ブルーハーツ ナビゲーター。 ブルーハーツの現在【メンバーの今,画像,ボーカル,年収】伝説,解散理由は宗教の幸福の科学?甲本,真島,河口,梶原

THE BLUE HEARTS ナビゲーター 歌詞

ブルーハーツ ナビゲーター

1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 2 2 3 2 3 3 2 4 5 2 ブルーハーツが好きです。 これだけ好きだと確信を持って言えるものってなかなかありません。 きっと、一生好きです。 誰がなんといおうと。 生まれて初めて、表現というものに衝撃を受けました。 いや、衝撃というよりかは共感だ。 言葉、メロディや演奏、そして彼らの熱、スタイル。 それらを総合して共感だった。 僕は、その全ての曲について、語ることができます。 だから、ひとつひとつを、自分の感想というルールのみに従い、毎週1曲ずつ、 順番は決めずに、その週の気分でアップしていきます。 全部で111曲(ざっくり計算)なので、 1年が52週だとすると2年ちょっとかかる計算になります。 気長にやっていきます。 結果、これがきっかけで 世の中のブルーハーツを好きな人たちと語り合ったり 何かしらつながれたらいいなと思っています。 それから、これからあの時の僕のようにブルーハーツに共感する人たちの手助けになれたらいいなと思います。 自分の原点には、常にブルーハーツがある気がします。 中学生になって初めて衝撃を受けた時から。 その衝撃というのは、驚くべき共感。 こんな同じことを考えていた人がいたんだ、、、という。 いや、それは考えていた、というよりも感じていたと言った方が正しい。 感じていても、自分ではそれを表現できなかったときだった。 そんなとき、ブルーハーツは、僕が考えていることを、言葉とメロディと演奏とボーカルで表現してくれた。 わかりやすく。 ずっと、彼らの言葉、音楽に共感しつづけている。 高校生活、大学生活、社会人、その間、ずっと大事な場面でブルーハーツを聴いていた。 いろんなことが変わりまくったけど、根底の部分では今でも変わっていない。 だからきっとこのまま共感し続ける。 あこがれすぎてバンドもやったりした。 ギターで弾き語りもするようになった。 それだけの感動を与えてくれたブルーハーツへ、愛をこめて。 タイトルは、もう一度、ブルーハーツを聞いて欲しいという意味でつけました。 かつてのファンや、通りすぎてしまった人、そして、自分自身にも。 ブルーハーツをもう一度きいてください。 本当に、何回でも聴く価値がありますよ。 そして目標は、「ブルーハーツ ブログ」で検索したら、1ページ目に出るようになることです。 そしてゆくゆくは、このブログからブルーハーツ関連の本を出したい。 ありったけの想いを、言葉に熱をこめて伝える使命がある。 このブログ自体が書籍のようなものだけど、世の人に伝えたいことがある。 多くのブルーハーツブログのトップに立ちたい。 応援よろしくお願いします。 <2019. 08追記> 上記の想いを持って始めたこのブログですが、一時的ではありますが、検索で1ページ目に表示されるようになったり、 ブルーハーツが好きな、いろんな人たちと知り合えたり、当初の目的はかなり達成されました。 今後は、さらにブログをみやすくしたり、テイストの違う記事を書いたりして、アップデートしていきます。 新しく始めた「ブルーハーツな人たち」を10人ピックアップしようと考えています。 