ボルゾイ ブログ。 旅行ブログ 人気ブログランキング

ボルゾイ子犬ブリーダー大関京子の犬ブログ

ボルゾイ ブログ

ボルゾイのブリーダーとしてのこだわり 美しく優雅なボルゾイのスタンダードを追い求めて、容姿・性格共に素晴らしい子犬の作出に努めています。 世界各国のブリーダーさんと連絡をとり、世界の美しいボルゾイ達から産まれた子犬を1頭ずつ厳選して犬舎に迎えています 社交性等の性格・健康面ともに、より素晴らしいボルゾイを育てあげるために環境にもこだわっています。 ストレスのかからない環境整備のため、十分に走り回れるドッグランを用意し、車の騒音のない静かな山の上でボルゾイ達と家族の一員として楽しく暮らしています。 ボルゾイのブリーダーとしてのこだわり2 (交配について) 交配につきましてはアウトブリードにこだわっています。 国内でもボルゾイはまだまだ数が少ない犬種となり、国内のボルゾイ同士での交配は考えておりません。 健康面に関しましては、血縁が遠い方がより健康な子犬が産まれる可能性が高いと信じております、ですのでアウトブリードにこだわり、遠い血統で素晴らしく美しいボルゾイ同士の交配にこだわっていくつもりです。 ボルゾイ子犬販売シルヴィ 見学や販売についての流れ ボルゾイの子犬販売のご予約について 子犬の販売は予約順にご希望の子をお選びいただいております。 事前のご予約は常時受け付けております。 詳細はお気軽にお問い合わせください。 ボルゾイの交配のご希望について (種牡の貸出) 愛犬の子供を残したい方などお気軽にご相談ください。 基本的にはご愛犬を犬舎でのお預かりという形になります。 個人的な都合により交配をお断りさせていただく場合もございます、ご了承ください。 詳細につきましてはお気軽にご連絡ください。 ボルゾイの成犬や子犬の見学についての注意 ボルゾイの成犬の見学につきまして、犬舎の子たちと十分に触れ合う事ができます。 しかし犬舎来訪前のドッグランでの触れ合いや、野生動物が多数いるような場所への立ち寄り、お家の家で病気の動物がいる場合など、その際には必ず教えてください。 多頭飼育ということもあり感染症対策には気を使っておりますのでご協力よろしくお願いいたします。 ボルゾイの子犬の見学につきまして、基本的には子犬に触れることが可能です。 その際には手を洗っていただいておりますのでご協力よろしくお願いいたします。 しかし抱っこは禁止させていただいておりますのでよろしくお願いいたします。 多忙のため、ご来訪日のご当日は到着30分〜1時間前くらい前に一度御電話くださいますようご協力をどうぞよろしくお願い致します。 ボルゾイの販売について ボルゾイの子犬の販売(や里親の募集)について、生体という特殊な販売により購入をご希望いただいても販売をお断りさせていただく事がございますがどうかご理解ください。 愛情をもって可愛がっていただける方であれば特に難しい条件等はなにもございません。 お電話もしくはメールにて、可愛がっていただける環境、お迎え頂いた後のボルゾイとのライフスタイルなどを簡単にお教えください。 よろしくお願いいたします。

