メルセデス amg gt 4 ドアクーペ。 GT 4ドアクーペ|メルセデス-AMG|輸入車カタログ|ヤナセ認定中古車検索サイト

メルセデスAMG・GTに4ドアクーペが登場!CLSとは異なるAMGオリジナルモデル!

メルセデス amg gt 4 ドアクーペ

mercedes-benz. Aクラスのフルモデルチェンジ、Cクラスの大規模なマイナーチェンジ、そして今回ご紹介するAMG・GT4ドアクーペの発表です。 特にこのAMG・GT4ドアクーペは注目度が高く、人だかりも大きくなっていたようです。 AMG・GTシリーズはすでに大きな人気を博していますが、やはり4ドアモデルの需要はかなりあったということでしょうか。 では、待望のAMG・GT4ドアクーペについて詳しく見ていきましょう。 GTと同じ4. 0リッターV8エンジンとAMGスピードシフトMCT 9Gを搭載 エンジンには 4. 0LV8ビターボエンジンを使用。 これはGTシリーズと同じタイプになります。 第3世代の直噴システム「BlueDIRECTテクノロジー」をツインターボに組み合わせたことで従来よりも効率のいい燃焼となり、ダイレクトなレスポンス、強力なパワーを発します。 トランスミッションにはAMG専用のAMGスピートシフトMCT 9Gが組み合わされました。 パナメリカーナグリルを備えた4ドアクーペスタイル フロントグリルには一目でAMGとわかる AMGパナメリカーナグリルを装備。 近年ではこのグリルがAMGの顔となりつつありますね。 このパナメリカーナグリルは1952年、今となっては伝説と化した公道レース、カレラ・パナメリカーナ・メヒコで優勝を飾った「300SL カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」にルーツを持つメルセデスベンツAMGの誇りともいえるグリルです。 AMG GTでは座席がかなり後ろ寄りになり、リアホイールの前に運転席があるようなスタイルでしたが今回のAMG GT4ドアクーペでは4ドアスタイルに最適化された形状へと変化しました。 ハイスペックなスポーツカーでありながらも高級サルーンであることを鑑みてか、ワイド&ローなボディで迫力を出しつつも上質感を感じさせるデザインとなっています。 3インチワイドディスプレイを採用したフルデジタルコックピット ディスプレイには12. 3インチのワイドディスプレイを設置。 インストルメントと最新のインフォテイメントシステムを搭載した2つディスプレイが一枚のパネルに収納され、フルデジタル化しています。 音声アシスト機能も利用できるので、運転中でもステアリングから手を離さずに使用でき便利ですね。 半自動運転システム、ドライブパイロットを搭載 今回のメルセデスAMG・GT4ドアクーペでは最新鋭の運転支援機能も搭載されました。 ドライブパイロットは部分的な自動運転を可能にする運転支援システム(ADAS)を装備し、高速などでドライバーの負担減を実現します。 優れた認識システムにより車間距離はもちろん、車線や周囲の車両の位置、ガードレールなどを常時モニタリング。 ステアリングアシストが作動する状況を従来よりも幅広く設定しています。 さらに 自動発信機能も搭載。 ドライブパイロット使用時に停止した場合、停止時間が30秒以内であれば自動で再発進、それ以上の停止時間であれば軽いアクセル操作などで発進できるようになっています。 特に渋滞時などにおいてドライバーの負担を軽減してくれそうですね。 渋滞時の運転は精神的にも肉体的にもかなり疲労がたまるものですから、高速道路運転時には積極的に使用したくなる機能なのではないでしょうか。 mercedes-benz. また、GT53は今回デビューするメルセデスAMG・GT4ドアクーペの中で唯一マイルドハイブリッドシステムが搭載されるグレードとなっています。 新開発の3. 0L直6ターボエンジンを搭載、欧州では最近主流になりつつある48V電気システムとクランクシャフトとベルトでつながりモーターと発電機の役割を果たすシステムが組み合わされた 「EQブースト」を採用しました。 これは新型Cクラスにも導入されている新技術です。 GT63とGT63 SにはGTシリーズと同タイプの4. 0LV8ビターボエンジンを搭載、それぞれに新たにチューンナップが施されています。 装備類に関してはまだあまり詳しい情報がありませんが、シートはオフホワイトにダイヤ型ステッチが施されたレザーシートやよりスポーティなブラックとグレーのコンビシートなどがあるようです。 