川口市給付金状況。 ハローワーク川口

埼玉県、10万円給付は6月内に 「照合は全て手作業」職員は忙殺

川口市給付金状況

5月10日、申請書類を搬出する三重県津市職員(世帯数12万7000) 住民票がある、すべての人に10万円。 「特別定額給付金」は4月20日、特別定額給付金室が設置された総務省から、各自治体に発せられた号令でスタートした。 「各自治体には、4月20日の閣議決定と同日のうちに、オンラインと郵送の申請方法を提示しましたが、『減収世帯に30万円』からの方針転換だったので、自治体が事前に作業を準備するのは難しかったはずです。 作業量も膨大なので、人口が多いほど、準備時間はかかります。 あとは各自治体の工夫で、給付スピードが変わってくると思います」(総務省・特別定額給付金室) そこで本誌は、全国の政令指定都市、中核市、特例市、東京23区、県庁所在地といった、主要132自治体の郵送申請による給付事務のスケジュールを調べた。 最速は、青森県八戸市。 5月8日までに申請書の発送を終えたという。 「コツはなく、とにかく人海戦術(笑)。 4月27日に給付金室を立ち上げて、GW中の5月6日から8日まで、毎日100人態勢で封入・郵送作業を進めました」(八戸市給付金室) 返送された給付金申請書が自治体に届き次第、順次、振り込み作業が始まる。 職員たちには、情報を照合し、銀行口座番号をパソコンに打ち込む作業が待っている。 「対象は11万世帯。 とくに上から指示はありませんでしたが、パソコン入力のため、職員200人態勢で休日返上で作業しています。 5月20日時点で9万件の申請があり、5月中に8割がた振り込みが完了すると思います」(同前) 一方、もっとも遅くなってしまうのは、高知県高知市だ。 「そもそも、発送用の封筒が入手できないうえ、申請書を16万世帯に一括で発送できる業者も探しましたが、市内にはありませんでした。 そこで、4月20日の時点で、ある大手印刷会社の大阪と京都にある工場を仮押さえしたのですが、6月11日しか空きがなく……」(高知市給付金室) 16万世帯分の封筒を、高知市の郵便局が、大阪と京都の工場まで取りに行くという。 「送られてくるのを待ってはいられません。 給付金の振り込みは、6月末開始予定です。 申請書が届いてから振り込みまで、3〜4週間と説明させていただいてます」(同前) 世帯数が多いほど作業は増える。 23万世帯を抱える東京都品川区の場合は、こうだ。 「振り込み作業は、最大でも1日3000件。 24時間態勢で土日も作業して、週に2万1000件です。 23万件のうち、オンライン申請を除いた21万世帯の振り込みに10週間かかる計算ですから、おおむね2カ月で完了する見込みです」(品川区給付金担当課) 今回、182万世帯という最多世帯を抱える横浜市は? 「一気に182万世帯分の申請書が来たら……。 現時点では、5月29日から発送、6月上旬から振り込み開始の見込みとしか、お伝えできません」(横浜市市民局総務課・定額給付金担当課) 東京23区でいち早く発送し、「振り込みまで2週間程度」というのは練馬区だ。 「5月20日時点で、38万世帯中2割ほどから申請が来ています。 1日80人ほどの職員で、振り込み作業をしています。 まだまだ手探りですが、努力するだけです」(練馬区特別定額給付金担当課) 嬉しい10万円だが、苦労している人たちもいる。 辛抱強く待とう。 次のページからは、主要132自治体の郵送申請による給付事務のスケジュールを公開する。 東京都の「感染拡大防止協力金」は手厚いが、人口が多いため事務作業は膨大 北海道から関東まで……わたしの街はいつ? 【北海道】 ・札幌市/5月18日から発送開始 ・旭川市/5月25日から発送開始 ・函館市/5月20日までにお届け。 5月28日から振り込み開始 ・いわき市/5月19日から郵送開始。 5月28日から振り込み開始 ・福島市/5月13日から発送開始。 6月5日から給付開始 ・つくば市/5月16日から発送開始。 6月中旬以降振り込み開始 ・太田市/5月15日から発送。 6月中旬から給付開始 ・川越市/5月25日から発送。 6月上旬から給付開始 ・越谷市/5月27日から発送開始予定 ・川口市/5月25日から発送開始。 6月中旬から給付開始 ・所沢市/5月22日に発送。 5月下旬より振り込み開始 ・草加市/5月29日発送予定。 6月中旬から下旬振り込み開始予定 ・春日部市/5月27日郵送開始予定。 6月5日より振り込み予定 ・熊谷市/5月25日に発送。 6月中旬から振り込み ・船橋市/5月18日より発送。 