引き続き、時間があったらまたみにきてください。 このブログのFacebookページを開設しました^^ 良かったらイイね!お願いします!!更新情報の他にブルーハーツに関する発言を載せます。 それからこちらへの感想の投稿やブルーハーツに関することの投稿をお待ちしております^^ 魂の赴くままに、というサブタイトルをつけたい。 この世の多種多様な流れを、ヒロト節をきかせて表現している、名曲中の名曲。 これ、本当、自分でも解説してみてより見えてきたけど、すごいこと歌ってるよ。 100年でも1000年先でも歌っていかなきゃ。 なんかもはや松尾芭蕉とかあれぐらいの深みを感じる。 万物は流転する、という何か大きなうねりのなかの一場面だ。 出だしからいきなりヒロト節。 涙にけぶる星影は 遠い空からのメッセージ 誰かがそこに置いたのか はじめにそこにあったのか 涙にけぶる星影というこのくだりは、 遠い過去から受け継がれてきたものに対する恩恵の念を表現している。 遠い空から、というのがそのあたりであり、 誰かがそこに置いたのか、はじめにそこにあったのか、 というのは過去だからわからない。 でもそこに星は確かに存在している。 誰かが置いたんだろうか、はじめからなのか、その歴史のロマンへ想いをはせる。 涙にけぶっているのは、この時に泣いているから、涙ですこし見えづらいのだろう。 過去を想い、星を見、そしたら自然と流れてきた涙だ。 理由はわからない、ただ、その星がこれだけの長い年月、存在してきたことや この世の流れというものの尊大さに、ただただ涙を流すのだ。 猿が、真っ赤な夕日を見て涙をながすことがあったらしい。 それに近い。 猿だって、あの美しさに感動するのだ。 それはよくわからんけど、泣けるんだ。 次の場面では、未来へ意識はシフトする。 4月の花は桜色 未来の誰かにプレゼント 季節に萌える花言葉 妖精たちの合言葉 今度は、この今を遠い未来へ生きている人達に伝える。 それは桜の美しい色のこと。 これだけ美しい桜という花を、何千年先の人にも伝えよう。 その春のおとずれとともに現れる妖精たち。 どんな言葉でやりとりが交わされているのか、わからないが、 きっと春がきたよ、というような、キレイな言葉だろう。 生きていることの証明に 私の涙を瓶につめ 宇宙のどこかに置きましょう 結んでほどくメッセージ 個人的にこの箇所は大好きで、この歌を最初きいたときから、 何やら深い意味を感じた。 はっきりとはわからないんだけど、 そうだよな、っていう。 ここでも、今泣いているということがわかる。 涙を、生きていることの象徴として捉えている。 これも、次の世界を生きる未来の世代を意識された言葉だ。 メッセージは、涙を感じること、だろうか。 世の流れを、ここでも感じないだろうか。 自分が流している涙を、瓶につめ、それを開ける人は、何かをそこで感じる。 そして、生のつながりが生まれる。 涙のバトンリレー。 それが、命なんじゃないか。 なんだか壮大なテーマだ。 私はきっと悲しみの 真ん中辺りで泣いている 私はきっと喜びの まっただ中で笑うんだ 悲しみは、真ん中辺り、喜びは真っ只中。 この、世の流れを歌ってきたあとのこのワードチョイスもすげえなぁと思う。 感動的。 なんか、すげえわかる。 悲しみってのは、なんとなく悲しいものでいい。 喜びは、そのドンピシャの感情で、思いっきり 喜んでやる、という意思を感じる。 喜びに関しては、もうマジだよっていう。 