バセドウ 病 チョコレート。 ヨウ素を含む食品|伊藤病院

生理痛でチョコは悪化の原因?緩和はココアがいい理由とは?

バセドウ 病 チョコレート

ヨウ素について ヨウ素 ヨード は甲状腺ホルモンの主原料です。 甲状腺ホルモンは新陳代謝を促したり、子どもの場合では成長ホルモンとともに成長を促進する働きをするため、ヨウ素は体になくてはならないミネラルです。 そこで、ヨウ素の入った食品は体によいとされて、健康食品のなかに入れられていたり、昆布を主原料にした食品が推奨されています。 しかし、体に必要な甲状腺ホルモンを作るのに必要なヨウ素 推奨量 はわずかで、成人では一日0. 13mgです。 ヨウ素は、日本人が口にする食品のなかには大なり小なり含まれています。 特にたくさん含まれているのは下の図にあるように海藻類で、なかでも昆布が群を抜いており、次がひじきです。 わかめ、海苔に含まれる量はこの2つと比べるとはるかに少量です。 日本人は海藻を好んで食べるため、世界で一番ヨウ素を摂取している国民です。 このほか魚、肉、穀類にもわずかですがヨウ素が含まれています。 また食物でなくても、のどの炎症や歯の治療などの消毒に使うルゴールの主成分はヨウ素ですし、レントゲン検査のときの造影剤には多量のヨウ素が使われているものがあります。 このように私たちは普段から、知らず知らずのうちに必要量以上のヨウ素をとっているため、ヨウ素不足を心配する必要はまずありません。 また、甲状腺にはヨウ素をとり過ぎても問題の起こらない仕組みがありますので、普段はヨウ素のことを気にかける必要はありません。 ただし、アイソトープ(放射線ヨウ素)検査・治療をする場合には、ヨウ素による影響を受けるため、1~2週間ほどヨウ素をたくさん含む食品を制限する必要があります。 ヨウ素制限食について アイソトープ(放射線ヨウ素)検査・治療は、ヨウ素が甲状腺に集まるという特性を利用して行うため、検査・治療を受ける患者様については、1~2週間ほど前からヨウ素を多く含む食品の制限をしていただくことになっています。 そのため当院では、入院されている患者様に「ヨウ素制限食」をご提供しています。 外来で治療・検査をされる患者様には、ご自宅で作りやすいメニューのレシピをご紹介していますので、ご自宅でのヨウ素制限にお役立てください。 また、ヨウ素制限が必要でない方にもおいしく食べていただけるよう工夫していますので、毎日の献立のご参考にぜひご覧ください。 ヨウ素が多い食品 昆布 昆布そのもの、昆布の加工品(佃煮、昆布入りの漬物、おつまみ昆布等) 昆布エキス・調味料 複合調味料・合わせ調味料・醤油・みそ・酢にも昆布だしが使われていることがありますので、表示をよく見て、記載があれば使わないでください。 煮干し、かつお節、味の素はかまいません。 海藻類 ひじき、わかめ、のり、寒天(みつ豆等)、トコロテン、もずく、その他海藻加工品 飲み物 昆布茶、スポーツ飲料、カロリーメイトドリンク 昆布エキス入り ・カロリーメイトチューブタイプなど その他、昆布エキス・海藻エキスなどが入っている飲み物 成分の不明なドリンク類・外食や加工食品について 食品添加物中の「アミノ酸」は、ヨウ素類ではありませんので飲食されても結構です。 また、冷凍食品やカップ麺類などの加工食品には、昆布や海藻(昆布エキス・海藻エキス)が入っている商品が多々あります。 加工商品には原材料名が必ず表示されていますので、購入の際は必ずお確かめください。 成分のわからない食品については避けていただくのがよいでしょう。 ヨウ素が多く含まれると考えられる調味料• ・だし入り味噌、だし入りしょうゆ、だし入りソース、すし酢、ドレッシング類 含まれていないものもあります。原材料をご確認ください• ・複合調味料、合わせ調味料 ヨウ素が少ない食品 穀物 御飯、パン、麺、もち等 肉類 ただしレバーの大量摂取は避けましょう。ゼラチンは動物肉のたんぱく質から作られますので召し上がれます。 野菜類・いも類 きのこ類・果物 これらの食物には表のようにヨウ素はほとんど含まれておりません。 豆類 納豆のたれには、昆布だしが含まれている可能性があるため、注意が必要です。 (適量は、ビール中瓶1本、日本酒1合、焼酎(25度)コップ1杯、ウイスキーダブル1杯くらいと言われています) ただし、甲状腺機能の高い方は飲酒をお控えください。 甲状腺機能への影響については医師におたずねください。

