楽天デビットカードゴールド。 楽天ゴールドカードと楽天カードはどっちがお得かを比較!年間どのくらい楽天市場を使うと、楽天ゴールドカードがお得か計算してみた。

楽天銀行デビットカードのゴールドって、メリットありますか?

楽天デビットカードゴールド

楽天デビットカードを「年会費無料のJCBにしたい」、「お買い物パンダに変えたい」などという方は多いのではないでしょうか? でも切り替えの方法ってイマイチわかりにくいですよね。 「古いカードはどうすればいいのか」も気になるところです。 実は、楽天デビットカードの切り替えは、 最短1分の簡単な手続きで可能です。 古いカードの解約も必要ありません。 新しいデビットカードを使った時点で前のカードは解約されるからです。 このページでは、楽天デビットカードの切り替え方法や、その際の注意点について解説していきます。 パソコン版とスマホ版に分けて切り替え方法を説明するので、参考にしていただければ幸いです。 1.楽天デビットカードを切り替える前に 以下の3枚のどれかに切り替える際は、 申し込み時に発行手数料または年会費が口座から引き落とされます。 楽天JCBデビット お買い物パンダデザイン :発行手数料540円• 楽天Visaデビット:年会費2,160円• 楽天Visaゴールドデビット:5,400円 残高が足りず引き落としが出来ないときは、申し込みができなくなります。 口座残高にはあらかじめ注意しておきましょう。 2.楽天デビットカードの切り替え方法 パソコンの方 ここから、パソコンによる楽天デビットカードの切り替え方法を画像付きで解説していきます。 最短1分ほどの簡単な手続きで切り替えが可能です。 2-1.楽天銀行にログインする まず、以下のボタンから楽天銀行の公式サイトを開きましょう。 以下の画面が表示されたら、画像の赤枠の部分をクリックしてログインしてください。 クリックすると、以下のログイン画面が表示されるので「ユーザID」と「ログインパスワード」を入力してログインします。 もし、IDやパスワードを覚えていない場合は、下の方にある「 ログインでお困りの方」をクリックしてください。 IDやパスワードの再設定が可能です。 以下のような画面になればログイン完了です。 1-2.切り替えるカードを選択する ここでは、切り替えたい 申し込みたい カードを選択します。 まず「カード・ATM」のタブをクリックしてください。 ページが切り替わったら、画面を下の方にスクロールしてみましょう。 カード一覧が見えてくるので、ここで切り替えたいデビットカードの「お申込」をクリックします。 すると、ページが申し込み画面に切り替わります。 下の画像は、例として「お買い物パンダデザイン」を選んだ場合のページです。 デビット用暗証番号は、デビット決済時に必要な暗証番号です。 後から変更できないため、必ずメモを取っておきましょう。 3Dセキュアに参加しているオンラインショップ利用時に使います。 こちらも必ずメモを取りましょう。 デビット用暗証番号:4桁の半角数字で入力• 連絡先電話番号:携帯電話やスマートフォンの電話番号を半角で入力。 自宅の固定電話でもOK 名前や住所は、変更がない場合は入力する必要はありません。 入力が終わったら、下の方にある「次へ」をクリックしてください。 2-4.申し込み内容の確認と暗証番号を入力し、利用規約を確認する 申し込み内容の最終確認画面に切り替わるので、内容に誤りがないか確認しましょう。 問題がなければ、楽天銀行の暗証番号を入力します。 この暗証番号の上4桁は ATMなどで使う際の番号です。 入力の際は、 セキュリティボードの数字に対応するアルファベットをクリックすることで、情報漏れを防ぎ安全に入力することができます。 もし、番号を忘れている場合は右にある「暗証番号が不明な方はこちら」をクリックして再設定しましょう。 暗証番号の入力が終わったら、最後に「楽天銀行デビットカード規定」を確認します。 内容に納得できたら、下の方にある赤い色の「規定に同意し申し込む」ボタンをクリックして申し込み完了です。 お疲れ様でした。 3.楽天デビットカードの切り替え方法 スマホ・タブレット版 ここでは、スマホによる楽天デビットカードの切り替え方法を画像付きで解説していきます。 手順はパソコンとほぼ同じですが、画面がスマホ用になるため見た目が違います。 タブレットについては、機種にもよりますが、スマホと同じ画面になっていることが多いです。 3-1.