どん兵衛 粉末スープ 後入れ。 【比較】日清のうどん(どん兵衛)と日清のうどん(デカうま)を食べ比べてみた!

日清のどん兵衛スパイスカレーうどんはスパイスが効いて美味しい!

どん兵衛 粉末スープ 後入れ

待ち時間5分。 粉末スープは後入れ 日清の平打ちタイプのうどんは待ち時間5分。 あの独特のコシを表現するのに欠かせない時間です。 ちなみに僕はモタモタしているので、フタを開けてから食べるまでに人より時間がかかる、という理由から、 30秒くらい短くしています。 今回で言えば、4分30秒ということですね。 カップヌードルみたいに、最初から全部入っているタイプは麺をほぐしたらすぐに食べられるので、決められた時間をしっかり守ることにしています。 うどんだからなのか、かやくは少なめ。 と言ってもカップ麺のかやくの量は、どれも五十歩百歩ですね。 この他、粉末スープとおろし生姜が添付されています。 かやく以外の2つは、どちらも後入れです。 彩りが上品できれい。 鶏肉など、全体的にサッパリめ 5分待ってフタを開けたのがコレ。 まだスープの素を入れてない段階ですが、花柄のかまぼこのピンク、卵の黄色、ネギの緑が、控えめながらも鮮やかで、 見た目がとても上品できれいですね。 ちなみに、白いのは鶏肉。 お湯を入れる前の段階では、生姜の切れ端に見えて「これ生姜の存在感ありすぎじゃね」と思ったんですが、違ってました。 日清で肉と言えば謎肉ですが、あちらが脂強めなのに対して、この鶏肉は非常にサッパリしています。 というか全体的にこのどん兵衛、サッパリしてますね。 栄養成分表示を見ると、そこまで脂肪少なめ、というわけではないんですが。 具がアッサリしてるからですかね。 粉末スープが後入れなので、麺はあまりスープを吸いません。 絡みつくだけなので、スープを残せば塩分はかなりカットできます。 一方で、このどん兵衛のカロリーの大半は麺です。 スープを残して、カットできるカロリーはそれほど多くなさそうです。 あんかけなので、 満遍なくとろみがつくように、スープは手早く混ぜた方がいいです。 あんまりモタツイていると、ダマになるし、スープの味も薄くなってしまいます。 おろし生姜で香りをつけるものだと勝手に思っていたのですが、粉末スープにもかなり生姜(本物なのか香りのパウダーなのかは分かりませんが)が入っているようで、 袋を開けた瞬間に生姜の香りで部屋が満たされます。 さらに生しょうが投入すると、生姜の香りはMAXに。 生姜は好きな方なので僕はアリだと思いますが、適量で満足、という方は、ちょっと不安になるかもしれませんね。 辛いのかな、とか生姜がキツ過ぎるのでは、という感じで。 さわやかなスープは絶品 しかし そんな不安は、スープを一口含めば吹っ飛びます。 もうストレートに美味しいです。 生姜の香りは混ぜるとそこまでキツくはなくなるし、とりわけ辛いということもないです。 それでいて、食べている時に鼻から抜ける生姜の香りが食欲を刺激。 塩よりはダシの効いた柔らかい味が、あんかけのおかげでしっかりと平打ち麺にからみついてきます。 麺はもう何も言うことはありません。 日清の即席うどんは至高。 期間限定なのが惜しいと思うほど美味しかった タイアップなので期間限定だと思うんですが、もう少し長く残しておきたい味ですね。 吉岡里帆さんがどのくらい関与しているのかは分からないんですが、彼女の魅力を全面に押し出さなくても、おそらく好まれる味だと思います。 もう1つの「どん兵衛 ラー油香る鴨だしねぎ太そば」は、おそらく、こちらの柔らかい味とは対照的に、ラー油なんかも入れて結構パンチの効いた味なんじゃないかと想像しているんですがどうなんでしょうね。 次の機会に食べてみたいと思います。 それにしてもこのスープ。 カップ麺のスープはいつも残しているんですが、今日は流す前にあともう1口、って感じで結構飲んじゃいましたね。 普段2,3種類しか見かけないどん兵衛ですが、意外とたくさん種類がありますね。 避難生活が長引くと食べ物に飽きると言うし、備蓄に食べ比べセットをチョイスするのもアリかも。 ちょいちょいつまみ食いしちゃいそうですが…….

