伍代 夏子 病気。 伍代夏子 「放っておくとガンになる」肝臓に抱えた不治の病をともに闘った医師― スポニチ Sponichi Annex 芸能

伍代夏子の若い頃の活躍や昔の顔がヤバイ!?病気のその後や余命もヤバイ!?

伍代 夏子 病気

Sponsored Link プロフィール! 伍代さんは、1961年12月18日生まれ、 東京都渋谷区のご出身です。 地方の建築現場、キャバレーなど、 様々な場所にキャンペーンで訪れたそうです。 「恋の家なき子」 しかし、全く売れなかったそうで、 1985年には 「加川有希」 1986年には 「中川輝美」(当時の本名) と名前を変えるのですが、やはり売れず、 OLとして働いていた時期もあったそうです。 「戻り川」でブレイク! それでも、レコードを手売りするなど、 地道に歌手活動を続けられ、 1987年、25歳の時、CBSソニーレコード (現在のソニー・ミュージックレコーズ)より、 「伍代夏子」として 「戻り川」で再デビューされると、 35万枚を越す大ヒットを記録! 「戻り川」 翌年の1988年には、 「第21回日本有線大賞」と 「第21回全日本有線放送大賞」の、 最優秀新人賞を同時受賞されています。 そして、1990年には、4枚目のシングル 「忍ぶ雨」で、 NHK紅白歌合戦に初出場されると、以来、2016年まで、 通算22回の出場を果たすなど、人気演歌歌手となられたのでした。 「忍ぶ雨」 また、伍代さんは、音楽以外にも、2015年には、 初の自伝となる 「人生めぐり愛~いまがいちばん幸せ~」を出版したり、 きものの展示会をされるなど、多岐にわたり活動されています。 病気 ところで、伍代さんを、 「病気」で、 多くの方が検索されているようです。 調べてみると、伍代さんは、2010年に、 「C型肝炎」を患っていることを公表されているのですが、 病気が判明したのは、 伍代さんが32歳の時(1994年)で、 初めての座長公演を控え、念のためにと、 都内の病院で健康診断を受けられたところ、 肝機能に異常が見つかったそうです。 (感染経路として、主に輸血などが上げられるそうですが、 伍代さんには心当たりがなく、小学校の予防注射が、 原因ではないかと思われているとのこと。 ) そして、肝心の治療ですが、副作用が強く、 そのうえ、完治できる保証がないことから、 経過観察となるのですが、 2009年より、 インターフェロン投与による治療を行うことを決意。 「仕事は休まない」と決めていた伍代さんですが、 副作用は想像以上に辛く、壮絶な闘病生活になったようです。 ただ、その治療の甲斐あり、 現在は、完治されているということで、 本当に良かったですね。 Sponsored Link 夫は杉良太郎! そんな伍代さんは、 「C型肝炎」が判明してから5年後の、 1999年、演歌歌手のさんと結婚されています。 伍代さんが踊りの師匠から、 杉さんの公演を見に行くことを勧められ、 杉さんの楽屋に差し入れを持っていったことが、 きっかけだったそうですが、 その時、杉さんから、 次の公演があることも伝えられ、 わかりました。 では、必ず観に伺います。 勉強させて頂きます。 と、答えてしまった伍代さんは、 次の公演にも行くことに。 そして、さらに、次の公演もと、 結局、年に3回ある公演を全て観に行かれたそうで、 3回目に会われた時、電話番号を交換され、 それから1ヶ月間、毎日電話をするようになり、 その1ヶ月の間で結婚することが決まったのだとか。 1度もデートせず、電話で盛り上がったということで、 よっぽど、お二人の気持ちがぴったりと合ったのでしょうね。 ちなみに、結婚するにあたり、 伍代さんが病気のことを告げると、 杉さんは、 人生を歩いて行くパートナーなんだから、 ふたりで病気と闘っていこう。 と、言われたそうで、 伍代さんはそれを聞き、 この人となら、どんなことも乗り越えられる。 と、思われたそうです。 辛い闘病生活では、杉さんの存在が、 大きな支えになったことは、言うまでもありませんね。 ただ、いまだにどちらが結婚を切り出したのかは、 言い合いになるそうです(笑) さて、いかがでしたでしょうか? 「C型肝炎」が判明してから、16年も後に公表されたのは、 同じ病気で苦しむ人々の力になれば、という気持ちからだったそうですが、 伍代さんの存在は、闘病されている方の、 大きな励みとなっていることでしょうね。 これからも、お体には気をつけて、 美しい歌声を聴かせてほしですね。 応援しています!!.