次の

ヨード制限など甲状腺のために必要な食事制限とは

バセドウ 病 チョコレート

バセドウ病になったとき、とくに気になったのは 食べ物のことでした。 身体の状態によっては食べていい物・食べてはいけない物がありますよね。 一般的には「ヨードが含まれている海藻類は避けた方がよい」と言われているのですが、これはバセドウ病患者の場合はどうなるのだろうか?と疑問に思う方もいらっしゃると思います。 それに気を付けるべき物は海藻類だけなのか、他は気にせず食べていいのか。 気になって調べてみたものの、有益な情報はあまり見つけられませんでした。 なので自分の身体を使って実験をしてみることにしました 無謀 症状としてわかりやすいのは 脈拍が頻脈になるかどうかと、次の日に 甲状腺の腫れや体調の変化があるかどうかだと思いましたので、 実際に食べてどうなったのか、私自身の人体実験をご参考までにどうぞ。 バセドウ病の人に食事制限はあるの? まずバセドウ病患者に食事制限が必要かどうかについてなのですが、私が通院している病院の先生が仰るには「 特にない」とのことでした。 ヨードの制限が必要なのは、甲状腺機能が低下してしまうというバセドウ病とは真逆の橋本病患者の方の場合です。 もしくはアイソトープ治療を受ける予定がある方の場合は、ヨードをたくさん摂ると治療の効果が弱くなる恐れがありますので、治療前の一定期間だけはヨードを制限する必要があります。 甲状腺はヨウ素を取り込む性質があるので、放射性ヨウ素を飲むことで甲状腺に放射性ヨウ素が集まります。 すると放射性ヨウ素は甲状腺の中から放射線を出して、甲状腺の組織の一部を減らします。 ところが治療する前にヨードを含む食べ物を摂取してしまうと、この放射性ヨウ素の働きを阻害してしまう可能性があります。 治療の効果を下げないために、ヨウ素を含む物は控えるよう言われているのです。 なのでアイソトープ治療や手術をするわけではなく、メルカゾールやチウラジールなどの薬で治していく方はヨード ヨウ素 の摂取に過敏になる必要はありません。 それどころかこんな情報がありました。 「 ヨードを一度に10mg以上摂取すると、甲状腺の働きはむしろ弱くなる」 一体これはどういうことかというと、バセドウ病は甲状腺が働きすぎてしまう病気なので、かつての医学では ヨードを大量に摂って甲状腺を抑制すればバセドウ病が治るのではないかという考えがあったのだそうです。 ですがこれはあくまでも「一時的に」甲状腺の働きが弱くなっただけで、持続するわけではないため結果的に効果があったとは言えなかったようです。 1日10mg程度までなら、バセドウ病に悪影響が出る心配はほとんどないということです。 バセドウ病の人が食べない方がいい食べ物 食べない方がいい食べ物なんですが、いざ調べてみると本当に情報がないんですね。 それで自分なりに理論立てて(あくまで自己流です)考えてみたのですが、バセドウ病になると特定の症状にかなり悩まされますよね。 動悸や息切れが激しくなる• 脈拍が早くなる 頻脈• 汗を大量にかくようになる• 頻尿になる• 乾燥しがちになる• 体温が上がる• イライラしやすくるなる これってつまりは甲状腺の働きが活発になることによって、 代謝が激しくなり体温が上がり体内の水分が足りなくなるということですよね。 自分なりに考えた結果、このような結論に至りました。 