いずれのシートもサイドサポートのついたスポーツ仕様です。 特別仕様車GT63 Sエディション1にはAMGエアロダイナミクスパッケージが付属 特別仕様車であるGT63 Sエディション1は発売後12か月間限定でオーダーが可能なモデル。 どのAMGモデルでも新型が登場した際はこのエディション1が設定されるようです。 今回は最上級グレードのGT63 Sに設定されました。 通常モデルではオプション設定となるAMGエアロダイナミクスパッケージが装備され、大型化したフロントスプリッターにリアディフューザー、角度調整ができるリアスポイラーをセット。 ルックスの迫力アップはもちろんですが、空力性能も向上し最適化しています。 ボンネット、ルーフ、そしてサイドに施されたグレーのストライプと21インチの鍛造ホイールがスピード感&特別感を演出しています。 ボディカラーには専用色デジーノ・グラファイト・グレー・マグノが用意されました。 シートはエクステリアと完璧にコーディネートされたマグナ・グレーのAMGマルチコンツアーシート。 メモリーパッケージも装備されています。 ステッチにやシートベルトなどにはアクセントカラーとしてイエローが用いられ、明るさや若々しさをもたらしています。 エンジンに関してはベースモデルのGT63 Sから変更はありません。 それにしてもAMG GT63 Sの数値は驚くべきものになっていますね。 mercedes-benz. module. html ポルシェ・911に対抗する車種として登場したメルセデスAMG・GT メルセデスAMG・GTが日本に登場したのは2015年。 ポルシェ・911に匹敵するモデルとして登場しました。 メルセデス史上最も美しい車、と銘打って発表され、その言葉通りの古典的な美しさの中に秘められた驚くべき走行性能はファンの度肝を抜きました。 AMGの技術を余すことなく詰め込んだこのハイスペックカーは、今ではポルシェ・911に負けずとも劣らない存在として認識されています。 ここではAMG・GT、AMG・GT S、AMG・GT C、AMG・GT Rのスペックと比較してみましょう。 AMG GT63 Sには否応なく期待が高まってしまいますね。 porsche. ポルシェ初のフル4シーターの4ドアセダンです。 スポーツカーでありながらも高級サルーンであることを強く意識したといい、コンセプトに関しては今回のメルセデスAMG・GT4ドアクーペとほぼ同じといえますね。 ちなみにこの車種の名称「パナメーラ」の由来は先に紹介した「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」から。 近年のAMGに使用される「パナメリカーナグリル」と同じところに由来を持つところもなんだかお互いに縁の深さを感じさせるモデルですね。 bmw. html BMW・6シリーズ最高峰のハイパフォーマンスモデルであるM6。 その 性能をさらに極限までといえるほど高めたのがこのコンペティションパッケージです。 エンジン性能を引き上げているのはもちろんのこと、専用にチューンナップされたダンパーやスプリングも備え、その走りは他の追随を許しません。 mbusa. 既にある43シリーズと63シリーズの中間的な位置付けの存在です。 AMG・CLS53 4マチックはパワートレインがマイルドハイブリット。 もちろんAMG・GT4ドアクーペに搭載された「EQブースト」機能を使用しています。 メルセデスベンツは、CLSとGT4ドアクーペとの違いは「普遍的な魅力を持ったモデル」と「革新的でアグレッシブなモデル」と語り、この2車種は似て非なるものであることを窺わせます。 mercedes-benz. AMGのレーシングスピリットを感じる走りをより幅広いシーンで楽しむことのできる車として愛されることになるのではないでしょうか。 日本への導入が待ち遠しいですね! Advertisement 関連する記事• 2016. 11 photo by トヨタ公式サイト 広い室内と快適な乗り心地から、「走る居間」とまで呼ばれ、ミニバンにとどまらない高級車として新たなジャンルを切り開き[…]• 2018. 海外ではすでに販売スタートし[…]• 2016. 25 3月25日~4月3日まで米国ニューヨークで開催されるニューヨーク国際自動車ショーでは、多くの自動車メーカーが新型モデルを初公開するが、筆者が個人的に期[…]• 2018. astonmartin. 2018. subaru. html 目次 1. 新型5代目フ[…].