悲しみは、そんな確かじゃない感情でも、 喜びだけは、真ん中だよ、それは譲れないよっていうような。 生きている、ってこういうことじゃないか。 そんな生き方、してみたい。 次の場面が、またこの、人生の放浪的な側面だったり、 流れの中に身を任せていく必然をうまく詩的に表現した。 ああ この旅は 気楽な帰り道 野垂れ死んだところで 本当のふるさと ああ そうなのか そういうことなのか いいなぁ、この感じ。 帰り道っていうあたりが、ヒロトっぽいなぁ。 人生を行く道ではなく、帰り道だと。 そして、そのあと、野垂れ死んだどころがふるさとでいいや、という なんとも素晴らしい流れ者感。 最後にはそうなのか、と勝手に納得してるし(笑) そして納得したあとのこれから、に視点を向けた次の歌詞が秀逸。 水平線を越えてゆけ 船出の空には風が吹く 穴ぼこだらけの船底さ イカリは二度と降ろさない 新しい日々を、船出に例えている。 どこかに向かう人、新しいことを始める人ににピッタリ。 そして穴ぼこだらけ、これはある一定の年月が過ぎたことを表す。 イカリを降ろして停泊している暇はない。 さぁ、次の場所へ、風は吹いている、水平線を越えていけ、って感じかな。 どこまで続く海原よ 恐竜時代の思い出を 歌っておくれいつまでも 忘れてしまわないように そして海の中で歴史に想いをはせる。 そこには忘れてはいけない事実がたくさんあるように。 歌っておくれ、というあたりの表現がにくい。 歴史の流れの中で、生きているという実感を持ち、 進んでいく日々、このことを歌っている。 最後にサビは ナビゲーターは 魂だ 自分の向かう道を、案内してくれるもの、それは魂。 自分の魂の指す方向に、突き進んでいくのだ。 それは、過去も未来も一緒である。 いやぁ、すごい歌だな。 こんな歌、ヒロトじゃなきゃ書けないよ。 ライブのオーケストラが印象的です。 河ちゃんじゃないけど、一生歌っていける歌だと思う。 ヒロト節が凝縮された、旨味のある一曲です。 こんばんは。 この歌、大好きです。 いっときカラオケで歌いまくってました。 なんかはっきりとはわからないけど、漠然としたイメージの中で胸にくるって感じです。 前半部分はコウスケさんの解説を読んでなるほどねーと思いました。 遥か昔のメッセージを受け止めて、それをまた自分なりのメッセージを込めて遠い未来に託す。 壮大ですね。 『私はきっと悲しみの〜』の部分私は、悲しみだって喜びだっていつでも真ん中にある。 それはいつでも一緒、今なんだ。 でも悲しみは『真ん中辺り』喜びは『真っ只中』と表現することで、どんなに悲しくても僕は あなたは 喜びの真っ只中で笑うことができるんだよ。 ととらえてました。 ヒロトはすごいですね。 いいことばっかじゃない。 悪いことだってなくっちゃつまんないって言ってますね。 それは、もしかしたらヒロト自身辛いことをたくさん経験してきてるから言えることなのかもしれません。 そして私が一番好きなのは『あぁこの旅は気楽な帰り道 の垂れ死んだ所でホントの故郷』です。 深いなぁ。 初めて歌詞をかみしめて聞いたとき「なんだこれっ」ってうわぁってなりました。 歳を重ねて実感できる歌詞なのかもしれません。 次の『あぁそうなのか、そういうことなのか』で前の歌詞をより深めていますね。 余談ですが、私は自分が死んだらお葬式じゃなく、ホントに親しい人だけを集めてお別れ会をしてほしいと思っていて、そこでは大好きなブルーハーツの歌をずっと流していてほしいのですが、この歌は最初にかけてもらおうと思ってます 笑.