上記に該当しそうな食べ物をまず二章でご紹介しますので、実際に私が食べて体の状態にどういう変化が出たのかは三章でお話させていただきますね。 それではまずは、「これは摂取しない方がよいのでは」と思った食べ物をいくつか。 カフェインを含む 紅茶 緑茶 コーヒー ココア 一番に「これはいけないのでは」と思い浮かんだのは カフェイン類でした。 カフェインを摂取すると「精神興奮作用・利尿作用・解熱作用・強心作用」などがあります。 またカフェインを摂りすぎると「脈が速くなる状態(頻脈)・動悸・手足の震え・目のまぶしさ(羞明)」などの症状が出ます。 香辛料などのスパイス類 香辛料としてよく使われるスパイス類は、身体を温める作用のあるものが多いんです。 代謝を良くし体温を上げるのに効果的と言われているスパイスは 「マスタード・ターメリック・生姜・カルダモン・クミン・ナツメグ・シナモン・黒コショウ」 などが有名ですね。 あとは言わずもがな唐辛子やチリペッパーなどもそうですね。 甘い食べ物 チョコレートなど これも依存性が非常に高い食べ物であり、中毒に陥りやすい代表例ですよね。 甘いものを食べ過ぎることで、身体がだるくなったり震えが起こったりといった症状がでることがあります。 お菓子などに含まれる砂糖ですが、別名「マイルドドラッグ」と呼ばれるくらい高い依存性があると言われています。 加工品の中でも添加物が多く含まれるような食品 市販のお菓子や冷凍食品もそうですが、スーパーやコンビニのお惣菜であったりチェーン店で出されるような食べ物。 これらには食品添加物が多種多様に含まれている場合が多く、こういった食べ物は依存性も高く中毒になりやすい傾向にあります。 ポテチやバーガーって味が濃くておいしいのですが、それゆえに「もっとしっかり濃い味のが食べたい!」といった状態になりやすく、知らぬ間に中毒になり抜け出せなくなることも。 ただ添加物に関してはもともとアトピーということもあって普段からとらないよう気を付けていたのと、もしもアトピーの方が悪化したら困るなぁと思ったため試しはしませんでした。 あとこれは実際に食べて実験することができていないのですが、 高麗人参もバセドウ病を亢進してしまう恐れが高い食品のようです。 なんでも高麗人参には甲状腺ホルモンと似た作用があるため、摂取することによってバセドウ病を悪化させてしまう可能性があるとのことでした。 それでは私がどうなったのか、次の章でご確認くださいね。 まず カフェイン類なのですが、実は実験してみたというより毎朝ミルクティーを飲んでいたのですよね(汗) カフェオレや午後〇紅茶も大好きでしたので、仕事終わりによく飲んでました…。 毎日のように摂取していたため、カフェインで脈が速くなっているのかどうかがよく分からず。 逆に10日間だけ、一切のカフェインを断ってみました。 代わりに麦茶やお水・白湯などをカフェインを摂取していたときと同じくらい飲むようにしてみました(水分摂取量の違いを出してしまわないように) すると動悸や頻脈には変化は確認できなかったものの、 「乾燥・頻尿」に関しては改善が見られました。 バセドウ病になってからというもの、やたらと喉が乾く感じやトイレに行く回数の多さにはとても困らされていたのですが、カフェインを断った次の日すぐくらいからトイレに行く回数が減りました。 水分を摂る量としては同じにしたはずなのに、です。 