アメリカ 大統領 暗殺。 【ミステリー】ケネディ大統領暗殺事件の謎と陰謀論

アメリカ大統領を暗殺しようとしたクレイジーな犯人たち

アメリカ 大統領 暗殺

「その1」 速報版【氏 講演 II】新東京塾 第1回『アメリカ新大統領下で世界はどうなる』〜国際金融資本の世界戦略を阻止出来るか〜』VS 開始後45分〜55分 【内容】 トランプ氏はのことを堂々と選挙戦で話しているから危険だ。 一番早い段階で暗殺されたのは、ロバートで、彼はカリフォルニア予備選で勝った段階で暗殺された。 その次に早い段階で暗殺のターゲットになったのは、彼はに首を突っ込んだので就任2ケ月くらいで暗殺未遂に会った。 過去のアメリカ大統領が、なぜ暗殺されたか。 その原因は1つだった。 を取り戻そうとした大統領は暗殺された。 米国のにあたるの中枢機関)がない時代にもはあった。 に反対したり、手を突っ込んだ大統領は暗殺された。 やに通貨を発行させるのではなく、自分たちの政府で勝手に通貨を発行させた大統領はとの2人だけであった。 そして、2人とも暗殺された。 アメリカの歴史上、最初に暗殺ターゲットになった大統領は第7代大統領だった。 その時は、ピストルが不発となり幸いにして未遂で終わった。 はであり、その最大の功績は、第2合衆国銀行と呼ばれていた当時のの20年毎の更新を認めなかったことである。 どのアメリカの歴史書にもの暗殺未遂事件の本当の理由は書いてない。 彼はの存続に反対したと書いてあっても、それが、なぜ暗殺の原因になるのか分からない。 は通貨を発給する銀行である。 アメリカは始めに、を作るかどうかで大論争があった。 推進派にという18世紀の財務長官がいた。 反対派は、だった。 フランクリンの死後に、第1合衆国銀行の法案が通ってしまった。 80%は民間資本、アメリカ政府は20%しか株を持っていなかった。 ハッキリ言えばが握っていた銀行が1791年にできた。 20年後の1811年に議会で1票差で拒否されてがなくなった。 すると、1812年に戦争が勃発した。 ところが、戦争がなぜ起こったかをハッキリ書いてある歴史書はない。 アメリカの金融はイギリスが握っていた。 を更新させるためにイギリスが戦争を仕掛けた。 戦争には金がかかるため、アメリカ政府は借金で首が回らなくなり、1816年に第2合衆国銀行を認めた。 それから20年後に更新時期が訪れた。 その時の大統領がだった。 はいろんな誘惑があったが、最後まで更新を認めなかった。 それから、1913年まで、アメリカにはが存続しなかった。 の時、南部はイギリスから利子30%で金を借りたが、は借りず、自ら通貨(グリーンバック)を発給して暗殺された。 いずれにせよ、がなぜ暗殺されたかは、教科書には書いてない。 犯人はブースだったが、背後で彼を操った国際金融資本家のことは書かれない。 メディアは「アメリカのであるが・・」としか言わない。 もし「アメリカので100%民間銀行であるがを持つは・・」と新聞に書けば、その新聞社は潰される。 そして、は1913年に設立した。 【感想】 メディアにも教科書にも書かれないことが多くあることを知り驚くとともに、無知であることを実感しました。 無知であるならば、知っている人から学ばなければなりません。 神様の心情や摂理に対して、私たちは無知なので、お父様のみ言を訓読して学ばなければなりません。 お父様がについて語られた時は、に関心を持ち勉強する必要があります。 そして、亨進二代王様が、政治やあるいはについて話される時は、その事を意識し、興味を向け、見識を深める努力をして行きたいと思います。 by ロード クリックして応援してね。 hamamatsu3000.

