猫 フケ 対策。 猫のフケ対策!効果的な5つの方法をご紹介!

白い粉がポロポロ…飼い猫にフケが出てしまう原因と対策

猫 フケ 対策

飼い主さんの中には、愛猫のフケでお悩みの方もいるのではないでしょうか。 特に、これからの乾燥が気になる時期や季節の変わり目には、フケが出やすいとされています。 そこで今回は、猫のフケの原因やフケが出てきたときの主なお手入れ方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 そもそもフケとは何? フケとは、新陳代謝によって皮膚が生まれ変わる際に、古い角質がはがれ落ちたもののことです。 フケは正常な代謝活動のため、少量であればそれほど心配することはありませんが、ひどくなるとかゆみや脱毛を伴う場合もあるため、注意が必要です。 フケが出始めたら、「猫がかゆそうにしていないか」「いつもと違うところはないか」など、気をつけて観察しましょう。 フケが出る原因は? フケが出る原因は大きくわけて2つあります。 乾燥やストレス、体質など 特に秋や冬などといった空気が乾燥しがちな季節にはフケが出やすくなりますが、もともとフケが出やすい体質の猫や、シニア猫の場合は皮膚の衰えによる乾燥肌が原因でフケが出ることも。 また、ストレスによる体の異常からフケが目立つようになることもあります。 猫のフケ対策!おすすめお手入れ方法 湿度を調節して乾燥を防ぐ 原因のひとつである乾燥を防ぐためには、湿度を調節してあげることが大切です。 特に乾燥が気になる季節には、加湿器を使うなどして適切な湿度を保ってください。 やさしくブラッシングする フケ対策にはブラッシングも重要です。 ブラシについては、「静電気が起きにくいもの」かつ「柔らかいもの」を選ぶようにしましょう。 力を入れると皮膚を傷つけてしまう恐れがあるので、やさしくブラッシングするようにしてください。 フケ防止シャンプーを使う 猫がシャンプーを嫌がらないようであれば、刺激が少ない猫用の「フケ防止シャンプー」を使って洗ってあげるのも効果的です。 特に乾燥しがちなこれからの季節は、ご紹介した方法をぜひご自宅で実践してみてくださいね。

次の

乾燥する時期は要注意! 猫からフケが出てきたときのお手入れ方法|ねこのきもちWEB MAGAZINE

猫 フケ 対策

乾燥すると肌の角質がはがれてくることが原因です。 また、乾燥と真逆で皮脂の出すぎもフケ原因になります。 もともとオイリー肌の猫ちゃんはこのタイプが多いですね。 また、ツメダニなどに寄生されても同じ症状になります。 猫ちゃんが頻繁に体をかいている・・・なんて時は、これが原因かもしれません。 このアレルギーが原因で皮膚が炎症し、フケが大量に出てしまうことがあります。 乾燥しやすい肌質の場合は、フケがでやすいことが多いですね。 毛並みを整える以外にもブラッシングって大事なんです。 代謝を低下させたり肌を乾燥させる原因になったり・・・未だに分かっていないこともおおいですが、ストレスが原因でフケが増えてしまうこともあります。 特に 加湿器対策は猫ちゃんのフケを防ぐためも効果的なので、猫ちゃんがよくいるお部屋にはおいてあげたいところです。 フケ用のシャンプーは、菌の繁殖を防ぐ成分が配合されている薬用シャンプーになります。 猫ちゃんの肌質に合わせて選んであげたいですね。 たくさん遊んであげたりリラックスできる場所を作ってあげたり・・・フケ対策以外にもいろんな影響を与えることなので、ゆっくり対処していきましょう。 関連動画: 猫のフケで乾燥・オイリーどっちのタイプわかります 「飼い猫がどっちの皮膚のタイプなのかわからない」 フケ対策用のシャンプーを買う場合などは、どちらのタイプかをある程度知っておくのが理想です。 それを知るために参考にしたいのは、飼いネコちゃんの フケのタイプです。 大きさやフケのベタつき具合で、乾燥・オイリーを見分けることができます。 オイリーの場合は、毛にこびりつくようなフケの場合もあるので、わかりやすいと思いますので、チェックしてみてください。 季節の変わり目は特にフケのチェックをしてあげて 人間と同じように、猫ちゃんも 季節の変わり目は皮膚が乾燥しやすく、フケが増えやすいと考えがえられます。 気候が変わることで体の調子も変わってきますし、 特に秋から冬・冬から春なんて時は乾燥しやすい時期でもあります。 この時期は、乾燥対策やブラッシング対策など、皮膚のチェックも合わせてしてあげるようにしたいですね。 フケは猫アレルギーの原因にもなります 「最近、飼い猫ちゃんのいる部屋に入ると目がかゆい」 なんていう症状が現れている方、もしかしたら猫アレルギーの症状かもしれません。 猫アレルギーは、 猫ちゃんのフケなどに含まれるアレルギー物質が原因で起こってしまう反応です。 当然、猫ちゃんのフケが増えれば猫アレルギーになってしまう可能性も高まります。 目や皮膚のかゆみ、鼻水、咳などが出だしたとすれば、それはアレルギーのサインかもしれません。 そんな時は、猫ちゃんのフケ対策をしっかりし、お部屋に空気清浄機を置くなどの対策がおすすめです。 今までなかったとしても急に症状が現れる可能性もありますので、注意しましょう。 関連動画: まとめ 見た目にもあまり良くない猫ちゃんのフケ。 フケが原因でかゆそうにしている猫ちゃんを見るのもなかなか辛いもの。 まずはフケの原因をチェックして何かしらの対策をとるようにしていきましょう。