次の

お腹にやさしい白湯が旨し!【日清食品】どん兵衛 黄金醤油鶏白湯うどん

どん兵衛 粉末スープ 後入れ

どうも、taka :aです。 本日の一杯は、日清食品の廉価版カップ麺、日清食品「 日清御膳 きつねうどん」と「 日清のどん兵衛 きつねうどん」の食べ比べを行なった実食レビューです。 いったい何が違うのか、どっちを買ったほうが得なのか、実際に比較して確かめました。 どこよりも詳しく徹底的に比較して解説するので、お時間よろしければ最後までお付き合いください。 日清御膳 きつねうどん 「日清のどん兵衛 きつねうどん」は、1976年8月から販売されているロングセラーブランドで、東洋水産の「赤いきつねうどん」(1978年8月発売)よりも歴史は古いのですが、実は世界で2番目に開発されたカップうどんブランドなんです。 実は1975年9月に東洋水産が「マルちゃん カップうどん きつね」という世界初のカップうどんを製品化していたのですが、当時それが大ヒット。 しかし、特許申請がなかったことから日清食品が対抗する製品として「どん兵衛」を開発したので、それとの差別化を図るために「赤いきつね」を発足します。 実際、結果オーライでしたね。 2012年1月30日、日清食品はビール業界において第3のビールがブランドとして独自の世界を築いていることに触発され、「日清御膳」を含むオープン価格製品6ブランド15品の希望小売価格を税別125円に設定し、セカンドラインブランドとしてリニューアルしたのですが、2018年現在はオープンプライスに戻っています。 もちろん今では進化を続ける「どん兵衛」に尊敬の念すら抱いているのですが、古き良きを懐かしさを楽しませてくれた「日清御膳」には少し特別な思い入れがあります。 ただ、もう何年も食べてないw 最終リニューアルは2017年8月28日なんですけど、この時はパッケージのみ変更でした。 というわけで、それぞれ現行品同士なにが違うのか、徹底的に比較してみます。 私は西日本在住なので、どん兵衛はWestを意味する(W)が記載された西日本向け(愛知県の関ヶ原を境に東はEastで「E」)。 どん兵衛の最終リニューアルは2015年9月28日で、その時に彩り七味のブレンドも東西で分けられました。 それでは、開封して中身をチェックしてみましょう。 開封 どん兵衛には後入れ彩り七味付きの粉末スープが入っているのですが、日清御膳は簡素なデザインの粉末スープが1袋。 もちろん廉価版なので致し方ないものの、どん兵衛の小袋って、かなり凝ってますよね。 切り取り線があって事前に粉末スープと彩り七味を分別できますし、これを初めて見た時は少し感動しました。 さて、気になる油揚げのサイズですが、早くも乾燥の状態から違いが見られます。 ちょっと写真では分かりにくいんですけど、若干ながら日清御膳のほうが薄く(左)、醤油の香りを強めに感じます。 つゆの関係もあるのかもしれませんが、サイズのビハインドを補うために味付けを濃くしているのかもしれません。 あまり見た目では変わらないかと思ったんですけど、およそマイナス30%のサイズということになります。 次に調理前の麺を並べてみたのですが、実は左の大きなほうが日清御膳で、微妙に色が濃く(少し黄色味がかっている)、どん兵衛は右のコンパクトなほう。 ただ、日清御膳は厚みがなくて麺と麺のあいだに隙間が多いのに対し、どん兵衛の麺1本ずつに厚みがあって、余分な隙間はありません。 どちらも熱湯5分と待ち時間は同じなんですけど、麺の量は日清御膳が63g、どん兵衛は74gなので、およそマイナス15%ですね。 取得価格は日清御膳が税込105円、どん兵衛は税込149円で、どちらもマックスバリュの同店舗にて購入しました。 