次の

メルセデスAMG・GT・4ドアクーペ

メルセデス amg gt 4 ドアクーペ

Mercedes-AMG GT 4-Door Coupe メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 究極のパフォーマンスと日常での使い勝手を両立。 メルセデス・ベンツ日本は、「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表した。 メルセデスAMGのアイデンティティである、究極のハイパフォーマンス性能を持ちながら、官能的なデザインと広い室内空間や4ドアの利便性を兼ね備えてており、パフォーマンスやデザイン性を求めながらも、日常生活での使い勝手を求めるカスタマーの要望に応えるモデルとなる。 日本市場におけるデリバリーは5月以降を予定している。 シャシー開発にモータースポーツのシミュレーションを採用。 「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」のシャーシ開発には、モータースポーツの分析・シミュレーションが採用されており、最大のパフォーマンスを確保すべく、様々なセクションに補強が加えられている。 特にフロントセクションは非常に剛性が高く、正確なステアリングとフィードバックをドライバーにもたらすという。 また、センターからリヤエンドにかけて、ガセットやクロスメンバーを追加。 ラゲッジフロア部にCFRP素材を採用するなど、軽量・高剛性を実現している。 コーナリング時やブレーキング時には、 硬いスプリングレートに瞬時に切り替えることで、高い安定性と思いのままの俊敏なハンドリングを実現した。 さらに走行状況に合わせて四輪それぞれを電子制御する連続可変ダンピングシステムを採用。 ボタンを押すことで車高を上げ、駐車場のスロープなどでも気を遣わずに運転することも可能になった。 GT43にはコイルスプリングと電子制御式可変ダンパーを組み合わせた「AMG RIDE CONTROLサスペンション」が標準で装備されている。 639psを発揮する4. 0リッターV8ツインターボを搭載。 「GT63 S」には、AMG製4. 0リッターV8直噴ツインターボエンジン「M177」を搭載。 砂型鋳造されたクローズドデッキのアルミニウムクランクケースに鍛造アルミニウム製ピストンを組み合わせることで、軽量かつ高強度なエンジンを実現。 また、シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コーティングする「NANOSLIDE」摩擦低減加工を施すことで、フリクションロスも低減している。 2基のターボチャージャーはV型シリンダーバンクの外側ではなく内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトとした。 エンジンを可能な限りコンパクト化するとともに、ターボチャージャーへの吸排気経路の最適化とツインスクロールとすることで、低回転域から優れたレスポンスを実現している。 また、効率性を強化するため、気筒休止機能「AMGシリンダーマネジメント」を搭載。 「Comfort」モードで走行中、エンジン回転数が1000 — 3250回転で低負荷の際には、2番、3番、5番、8番のシリンダーを休止することで燃料消費量とCO2排出量を抑えることが可能となる。 トランスミッションは、ダイレクト感のある素早いシフトチェンジと高い伝達効率を実現した電子制御式9速トランスミッション「AMGスピードシフトMCT(マルチ・クラッチ・テクノロジー)」を搭載。 通常のオートマティックトランスミッションに見られるロスを低減し、軽量化も相まって燃費の大幅な向上とレスポンス向上に貢献している。 また、シフトダウン時の自動ブリッピング機能やレーススタート機能によってダイナミックな走りも楽しむことができる。 「インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター」を採用。 「GT43」と「GT53」には、直列6気筒エンジン「M256」に加えて、「インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター(ISG)」を搭載。 これはエンジンとトランスミッションの間に配置された、最高出力21ps(16kW)・最大トルク250Nmを発生する電気モーターで、オルタネーターとスターターの機能も兼ねる。 この電気モーターと「48V電気システム」により、従来のハイブリッドカーのような回生ブレーキによる発電を行い、約1kWhの容量のリチウムイオンバッテリーに充電。 エンジンが低回転時には、その電力を利用しすることで、高い効率性と力強い加速を実現する。 スターターが従来より高出力な電気モーターとなったことで、エンジン始動時の振動を抑え、エンジンスタートおよびアイドリングストップの際の再スタートの快適性も向上させた。 直列6気筒「M256」エンジンは低回転域で過給を行う「電動スーパーチャージャー」を搭載し、ターボラグを解消。 「電動スーパーチャージャー」と「ISG」による動力補助・排気ターボチャージャーとの組み合わせにより、あらゆる回転域で俊敏なエンジンレスポンスを実現した。 「GT43」は最高出力367ps(270kW)・最大トルク500Nm、「GT53」は最高出力435ps(320kW)・最大トルク520Nmを発揮となる。 「AMG GT」ファミリーを強調するエクステリア。 エクステリアに目を移すと、フロントは伝統的なクーペの特徴であるロングボンネットとふたつのパワードームを採用。 さらに上下方向に細く幅の広いデザインのLEDハイパフォーマンスヘッドライト、縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエターグリル、逆スラントした「シャークノーズ」、「GT43」および「GT53」には流麗な「Aウイング」デザイン、「GT63 S」には両端部をさらに際立たせた、改良型「ジェットウイング」など、AMG GTファミリーならではのデザイン要素がふんだんに盛り込まれた。 また、フロントエプロン下部には電気モーターにより約1秒で開閉する、電子制御式垂直ルーバー「エアパネル」を装備。 コンポーネントが一定の温度に達し、冷却が必要となったときだけルーバーが開き、各種ラジエターへ流れる空気の量を最大限に高めるシステムだ。 5人乗車のスペースだけでなく、十分なラゲッジを確保。 インテリアの大きな特徴は乗車定員が5人であること、そして高い積載性にある。 リヤシートは大人であっても十分な空間を確保。 ラゲッジスペース容量は最大で461リットルを確保し、さらにリヤシートを格納した場合、最大1324リットルまで拡大する。 ワイドさを強調するインテリアトリムやタービンエンジンを想起させるエアアウトレット、ふたつの高精細12. 3インチワイドディスプレイを一枚のガラスカバーで融合したコクピットディスプレイなど、基本デザインを最新のメルセデス・ベンツモデルの流れを踏襲。 一方、センターコンソールはクーペの「メルセデスAMG GT」譲りの、V8エンジンをモチーフにしたデザインが採用されており、航空機のコックピットのように各種スイッチやボタンが機能的に配置されている。 「GT43」にはAMGスポーツシートが標準装備となり、 オプションでナッパレザーも選択可能。 「GT53」にはナッパレザーのスポーツシートが標準装備となり、オプションでナッパレザーのフルレザー仕様や、セミバケットタイプのAMGパフォーマンスシートなど、多種多様な材質と形状から選択することもできる。 導入記念特別仕様「GT63 S Edition 1」も登場。 「メルセデスAMG GT4ドアクーペ」の発表を記念した特別仕様車「メルセデスAMG GT63 S Edition 1」も登場した。 外装色に「ダイヤモンドホワイト」と「グラファイトグレー」を用意。 また、専用ポリッシュ/マットブラックペイント21インチAMGクロススポークホイール(鍛造)を装着し、空力をさらに強化する「エアロダイナミックパッケージ」も採用された。 インテリアにはイエローステッチの入った、マグマグレーとブラックのツートンナッパレザー(フルレザー仕様)、専用のイエローステッチ入りフロアマット、イエローシートベルト及び専用の「AMGマットカーボンファイバーインテリアトリム」を採用。 ステアリングホイールにはイエローのセンターマーキングと専用のバッジが奢られている。 正:LEDハイパフォーマンスヘッドライト 誤:マルチビームLEDヘッドライト (2019年2月15日15:00/GENROQ Web編集部).

