ライフコンシェルジュ 違法。 ライフコンシェルジュの仕組みとは?詐欺被害と言われる原因はユーザーにあった

ライフコンシェルジュとは魅力的なのにねずみ講と言われる訳

ライフコンシェルジュ 違法

ライフコンシェルジュなどのネットワークビジネスとは そもそも、ネットワークビジネスとはどんなものなのでしょうか? 「MLM(マルチレベルマーケティング)」「マルチ商法」などと呼ばれ、口コミなどで商品を販売し、購入者が販売員になって新規に販売員を勧誘する連鎖によってピラミッド型の組織を形成し拡大していくビジネスの手法です。 広告を使わず口コミで宣伝するので広告費がかからず、その分紹介してくれた人にお金を還元する仕組みです。 ライフコンシェルジュの勧誘はどんな手口ですすむのか ライフコンシェルジュに勧誘する人を見つける 友達など、とりあえず連絡先を知っている人をリストアップし連絡する。 合コン、サークル、習い事、イベントなどに参加して新しい友達を作る。 友達の友達など繋がりの中から ライフコンシェルジュなどのネットワークビジネス、またはお金稼ぎに興味ありそうな人を見つける。 直接説明するために会う約束をする 「久しぶりに会わない?」などの連絡をして会う約束をする。 「バーベキューやパーティーをやるので一緒に行かない?」とイベントなどに誘い、会う約束をする。 興味を持ちそうなセミナーの話をしてセミナーに誘う。 実際に会うことになり、勧誘するときには、だいたい他にもう一人連れてきます。 これはネットワークビジネスの勧誘の手口でABCの法則といわれるものです。 この勧誘では、Bさんに知識がなくてもCさんに説得力のある説明が出来るのです。 そしてAの説明を何度も聞くことでBも説明が出来るようになる。 そして、第三者に話をしてもらうので、話を最後まで聞いてもらいやすくなります。 セミナーや勉強会では、Aが講師として話をし、B、Cが並んで話を聞きます。 パーティーなどでは、Aが主催者でBがCをAのそばに連れて行き、話をする状態にします。 雑談からライフコンシェルジュの紹介をして勧誘へ 話をする内容は、「最近どう?」など、まず雑談からでいきなり ライフコンシェルジュなどのネットワークビジネスの話はしません。 勧誘されている人が、どんな悩みを持っていて、何を求めているかを探っているのです。 そしてその人に合わせた稼ぎ方があるとすすめていきます。 相手が話に乗ってきたら、ライフコンシェルジュの話をして勧誘していきます。 こんな勧誘は法的にNG!勧誘規則にひっかかる、違法勧誘 上記のような流れがライフコンシェルジュなどのネットワークビジネスの勧誘手法なのですが、実は法律に反する勧誘行為なのです。 まず会ってネットワークビジネス、マルチ商法に勧誘する場合は会う約束をする時に「ライフコンシェルジュという会社の話を聞いてもらいたい」と相手に伝える必要があるのですが、ほとんどの人が会う前に断わられるのを避けるためにその規則を守っていません。 また会ったその日に勧誘して会社の会員登録用紙にサインさせたりなどの登録手続きをさせることも違法です。 カフェやファミリーレストランでの勧誘は問題ありませんが、ホームパーティと称して上位会員どこかしら人の出入りのない場所で勧誘されれば違法です。 勧誘行為を店頭で行なうことをお断りしているカフェもあります。 また呼び出しの際にも、同様にネットワークビジネスの勧誘であることを再度伝える必要があります。 大声や乱暴な態度をとることはもちろんですが、ひとりに対して複数人で説得し、断りづらい雰囲気にさせたり、過剰に不安をあおる話をすることも、「威圧感を与える勧誘」として、違法となる場合があります。 初期投資費用がかかること、勧誘には時間も手間もかかることなど、マイナス面も嘘偽りなく事前に伝えなければなりません。 