次の

ブルーハーツの歌詞の魅力を解説【俺には夢がある】

ブルーハーツ ナビゲーター

真島昌利の「ザ・ブレイカーズ」は、これからメジャーデビューをしていくんだろうなーと期待されていたし、甲本ヒロトの「ザ・コーツ」もすごい人気だった。 当時のモッズシーンにおける、憧れのバンドだった。 人気とは裏腹に、問題もあった。 「ザ・コーツ」はドラマーがしょっちゅう抜けて音楽が安定せず、「ザ・ブレイカーズ」はギタリストが抜けてアルバムが出せない状態だった。 真島昌利は「このままダラダラ続けてもダメだ」と解散し、当時1番輝いていたボーカルの甲本ヒロトに声をかけた。 「ザ・コーツ」もうまく行っていなかっただけに、甲本ヒロトは真島昌利と一緒にやることにした。 ブルーハーツのファーストアルバムの半分は、「ザ・コーツ」時代から歌っていたらしい。 少年の詩とか。 ブルーハーツの名前の由来は、言葉には意味はなく、条件は3つ。 小学生でも分かる英語、呼びやすい、音楽性が見えない。 アーティストも含めて、パンクロックの神様とおいている人は少なくない。 あこがれの存在であるブルーハーツは、オリコンチャートでは、驚くほど結果を残していない。 オリコン1位になったことがあるのは、「情熱の薔薇」の1曲だけで、その売上でさえ50万程度なのだ。 にもかかわらず、ブルーハーツの曲は、今でも多くの人に親しまれている。 たくさんのアーティストが、カバーをしている。 書籍、映画の挿入歌、CMなどなどブルーハーツの楽曲は、いまでも使われることがある。 これは、楽曲が優れているうんぬんではなく、芸能界、映画界、CM界のクリエイター側に、ブルーハーツを心底愛している人が結構いることによる。 言わずと知れば名曲だ。 ブルーハーツフィーチャー映画のタイトルは「リンダリンダリンダ」だし、ブルーハーツの楽曲について語った書籍のタイトルは「リンダリンダ」。 「ブルーハーツといえば?」と聞けば、この曲を答える人は少なくない。 そして「リンダリンダ」の売上は、わずか6. 8万枚。 発売から30年以上経った現在、カラオケランキング382位に入っている。 381位には、Every Little Thing唯一のミリオン「Time goes by」が入っている。 流行りに乗ったとか、トレンドに乗ったとかでないのに、ミリオン曲に並んでいるのはとんでもないことだ。 例えば、パンクロックなのに歌詞に「僕」が使われているのは、ブルーハーツの系譜だ。 技術主義時代だった当時に、簡易化した4コード前後のみのパンクロックを流行らせたのもブルーハーツ。 ロックに「歌詞の文学性」を組み込んだのもブルーハーツだ。 そういう革新性から、当時の人たちの心を鷲掴みにした経緯がある。 当時は、「派」と「ブルーハーツ派」で分かれる感じだった。 わかりやすくかっこよくてモテそうなのが「」。 世の中の不安不満の代弁者だったのが「ブルーハーツ」 反骨と曲調がどちらも独特なので、好き嫌いがバッコリ分かれるバンドだ。 ブルーハーツの評価は、「しゅごい!めちゃ!神!」か「全然すごくない。 意味わかんない。 理解できない」の2極化している。 特に初見の人間にとって、甲本ヒロトの歌い方に衝撃を受ける。 歌い方の経緯は、シンプルだ。 熱く歌おうと思っていたら、どんどんエスカレートしていったのだ。 甲本ヒロト自身にも、その真相は不明だ。 ブルーハーツは、文学的で熱い歌詞からもわかるように、熱いメッセージ性を重要視している。 熱いメッセージを伝えたい、観客にもっと届け届け届け!と思っていくに連れて、どんどんひどくなっていった。 パンクロックバンドとして、勢いがなくなって、グループ内での空気も悪くなっていた。 解散の根本の原因はなにかと言われたら、売れなくなったからである。 「河口純之助が宗教の幸福の科学に没頭していた。 布教にも積極的だった河口純之助は、スタッフやファンを勧誘をはじめたことで、甲本ヒロトと真島昌利が激怒して解散にいたった」 これは嘘である。 本当の解散理由は、甲本ヒロトが後に語っている。 「バンドで売れるなら演奏技術が必要で、今のメンバーでは無理だから解散した」この言葉は、他のメンバーの証言とも合致しており、真島昌利などは「甲本が言い出さなければ、自分から抜けようと考えていた」と語っている。 現実に、1993年ごろのシングルは売上1万枚にまで下がっており、宗教うんぬん関係なく、シンプルに「現状に不満を持っていた甲本ヒロトと真島昌利が一歩踏み出した」が解散理由だ。 では、嘘の記事を書いているのかというと、「宗教が原因だ!」と言った方が、ドロドロしているからだ。 読者が読んだとき、「宗教が原因」と「現状への不満」だったら、面白いと感じるのは宗教だ。 雑誌マスコミは、「悲惨要素がないなら、作ったろ」をやる。 現在でも「河口純之助の宗教が、ブルーハーツ解散原因だ」を、信じている人は多い。 分かる。 男のあんまり意味ない見栄である。 河口純之助のパンク「既成概念を愛を持って壊す」が、大川隆法(幸福の科学創始者)著「太陽の法」を読んだときにキレイに結びついて、「これこそ真のパンクやんけ・・・」と、翌年には入信した。 2009年には、幸福実現党(幸福の科学の政党)候補として、東京ブロックから立候補した。 (なんと幸福実現党の結成メンバー。 役職は幸福実現党宣伝局長代理)結果は、残念ながら落選している。