次の

【最新】伍代夏子は50代でも綺麗!若い頃のかわいい画像が話題に?

伍代 夏子 病気

名前 伍代 夏子(ごだい なつこ) 生年月日 1961年12月18日 出身地 東京都渋谷区 身長 160cm 伍代夏子さんは1961年12月18日生まれなので、2019年10月現在では57歳ですね。 いつまでも綺麗でいらっしゃるのでとても57歳には見えないですよね。 芸能人の方って年齢を重ねてもいつまでも若い頃と変わらない方が多いですね。 やっぱり人に見られるお仕事だと自分でも意識するし、違うのでしょうね。 〔にっぽんの歌こころの歌〕 作家で綴る流行歌 市川昭介(作曲)作品集(Part.2) 「しあわせの花」石原詢子 作詞水木れいじ 遺作 忍ぶ雨 伍代夏子 作詞:たきのえいじ 海峡出船 市川由紀乃 作詞木下龍太郎 — ゆきちゃん marinamiries 伍代夏子さんは1982年に、 星ひろみの名前でデビューしています。 (デビュー曲は「恋の家なき子」) 1985年には 加川有希として「夜明けまでヨコハマ」を平松政次さんとのデュエットで発売しています。 1986年には本名の 中川輝美に改名し「夢きずな」を発売。 1987年に 伍代夏子として「戻り川」で再デビューしています。 本人 歌手 画像入れないとね 忍ぶ雨 雪中花 恋ざんげ ひとり酒 北の舟唄 鳴門海峡 憂愁平野 風待ち湊 満月 九十九坂 京都二年坂 花つむぎ — 勉 T・S・U・T・O・M・U sora8782 私は伍代夏子さんとしか存じ上げませんでした。 こんなに芸名を変えられていたんですね! しかも一時期は本名の中川輝美で活動していた時期があったなんて。 でも私「夜明けまでヨコハマ」の歌は知っているんですよね。 誰が歌っていたか知らなかったけど・・・。 福島県の高校3年生・小椋康平さんが優勝 — 唄栞 -うたしるべ — utashirube 私が伍代夏子さんの顔と名前が一致したのはいつだろう? 多分、伍代夏子さんが紅白に出るようになってからだろうなぁ・・・。 伍代夏子さんが紅白に初出場されたのは1990年に「忍ぶ雨」がヒットした年だそうです。 福島県の高校3年生・小椋康平さんが優勝 — 唄栞 -うたしるべ — utashirube 伍代夏子さんはとても素敵に年を重ねられているなと感じますね。