次の

アメリカの通貨発行権を巡る血みどろの戦い ~アメリカ大統領暗殺~

アメリカ 大統領 暗殺

トランプ大統領暗殺計画の可能性!もうすでに起こっている!? トランプ大統領が就任した際に、 国際協調を無視した発言等には、 多くの批判が寄せられました。 そして、実は過去にいくつかの トランプ大統領暗殺計画が立てられ、 実際に未遂と終った事もあったのです。 過去に、 アメリカではリンカーン大統領に 始まる大統領暗殺計画が多く 立てられてきました。 トランプ大統領も彼らの様に暗殺の 犠牲になる可能性があるかと言うと、 それは、かなり厳しいと言えます。 記事本文では、 更に詳しいトランプ大統領の 暗殺計画の可能性について、 見て行きましょう。 トランプ大統領暗殺計画の可能性! トランプ大統領の暗殺計画の可能性は 大統領就任前から存在していました。 中東レバノン諜報機関が逮捕した サウジアラビア人のノートパソコンの 中には、選挙期間中のトランプ大統領の スケジュールデータが事細かに 入っていたのです。 また、 通常のインターネットとは違う アクセス方法を必要とする ダークウェブ上にある 「 Terminating Donald Trump」 (トランプを終わらせる)という 闇サイトでは、トランプ大統領計画の 為の資金集めをしていた事が 発覚しています。 ダークウェブは一見フィクションの 様な領域ではありますが、 実際に存在して、その場において、 トランプ大統領の暗殺計画の 可能性があった事には、 驚きを隠せません。 また、元FBI捜査官は、 トランプ大統領暗殺計画は、 一般に知られていないだけで 数多くあると述べています。 そして、暗殺計画の内一つは、 未遂事件までに至った事が 判明しているのです。 トランプ大統領暗殺未遂事件!下手すると暗殺されていた可能性!? 2017年5月31日、 ホワイトハウス近くに存在する トランプ・インターナショナル・ホテル でライフルなどの武装を所持した 男性が逮捕される事件が起こりました。 この男性は、知人にトランプ大統領を 暗殺したいと語っており、 その知人の情報提供により、 暗殺計画は未然に防がれました。 知人の協力が無かったら、 トランプ大統領の暗殺が成就していた 可能性があったかは断言できませんが、 大惨事に至っていた可能性は大いに あったと考えられます。 以上の様にトランプ大統領暗殺計画は これまでも複数存在していたのです。 スポンサード・リンク トランプ大統領以前にもあったアメリカ大統領暗殺計画や事件! トランプ大統領はその強気な発言で 暗殺の計画があるのは納得できますが、 そもそも、アメリカ大統領は、 暗殺とは切っても切り離せない 関係にあると言えるのです。 次は、歴代アメリカ大統領の 暗殺、暗殺未遂事件や計画について 見て行きましょう。 トランプ大統領だけじゃない?歴代大統領の暗殺関連事件! アメリカ大統領暗殺事件には、 以下の様な有名な物があります。 リンカーン大統領暗殺 アメリカ歴代大統領暗殺の歴史で やはり一番最初に語られるべきなのは、 エイブラハム・リンカーン大統領だと 言えます。 1865年4月14日、 リンカーン大統領は俳優である ジョン・ウィルクス・ブースに よって観劇中に暗殺されました。 犯行動機は暗殺の混乱による 当時のアメリカ北部政府の 国家転覆でした。 この初めてのアメリカ大統領暗殺は アメリカ国内に多くの動揺をもたらし、 以後、アメリカ大統領は暗殺計画を 警戒する事になります。 ジェームズ・ガーフィールド大統領暗殺 1881年7月2日に実行に移された 暗殺事件です。 暗殺を行ったのは、 チャールズ・J・ギトーで、 犯行動機は犯人の誇大妄想による ガーフィールド大統領に対する 私怨でした。 ガーフィールド大統領の任期は この暗殺のせいで199日間、 4ヶ月程であったとされています。 この時代からこういった精神的に 問題のある人物の犯行があったのかと 驚いてしまいますね。 ウィリアム・マッキンリー大統領暗殺事件 1901年9月6日に起こった 暗殺事件です。 犯人はレオン・チョルゴッシュという 人物で、無政府主義思想に 傾倒していた為に暗殺を行いました。 この事件以降に、 シークレットサービスが大統領を 警護する事となります。 ジョン・F・ケネディ暗殺事件 1963年11月22日パレード中に 当時大統領のジョン・F・ケネディが 暗殺された事件です。 犯人はリー・ハーヴェイ・オズワルドと されていますが、未だに謎を多く 残す事件で有名。 これがアメリカ大統領が暗殺された 最後の事件だと言えます。 レーガン大統領暗殺未遂事件 1981年3月30日に起こった 暗殺未遂事件です。 犯人はジョン・ヒンクリーで、 動機は映画「 タクシードライバー」に 影響されたという幼稚な物でした。 レーガン大統領は胸部に弾丸を 受けましたが、病院に搬送され、 一命を取りとめています。 この他にも、トランプ大統領の 前任である黒人初の オバマ大統領も 多くの白人至上主義者によって 暗殺計画を立てられていましたが、 全て水際で食い止められています。 トランプ大統領以前から、 アメリカ大統領の歴史は、 暗殺計画と隣り合わせなのが わかりますね。 実際にトランプ大統領暗殺計画が成功する可能性は? 歴代アメリカ大統領の暗殺事件に 目を通した所で、時代を現代に戻し、 トランプ大統領の暗殺計画が 実際に可能なものなのか、 その可能性を見て行きましょう。 トランプ大統領暗殺計画成功の可能性は極めて低い? トランプ大統領暗殺計画が 成就する可能性はかなり低いと 言えます。 それは何故かと言うと、 今までの大統領暗殺事件によって、 アメリカ大統領の警護はかなり 厳しくなっている為です。 ジョン・F・ケネディ氏は 車でのパレードで狙撃されましたが、 現代の大統領車でそれを行うのは 困難だと言えるでしょう。 トランプ大統領が乗車するリムジンは、 通常の銃の弾丸は勿論の事、 ミサイル攻撃にも耐えうるビーストと 呼ばれる車です。 それをマッキンリー大統領暗殺以後、 大統領を警護する事となった シークレットサービスの車が 壁になる様に警護します。 また、演説を大衆の前で行う時や 他国に訪問した際には厳重な 警備が行われます。 日本に2019年に訪問した際の 大相撲観戦の警備の厳しさは 記憶に新しいですね。 以上の様な暗殺計画への対策が 幾重にも行われている為に、 トランプ大統領の暗殺の可能性は 低いと言えるのです。