これは仕事中にはとても助かる発見だなと思いました。 頻繁にトイレ行けるわけではない方も多いですしね。 次に 香辛料(スパイス)ですが、これも実は結構頻繁に摂取しておりました…。 世界で一番好きな食べ物がカレーなんですよね…!週に2,3回は食べてました! 梅干し見ると唾液がっていうじゃないですか、あれがまんま私の場合はカレーなわけです。 それくらい「あぁこれ食べたら絶対うまいわ」って脳内に刻み込まれてる食べ物なんです。 それにシナモンも大好きなスパイスなので、お菓子に入れーの紅茶に入れーのとかなりヘビーユーズしていた香辛料でした。 この2つを実験のために断つのは非常に堪えたのですが、自分や他の方のためと思って同じく10日間ほど避けてみました(泣) 避けている間は特に変化を感じられず、ただただ口さみしい気がするだけだったのですが、11日目にさっそくカレーを食べてみたんですね。 すると今まで感じたことのないような 吐き気と胃もたれがありました。 あとは当然ですが 汗と動悸ですね。 もともと甘党なのでカレーを食べる時でも甘口しか食べられないのですが、たとえ辛さを感じなくとも汗や動悸がはっきりと感じられました。 またシナモンの場合は あきらかに脈が速くなっていると思いました。 一振り二振りくらいしかミルクティーに入れていなかったにも関わらず、飲み始めから飲み終わるまでドキドキしっぱなしでした。 これに関しては本当にショックでした…。 次は 甘い食べ物なのですが、これが実際は一番試したくありませんでした。 なぜなら甘い物が死ぬほど好きなので!!!! 10日間食べないようにするとか、もはや拷問ですやんかと思いましたが、試すと決めた手前やらないわけにはいかず…。 すると体の変化はとくに感じられなかったものの、精神面では結構影響がありました。 イライラが収まり、だるさがましになるということが、断った2日後くらいから感じられるようになりました。 そんなに短気な方ではなかったのですが、お菓子と言えるもの一切を断ってからというもの、明らかに心に余裕が感じられました。 なんとなくだるいという感覚もましになったため、前は集中力が持続しにくかったのですが、他人から見てもわかるくらい改善されていました。 おそらく自分でも気づかないうちに砂糖中毒になっていたのでは、と思いました。 バセドウ病の人が食べない方がいい食べ物の実験まとめ いかがだったでしょうか。 およそ一ヶ月をかけて試した人体実験の結果、みなさまの納得がいく仕上がりになっておりますでしょうか? どれも常食していたと言ってもいいくらい毎日のように食べていた物だったので、食べるのをやめることでこうも精神面や体調に変化があるとは思っていませんでした。 甲状腺の腫れや眼球突出には結局変化が見られませんでしたが、イライラや動悸・身体の熱さに改善の兆しが見られたのは普通にうれしい発見でした。 バセドウ病になるに至るまでには、ストレス以外にも「慣れてて気づかなかった意外な原因」というものがあるかもしれません。 私の場合は以上の食べ物が直接の原因になっていたかどうかは不明でも、 バセドウ病の症状を悪化させてしまうかもしれないということがよく分かりました。 基本的には食べない方がいい食べ物はないのですが、摂り過ぎている食べ物が思い当たる方は一度控えてみると体調が改善するかもしれませんね。