楽天銀行にログインする まずは、以下のボタンから楽天銀行の公式サイトを開きましょう。 スマホやタブレットでは、公式サイトが以下のように表示されます。 赤い枠の「ログイン」をタップしましょう。 以下のログイン画面に切り替わるので、「ユーザID」と「ログインパスワード」を入力してログインします。 もし、IDやパスワードを覚えていない場合は、すぐ下にある「 ログインでお困りのお客様」をタップしましょう。 IDやパスワードの再設定が可能です。 以下のような画面になれば、ログイン完了です。 3-2.切り替えるカードを選択する ここでは、切り替えたい 申し込みたい カードを選択します。 赤い枠の「カード利用状況・お申込み」をタップしてください。 画面が切り替わったら、「カード一覧を見る」をタップします。 デビットカードの一覧が表示されるので、切り替えたいカードの「このカードを申込む」をタップしましょう。 すると、申し込みページに切り替わります。 たとえば、「お買い物パンダデザイン」を選択した場合は以下のような画面です。 デビット用暗証番号は、デビット決済時に必要な暗証番号です。 後から変更できないため、必ずメモを取っておきましょう。 3Dセキュアに参加しているオンラインショップ利用時に使います。 こちらも必ずメモを取りましょう。 デビット用暗証番号:4桁の半角数字で入力• 連絡先電話番号:携帯電話やスマートフォンの電話番号を半角で入力。 自宅の固定電話でもOK まずは画面を少し下の方にスクロールしましょう。 名前の下の方に「デビット用暗証番号」の入力欄が見えてくるので、4桁の半角数字で入力していきます。 その後、連絡先電話番号を入力し、終わったら黄色の「次へ」ボタンをタップしてください。 3-4.申し込み内容の確認と暗証番号を入力し、利用規約を確認する 申し込み内容の最終確認画面に切り替わるので、内容に誤りがないか確認しましょう。 問題がなければ、楽天銀行の暗証番号を入力します。 この暗証番号の上4桁は ATMなどで使う際の番号です。 もし、忘れている場合はすぐ下にある「暗証番号が不明な方はこちら」をタップして再設定しましょう。 暗証番号の入力が終わったら、最後に「楽天銀行デビットカード規定」を確認します。 内容に納得できたら、利用規約にチェックを入れて下にある黄色の「申込む」ボタンをクリックして申し込み完了です。 お疲れ様でした。 4.カード切り替えの注意点 ここでは、カードを切り替えた際の注意点を紹介していきます。 以下の2つです。 古いカードを解約する必要はない• 変更後は カード番号がすべて変更になるため、カード登録機関に注意 順番に解説していきます。 4-1.古いカードを解約する必要はない カードを切り替えた際は、古いデビットカードを解約する必要はありません。 新しいカードが自宅に届き 実際に使うか、あるいは使わなくても30日経過した時点で古いカードは使えなくなるからです。 そのため、新しいデビットカードが届いて使うまでは、前のカードも問題なく支払いに使えます。 使えなくなったカードはハサミで切るか、2つに折り曲げて破棄しましょう。 「解約方法がわからない」という方がたまにいますので、その際は 完全無料の楽天JCBデビットに切り替えるのも1つの手です! 4-2.切り替え後はカード番号がすべて変更になるため、カード登録機関に注意 デビットカードを登録している機関があれば、 必ず登録番号を変更しておきましょう。 カード切り替え後は、デビットカードに記載されているクレジットカード番号がすべて変更になるからです。 たとえば、以下のような登録機関に注意です。 楽天、Amazonなどのネットショッピング• ヤフオク、メルカリなどのオンラインサービス• ドコモ、auなどの携帯料金• 電気代、水道代などの公共料金 特に、携帯や公共料金などの月額料金は、引き落としができないと支払いが滞ってしまいます。 1週間程度であれば大丈夫ですが、 長期間延滞すると延滞金の発生やデビットカードの強制解約がありえます。 ネットショッピングや公共料金などに登録している方は、カード番号の変更を忘れないようにしましょう。 まとめ このページで紹介したように、楽天デビットカードの切り替えは最短1分の簡単な手続きでできます。 古いカードの解約も必要ないので、新しいカードを申し込むだけでOKです。 注意点として、切り替え後のカードは番号がすべて変更になります。 楽天デビットカードは、 ネットショッピングや月額料金など様々な場所で使えるので、カード登録している場合は注意しましょう。