次の

【必ず通る道】ザ・ブルーハーツのシングル曲じゃない名曲10選

ブルーハーツ ナビゲーター

ザ・ブルーハーツ。 言うまでもなく、伝説のパンクロックバンドである。 解散から20年経つ今なお、ブルーハーツは少しも色あせず、最高にして最強のまま。 オンタイムの世代じゃなくても、何曲かはブルーハーツの曲を知っていることだろう。 他のアーティスト同様、シングル曲、例えば、『情熱の薔薇』 『リンダリンダ』 『TRAIN-TRAIN』などが一般的には有名だが、ブルーハーツは アルバム曲にも名曲が目白押しだ。 今回はそんな「シングル曲じゃないけど名曲」を10曲ピックアップしてお届けしたい。 ・『ダンス・ナンバー』 1987年リリース・アルバム「THE BLUE HEARTS」収録。 ブルーハーツの曲の中では演奏時間が最も短い、1分28秒の曲。 だがその中に込められたメッセージは強く、「 豆腐にぶつかって死んじまえ」は超有名フレーズである。 ・『電光石火』 1988年リリース・アルバム「TRAIN-TRAIN」収録。 タイトル通り、「電光石火」から始まりサビも「電光石火」のフレーズが繰り返される。 ・『皆殺しのメロディ』 1991年リリース・アルバム「HIGH KICKS」収録。 「バカーーー!」 から始まるこの曲は、出だしの ベースが最高にかっこいい。 ブルーハーツらしい疾走感にあふれまくっており、凝縮された2分8秒の名曲。 ・『テトラポットの上』 1993年リリース・アルバム「STICK OUT」収録。 スピード感ある曲調で、特にサビは怒涛のラッシュ。 ちなみに、ライブで一度も演奏されなかった数少ない曲の1つでもある。 ・『インスピレーション』 1993年リリース・アルバム「STICK OUT」収録。 ブルーハーツの曲全般にいえることだが、リズムが体に勝手に入ってくるようなノリの良さで、気付けば口ずさんでいる曲。 ・『月の爆撃機』 1993年リリース・アルバム「STICK OUT」収録。 この時期のブルーハーツらしい、 シュールなメッセージが詰め込まれた名曲。 その後、マキシマムザホルモンによってもカバーされた。 ・『手紙』 1993年リリース・アルバム「DUG OUT」収録。 一般的にブルーハーツの曲は、スピーディーでいわゆる激しい系が有名だが、スローテンポな曲にも名曲は多い。 出だしの「 ヴァージニア・ウルフのメノウのボタン」の意味が分からず、筆者は当時悩みまくった。 ・『夜の盗賊団』 1993年リリース・アルバム「DUG OUT」収録。 こちらもスローテンポな曲。 なぜかわからないが、歌詞の「誰かが忘れていったサンオイルがこぼれている」が、当時切なくて仕方なかった。 ・『パーティー』 1993年リリース・アルバム「DUG OUT」収録。 一度聴いたら「パーティー」の フレーズとメロディが耳から離れない。 全体的にシュールな歌詞ではあるが、「いつか いつでもいいから」から始まる箇所にビシッとメッセージが詰め込まれている。 ・『チャンス』 1993年リリース・アルバム「DUG OUT」収録。 このアルバムにはスローテンポな曲が多いが、こちらもスローテンポな曲。 歌詞はもちろん、甲本ヒロトのハーモニカが心に染み渡る。 いかがだっただろうか? 筆者はブルーハーツのオンタイムが「STICK OUT」「DUG OUT」付近なので、どうしてもその周辺の曲が多くなってしまった。 もちろん今回ご紹介できなかった曲も名曲だらけだし、ハイロウズもクロマニョンズも最高である。 驚くほど色あせない名曲の数々をご堪能いただきたい。 執筆: Photo:RocketNews24.

次の