風疹 クーポン。 令和2年度 風しん抗体検査・定期予防接種クーポンを送付(昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性)|江東区

風疹の「無料予防接種クーポン券」が配布中! ~対象者は医療機関へ~

風疹 クーポン

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性を対象とする風しん定期接種について 平成30年度に関東地方を中心として、風しんの患者数が増加したことを受け、国は抗体保有率の低い昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性を対象として、令和4年3月31日までの期間で、風しん予防接種の定期接種化を決定しました。 実施内容 風しん抗体検査及び予防接種(抗体検査の結果、抗体価が低い方のみ)を無料で実施します。 抗体検査及び予防接種を受ける際、区が発行するクーポン券が必要となります。 (注)クーポン券を使用できるのは、令和4年3月31日までの期間内で、お一人につき1回限りです。 (前住所地での使用も含む) クーポン券の発行について 生年月日により、発行方法が異なります。 昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性 江戸川区からクーポン券を受け取ったことがない方に対して、準備が整い次第、一斉に発送予定です。 一斉発送前にクーポン券の発行を希望する場合は、区へのクーポン券発行の申請が必要です。 昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性 区からクーポン券を発送済です。 令和元年度以降に転入された方は区へのクーポン券発行の申請が必要です。 区へのクーポン券発行の申請について 電話での申込 健康サービス係(03-5661-2473)へお電話ください。 準備が整い次第、発送いたします。 窓口での申込 お近くのへ身分証を持ってお越しください。 (注)代理人の方がいらっしゃる場合には、委任状(又は対象の方の身分証)、代理人の身分証をご持参ください。 令和元年度に発行したクーポン券の有効期限について 令和元年度に発行したクーポン券の有効期限は、 令和3年(2021年)3月31日までに延長されました。 クーポン券の有効期限欄には2020年3月までと記載されていますが、期限を延長いたしました。 費用 抗体検査:無料 予防接種:無料 実施場所 をご参照ください。 (注記)江戸川区医師会医療検査センターでは、国保健診又は特定健診を受診する場合にのみ、風しん抗体検査を受けられます。 風しん抗体検査単独での受診はできませんのでご注意ください。 (新型コロナウイルス感染拡大防止のため受付を休止しておりましたが、令和2年6月1日より受付を再開いたします。 ) 実施方法 抗体検査を受診する場合 上記実施場所に、下記をご持参ください。 (予約が必要な場合がありますので、事前に電話等でご確認ください)• 区が発行したクーポン券• 身分証 予防接種を受ける場合 上記実施場所に、下記をご持参ください。 (予約が必要な場合がありますので、事前に電話等でご確認ください)• 区が発行したクーポン券• 身分証• 風しん抗体検査の結果がわかるもの(抗体検査の結果、抗体価がを満たすもの) (注)抗体検査の結果が抗体価の基準を満たさない場合でも、江戸川区独自で行っている風しん予防接種の制度の対象となる場合があります。 詳しくは「 」のページをご覧ください。

次の

風しん予防の対象の方に風しん抗体検査と予防接種のクーポン券を発行します/町田市ホームページ

風疹 クーポン

検査・予防接種の際は、クーポン券・本人確認書類(免許証など)が必要です。 忘れずに持参してください。 クーポン券を紛失された場合は、事前にクーポン券の再発行手続きをしてください。 転出された場合は現在お住いの自治体で発行するクーポン券が必要となります。 習志野市のものは使用できません。 検査の結果、抗体なしの判定となった人は予防接種の際に抗体検査結果が必要です。 紛失しないようご注意ください。 抗体検査結果がない状況で予防接種を受けた場合は、定期接種となりません。 全額自費での接種となります。 風しん第5期定期接種は、MR(麻しん風しん混合)ワクチンを用います。 MRワクチンは、 生ワクチンですので 接種後27日以上の間隔をおかないと他の予防接種ができません。 インフルエンザ等のワクチン接種と時期が近い場合は、ご注意ください。 インフルエンザワクチンの後にMRワクチンを接種する場合は、6日以上の間隔をおいて接種することができます。