次の

楽天デビットカードを2年間使って分かったおすすめの使い方

楽天デビットカードゴールド

どうも、楽天マニア( )です! 今回は、楽天銀行口座を開設すれば使用できるようになる 楽天デビットカードと、クレジットカードの 楽天カードの比較。 これがデビットカード。 これがクレジットカードの楽天カード。 見た目はそっくりですが、一体何がどう違うのか、知っていますか? 実はこの二つは似ていて非なるもの。 両者の特徴を理解してうまく使うことができれば、お金の管理やポイントのため方がうまくなるかも! さて、そこで今回は、 楽天デビットカードと楽天カードの違いについて、あらゆる視点から違いを比較。 両者のメリットデメリットも合わせてその魅力をご紹介します! なお、当記事では便宜上、楽天カードの方を楽天クレジットカードと呼ぶことにします。 Contents• 楽天デビットカードと楽天カードの違いを9つの視点で比較! まず前提として、楽天デビットカードは楽天銀行のキャッシュカードであり、楽天カードはクレジットカードなので、そもそも性質が異なります。 それではそれぞれみていきましょ〜。 比較1:カードの使い方はどう違う? 楽天デビットカード 楽天クレジットカード 国際ブランドが使えるお店で、「デビットで!」と言ってカードを差し出す。 国際ブランドが使えるお店で、「クレジットで!」と言ってカードを差し出す。 カードの使い方に関しては、両者ともほとんど同じです。 どちらも、そのカードのブランドが使えるお店であれば使用可能です。 例えばクレジットカードでも、デビットカードでも、JCBブランドのカードであれば、JCBブランド取り扱い店で利用することが可能となります。 お店の人に「デビットで」と伝えるか「クレジットで」と伝えるかの差があるくらい。 またリアル店舗ではなく、 楽天市場やアマゾンなどのECサイトでも、デビットカードを利用することが可能です! 比較2:お金を支払うタイミングは? 楽天デビットカード 楽天クレジットカード 即時、楽天銀行の口座から引き落とし。 後日払い。 翌月に27日が基準。 土日や祝日と被ると後ろ倒しになる。 リボ払い、最大36回の分割払いも対応。 楽天デビットカード 楽天デビットカードは、カードを使用する都度、 即座にタイムラグなく、使用した金額が銀行口座から引き落とされます。 支払いは 一括払いとなります。 楽天クレジットカード 楽天クレジットカードについては、カード使用の翌月や、翌々月の支払い指定日に銀行口座からお金が引き落とされます。 お買い物からお支払いまでタイムラグがあり、その間は、カード会社にお金を借りている状態となります。 支払い方法は一括払いだけでなく、最大36回の分割払いやリボ払いなどから柔軟に選べますので、金策が練りやすいのが特徴です。 比較3:カード使用の限度額は? 楽天デビットカード 楽天クレジットカード 楽天銀行の口座に入っている金額。 利用者の信用によって変動。 楽天デビットカード 限度額は 楽天銀行の銀行口座に入っている金額です。 カードを使った瞬間、即座にお金が口座から引き落とされるので、口座の金額が不足しているとそもそもデビットカードは使えなくなっています。 楽天クレジットカード クレジットカードはその利用者によって数十万円〜数百万円まで限度額が異なります。 限度額は年収やその人の信用によって決定されます。 最初は限度額が数十万円に設定されていたとしても、しっかりと毎月遅延せずに支払い、信用できることが証明されていくと、利用限度額はどんどん上がっていったりもします。 比較4:年齢制限はある? 楽天デビットカード 楽天クレジットカード 16歳〜 18歳〜 楽天デビットカード 楽天デビットカードは 16歳以上から使用可能。 楽天クレジットカード 楽天クレジットカードは 18歳以上から使用可能。 比較5:カード発行時に審査はある? 楽天デビットカード 楽天クレジットカード 審査なし。 