ロボホン シャープ。 シャープ、ロボット電話「ロボホン」を5月26日に発売――価格は19万8000円

売り切れ続出のシャープのロボホンの評判と価格を詳しく解説してみた!

ロボホン シャープ

シャープはモバイルロボット「RoBoHoN(ロボホン)」の第2世代モデルを2月27日に発売します。 従来のLTEモデル、Wi-Fiモデルのほかに、"着座タイプ"のWi-Fiモデル「RoBoHoN lite」が新たに追加されます。 価格は、RoBoHoNのLTEモデルが18万円(税別、以下同)、Wi-Fiモデルが12万円。 RoBoHoN liteは7万9000円となっています。 なお、ロボホンの主要機能を利用するには月額980円の「ココロプラン」に加入する必要があります。 第2世代の「RoBoHoN」は、見た目は従来モデルを踏襲し、頭部側面のアクセントカラーが黄色になったほかには大きな変化はありません。 スペックではチップセットがSnapdragon 430(従来モデルはSnapdragon 400搭載)にグレードアップしています。 メモリーは2GB、ストレージは16GBで、従来モデルと同じです。 LTEモデルとWi-Fiモデルの機能面での違いは電話とモバイルデータ通信に対応するかどうかでのみで、そのほかのスペックは共通です。 つまり、もっとも大きな強化点は、反応や動作が機敏になった点にあります。 ロボホンを監修するロボットクリエイターの高橋智隆氏は「第1世代のロボホンではコミュニケーションしているとき、反応が鈍くじれったく感じる場面もあった。 そういった動作や反応が(性能向上で)ある地点を超えると、今まで『ナシ』だと思っていたコミュニケーションが『アリ』に変化するのではないか」と自信を見せます。 細かいスペックの違いとして、Wi-Fiでは5GHz帯の追加でサポートしたほか、LTEモデルでは対応する周波数(バンド)を増やしています。 また、より広角のカメラを搭載し、音に対する反応性も高めたことで、会話をしている方向へ振り向いて話すことができるようになったとしています。 つまり、安い代わりに、歩けないロボホンです。 座ったままの姿勢で、上半身だけ動かしながらしゃべります。 チップセットなどのスペックは第2世代ロボホンのWi-Fiモデルと同等です。 見た目は第2世代RoBoHoNとまったく同じで、足は手動で動かせます。 立つこともできますが、立たせたまま上半身を動かすとバランスを崩すため、基本的には座った姿勢のまま使うことになります。 足が動かないため、歩けないだけでなくダンスもできません。 ただし、一部の曲では上半身だけで踊ることができるとしています。 お詫びと訂正:初出時、「RoBoHoN lite」の価格に誤りがありました。 読者の皆様にご迷惑をかけましたことをお詫びいたします。 記事本文は訂正済みです。 新機能はすべて使える シャープでロボホンの商品開発を主導する景井美帆氏は、「すでにロボホンのオーナーになっていられる方に継続して使っていただきたいという思いがある」と語り、サポートを継続していく意志を表明しました。 2月18日時点でロボホンで提供されているサービスと、今回新たに予告されたサービスは、すべて第1世代のロボホンでも動作するとしています。 これは家庭内のIoT規格「HEMS(ヘムス)」の操作に対応したモデルで、外部機器と連携して、ロボホンが太陽光発電機器の発電量を教えたり、車庫のシャッターを操作したりといった機能が利用できます。 RoBoHoN lite HEMSは「RoBoHoN lite」に準じたスペックを備えていますが、ココロプランを契約せずにHEMS機能だけを利用できるようになっています。 