次の

【猫のフケ対策】フケを起こす7つの原因と対処法まとめ

猫 フケ 対策

基本的にはそうなんだけど、猫なりに注意しないといけない点があるよ フケ対策をする前に、感染症や皮膚病の可能性がないか確認しましょう。 具体的には、かゆみ、脱毛、かさぶた、発疹など。 これらの症状が見られたら、まずは動物病院に連れていったほうがいいです。 また、あまりに掻きまくるようでしたら、エリザベスカラーをつけたほうがいいでしょう。 感染症や皮膚炎の可能性がなければ、次の5つの対策をやってみてください。 ブラッシング• シャンプー(お風呂)• キャットフードを変える• 湿度調整• ストレス解消 1. ブラッシング 猫のフケ対策には、何よりブラッシングが一番です。 ブラッシングは抜け毛を取るほかに、マッサージ効果で血行をよくして皮膚を健康にします。 特に長毛種の場合は必須ですから、丁寧にやってあげましょうね。 ブラッシングの方法はこちらをご覧ください。 注意点としては、 フケを取ろうとして強くやり過ぎないこと。 フケを取るどころか、皮膚を傷つけて皮膚炎になってしまいますよ。 それと、 静電気を防ぐためにブラッシングスプレーを使ったほうがいいですね。 シャンプー(お風呂) お風呂に入れてシャンプーをして、フケを綺麗に洗い流してしまいます。 頻度としては、フケが多い時は週1回で、少なくなってきたら減らしていきます。 シャンプーはよくすすいで完全に落として、よく乾燥させましょう。 残っているとカビ菌が繁殖して、それがフケの原因となります。 シャンプーの後に大量にフケが出てきたということもあります。 判断は難しいんですが、何回か繰り返すとフケが出なくなったという話もあるので、よっぽどひどくなければ再度シャンプーしてみてください。 お風呂が嫌いな猫や高齢の猫は、シャンプーを出来ないでしょう。 そういった場合は、蒸しタオルで拭く、ドライシャンプーを使うという方法があります。 また、 シャンプー剤が猫の肌に合っていないのかもしれません。 猫用の低刺激なものがいいんですが、界面活性剤が入っているものは乾燥肌になりがちです。 僕のおすすめは 「モンシュシュ」という入浴剤で、界面活性剤が入っていません。 使い方は3~5倍に薄めてスプレーする。 ぬるま湯に混ぜて猫を入れてマッサージ、よくすすぎます。 スポンサーリンク 3. キャットフードを変える 皮膚ケアの効果のあるキャットフードに変えます。 例えば…• ニュートロナチュラルチョイス コンプリートケア• アボ・ダームキャット• ノバルティス(動物病院で買えます) などが猫の皮膚にいいと思います。 また、 特定の原料に対してアレルギー反応があったり、プラスチック容器に対してアレルギーがあったりします。 心当たりがある人は、原材料を確認したり、動物病院に相談してみましょう。 湿度調整 乾燥しないように、室内の湿度を調整します。 猫に最適な湿度は55~65%程度です。 加湿器で調整したり、夏場はエアコンに直接当てないようにします。 また、 猫の皮膚に保湿やフケ・乾燥肌対策スプレーを使ってみましょう。 保湿スプレーでは高濃度セラミドモイスチャースプレー。 フケ・乾燥肌対策スプレーではこんにゃくセラミドスプレー、アボ・ダーム コラーゲンスプレー、デュクソスプレーなどがあります。 使ってみて異常がないか、確認しながら使っていきましょうね。 ストレス解消 フケだけでなく様々な体調不良の原因となるストレスを解消してあげます。 人間でもストレスや生活習慣の乱れでフケが出ることがありますよね。 猫ものんびり自由気ままそうに見えて、意外と繊細でストレスをためるんです。 その結果、フケだけでなく便秘、下痢、嘔吐、脱毛など、様々な体調不良に見舞われます。 フケならまだ症状が軽い方ですし、早めにストレスを解消してあげましょうね。

次の