利用者の信用審査あり。 楽天デビットカード 審査なし。 楽天クレジットカード 審査あり。 ただし、楽天クレジットカードは他のクレジットカードよりも比較的審査は通りやすくて有名です。 比較6:申し込みの仕方は? 楽天デビットカード 楽天クレジットカード 楽天銀行の口座開設後、キャッシュカードのオプションとして申し込む。 楽天(クレジット)カードを直接申し込む。 楽天デビットカード 楽天銀行口座の開設が必須となります。 楽天デビットカードは、 楽天銀行口座のキャッシュカードのオプションとしてデビット機能を申し込むイメージです。 すると、デビット機能付きキャッシュカードが発行され、そのカードこそがいわゆる楽天デビットカードです。 楽天デビットカードは、ATMでお金もおろせるし、デビッドカードとしても使えるので、とても便利な一枚ですよ。 楽天クレジットカード 楽天銀行の口座開設はなく、 クレジットカード単体での申し込みが可能です。 申し込み時にご本人の収入などを入力し、信用審査に合格すれば、クレジットカードが発行されます。 比較7:獲得できる楽天ポイントについての違いは? 楽天デビットカード 楽天クレジットカード 100円につき1ポイント 楽天市場のSPU対象外 100円につき1ポイント 楽天市場のSPU対象(還元率+2%) 楽天デビットカード カード利用100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。 残念ながら、 楽天市場のSPU(スーパーポイントアップ)の対象外となっています。 しかし 楽天市場でのポイント還元率がSPU スーパーポイントアップ プログラムによって優遇されます。 楽天カード支払うことで、ポイント還元率が+2%加算されます。 さらにゴールドカード以上を使っていると+2%。 さらにさらに、クレジットの引き落とし口座を楽天銀行に指定していると+1%。 SPUでどんどんもらえるポイントが増えていくんです。 このポイント還元率という点については楽天デビットカードよりも優れていると言えます。 楽天ポイントの貯め方はその他にもたくさんあります。 楽天マニアの管理人が知っている限りの楽天ポイントの貯め方を下記にまとめてますので、興味ある方はどうぞ! あわせて読みたい 比較8:Edyへのチャージとポイント付与についての違いは? 楽天デビットカード 楽天クレジットカード Visaブランドのみチャージは可能。 ポイントは付かず。 国際ブランドいかんに問わず、チャージ可能。 ポイントは200円チャージにつき1ポイント付与。 楽天デビットカード 楽天デビットカードにはVisaとJCBがありますが、 VisaブランドのデビットカードのみEdyにチャージが可能です。 またチャージしても、 デビットカード利用特典としての楽天ポイントはつきません。 楽天クレジットカード 楽天クレジットカードの方は ブランド問わず、Edyにチャージ可能です。 楽天カードでチャージすると、楽天カード利用特典として0. 5%の還元率で楽天ポイントがもらえます。 ショッピングと同じように1%とまではいきませんが、Edy利用特典も0. 5%分のポイントが獲得できるので、 合計するとポイント還元率1%となります。 比較9:QRコード決済アプリの「楽天ペイ」は使える? 楽天ペイは、楽天のQRコード決済アプリ。 スマホでデビットカードやクレジットカード決済ができる優れもの。 それに加えて、デビットカードやクレジットカードの利用特典に加えて、さらに0. 5%のポイント還元がつきますから、使えるお店なら、使った方が絶対お得! 楽天デビットカード 楽天クレジットカード Visaブランドのデビットカードのみ、楽天ペイに対応 国際ブランドいかんに問わず、楽天ペイに対応 楽天デビットカード 楽天デビットカードには、VisaブランドとJCBブランドがありますが、JCBブランドのデビットカードは残念ながら楽天ペイと連携できません。 (2019年2月現在) Visaブランドのみ楽天ペイに対応しています。 発行費・年会費ともに無料のデビットカードVisaベーシックがオススメですよ! あわせて読みたい 楽天クレジットカード 楽天クレジットカードの方は、Visa、JCBなどブランドに問わず楽天ペイに登録できます。 まとめ これまでの比較をまとめるとこんな感じ! カード名 楽天デビットカード 楽天カード(クレジット) カードイメージ 機能 キャッシュカード機能・デビットカード機能 クレジットカード機能・楽天Edy機能・楽天ポイントカード機能 カードの使い方 国際ブランドが使えるお店で、「デビットで!」と言ってカードを差し出す。 国際ブランドが使えるお店で、「クレジットで!」と言ってカードを差し出す。 支払いのタイミング 即時、楽天銀行の口座から引き落とし。 後日払い。 翌月に27日が基準。 土日や祝日と被ると後ろ倒しになる。 上限金額 楽天銀行の口座に入っている金額。 利用者の信用によって変動。 年齢制限 16歳〜 18歳〜 審査の有無 審査なし。 利用者の信用審査あり。 申し込み方 楽天銀行の口座開設後、キャッシュカードのオプションとして申し込む。 楽天(クレジット)カードを直接申し込む。 ポイント還元率 100円につき1ポイント 楽天市場のSPU対象外 100円につき1ポイント 楽天市場のSPU対象(還元率+2%) Edyへの対応 Visaのみチャージ可能。 JCBはチャージ不可。 ポイントは対象外。 国際ブランド問わずにチャージ可能。 カードからチャージするとカード利用特典で0. 5%分のポイントを獲得。 Edy特典と合わせれば1%。 楽天ペイ対応 Visaのみ対応。 JCBは利用不可。 ブランド問わず利用可能。 これらを踏まえて、両者のメリット・デメリットをご紹介します! 楽天デビットカードと楽天カードのメリット・デメリットは? まずは楽天デビットカードのメリットデメリットから! 楽天デビットカードのメリット・デメリット 楽天カードのメリット クレジットカードは、 手持ちがなくてもお買い物ができることがメリットです。 分割払いやリボ払いなど支払い方法を柔軟に選ぶことができ、 お金がない時など金策を練りやすくなります。 また、デビットカードに比べると、特に 楽天市場でのポイント特典が優遇されます。 またカード発行時に審査はありますが、比較的ゆるいので、年齢制限さえクリアしていれば手に入りやすいカードです。 クレジットカード機能と、Edyの電子マネーカードとしての機能と、楽天ポイントカードとしての機能が備わっている 三位一体型の機能的なカード。 また、 Edyへのチャージでポイントが貯まるのも大きなメリットです。 ブランド問わずに楽天ペイと連動可能。 リアル店舗でザクザクポイントが貯まります&使えますよ! 楽天カードのデメリット カード使用と支払いにタイムラグがあるため、 お金の管理が難しくなります。 使い方が下手だと、気づけば借金まみれなんてことも。 リボ払いの限度額に達し、毎月高い利子を支払わなければならなくなったりなど。 また、クレジットカードについては、審査があるので、 誰でも申し込めるというわけではないというのもデメリットですね。 デビットカードもクレジットカードも上手に使い分けるのがベスト! 楽天デビットカードと、クレジットカードの楽天カードの違いはご理解いただけましたか? この両者は、どっちか片方だけ持つというよりは、 両方持っておいて、うまく使い分けるのがベストです。 ちなみに、私はクレジットカード派ですが、クレジットカードだと支払いが後日なのでどうしてもお金の管理が難しくなります。 ですから、お金の管理を強化したい時はデビットカードを使うようにしていますよ。 両者の特徴を理解して、うまくポイントをためながら、無理しないお金の使い方をするのがいいと思います! デビットカード(楽天銀行)や楽天カードの申し込みや、公式サイトは下記をご覧ください!.