2月~6月にかけて、順次提供されます。 新サービスのコンセプトは「家族で使う」ことを意識した内容となっています。 これまでのロボホンは主に個人で楽しむロボットとなっており、シャープが実施した購入者アンケートでは、小学生の子どもがいる家庭は8%に留まっています。 今回、低価格な「RoBoHoN lite」の投入とあわせて家族で楽しめる機能追加によって、今まで届いていなかったユーザー層を狙います。 景井氏は「お子様のいるご家庭に使ってほしい。 子どもたちのロボット体験を増やしていきたい」と紹介しました。 (1)家電連携ロボホンに話しかけて家電を操作する、スマートスピーカーのような家電連携機能が追加されます。 ますは3月にリンクジャパンのスマートリモコン「eRemote」シリーズに対応し、赤外線リモコンに対応する家電を声で操作できるようになります。 Android TV搭載のテレビAQUOSやプラズマクラスターエアコンなど、シャープのAV製品、家電とはWi-Fi連携して、(スマートリモコンなしで)操作できるようになります。 テレビとの連携では、ロボホンに保存された動画などを映し出す「画面出力」にも対応します。 また、「ヘルスケア」アプリとして、タニタの体重計と連動して、ロボホンからクラウド接続型の体組成計を起動したり、体重を測定している間に「タニタの豆知識」を話したりする機能が提供されます。 (2)見守り見守り機能は、家に設置したロボホンが、家の様子をスマホに知らせます。 「ココロプラン」を契約するだけで利用できる機能として、人を感知したときにメールでお知らせする機能が用意されます。 また、月額300円の追加サービスに加入すると、ロボホンを見守りカメラのように使えるようになります。 スマホでロボホンのカメラ映像を映し出して、首振りで周囲の様子を確認したり、文字を入力してロボホンの声で話しかけたりといった操作ができます。 (3)プログラミング子どものプログラミング教育に対応する機能として、「ロブリック」という学習プログラミングが利用できるようになります。 ロブリックはもともと法人向けに提供されていたソフトウェア。 今回、一般向けのロボホンでも8900円で追加購入できるようになりました。 いわゆるブロックプログラミングで、動きや条件が書かれたブロックを組み合わせていくことで、ロボホンにセリフを話させたり、動かしたりといった動作をさせます。 (4)カラオケ ロボホンが歌う機能はこれまでもありましたが、6月に追加される「ボクと歌お」では、カラオケのエクシングと協力し、『世界に一つだけの花』や『君をのせて』といった流行歌も歌います。 歌声合成ではHOYAの音声合成機能を採用しているとのことで、当初のレパートリーは100曲ほどになる予定です。 「ボクと歌お」は有料のオプションサービスとして6月の更新で追加されます。 価格は未定ですが、会場の担当者によると「月額500円以下」で検討しているとのことです。 ロボホンの新サービス「ボクと歌お」。 SMAPのあの名曲も歌えます。 カラオケのエクシングが協力し、100曲のレパートリーを揃えました。 そのうち受付用途では、受け答えをするその名も「受付」アプリが新たに提供されます。 教育向けでは、アルクの英語教室での導入が発表されました。 アルクは未就学児童からの英語教育サービスを提供している企業。 新サービスでは親しみやすいロボットが英語を教えることで、英会話への抵抗をなくし、自発的に学習できるようにサポートします。