次の

435PS/520Nmの「GT 53 4MATIC+」は、中間グレードでも驚愕のハイスピードコーナリングを披露【メルセデス AMG GT 4ドアクーペ試乗記】

メルセデス amg gt 4 ドアクーペ

この記事のもくじ• | これでメルセデスAMG GT 4ドアクーペのラインアップはいったん完結? | AMG GT 4ドアクーペに「エントリーグレード」のGT43が登場。 これまで「GT53」、「GT63」、トップレンジの「GT63S」が公開されていますが、このGT43に採用されるエンジンは直6で、367馬力を発生します。 ちょっとややこしくなってきたのでAMG GT 4ドアのラインアップを整理するとこんな感じ。 なおトランスミッションはいずれも9速AMGスピードシフトですが、直6はトルコンベースのTCT、V8エンジンは湿式クラッチを用いたMCTとなっています。 1秒 レトロなホイールがなかなかナイス AMG GT43の駆動方式はほかグレードと同じく4WD(4MATIC)を採用し、GT53同様にエレクトリックモーターによる22馬力の「EQブースト」を活用可能。 面白いのはホイールで、これはほかモデルと異なって「ディッシュ」。 いわゆるモノブロック風デザインということになりますが、雰囲気的には「現代風」であるものの、ちょっとレトロな雰囲気もあっていいですね。 メルセデスAMG GT4ドアクーペはポルシェ・パナメーラを直接のライバルとして誕生していますが、そのルックスはまさに「4ドアクーペ」。 メルセデス・ベンツCLSとの共同開発ではあるものの、CLSよりも「クーペ的」で、そのルールラインがリアエンドを終点とするところにまで伸びているのが特徴です。 そのため「クーペ」を通り越してワゴン的な印象すら(角度によっては)受けますが、パナメーラよりはかなり広いカーゴスペースを持っているように見えますね。 なおトップレンジのAMG GT 63Sはニュルブルクリンクを7:30にて走行し、「ニュルブルクリンクでもっとも速いサルーン」の座へ。 つまりパナメーラよりも速いタイムを記録したことになりますが、販売面でパナメーラに一矢報いることになるのかは今後の報告を待ちたいところです。

次の