次の

暗殺されたアメリカ大統領と暗殺者のまとめ

アメリカ 大統領 暗殺

現職のアメリカ大統領の暗殺を描いていると言うことで、公開前から『不道徳だ』などと言う激しい批判にさらされた、問題の作品。 流石にアメリカの映画ではなく、イギリスの映画。 映画の構成は、事件が発生し、一定の時間がたってから事件を振り返ると言うドキュメンタリータッチになっています。 完全にフィクションと言うことは分かっているのですが、作り方が良く見るドキュメンタリーに完全に一致していて、一瞬「本当のことなのではないか?」と思わされてしまうほど。 それほど、作りは巧妙です。 しかし物語としてみた場合、後半になるとちょっと間延びした印象があります。 もう少しテンポよく進んでくれれば良いのですが。 (そもそも、顔は知られているので、別人は使えないし、演じてくれるわけが無い。 ) 9. 11以降のアメリカの雰囲気を繁栄して、犯人は中東系の人物と言う線で進められますが、その後、驚愕の事実が発覚します。 それは、イラク戦争が抱えるアメリカ国内の問題を反映していて、非常に奥深い意味合いを感じさせられます。 「反戦の母」シンディ・シーハンさんと言う人もいますからねぇ。 また、作中のブッシュ後のアメリカ政府の対応をみると、ブッシュがチェイニーに変わっても、何も変わらない、むしろ問題は悪化すると言うような事を暗示されいるように見ることも出来ます。 って言うか、現実の世界でも、ブッシュがチェイニーに変わったところで、どちらも石油業界の利権を代表しているわけですから、この映画の通りのような気がします。 扱っている内容が、扱っている内容だけに、始まる前のクレジットが注意深くなされています。 内容は、事件の現場とされるのがシカゴなのですが、それらの場所や、人々、政府機関は、完全に物語上のもので、実際のことではないと言う趣旨。 そうでないと、ヘイトクライムなどを引き起こしかねないですからね。 これは映画であり、完全にフィクションである筈なのですが、実際の出来事を見てしまったような気がするのは気のせいでしょうか? 非常に精巧な近未来シミュレーションのような気がします。 その誕生からして疑惑に包まれていますから、その正統性に疑問をもつ人が少なくないわけですが、それにしても、史上ここまで嫌われる大統領と言うのも、結構稀有な存在かもしれないですね。 もしも、ブッシュ大統領が暗殺されたなら…。 ブッシュ大統領、本人が実名で登場。 吾輩、個人的にはブッシュが嫌いです。 別に共和党がどうとか民主党がどうとか、政治信条がどうとかってんではなく、あのアル・ゴアと争った大統領選挙以来、ただただ嫌いです。 そんな吾輩でも、この映画を観て思いました。 『こんなん作られたら、そらブッシュも気ぃ悪いわな~』と。 フィクションではありますが、殆んどドキュメンタリーのような撮り方をされてます 何も知らない人に、『これは実話です』って言っても通用しそうなデキ し、何より俳優ではなく暗殺されるシーンで撃たれるのも、大統領本人 モチロン合成編集された映像ですが ですから、そりゃエエ気はしませんわ。 何より、あのヒラリー・クリントンまでが~『卑劣で言語道断。 そんな恐ろしい話で利益を得ようとしている人に、うんざりします』~とのコメントを発しています。 『面白けりゃイイ』という思いではなく、当然『もし、~になったらどうなる?』という問題提起の基に作られた映画ではあるのですが、これをされた方にとってはかなり強烈な『タマッたモンやないで~!』という思いがするでしょうね。 しかし、ようこんな映画作るよな~!個人的な意見ですが、かなり悪趣味だと思いますわ。 この製作陣。 で、暗殺犯の正体も結構リアルで、実際にあり得そうな話なので、尚更考えさせられてしまいました。 大統領も迫真の演技ですし(^^;。

次の