ちょっと高いですよね、149円。 あ、かまぼこ入り(右)がどん兵衛です。 麺の量が違うからなのか、それとも粉末スープの量を節約するためかw お湯の目安量は日清御膳が360mlで、どん兵衛は410mlと50mlも違いました。 今回は「日清御膳」のレビューになるので、そちらを中心とした記事構成でレビューします。 それでは、実際に食べてみましょう。 右()内の数値は「日清のどん兵衛[西]」 1食80g(95g)当たり カロリー:345(409)kcal たん白質:8. 2(9. 2)g 脂 質:13. 7(16. 5)g 炭水化物:47. 4(55. 9)g 食塩相当量:5. 1(5. 6)g (めん・かやく:1. 8(1. 8)g) (スープ:3. 3(3. 8)g) ビタミンB1:0. 16(0. 20)mg ビタミンB2:0. 20(0. 真横に並べると10年近くブランクを感じる選手のような状態で、それこそ食べ始めは少し弾力があったんですけど、コシとか粘り気とかはイマイチ。 左が日清御膳で、どん兵衛が右。 やはり日清御膳のほうが少し濃いめの色で、厚みはありません。 つゆ 関西風だが比較して甘さ控えめ どん兵衛のつゆは北海道、東日本、西日本の3種類あるのですが、日清御膳は全国共通。 原材料名は「食塩、魚介調味料、粉末しょうゆ、魚粉、ねぎ、昆布エキス、糖類、香辛料、昆布粉末、昆布調味料」となっていて、西のどん兵衛は「食塩、魚介エキス、粉末しょうゆ、魚粉、昆布エキス、七味唐辛子、ねぎ、糖類、昆布粉末」なんですけど、けっこう並びは近いですね。 ほぼ色は同じですが、少し西のどん兵衛は黄金色に寄っていて、香りについては彩り七味の圧倒的な芳香に惨敗w でもベースの構成は似ているので、東日本の方にとっては需要があるかもしれません。 パッケージでは昆布の旨味について訴求されているのですが、日清食品の廉価版製品は昆布の旨味を推す傾向にあるようですね。 それは「北のどん兵衛」のように際立ちませんが、取って付けたような浅い戦法ではありませんし、つゆの深みに関しては油揚げの味付けも大きく関係しているように感じました。 かやく けっこう食べ応えあります 西のどん兵衛は甘口の優しい味付油揚げで、ふっくらジューシィ。 一方、日清御膳は調理前の香りから感じたように少し醤油が強く、比較的に甘さが控えてあります。 ふっくらジューシィどん兵衛には及びませんが、思っていたよりもパサついた食感ではありません。 それに、実質サイズは30%減ではあるものの、つゆを吸い込んで膨れた油揚げは食べ応えがあり、税込100円前後で購入できるカップ麺の中では(大盛りブランドを除いて)けっこう腹持ちがいいほうだと思います。 かまぼこは入っていないので、粉末スープの中に入っていたネギだけなんですけど、オープン価格のカップ麺ですからね。 比較して歯触りのアクセントが弱いと感じたので、もしかするとネギの種類は微妙に違うのかもしれません。 麺も現在のどん兵衛とは違う昔風の食感ですが、それと比較しても微妙にベクトルは異なっているので、ほんと廉価版ですw ただ、そういうチープなカップ麺が食べたくなる気分の時もありますし、ひとつの選択肢として100円前後なら問題ないでしょう。 また、西のどん兵衛に縁遠い方にとっては気軽に関西風を楽しめるカップ麺でもあるので、全国発売という販売エリアも加味した上で及第点としました。 多少なりとも購入代金は浮きますので、もしよければしてみてくださいw(おいしいです).

次の

日清どん兵衛AR体験と、超巨大キノコ天恵菇トッピングで、どん兵衛激変!激ウマ!