口約束だけで契約させたり、概要書面・契約書面のどちらか一方だけしか渡さなかったりした場合は違法となります。 また、それぞれの書面の内容については、必ず下記の内容を記載する必要があります。 契約の締結前には、当該連鎖販売業の概要を記載した書面(概要書面) を渡さなくてはなりません。 「概要書面」には、以下の事項を記載することが定められています。 1.統括者の氏名(名称)、住所、電話番号、法人ならば代表者の氏名 2.連鎖販売業を行う者が統括者でない場合には、当該連鎖販売業を行う者の氏名(名称)、住所、電話番号、法人ならば代表者の氏名 3.商品の種類、性能、品質に関する重要な事項(権利、役務の種類およびこれらの内容に関する重要な事項) 4.商品名 5.商品の販売価格、引渡時期および方法そのほかの販売条件に関する重要な事項(権利の販売条件、役務の提供条件に関する重要な事項) 6.特定利益に関する事項 7.特定負担の内容 8.契約の解除の条件そのほかの契約に関する重要な事項 9.割賦販売法に基づく抗弁権の接続に関する事項 10.法第34条に規定する禁止行為に関する事項 B. 契約の締結後には、遅滞なく、契約内容について明らかにした書面(契約書面)を渡さなくてはなりません。 「契約書面」には、以下の事項を記載することが定められています。 1.商品の種類、性能、品質に関する事項(権利、役務の種類およびこれらの内容に関する事項) 2.商品の再販売、受託販売、販売のあっせん(同種役務の提供、役務の提供のあっせん)についての条件に関する事項 3.特定負担に関する事項 4.連鎖販売契約の解除に関する事項 5.統括者の氏名(名称)、住所、電話番号、法人ならば代表者の氏名 6.連鎖販売業を行う者が統括者でない場合には、当該連鎖販売業を行う者の氏名(名称)、住所、電話番号、法人ならば代表者の氏名 7.契約年月日 8.商標、商号そのほか特定の表示に関する事項 9.特定利益に関する事項 10.特定負担以外の義務についての定めがあるときには、その内容 11.割賦販売法に基づく抗弁権の接続に関する事項 12.法第34条に規定する禁止行為に関する事項 解説 そのほか消費者に対する注意事項として、書面をよく読むべきことを、赤枠の中に赤字で記載しなければなりません。 また、契約書面におけるクーリング・オフの事項についても赤枠の中に赤字で記載しなければなりません。 さらに、書面の字の大きさは8ポイント(官報の字の大きさ)以上であることが必要です。 (引用元:特定商取引法ガイド「連鎖販売取引」) さらに、 一度勧誘を断られたら、再度勧誘してはいけません。 「もうちょっとだけ話を聞いて」など、引き留めて勧誘を続けることは違法です。 口コミ勧誘には個人差や限界がある ライフコンシェルジュの勧誘は、だいたいの手口は、以上のような流れで行われています。 その為、どれだけたくさん勧誘する人をリストアップ出来るかが、大きな鍵になってくるのです。 なので、しばらく連絡を取っていなかった友達から連絡が来たりするのです。 実際私も、ネットワークビジネスを始めたときには、とにかく連絡先が分かる人に、片っ端から連絡を取りなさいと言われました。 しかし、友達の少ない私には苦痛だったのを覚えています。 勧誘規則も厳しくなり、嫌われる勇気がないとなかなか口コミ勧誘は難しいでしょう。 ネットワークビジネスの口コミ勧誘で断わられる不安や恐怖から、あなたを救います! ネットワークビジネスで一番怖いこと・・それは勧誘に失敗して「友達の信用を失ってしまう」と言う事。 怖くて勧誘できないと集客に悩んでいませんか? 毎月1,700人以上の方が集まっている方法を無料で伝授しています! 友達にバレずにネットワークビジネスを成功させる方法。