次の

楽天銀行デビットカードVisa/ベーシック、シルバー、ゴールドの特徴

楽天デビットカードゴールド

「ゴールド」&「プラチナ」還元率ランキングTOP16 2019年は地方銀行からブランドデビットがリリースされることが多かったため、2020年もデビットカードのゴールドやプラチナは地方銀行から徐々に増えていきそうだ。 最も還元率が高いのは破格なスペックを持つ「タカシマヤプラチナデビットカード」の2. 0%~10. 0%、そのほかは0. 5%~1. 0%という水準だ。 クレジットカードの場合はゴールドやプラチナになると還元率が優遇されるケースが多いが、デビットカードはそうではない。 以下の記事は、全種のデビットカードを還元率比較しているので、合わせて読んでみよう。 親和銀行「親和銀行デビットプラスゴールド」 デビットプラスゴールド JCB 20歳以上 年会費11,000円(税込) ポイント還元率0. 5%~1. 0% こちらは親和銀行のゴールドデビットカードだ。 熊本銀行「熊本銀行デビットプラスゴールド」 デビットプラスゴールド JCB 20歳以上 年会費11,000円(税込) ポイント還元率0. 5%~1. 0% こちらは熊本銀行のゴールドデビットカードだ。 ちなみにこのデビットプラスシリーズは、デビットカードで唯一「交通系IC」を搭載できるデビットカードでもある。 七十七銀行「77JCBゴールドデビット」 77JCBゴールドデビット JCB 20歳以上 年会費11,000円(税込) ポイント還元率0. 3%~0. 5% こちらは七十七銀行のゴールドデビットカードだ。 77JCBゴールドデビットもJCBだが、このタイプは「千葉銀行」や「東邦銀行」と同じシリーズであろう印象がある。 また、このシリーズだけは年齢制限が「20歳以上」となっており、クレジットカードの年齢下限である「18歳以上」よりも高く設定されているのが特徴だ。 12位. もみじ銀行「ワイエムゴールドデビット」 ワイエムゴールドデビットJCBカード JCB 15歳以上 (中学生不可) 年会費11,000円(税込) ポイント還元率0. 3%~0. 5% こちらはもみじ銀行のゴールドデビットカードだ。 「ワイエムデビット」のシリーズなので、「山口銀行」と「北九州銀行」のゴールドデビットカードとスペックは同じだ。 13位. 北九州銀行「ワイエムゴールドデビット」 ワイエムゴールドデビットJCBカード JCB 15歳以上 (中学生不可) 年会費11,000円(税込) ポイント還元率0. 3%~0. 5% こちらは北九州銀行のゴールドデビットカードだ。 ランキングとして最下位の紹介となったが、現状は6位の「楽天銀行ゴールドデビットカードVISA」以下は還元率に大きな差がない。 14位. 中国銀行「ドリーミーデビットカードゴールド」 ドリーミーデビットカードゴールド JCB 20歳以上 年会費11,000円(税込) ポイント還元率0. 3%~0. 5% こちらは2018年にリリースされたゴールドデビットカードだが、スペックは他と大差がない。 ポイント還元率もJCBのOkiDokiポイントなので、常設は0. 3%~0. 5%だ。

次の