次の

シャープ、3年ぶりに新RoBoHoN(ロボホン)

ロボホン シャープ

シャープはモバイルロボット「RoBoHoN(ロボホン)」の第2世代モデルを2月27日に発売します。 従来のLTEモデル、Wi-Fiモデルのほかに、"着座タイプ"のWi-Fiモデル「RoBoHoN lite」が新たに追加されます。 価格は、RoBoHoNのLTEモデルが18万円(税別、以下同)、Wi-Fiモデルが12万円。 RoBoHoN liteは7万9000円となっています。 なお、ロボホンの主要機能を利用するには月額980円の「ココロプラン」に加入する必要があります。 第2世代の「RoBoHoN」は、見た目は従来モデルを踏襲し、頭部側面のアクセントカラーが黄色になったほかには大きな変化はありません。 スペックではチップセットがSnapdragon 430(従来モデルはSnapdragon 400搭載)にグレードアップしています。 メモリーは2GB、ストレージは16GBで、従来モデルと同じです。 LTEモデルとWi-Fiモデルの機能面での違いは電話とモバイルデータ通信に対応するかどうかでのみで、そのほかのスペックは共通です。 つまり、もっとも大きな強化点は、反応や動作が機敏になった点にあります。 ロボホンを監修するロボットクリエイターの高橋智隆氏は「第1世代のロボホンではコミュニケーションしているとき、反応が鈍くじれったく感じる場面もあった。 そういった動作や反応が(性能向上で)ある地点を超えると、今まで『ナシ』だと思っていたコミュニケーションが『アリ』に変化するのではないか」と自信を見せます。 細かいスペックの違いとして、Wi-Fiでは5GHz帯の追加でサポートしたほか、LTEモデルでは対応する周波数(バンド)を増やしています。 また、より広角のカメラを搭載し、音に対する反応性も高めたことで、会話をしている方向へ振り向いて話すことができるようになったとしています。 つまり、安い代わりに、歩けないロボホンです。 座ったままの姿勢で、上半身だけ動かしながらしゃべります。 チップセットなどのスペックは第2世代ロボホンのWi-Fiモデルと同等です。 見た目は第2世代RoBoHoNとまったく同じで、足は手動で動かせます。 立つこともできますが、立たせたまま上半身を動かすとバランスを崩すため、基本的には座った姿勢のまま使うことになります。 足が動かないため、歩けないだけでなくダンスもできません。 ただし、一部の曲では上半身だけで踊ることができるとしています。 お詫びと訂正:初出時、「RoBoHoN lite」の価格に誤りがありました。 読者の皆様にご迷惑をかけましたことをお詫びいたします。 記事本文は訂正済みです。 新機能はすべて使える シャープでロボホンの商品開発を主導する景井美帆氏は、「すでにロボホンのオーナーになっていられる方に継続して使っていただきたいという思いがある」と語り、サポートを継続していく意志を表明しました。 2月18日時点でロボホンで提供されているサービスと、今回新たに予告されたサービスは、すべて第1世代のロボホンでも動作するとしています。 これは家庭内のIoT規格「HEMS(ヘムス)」の操作に対応したモデルで、外部機器と連携して、ロボホンが太陽光発電機器の発電量を教えたり、車庫のシャッターを操作したりといった機能が利用できます。 RoBoHoN lite HEMSは「RoBoHoN lite」に準じたスペックを備えていますが、ココロプランを契約せずにHEMS機能だけを利用できるようになっています。 2月~6月にかけて、順次提供されます。 新サービスのコンセプトは「家族で使う」ことを意識した内容となっています。 これまでのロボホンは主に個人で楽しむロボットとなっており、シャープが実施した購入者アンケートでは、小学生の子どもがいる家庭は8%に留まっています。 今回、低価格な「RoBoHoN lite」の投入とあわせて家族で楽しめる機能追加によって、今まで届いていなかったユーザー層を狙います。 景井氏は「お子様のいるご家庭に使ってほしい。 子どもたちのロボット体験を増やしていきたい」と紹介しました。 (1)家電連携ロボホンに話しかけて家電を操作する、スマートスピーカーのような家電連携機能が追加されます。 ますは3月にリンクジャパンのスマートリモコン「eRemote」シリーズに対応し、赤外線リモコンに対応する家電を声で操作できるようになります。 Android TV搭載のテレビAQUOSやプラズマクラスターエアコンなど、シャープのAV製品、家電とはWi-Fi連携して、(スマートリモコンなしで)操作できるようになります。 テレビとの連携では、ロボホンに保存された動画などを映し出す「画面出力」にも対応します。 また、「ヘルスケア」アプリとして、タニタの体重計と連動して、ロボホンからクラウド接続型の体組成計を起動したり、体重を測定している間に「タニタの豆知識」を話したりする機能が提供されます。 (2)見守り見守り機能は、家に設置したロボホンが、家の様子をスマホに知らせます。 「ココロプラン」を契約するだけで利用できる機能として、人を感知したときにメールでお知らせする機能が用意されます。 また、月額300円の追加サービスに加入すると、ロボホンを見守りカメラのように使えるようになります。 スマホでロボホンのカメラ映像を映し出して、首振りで周囲の様子を確認したり、文字を入力してロボホンの声で話しかけたりといった操作ができます。 (3)プログラミング子どものプログラミング教育に対応する機能として、「ロブリック」という学習プログラミングが利用できるようになります。 ロブリックはもともと法人向けに提供されていたソフトウェア。 今回、一般向けのロボホンでも8900円で追加購入できるようになりました。 いわゆるブロックプログラミングで、動きや条件が書かれたブロックを組み合わせていくことで、ロボホンにセリフを話させたり、動かしたりといった動作をさせます。 (4)カラオケ ロボホンが歌う機能はこれまでもありましたが、6月に追加される「ボクと歌お」では、カラオケのエクシングと協力し、『世界に一つだけの花』や『君をのせて』といった流行歌も歌います。 歌声合成ではHOYAの音声合成機能を採用しているとのことで、当初のレパートリーは100曲ほどになる予定です。 「ボクと歌お」は有料のオプションサービスとして6月の更新で追加されます。 価格は未定ですが、会場の担当者によると「月額500円以下」で検討しているとのことです。 ロボホンの新サービス「ボクと歌お」。 SMAPのあの名曲も歌えます。 カラオケのエクシングが協力し、100曲のレパートリーを揃えました。 そのうち受付用途では、受け答えをするその名も「受付」アプリが新たに提供されます。 教育向けでは、アルクの英語教室での導入が発表されました。 アルクは未就学児童からの英語教育サービスを提供している企業。 新サービスでは親しみやすいロボットが英語を教えることで、英会話への抵抗をなくし、自発的に学習できるようにサポートします。