次の

ボルゾイな生活 ランキング

ボルゾイ ブログ

ボルゾイの魅力 犬の貴族ともいわれるボルゾイの魅力は、何と言ってもその美しさです。 優雅、気品という言葉はこの犬種にぴったりと当てはまります。 人々がボルゾイに魅せられるきっかけは、散歩しているところを見かけた時や、公園などで飼い主と遊んでいる光景を見た時などだと思います。 公園にはいろいろな犬種が集まり、他人が自分の犬に触れることもよくありますが、超大型犬の中でこのような光景が見られるのはボルゾイが圧倒的に多いようです。 他犬種との争いを好まないフレンドリーな犬ですし、優しい表情なので威圧感を与えないからではないでしょうか。 他の超大型犬は犬と仲良くできても、人はその大きさを見ただけで一歩引いてしまいます。 非常に足の速い犬種ですが、 アグレッシブなところが少ないので散歩も楽です。 美しさだけではなく室内で飼いやすいのも魅力といえるでしょう。 これらが女性オーナーが多い理由でしょう。 長毛種でありながら、毛質が油性ではなく、アンダーコートが少ないので換毛やシャンプーの時も手入れがとても楽です。 そして、 他の大型犬によく見られる股関節形成のトラブルも、骨格構成上ほとんどなく丈夫です。 無駄吠えも少ないので、近所に気兼ねしないで飼うことができます。 どちらかというと犬の中でも猫に近い性格ですので室内でおとなしくしていることが多く、夏は涼しく冬は暖かく、人間が快適と感じる程度の環境さえ整えてあげれば、室内でも屋外でも飼いやすい犬種です。 スパーク BIS. JKC. Kenai's Last Of The Dogmen 2004年度に82回エントリーし、41回のBIS、8回KING、その他R. KING多数。 ドッグショーの年間最多勝記録を塗り替えた。 オーナーは網中友紀子氏。 9世紀間に渡りロシアの歴史と文化に大きな影響を与え、そして国外に旅立っていったボルゾイが、各国であでやかに活躍し、超大型犬の最大の普及国アメリカでも今やトップクラスの人気犬種となっています。 原産国ロシアでは衰退後の影を残し、今一歩、伝統的な血統の表現が望まれています。 20年ほど前から日本においても素晴らしいボルゾイが増えてきましたが、完璧な犬はいません。 どこか欠点があるので、できるだけスタンダードに近づけるべく努力し、結果を出さなくてはなりません。 そのためのひとつの健全性の確認としてドッグショーへの参加はとても望ましいと思います。 ちなみにJKCドッグショー、過去15年間の最多優勝犬はボルゾイです。

次の

旅行ブログ 人気ブログランキング

ボルゾイ ブログ

ボルゾイの魅力 犬の貴族ともいわれるボルゾイの魅力は、何と言ってもその美しさです。 優雅、気品という言葉はこの犬種にぴったりと当てはまります。 人々がボルゾイに魅せられるきっかけは、散歩しているところを見かけた時や、公園などで飼い主と遊んでいる光景を見た時などだと思います。 公園にはいろいろな犬種が集まり、他人が自分の犬に触れることもよくありますが、超大型犬の中でこのような光景が見られるのはボルゾイが圧倒的に多いようです。 他犬種との争いを好まないフレンドリーな犬ですし、優しい表情なので威圧感を与えないからではないでしょうか。 他の超大型犬は犬と仲良くできても、人はその大きさを見ただけで一歩引いてしまいます。 非常に足の速い犬種ですが、 アグレッシブなところが少ないので散歩も楽です。 美しさだけではなく室内で飼いやすいのも魅力といえるでしょう。 これらが女性オーナーが多い理由でしょう。 長毛種でありながら、毛質が油性ではなく、アンダーコートが少ないので換毛やシャンプーの時も手入れがとても楽です。 そして、 他の大型犬によく見られる股関節形成のトラブルも、骨格構成上ほとんどなく丈夫です。 無駄吠えも少ないので、近所に気兼ねしないで飼うことができます。 どちらかというと犬の中でも猫に近い性格ですので室内でおとなしくしていることが多く、夏は涼しく冬は暖かく、人間が快適と感じる程度の環境さえ整えてあげれば、室内でも屋外でも飼いやすい犬種です。 スパーク BIS. JKC. Kenai's Last Of The Dogmen 2004年度に82回エントリーし、41回のBIS、8回KING、その他R. KING多数。 ドッグショーの年間最多勝記録を塗り替えた。 オーナーは網中友紀子氏。 9世紀間に渡りロシアの歴史と文化に大きな影響を与え、そして国外に旅立っていったボルゾイが、各国であでやかに活躍し、超大型犬の最大の普及国アメリカでも今やトップクラスの人気犬種となっています。 原産国ロシアでは衰退後の影を残し、今一歩、伝統的な血統の表現が望まれています。 20年ほど前から日本においても素晴らしいボルゾイが増えてきましたが、完璧な犬はいません。 どこか欠点があるので、できるだけスタンダードに近づけるべく努力し、結果を出さなくてはなりません。 そのためのひとつの健全性の確認としてドッグショーへの参加はとても望ましいと思います。 ちなみにJKCドッグショー、過去15年間の最多優勝犬はボルゾイです。

次の