クラゲ イラスト。 クラゲ先輩 (くらげせんぱい)とは【ピクシブ百科事典】

クラゲ先輩 (くらげせんぱい)とは【ピクシブ百科事典】

クラゲ イラスト

概要 CV: かつてらと共に「闇デュエル界の4悪人」と呼ばれたデュエリストの一人。 がハートランドに託したナンバーズを所持している。 流石にクラゲ先輩が本名ということはないだろうが、EDクレジットにもしっかり「クラゲ先輩」と書かれている。 普段はつば付きの帽子を被ったウェーブがかった髪の男の姿をしているが、正体を現すとクラゲ型の怪人に姿を変える。 身体から無数の触手を伸ばし、その触手を人間の首元にさすことで毒を注入することができる能力を持つ。 やたらと年功序列にこだわり、 「お前どこ中だコラ」など一昔前のヤンキーのような独特な口調で喋る。 ハートランド曰く「水属性デッキ使いとしては最強」であるらしく、水属性最強を自称しているとその妹であるをターゲットとし、兄妹に毒を注入する ちなみに凌牙は水属性最強を自称したことは一度もなく、ハートランドがクラゲ先輩を煽るために誇張したものと思われる。 その状態で凌牙にデュエルを挑み、凌牙のナンバーズを奪おうとするがそこにが乱入。 曰く、その時家族は全員死んで生き残りはいなかったはずだといい、凌牙がその言葉の真偽を確かめる間もなく、錯乱しながら消滅した。 使用するデッキはクラゲをモチーフにしたモンスターを使用する水属性デッキ。 また、水属性モンスターへのメタ効果を持つカードを多く使用しており、水属性最強と言われる所以はここにあるようである。 エースモンスターは 「偉大なる先輩」こと《》。 その上同様の噛ませキャラかと思いきや、凌牙の過去に関わっているという予想以上に重要なポジションにいるキャラであった。 ちなみに、クラゲは何億年もの昔からその存在が確認されている生物であり、人間はおろか様々な生物の先輩と言える存在である。 また、彼を演じている氏は70年代から声優・俳優として活動している大ベテランであり、遊戯王の登場人物を演じている声優の殆どにとって先輩にあたる人物である。 劇中での傲岸不遜な態度もこれらを踏まえればわからないこともない……かもしれない。 なお、原作の遊戯王でのモンスターを使用したのはであり、「海の月と書いてクラゲ」と言った。 つまり、彼の名前はなのかもしれない。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

クラゲ

クラゲ イラスト

「脳がないのにどうやって獲物を捕まえるの!?」と疑問に思う方も多いかもしれませんが、クラゲの体には神経が張り巡らされているため、脳がなくても反射的に行動できるようになっています。 私たちも熱いやかんを触ってしまったら考えるよりも先に手を放してしまいますが、あれと同じように食料に触れた瞬間に食べているといったイメージかと思います。 また、クラゲには心臓もなければ血管だってありません。 ただ、その代わりに『水管』と呼ばれる栄養や酸素を循環させるパイプがあります。 パイプだけあっても心臓がなければ栄養の循環が出来ないような気もしますが、クラゲの場合、泳ぐ際のカサを閉じるような動きを利用して全身に栄養を循環させているんだそうです。 クラゲの成長!数段階に変わる姿 クラゲはフワフワと浮いているイメージを持っている方が多いと思いますが、クラゲは子どもの頃は地面に張り付いて生活しているという事を知っている方は少ないようです。 クラゲは成長とともに姿を変える動物なのですが、その変わりようがスゴイのです。 地面に張り付いたプラヌラは上の動画のような姿へと姿を変えます。 まるでイソギンチャクですよね。 この地面にくっついた柱のような状態は『ポリプ』と呼ばれています。 このポリプの状態のクラゲたちは有性生殖こそできませんが、無性生殖によって体を増やすことが出来る優れもの。 自分のコピーを作るように柱を増やし、これを繰り返すことで複数のポリプが誕生するのです。 このポリプの状態になってしばらくすると、柱のような部分にくびれが生じてきます。 くびれが生じた状態を『ストロビラ』と言います。

次の

クラゲ (くらげ)とは【ピクシブ百科事典】

クラゲ イラスト

「脳がないのにどうやって獲物を捕まえるの!?」と疑問に思う方も多いかもしれませんが、クラゲの体には神経が張り巡らされているため、脳がなくても反射的に行動できるようになっています。 私たちも熱いやかんを触ってしまったら考えるよりも先に手を放してしまいますが、あれと同じように食料に触れた瞬間に食べているといったイメージかと思います。 また、クラゲには心臓もなければ血管だってありません。 ただ、その代わりに『水管』と呼ばれる栄養や酸素を循環させるパイプがあります。 パイプだけあっても心臓がなければ栄養の循環が出来ないような気もしますが、クラゲの場合、泳ぐ際のカサを閉じるような動きを利用して全身に栄養を循環させているんだそうです。 クラゲの成長!数段階に変わる姿 クラゲはフワフワと浮いているイメージを持っている方が多いと思いますが、クラゲは子どもの頃は地面に張り付いて生活しているという事を知っている方は少ないようです。 クラゲは成長とともに姿を変える動物なのですが、その変わりようがスゴイのです。 地面に張り付いたプラヌラは上の動画のような姿へと姿を変えます。 まるでイソギンチャクですよね。 この地面にくっついた柱のような状態は『ポリプ』と呼ばれています。 このポリプの状態のクラゲたちは有性生殖こそできませんが、無性生殖によって体を増やすことが出来る優れもの。 自分のコピーを作るように柱を増やし、これを繰り返すことで複数のポリプが誕生するのです。 このポリプの状態になってしばらくすると、柱のような部分にくびれが生じてきます。 くびれが生じた状態を『ストロビラ』と言います。

次の