次の

肺炎の咳の見分け方 危険なせきの早期発見法

伍代 夏子 病気

ごだい・なつこ 1961年、東京生まれ。 87年に「戻り川」でデビューし、翌年に日本有線大賞最優秀新人賞などを受賞。 90年に「忍ぶ雨」がヒットし、NHK紅白歌合戦に初出場。 以来、22回の出場を重ねている。 昨年、歌手活動30周年を迎えた。 今年1月には最新シングル「花つむぎ」(ソニー・ミュージックダイレクト)を発売。 夫は俳優の杉良太郎さん(池永牧子撮影) 2人なら「乗り越えられる」 演歌歌手の伍代夏子(ごだいなつこ)さん(54)は、コンサートやブログの中で、呼びかけていることがある。 「肝炎の検査を受けてくださいね。 ひとごとではないんですよ」 あでやかな着物姿と伸びのある歌声からは、病気を患った過去はうかがえない。 だが6年前までC型肝炎の治療を受けていた。 32歳だった伍代さんは、東京・歌舞伎町の新宿コマ劇場で初めての座長公演を控えていた。 公演は1カ月にわたるため、「念のため」と都内の病院で健康診断を受けた。 肝機能に異常が見つかり、医師から告げられた。 「肝臓にウイルスがいました。 あなたはC型肝炎のキャリアー(持続感染者)です」 大きな病気をした経験はなく、信じられなかった。 疲れやすい時はあったものの、忙しさのせいだと思っていた。 感染経路として輸血などを説明されたが、心当たりはなかった。 かつてどこかの医療機関でウイルスに汚染された器具を使われた可能性くらいしか、考えられなかった。 「私が病気なわけない」と、詳しい医師のいる病院で、肝臓の細胞を採取して調べる肝生検まで受けた。 しかし、診断は覆らなかった。 放っておくと、肝臓がんになりかねない病気だと知った。 C型肝炎はウイルスの遺伝子型でタイプが分かれる。 伍代さんは当時治療の主流だったインターフェロンが効きにくい1型だった。 体よりも公演のほうが気になった。 それまでは別の芸名で活動し、全国を回ってレコードを手売りするなど、下積み生活を送ってきた。 ヒット曲に恵まれ、賞を獲得し、NHK紅白歌合戦に連続出場をしていた。 病気がわかったのは、そんな頃だった。 治療は副作用が強いうえ、完治できる保証がないことなどから、経過を見ることになった。 月に1度通院して血液検査で肝機能の値をチェックした。 「ウイルスはいつ暴れ出すのだろうか」。 時限爆弾を抱えているような気持ちで過ごしていた。 5年後、俳優の杉良太郎(すぎりょうたろう)さん(72)との結婚が決まった。 婚姻届の提出を控え、杉さんに病気のことを伝えた。 「私ね、治療していないけど、C型肝炎のキャリアーなの。 うつすことはまずないと思うけれど……」 C型肝炎は血液を介して感染する。 夫婦間や母子間で感染することはまれだが、心配だった。 杉さんの態度が変わることはなかった。 「人生を歩いて行くパートナーなんだから、ふたりで病気と闘っていこう」。 それが答えだった。 伍代さんも「この人となら、どんなことも乗り越えられる」と感じた。 「新しい薬が出て、よく治るらしい」 従来と比べて効果が長いとされるペグインターフェロンの注射と、抗ウイルス薬のリバビリンを組み合わせた治療法だった。 注射は週1回で、難治性の1型でも治る確率が高まったという。 「これは勝算のある賭けだ」 伍代さんは東京大病院(東京都文京区)を受診。 主治医となった消化器内科教授の小池和彦(こいけかずひこ)さん(61)から「肝炎はそれほど進行していないが、経過が長く、そのままにしていると進行していくので治療すべきです」と勧められた。 開始前に、副作用の説明を受けた。 一般的に、ペグインターフェロンは発熱や倦怠(けんたい)感、関節痛などが出ることがあり、リバビリンは貧血になりやすいということだった。 同年8月から治療を始めた。 注射を打つ毎週木曜日は、なんとかスケジュールを空けた。 地方公演で東京へ戻れない時は、滞在先の病院で注射を受けた。 注射の後、必ず夜に39度台の熱が出た。 徐々に下がって平熱に戻る頃には、次の注射の日がやってきた。 めまいや貧血も起きた。 それでも、いつも通りに仕事と家事をこなした。 午後8時ごろには体力が尽きて起き上がれなかった。 楽屋でぐったりと横になることもあった。 「病気を治すためとはいえ、こんなにつらいなんて」 自宅では杉さんが、熱でほてった伍代さんの体を冷まそうと、うちわであおぎ、足をマッサージした。 苦しそうな寝顔を見ていると、「死んじゃうんじゃないか」と心配になった。 しばらくすると、副作用は歌にも影響をもたらした。 だるさや食欲低下などの症状が出る。 自覚症状がない場合も多い。 治療しなければ慢性肝炎、肝硬変、肝臓がんへと進む可能性が高い。 肝臓がん患者の約6割がC型肝炎ウイルスに感染しているという。 国内の感染者は100万~150万人と推計されている。 弱る体、副作用との苦闘 C型肝炎と診断された演歌歌手の伍代夏子さん(54)は、2009年から週に1回通院し、ウイルスの働きを抑えるペグインターフェロンの注射と、飲み薬のリバビリンを併用する治療を受けた。 「仕事は休まない」と決めていたが、薬の副作用は想像以上につらかった。 特に、夏場のコンサートは体にこたえた。 貧血で目の前がゆらぐうえ、おなかに力が入らず息が吸えない。 ふだんなら一息で歌うフレーズも、聴き手にわからないように、こっそり息継ぎを入れた。 声質を保つことはできたが、体には負担が大きかった。 見せ場となる衣装の「早変わり」のため、舞台裏を汗だくで走り回らなければならなかった。 舞台の袖には、携帯用の酸素スプレーを用意した。 「あと何曲だっけ……」 それまで20曲以上を全力で歌っても疲れを感じたことはなかったのに、半分くらいで残りの曲数を数えるようになった。 夫で俳優の杉良太郎さん(72)は「調子が悪いときは、少し楽しむくらいの気持ちのほうがうまく行く」と助言してくれた。 優しく歌うことで体力を温存した。 脱毛も気になった。 髪がやせ、洗うとばっさり抜けた。 「こんなに抜けたの」と手のひらにのせた髪を見せると、杉さんに驚かれた。 髪の毛を逆立ててボリュームを出そうとしても、すかすかになってしまい、ウィッグを用意した。 体重も減っていった。

次の