どん兵衛 粉末スープ 後入れ

そしてどん兵衛を象徴する商品といえば きつねうどんだ。 同社において、きつねうどんは他に必要ないはず……。 と思っていたら、他にもきつねうどんが存在した。 私(佐藤)が見つけたのは 「日清 デカうま きつねうどん」なる商品だ。 なぜ日清はどん兵衛の対抗馬を市場に送り込んだのだろうか。 どうしても気になって仕方ない! 疑問を確かめるため食べ比べてみることにした! ・日清デカうまきつねうどん 私はこの商品を最寄りのスーパーで見つけた。 棚に「日清」と「きつねうどん」の2文字が並んでおり、どん兵衛かと思ったらそうでないことに驚いた。 私にとってカルチャーショック! これは買わずにはいられない!! 帰宅後、いろいろと調べてみたところ、デカうまは2018年2月に販売開始となっていた。 ちなみにきつねうどんは、他にも「日清御膳 きつねうどん」なんて商品もあるらしい。 どうやら日清の製品の中にもブランドがあるようだ。 奥深いなぁ〜、日清! ・中身を比較 それでは購入した2つの中身を見てみよう。 まずはどん兵衛を開封。 中には大きなお揚げと液体スープが入っている。 対するデカうま。 こちらはお揚げのサイズ、麺の量がどん兵衛と異なる。 さらにスープは粉末だ。 なるほど、開けてみると同じきつねうどんでもまったく違う。 ・お揚げと麺 続いてはお揚げのサイズを比べてみよう。 2つを並べると、どん兵衛の方が圧倒的にデカい。 サイズ感としては2倍の差があるだろうか。 そして麺を比較。 麺はデカうまの方に分がある。 どん兵衛の74gに対し、90gはダテじゃない。 ・実食比較 作り方はいずれも熱湯を注いで5分待つ。 どん兵衛は後入れの液体スープ、デカうまは先入れの粉末スープだ。 現在、どん兵衛は粉末タイプも売っているが、2008年に東日本限定で販売した「液体つゆ仕上げ」あたりから液体スープが主流になったように覚えている。 ともあれ実食! まずはどん兵衛。 お揚げはカップの中身を覆い尽くすほどデカい。 これぞどん兵衛だ! 麺はつるりとしていて、つゆは醤油ベースの甘め。 口に馴染んだ落ち着く味だ。 一方のデカうまは、フタを開けると少し寂しい印象を受ける。 やはりどん兵衛のお揚げの視覚インパクトは強い。 箸でお揚げをつまむと、さらにわびしい気分になる。 お揚げがメインではないから仕方ないか……。 麺はどん兵衛に比べると、口当たりがやや固めだ。 その分、量でカバーしている印象を受ける。 やはり90gはダテじゃない。 コレを食べる瞬間、ふいに昔のどん兵衛のことを思い出した。 初めて食べる商品なのに、どこか懐かしい……。 粉末スープの出汁の香りが、昔のどん兵衛を想起させたのだろう。 私はすっかり液体に慣れてしまったが、粉末もいいもんだよなぁ〜。 そうだそうだ、大事なことを忘れるところだった。 デカうまの希望小売価格は税別130円で、対するどん兵衛は193円…… って待てよ。 ひょ、ひょっとして…… これって質と量に差をつけて……!? なんて一瞬は思ったりもしたが、 腹いっぱいで面倒になり、次の瞬間には違うことを考えていた。 きっと日清は私に想像もできないような視点から世の中を見ているのだろう。 ただ、せっかくなのであえてこの2つの商品をジャッジするとしたら、判定は…… ドロー! 引き分けである。 味はどん兵衛に軍配が上がるが、食べ応えだと断然デカうまだ。 そりゃ量が入っていればそうなるだろっていうツッコミはおいといて、安い値段でがっつり食いたい人にはデカうまをオススメしたい。 それにしても、久しぶりに食べた粉末スープはよかったなぁ〜。 参照元: Report: Photo:Rocketnews24.

次の