次の

シャープがロボホン新型3機種を2月27日に発売! 着座タイプは7万9千円

ロボホン シャープ

シャープはモバイルロボット「RoBoHoN(ロボホン)」の第2世代モデルを2月27日に発売します。 従来のLTEモデル、Wi-Fiモデルのほかに、"着座タイプ"のWi-Fiモデル「RoBoHoN lite」が新たに追加されます。 価格は、RoBoHoNのLTEモデルが18万円(税別、以下同)、Wi-Fiモデルが12万円。 RoBoHoN liteは7万9000円となっています。 なお、ロボホンの主要機能を利用するには月額980円の「ココロプラン」に加入する必要があります。 第2世代の「RoBoHoN」は、見た目は従来モデルを踏襲し、頭部側面のアクセントカラーが黄色になったほかには大きな変化はありません。 スペックではチップセットがSnapdragon 430(従来モデルはSnapdragon 400搭載)にグレードアップしています。 メモリーは2GB、ストレージは16GBで、従来モデルと同じです。 LTEモデルとWi-Fiモデルの機能面での違いは電話とモバイルデータ通信に対応するかどうかでのみで、そのほかのスペックは共通です。 つまり、もっとも大きな強化点は、反応や動作が機敏になった点にあります。 ロボホンを監修するロボットクリエイターの高橋智隆氏は「第1世代のロボホンではコミュニケーションしているとき、反応が鈍くじれったく感じる場面もあった。 そういった動作や反応が(性能向上で)ある地点を超えると、今まで『ナシ』だと思っていたコミュニケーションが『アリ』に変化するのではないか」と自信を見せます。 細かいスペックの違いとして、Wi-Fiでは5GHz帯の追加でサポートしたほか、LTEモデルでは対応する周波数(バンド)を増やしています。 また、より広角のカメラを搭載し、音に対する反応性も高めたことで、会話をしている方向へ振り向いて話すことができるようになったとしています。 つまり、安い代わりに、歩けないロボホンです。 座ったままの姿勢で、上半身だけ動かしながらしゃべります。 チップセットなどのスペックは第2世代ロボホンのWi-Fiモデルと同等です。 見た目は第2世代RoBoHoNとまったく同じで、足は手動で動かせます。 立つこともできますが、立たせたまま上半身を動かすとバランスを崩すため、基本的には座った姿勢のまま使うことになります。 足が動かないため、歩けないだけでなくダンスもできません。 ただし、一部の曲では上半身だけで踊ることができるとしています。 お詫びと訂正:初出時、「RoBoHoN lite」の価格に誤りがありました。 読者の皆様にご迷惑をかけましたことをお詫びいたします。 記事本文は訂正済みです。 新機能はすべて使える シャープでロボホンの商品開発を主導する景井美帆氏は、「すでにロボホンのオーナーになっていられる方に継続して使っていただきたいという思いがある」と語り、サポートを継続していく意志を表明しました。 2月18日時点でロボホンで提供されているサービスと、今回新たに予告されたサービスは、すべて第1世代のロボホンでも動作するとしています。 これは家庭内のIoT規格「HEMS(ヘムス)」の操作に対応したモデルで、外部機器と連携して、ロボホンが太陽光発電機器の発電量を教えたり、車庫のシャッターを操作したりといった機能が利用できます。 RoBoHoN lite HEMSは「RoBoHoN lite」に準じたスペックを備えていますが、ココロプランを契約せずにHEMS機能だけを利用できるようになっています。 