線のダメージなど活性酸素も発生しやすいので、積極的に補給したいところです。 これら不足しがちなミネラル類やビタミン類は旬の夏野菜で補給することができます。 夏バテに効果のある夏野菜としては、 トマト、キュウリ、オクラ、ゴーヤなどがあります。 クエン酸はエネルギーを作る手助けをする働きがあるため、摂取することでエネルギーが作り出されて疲労が回復するということです。 レモンなどの柑橘類や梅干しや酢などに多く含まれます。 夏バテに効く食べ物を使った料理 豚しゃぶ 夏バテ対策にオススメの料理として、まず挙げられるのが豚しゃぶです。 豚肉はタンパク質もビタミンB1も豊富で夏バテ対策には最適ですね。 また、ポン酢と一緒に食べることで疲労回復効果が期待できるクエン酸もいっしょに摂ることができます。 たくさん食べれば元気になると思われがちな豚肉ですが、豚肉を食べすぎると疲労の元になるピルビン酸という物質が増え、身体に乳酸がたまりやすくなってしまうようです。 ですが、クエン酸を一緒に摂ることで、ピルビン酸をクエン酸に変えることができます。 そのため、豚肉とクエン酸を同時に摂れる豚しゃぶはオススメです。 素麺と合わせるのもいいと思います。 我が家は夏に素麺を食べるときはよく豚しゃぶといっしょに出します。 うなぎ 土用の丑の日でおなじみのうなぎはビタミンB群が豊富です。 また、免疫力アップの効果や肌の代謝を高める効果があるというビタミンAも豊富に含まれます。 カレーライス カレーライスに含まれる香辛料は食欲を増進させる効果があります。 また、肉や野菜など具をたくさん入れることでタンパク質やビタミンなどの栄養を効率よく摂取できます。 納豆、オクラ、山芋などネバネバ食材 オクラのネバネバ成分のムチンには胃の粘膜を保護して消化吸収を助ける働きがあります。 また、ペクチンという水溶性の食物繊維には、腸内環境を整える整腸作用があります。 山芋にもムチンが含まれます。 そして、納豆はビタミンB群が豊富です。 ネバネバ食材は夏バテ対策に有効ですね。

次の