次の

風疹の「無料予防接種クーポン券」が配布中! ~対象者は医療機関へ~

風疹 クーポン

1 風しんとは 風しんが今も流行しています。 風しんは、成人がかかると症状が重くなることがあります。 また、妊娠初期の妊婦さんに感染させてしまうと、生まれてくる赤ちゃんの目や耳、心臓に障害が起きることがあります。 詳しくは、「風しんに注意しましょう!()」をご覧ください。 2 なぜ昭和37年度から昭和53年度生まれの男性だけにクーポン券が送られているの? この年代の男性の皆様には、過去に公的に予防接種が行われていないため、自分が風しんにかかり、家族や周囲の人たちに広げてしまうおそれがあります。 この年代の男性の皆様がこれから抗体検査を受け、必要な予防接種を受けると、免疫を持っている人が増え、風しんの流行はなくなると言われています。 あなた自身と、これから生まれてくる世代の子どもを守るために、ぜひクーポン券を使って風しん抗体検査と予防接種を受けてください! 3 クーポン券の使い方 今年度は、昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性へ、お住まいの市町村から、風しん抗体検査と予防接種のクーポン券をお届けしています。 市町村によっては今年度中に市町村で受け取ることもできます。 ご希望の方は、お住まいの市町村にお問い合わせください。 STEP1:市町村からクーポン券が届く 40歳~47歳の方 お住まいの市町村からクーポン券が届きましたら、開封して中身をご確認ください。 STEP2:風しんの抗体検査を受ける 検査は、健康診断等か、お近くの医療機関で、採血して行います。 結果が分かるまでに数日かかる場合があります。 (1) 健康診断の機会に受ける ・勤め先の健康診断の際に、抗体検査を受けられる場合があります。 (詳しくは勤め先の担当者へ問合せください。 ) ・人間ドックの際にも抗体検査を受けられる場合があります。 (詳しくは受診する医療機関へ問合せください。 ) ・検査の際に、クーポン券をご持参ください。 (2)お近くの医療機関で受ける場合 ・全国の4万か所以上の医療機関(診療所など)で、検査を受けることができます。 クーポン券は全国どこでも(住所のある市区町村以外でも)使用できます。 ・検査の際に、クーポン券とお住まいの住所が確認できる書類をお持ちください。 ・医療機関によって、抗体検査を実施する曜日や時間帯が決まっている場合があったり、対象となる方に制限があったりする場合があり得ますので、受診前に電話等で確認することをおすすめします。 実施医療機関については、随時更新しておりますが、反映に時間を要することもあります。 全国 厚生労働省ホームページ「風しんの追加的対策について」に掲載されていますので、ご覧ください。 STEP3: 検査の結果を聞き、免疫がない場合は風しんの予防接種を受ける ・検査結果は、検査を受けたところで確認してください。 (健康診断の結果とともに通知される、検査を受けた医療機関に問い合わせる などの方法となります。 ) ・風しんへの免疫がなかった方(十分な量の抗体がなかった方)は、予防接種を受けてください。 検査の結果、十分な抗体があった方、予防接種は不要です。 ・全国4万か所以上の医療機関(診療所など)で、予防接種を受けることができます。 クーポン券は、全国どこでも(住所のある市区町村以外でも)使用できます。 ・接種を受けられる曜日、ワクチンを予約する必要があるかなど、受診する医療機関へご確認ください。 ・予防接種を受ける際に、クーポン券と本人確認書類をお持ちください。 4 その他 詳細は厚生労働省ホームページ「風しんの追加的対策について」をご覧ください。 <外部リンク> 「動画で分かる、止めるぞ風しん」もぜひご覧ください。 <外部リンク> あなたと、これから生まれてくる世代の子どもを守るために風しんの抗体検査と予防接種を受けましょう!.

次の