2月~6月にかけて、順次提供されます。 新サービスのコンセプトは「家族で使う」ことを意識した内容となっています。 これまでのロボホンは主に個人で楽しむロボットとなっており、シャープが実施した購入者アンケートでは、小学生の子どもがいる家庭は8%に留まっています。 今回、低価格な「RoBoHoN lite」の投入とあわせて家族で楽しめる機能追加によって、今まで届いていなかったユーザー層を狙います。 景井氏は「お子様のいるご家庭に使ってほしい。 子どもたちのロボット体験を増やしていきたい」と紹介しました。 (1)家電連携ロボホンに話しかけて家電を操作する、スマートスピーカーのような家電連携機能が追加されます。 ますは3月にリンクジャパンのスマートリモコン「eRemote」シリーズに対応し、赤外線リモコンに対応する家電を声で操作できるようになります。 Android TV搭載のテレビAQUOSやプラズマクラスターエアコンなど、シャープのAV製品、家電とはWi-Fi連携して、(スマートリモコンなしで)操作できるようになります。 テレビとの連携では、ロボホンに保存された動画などを映し出す「画面出力」にも対応します。 また、「ヘルスケア」アプリとして、タニタの体重計と連動して、ロボホンからクラウド接続型の体組成計を起動したり、体重を測定している間に「タニタの豆知識」を話したりする機能が提供されます。 (2)見守り見守り機能は、家に設置したロボホンが、家の様子をスマホに知らせます。 「ココロプラン」を契約するだけで利用できる機能として、人を感知したときにメールでお知らせする機能が用意されます。 また、月額300円の追加サービスに加入すると、ロボホンを見守りカメラのように使えるようになります。 スマホでロボホンのカメラ映像を映し出して、首振りで周囲の様子を確認したり、文字を入力してロボホンの声で話しかけたりといった操作ができます。 (3)プログラミング子どものプログラミング教育に対応する機能として、「ロブリック」という学習プログラミングが利用できるようになります。 ロブリックはもともと法人向けに提供されていたソフトウェア。 今回、一般向けのロボホンでも8900円で追加購入できるようになりました。 いわゆるブロックプログラミングで、動きや条件が書かれたブロックを組み合わせていくことで、ロボホンにセリフを話させたり、動かしたりといった動作をさせます。 (4)カラオケ ロボホンが歌う機能はこれまでもありましたが、6月に追加される「ボクと歌お」では、カラオケのエクシングと協力し、『世界に一つだけの花』や『君をのせて』といった流行歌も歌います。 歌声合成ではHOYAの音声合成機能を採用しているとのことで、当初のレパートリーは100曲ほどになる予定です。 「ボクと歌お」は有料のオプションサービスとして6月の更新で追加されます。 価格は未定ですが、会場の担当者によると「月額500円以下」で検討しているとのことです。 ロボホンの新サービス「ボクと歌お」。 SMAPのあの名曲も歌えます。 カラオケのエクシングが協力し、100曲のレパートリーを揃えました。 そのうち受付用途では、受け答えをするその名も「受付」アプリが新たに提供されます。 教育向けでは、アルクの英語教室での導入が発表されました。 アルクは未就学児童からの英語教育サービスを提供している企業。 新サービスでは親しみやすいロボットが英語を教えることで、英会話への抵抗をなくし、自発的に学習できるようにサポートします。

次の