次の

ライフコンシェルジュって何故捕まらないんでしょうか?

ライフコンシェルジュ 違法

ライフコンシェルジュがヤバいと誤解される件! ライフコンシェルジュなどのネットワークビジネスは、商品を口コミで販売したり、購入者を勧誘して販売員になってもらったりする販売形態をとっていて、マルチ商法やマルチレベルマーケティング(MLM)と呼ばれています。 特定商取引法の連鎖販売取引が適応されているネットワークビジネスは、厳しいルールが設けられていて合法なのですが、会員の増え方などの仕組みがネズミ講と類似して点があるので、ネットワークビジネス=ねずみ講、と誤解をして、結果ヤバいと感じている人が多いのも事実です。 そのような人を誘うと、逆に不審がられ敬遠されてしまうので、後追いせずに速やかに気持ちを切り替えた方がいいですね。 ライフコンシェルジュは洗脳されている人が多い!? ライフコンシェルジュに限らずネットワークビジネスは、成功者のセミナーや、パーティーなど派手な演出をすることも多く、初めての人にはでキラキラな世界に映る事でしょう。 また成功者たちの話を何度も聞いたりする事で、成功したいというマインドが強くなり、より一層勧誘の誘いや商品の売り込み、買い込みが強くなるのかもしれません。 そんな姿を身内や知人は、お金も人間関係も失い痛い目に合っていると思い、かなり洗脳されている!と心配になることもあります。 洗脳されやすい人は確かに存在まします。 少しでも違和感を感じたら、立ち止まって考える冷静さも必要ですね。 ライフコンシェルジュの問題点を確認してみよう ライフコンシェルジュなどのネットワークビジネスを始めるにあたって、他にヤバいと誤解される問題点をまとめてみました。 久しぶりの友達からお茶の誘い。 お店に行ったらビジネスの勧誘だった。 なんて経験はありませんか?身近にある話かもしれませんが、勧誘目的を伝えずに相手を誘う行為は立派な違法行為なるので注意してください。 また、強引な勧誘をしたせいで、交友関係が悪化した!なんてこともよくある話です。 お金にまつわる話では、初期費用が思ったよりかかったり、買い込みさせられたなど、ビジネスに関する説明不足からトラブルになることもあります。 過去には、契約するまでしつこく連絡し続けたり、強引に契約まで結びつけてくるモラルのない勧誘員もいたことも事実です。 当然、不快な想いをした経験がある人にとっては、良いイメージは持ちませんよね。 また悪い噂は広まりやすいので、まだビジネスを始めていない人にとっては、悪いイメージが事前に植え付けられて、ヤバいビジネス!ヤバい人!というレッテルを貼られてしまいます。 ビジネスに誘う場合は、このような問題点を考慮して、無理強いせず相手が納得したうえで誠心誠意対応すれば、互い気持ちよくビジネスを始められ、ヤバいという噂は立ちにくくなります。 まとめ ネットワークビジネスは、なにかと悪い印象を持たれやすいビジネスですが、比較的簡単に始められ、魅力的な商品も多く、成功すれば権利収入を期待できる素晴らしいビジネスです。 しかし興味が無い人を誘うのは、誤解を招きやすくとても危険です。 今はネットが主流になり、口コミ勧誘は合ってない時代と言えるかもしれませんね。 従来の口コミ勧誘から、興味がある人だけを見つけるネット集客に変えてみてはいかがでしょうか?.

次の

【体験談】ライフコンシェルジュ評判が悪い理由と良い理由

ライフコンシェルジュ 違法

ネットワークビジネスに勧誘されました。 ライフコンシェルジュ株式会社という会社なのですが、旅行に安く行けるサービスや車を安く購入できるサービスの提供など行っている会社だそうです。 そ の会社を1口8万円で投資できるそうで。 (4口まで購入可能)。 本来のネットワークビジネスなら、そこから誰かを紹介していってお金をもらえるというシステムなのですが、この会社は紹介をしなくても毎月お金が入る仕組みだそうです。 (もちろん、紹介していくとプラスの収入になります。 )CMを流す2020年までに加入すれば先行者分配があり1口2万ほどの配当がもらえると説明されました。 (CM放送後、集客ユーザーが250万人の場合。 ) 人と関わるのは苦手なので、ネットワークビジネスには手を出したことがなかったのですが、この会社なら紹介はせず投資という形でやってみようか悩んでいます。 皆様の意見を聞かせてください。

次の