次の

医者は教えてくれない あなたにとって、食べちゃ〜ダメ食品│ナターシャ・タイムズ 最新のホリスティック/酵素栄養学をベースにした健康管理&ダイエット情報

バセドウ 病 チョコレート

見に来てくださった方へ。 初めまして。 バセドウ病歴6年の「こまめ」と申します。 これは私がバセドウ病になった原因を自分なりに分析した結果、 「あらゆるストレスがバセドウ病になる原因だった話」を記したものとなります。 稀に遺伝の関係であったり妊娠などの体内環境の変化による影響でなる方もいらっしゃるようなので、必ずしもストレスがすべての原因であるとは言えないかもしれません。 ですが私が思うに、おそらくバセドウ病になったほとんどの人が体験したことがあり、また発症の原因に大いに関わることだと思っています。 仕事を我慢し続け自分を押し殺した、生活習慣が乱れて食生活がおろそかになってしまった、悪循環が断ち切れなくなった…など。 結果見事に「バセドウ病患者」となってしまった私のような人が、これ以上増えずに済むようにと思い、この体験談が少しでも参考になればと思いました。 病気になるまでの経緯や「この時こうしていればよかった」と後悔した話、なぜこうなってしまったのか?という理由も含めて、書かせていただきます。 少し長くなりますが、できれば最後まで読んでいただければと思います。 バセドウ病 甲状腺機能亢進症 とは自己免疫疾患のひとつであり、甲状腺 首の前側、のどぼとけのすぐ下 から出る「甲状腺ホルモン」が過剰に分泌される状態を言います。 バセドウ病になる原因ですが、複数の原因 過度のストレス・出産などによる体内環境の変化・稀に遺伝的な要因など が関与して発症すると考えられているため、一概に「この成分が、このウイルスが、この病気の原因ですね!」と言い切れるものではありません。 それなのに、なぜ私は「きっとほとんどの人はストレスが原因」だと思い至ったのか。 あくまでもこれは私の場合での話になるのですが、 「色々なストレスを自分の体に一気に与えてしまったこと」 これがバセドウ病への始まりだったと確信しています。 私がバセドウ病になったきっかけというか、思い当たる理由や原因は、主に3つありました。 苛酷な職場環境で無理して働いていたストレス• 辞めたあとの体調不良により生活習慣が乱れ昼夜逆転の生活に• ダイエットしようとして痩せすぎたあと激しくリバウンドした これらがたった2年の間に怒涛のように起こってしまい、ストレスの負債を処理しきれず病気になってしまったのです。 それぞれどういった経緯だったのか、1から順を追ってお話していきますね。 職場でのストレスを限界まで我慢し続けてしまった まず病気になるきっかけになっただろうことの始まりは 「仕事によるストレス」でした。 これはきっと多くの方が思い当たる節があるのではないでしょうか。 職場での人間関係がよくない(上司が最悪、同僚や後輩に困っている)• 職場の環境がよくない(定時で上がれない、残業や出勤日数が多い)• 職場で自分の意思を言えない(有休を言い出しづらい、休みを申請しづらい)• 辞めたいのに辞めたいと言い出せない など。 私の場合は人間関係以外のほとんどが当てはまっていました。 週6日出勤は当たり前で、下手すると13日連続で出勤しなければならないことが二ヶ月に1回ありました。 一日の労働時間も6~10時間で、休憩時間は2、30分しかもらえませんでした。 それが約一年半もの間続き、心身ともに完全に限界まできてました。 それなのに「辞める」とはなかなか言い出せず、お店が潰れるまで逃げられませんでした。 これは自分の性格が招いた結果でもあったので、もっとしっかり自分のことを考えられていたら…と悔やまれます。 バセドウ病になりやすい性格の人とは これは自分の場合だけでなく、私が病気になってから出合った人たちも含めて、自分なりに分析してわかったことです。 病気になってから3年の間で、4人の甲状腺疾患の方と出会う機会がありました。 みんな一見まったく性格が違うように思えましたが、ある共通点がありました。 なんでも自分ひとりで頑張ろうとしてしまう• 人に気軽に頼ることができず必要以上に抱え込んでしまう• ああしたらこうなってしまう、など考えすぎてしまう どうでしょうか。 あなたももしかして当てはまる部分があるのではないでしょうか。 人のことを優先して考えてしまい、自分のことは後回しにしてしまっていませんか? それはとても素晴らしい行いだと言われることが多いでしょうが、その行為で自分の身体が気づかないうちに悲鳴をあげているかもしれません。 