6月上旬から給付開始 ・足立区/5月22日以降郵送開始。 6月上旬以降給付 ・墨田区/5月29日から郵送 ・荒川区/5月28日から発送。 6月上旬給付開始 ・世田谷区/5月28日に郵送。 6月上旬より振り込み ・板橋区/5月27日以降発送。 6月中旬より振り込みの見込み ・台東区/5月末ごろ発送予定。 申請受付から3週間程度で振り込み ・江戸川区/5月下旬から送付 ・千代田区/5月25日に発送 ・大田区/6月1日から発送開始。 6月下旬以降振り込み開始 ・中央区/5月21日以降に発送。 5月29日以降振り込み ・葛飾区/5月19日から発送 ・豊島区/5月25日より発送。 受付から3〜4週間で振り込み ・北区/5月25日から発送。 6月中旬から給付予定 ・中野区/5月15日から発送。 振り込みまでおおむね2週間 ・江東区/5月27日に発送。 6月中旬より振り込み ・練馬区/5月15日から発送。 申請から給付まで2週間程度 ・品川区/5月21日から発送開始。 振り込みまで2カ月程度かかる可能性 ・文京区/5月19日から発送。 5月下旬以降振り込み ・渋谷区/5月19日から発送。 5月29日から振り込み ・港区/5月22日から郵送開始 ・目黒区/5月末から6月上旬に郵送。 6月下旬から振り込み開始予定 ・杉並区/5月18日以降発送。 6月上旬から振り込みの見込み ・川崎市/5月下旬以降郵送予定。 6月中旬給付開始予定 ・相模原市/5月30日から6月中旬にかけて郵送。 6月中旬から振り込み ・横須賀市/5月29日までに発送完了。 6月中旬以降振り込み ・小田原市/5月29日に発送予定。 申請から1カ月程度で振り込み ・大和市/5月29日発送。 6月中旬以降振り込み ・平塚市/5月末に郵送。 6月中旬以降支給予定 ・厚木市/5月29日から発送。 5月29日から給付 ・長岡市/5月20日発送。 6月4日から支給開始 ・上越市/5月14日から郵送。 5月中に発送完了予定。 5月26日から振り込み開始 ・松本市/5月14日から郵送開始。 6月中旬給付開始予定 ・浜松市/5月29日から発送 ・沼津市/5月18日送付開始 ・清水町/5月13日以降発送。 6月中に給付開始予定 ・豊田市/5月28日発送予定。 6月中旬初回振り込みの見込み ・豊橋市/5月18日より郵送。 5月28日より給付開始 ・岡崎市/5月19日から発送。 申請書受理後10日から1カ月程度で給付 ・春日井市/5月28日発送予定。 5月下旬ごろから給付開始予定 ・津市/5月10日から順次発送。 6月中旬給付開始見込み ・堺市/5月26日〜29日に発送。 6月初旬給付開始 ・高槻市/5月15日から発送開始 ・東大阪市/5月27日から郵送。 6月上旬から給付 ・豊中市/5月25日から送付開始。 5月29日から給付開始 ・枚方市/5月下旬以降にお届け。 申請書が到着した週に確認作業。 翌週金曜日に振り込み ・吹田市/5月21日発送。 5月26日までに全世帯に届く予定 ・茨木市/5月16日郵送開始。 5月19日までに郵送完了予定。 5月28日以降振り込み ・八尾市/5月18日から郵送。 6月上旬から振り込み開始 ・寝屋川市/5月8日から送付開始。 5月15日から口座振り込み開始 ・岸和田市/5月25日〜27日の間に郵送。 5月末にかけて1万5000件振り込み予定 ・姫路市/5月18日から21日までに発送。 5月28日から給付開始予定 ・西宮市/5月25日より発送。 6月5日より給付開始 ・尼崎市/多人数(7人以上の家族)世帯は5月15日に発送。 5月22日から振り込み開始。 その他世帯は5月27日一斉発送。 6月4日から振り込み開始 ・明石市/5月27日に発送。 6月中旬から給付 ・加古川市/5月27日に郵送。 申請受付後、6月9日から順次給付 ・宝塚市/5月末〜6月上旬に発送。 5月29日から給付開始。 5月25日から給付開始予定 ・倉敷市/5月11日、ひとり親世帯などに先行発送。 5月20日に発送。 6月12日から給付 ・福山市/5月15日以降に届く。 5月27日以降振り込み ・呉市/5月27日に発送。 6月5日から支給。 6月下旬ごろから支払い ・山口市/5月18日、19日に発送。 6月上旬給付開始予定 ・福岡市/5月15日から発送開始。 6月5日から振り込み開始 ・久留米市/5月14日から発送。 5月中には全世帯に届く予定。 5月末までには届く予定。 6月上旬給付開始予定 ・佐世保市/5月20日から発送。 発送時期は5月23日時点のもの (週刊FLASH 2020年6月9日号) 外部サイト.