わたしは辞めるまでそれに気づこうとしなかったため、そのあと一気に体調を崩すことになります。 ストレスで睡眠不足と過食に悩まされることに 思えばすでにこの時点でバセドウ病の症状が髄所に表れていました。 おまけにタイミングも悪かったのですが、苛酷な仕事を辞めたばかりだったから、その反動で なんだか疲れやすいだけだろうと思い込んでしまったのです。 なんだか眠れないのもきっと溜めてたストレスの反動だろうなと。 夜にうまく眠れないし、それなら眠れるまで起きとくか!と。 いったん歯車が狂うと、睡眠サイクルって一気におかしくなっていくんですね。 こうなってくると、次に困ったのが「食事の時間」でした。 昼夜逆転してしまうと、夜ご飯を食べるのがありえない時間になるわけで、そうなると太りやすくなってしまいますよね。 睡眠不足も過食になる原因になるらしく、よけい太りやすかったんです。 そこで私は何を思ったか、生活習慣を正そうとするのではなく 「そうだ、ダイエットしよう!」 と思い至ってしまったのですね(頑張る方向間違ってる) で、これが思いのほかうまく行き過ぎてしまい、かえって病気を悪化させてしまうことになります。 スポンサーリンク ダイエットで痩せすぎた後リバウンドしての繰り返し いきなりですが、酵素ダイエットってご存知でしょうか? サプリや液体タイプがあり、お店や宣伝などでもよく見かけることがあると思います。 身体に必要不可欠な酵素は年齢を経る毎に減っていくため、食べ物から日々補う必要があるらしいのですが、それを効率よくたくさん摂るのによいとされている方法なんです。 で、わたしは見たとき「これや!」と思いました。 すごく太っていたわけではなかったのですが、その当時すごく息切れしやすかったのです。 それで自分なりになんでかなと考えた結果、「生活くるって太ったのが原因だな!」と思ってしまったのです。 方法としてはいたって簡単で、最初のうちは軽い断食を行い、胃や腸をいったんきれいにしたあと徐々に回復食を摂り、短期間で痩せられるようになっています。 起き抜けに何倍かに希釈した酵素を規定量のむ• 朝食の代わりにのむ• 昼食を控えめにしてお腹がすいたらのむ• 晩御飯を控えめにしてお腹がすいたらのむ• これを3日間続けたら徐々に食事の量を増やす すっごくざっくり言ったらこのような感じです。 本来はもっと飲む量も食事内容も細かい指定がありましたし、日程スケジュールもガッツリ組まれていました。 …ですが、そこはまぁ極度のメンドクサがり人間の私なわけで。 さすがに私もこんなに急激に痩せるのはとても危険だと思い、今度は頑張って太ろうと思ってしまったのです。 どれだけ頭悪いんでしょう…。 そうするとですね、急激に痩せたあとって体も栄養を吸収しやすい状態になっているので、食べた分だけ太りやすくなってしまうのですよね。 そうしますと今度は 60キロいくかいかないかまで体重が増えてしまい、また焦ってもとに戻そうとまた酵素断食を自己流でしてしまったのです。 バセドウ病の原因まとめ ここまで読んでみて、いかがだったでしょうか。 最初は仕事を我慢し続けたことによるストレスから始まり、体調不良による睡眠不足で生活習慣病になり、そして無茶なダイエットを繰り返したことによる身体への大きな負担。 その色々なストレスが積み重なって、バセドウ病へなるに至ったのだと思いました。 入り口としては「限界まで我慢してしまったこと」だったのですが、その後のことはもう完全に体調管理が行き届いていなかったことがいけなかったのだろうと思います。 自分の心や体の面倒は自分で見なければいけないことだったのに、自分以外を優先しすぎて、身体の不調などは見て見ぬふりをし続けてしまいました。 ストレスなんて誰もが持っているものであり、それを我慢するのが社会人として当たり前で。 すぐ辞めたり他の人の迷惑を考えず休むなんて、それは甘えでしかない。 果たして本当にそうなんでしょうか? そんなわけがありません。 全然当たり前でも甘えでもなかったんです。 自分の頭ではそうやって納得しようとしても、身体は限界だと教えてくれていたんです。 自分の身体の声は、自分が一番に聞いてあげないと誰も気づいてくれません。 心や体が壊れてしまう前に、病気の身体になってしまう前に、自分と向き合ってみてほしいと思います。 あなたに当てはまる部分があったなら、もう限界まで我慢しなくていいですからね。 まずは病院へ行って、それからゆっくりと治していってくださることを願っています。

次の