次の

千葉市:特別定額給付金

川口市給付金状況

葬祭費給付金制度とは何か• 川口市の葬祭費給付金について• 川口市での葬祭費給付金制度の申請方法の解説• 川口市で利用できるその他の給付金制度のご紹介• 川口市の葬儀・家族葬の費用相場 葬儀費用を抑えるための1つの方法として、葬祭費給付金制度について知っておくことは、今後ご自身が葬儀を執り行う身になった場合に非常に役立つことと思います。 ぜひ最後までお読みください。 「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。 状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。 葬祭費給付金制度とは? まず、葬祭費給付金制度とは一体どういったものなのかを詳しく解説していきます。 葬祭費給付金制度とは、 故人が国民健康保険もしくはその扶養家族、後期高齢者医療制度に加入していた場合に、故人が住んでいた市区町村から給付金を受け取ることができる制度です。 また、給付金を受給できるのはその故人と生計を共にしていた家族で、葬儀を執り行った人(喪主)になります。 つまり 受給対象者は、自営業者や個人事業主、パートやアルバイトで勤務先の健康保険に加入していなかった 故人と生計を共にしていた家族で、葬儀を執り行った人になります。 故人が会社に勤めていて 健康保険や協会けんぽに加入していた場合は対象外になります。 しかし、この場合は後述の別の給付金「埋葬料」を申請することができます。 葬祭費給付金制度の注意点は、葬儀を執り行った人全員が給付金を受給できるわけではなく、申請をし、 申請を通った人だけが受給することができる点です。 そのため、受給を希望する人は必要書類を揃えて自分で申請手続きをする必要があります。 川口市の葬祭費給付金 川口市で受け取ることのできる 葬祭費給付金は5万円です。 葬祭費の金額が変更している場合もございますので、詳しくは川口市の自治体のホームページでご確認ください。 川口市での葬祭費給付金制度の申請方法 ここまで葬祭費給付金制度について解説してきました。 葬祭費給付金は自動的に支給されるものではなく、希望者は申請を行わなければいけないことがわかりました。 次に、その葬祭費給付金を受け取るために 必要な申請手続きについて解説していきます。 申請場所 葬祭費給付金の申請は、川口市の役場の保健課や市民課などの健康保険を扱う窓口または郵送で行います。 川口市では、 市役所国民健康保険課(1階9番窓口)で申請することができます。 申請期間 葬祭を行った翌日から2年以内となります。 必要書類 申請手続きの際に 基本的に必要になる物は以下の通りです。 葬祭を行った証明となるもの• 国民健康保険証• 葬祭を行ったかた(喪主)の印かん• 葬祭を行ったかた(喪主)の振込口座がわかるもの 川口市で利用できるその他の給付金制度 葬祭費以外にも葬儀を執り行った人が受け取ることのできる給付金には、いくつかの種類があります。 それらの給付金の主な違いは、故人が加入していた健康保険の違いです。 つまり 故人が加入していた健康保険で受給できる給付金が異なってくるのです。 ここではそれらの 給付金について解説していきます。 埋葬料 故人様が国民健康保険組合や後期高齢者医療制度以外の健康保険に加入していた場合に利用できる制度が、埋葬料です。 国民健康保険以外の健康保険組合とは、企業毎の健康保険組合や協会けんぽのほか、学校の先生などが加入している共済組合が該当します。 各健康保険組合の窓口に申請することで 約5万円の支給が受けられます。 埋葬費 埋葬費とは、故人様にご遺族がおらず第三者が埋葬を行った時に、埋葬を行った方を対象に給付が行われる制度です。 埋葬料や葬祭費の場合はご遺族が申請をしますが、それ以外の方が申請する場合は埋葬費が該当します。 そのため、申請する際に血縁関係の有無は問われません。 支給される金額は 5万円の範囲内、かつ埋葬に実際にかかった金額までが対象となります。 国家公務員共済 国家公務員共済組合に加入していた場合、その共済組合から葬祭費が支給されます。 該当する共済組合に請求する必要があり、期限は2年間となります。 また共済組合によって支給される料金が違う場合があるため各自で確認することをおすすめします。 国家公務員共済組合に加入している場合、 5万円が支給されます。 葬祭扶助制度 生活保護を受給している方は葬祭扶助制度を利用することができます。 葬祭扶助制度とは経済的に困窮している人を対象として自治体から葬儀費用が給付されるというものです。 火葬など必要最低限の葬儀費用しか給付されないため注意が必要です。 葬祭扶助制度の支給上限額は、子供の場合14万700円、大人の場合17万5900円です。 給付金について、さらに詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。 川口市の葬儀・家族葬の費用相場 川口市の葬儀費用の相場は81万円です。 給付金を活用することで葬儀の金銭的な負担を軽減できるということがわかりましたが、費用相場を考えると給付金を利用しても費用の心配が一切なくなるとは言い難いでしょう。 そこで、給付金のように資金を「調達する」だけではなく、そもそも葬儀にかかる費用を「抑える」ことができる家族葬という葬儀の形式が広がっています。 家族葬の増加には、高齢化に伴い「仕事を定年退職して付き合いが減った」「高齢で葬儀に行くことが困難」など、参列者の人数が減ってきているという背景がある一方で、葬儀費用を抑えられるという点も理由として挙げられます。 家族葬は近しい関係者だけで執り行われるため一般的な葬儀より費用を抑えることができ、川口市の家族葬の費用相場は68万円です。 さらに、「終活ねっと」の定額プランでは48万8000円から家族葬プランをご用意しております。 「終活ねっとのお葬式」ではこの他にも様々なセットプランをご用意しておりますので、葬儀を執り行う際はぜひご検討ください。 内容をまとめると以下のようになります。 葬祭費給付金制度とは、故人が国民健康保険もしくはその扶養家族、後期高齢者医療制度に加入していた場合に、故人が住んでいた市区町村から給付金を受け取ることができる制度である。 また、給付金を受給できるのは、その故人と生計を共にしていた家族で、葬儀を執り行った人になる。 葬祭費給付金制度の注意点は、葬儀を執り行った人全員が給付金を受給できるわけではなく、申請をし、申請が通った人だけが受給することができる点。 川口市では5万円の葬祭費給付金を受給することができる。 葬祭費給付金の申請は、故人が属していた市区町村役場の保健課や市民課などの健康保険を扱う窓口または郵送で行う。 川口市では、市役所国民健康保険課(1階9番窓口)で申請する。 申請期間は葬儀を行った日の翌日から2年以内であり、2年が経過すると時効により支給を受けることができません。 申請手続きに必要になるものは、葬祭を行った証明となるもの・国民健康保険証・葬祭を行ったかた(喪主)の印かん・葬祭を行ったかた(喪主)の振込口座がわかるものである。 故人が国民健康保険もしくはその扶養家族、後期高齢者医療制度に加入していた場合に受給できる給付金は葬祭費だが、故人がそれら以外の保険や協会けんぽに加入していた場合は埋葬料・埋葬費という給付金を受給できる。 埋葬料は葬祭費と同じく、故人と生計を共にしていた家族が受け取ることができるが、埋葬費は家族がいない場合に、埋葬を行った家族以外の人が受け取ることができる給付金である。 高齢化を背景に広がっている家族葬では、参列者が少人数となるため費用を抑えることができる。 川口市の葬儀費用の相場は81万円であるのに対し、家族葬の費用相場は68万円である。 この記事で解説してきたことを、川口市で葬祭費給付金制度を利用する際にぜひお役立てください。 最後までご覧いただきありがとうございました。 また、葬儀の費用についてさらに詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

次の

【川崎市高津区】川崎市の特別定額給付金の振込はいつごろ?現在申請が集中しているそう。

川口市給付金状況

埼玉県(補助金・助成金・融資情報) 新型コロナウィルス関連情報 埼玉県(補助金・助成金・融資情報)• 埼玉県の補助金・助成金・融資の情報をまとめています。 埼玉県• さいたま市• 2020年5月18日更新• 熊谷市• 川口市• 2020年3月3日更新• 所沢市• 加須市• 東松山市• 狭山市• 鴻巣市• 深谷市• 2020年5月22日更新 「テイクアウト等支援金」は7月31日までに実施した取組の経費、「商店街等応援支援金」は令和3年3月31日までに実施した取り組みの経費が対象• 越谷市• 入間市• 2020年6月30日更新 申請期限12月25日 金 桶川市• 久喜市• 富士見市• 代替えとして7月8日 水 及び7月22日 水 に相談を実施• 白岡市• 伊奈町• 皆野町• 小鹿野町• 東秩父村• 美里町•

次の