携帯 電話 違反 改正。 やめよう!運転中のスマートフォン・携帯電話等使用|警察庁Webサイト

ながら運転・改正道交法施行令で罰則強化!罰則や反則金を解説。

携帯 電話 違反 改正

携帯電話使用等違反には以下の2つがあります。 ・携帯電話使用等(交通の危機) ・携帯電話使用等(保持) 「交通の危機」とは、携帯電話などの使用が交通事故の原因となった場合の違反です。 「保持」とは、携帯電話などを単に使用している場合の違反です。 違反行為の範囲 携帯電話使用等違反は、 ・携帯電話などで通話する ・画面を注視する が違反行為の範囲となります。 たとえ1秒でも画面を見ていると、この違反となり取り締まりを受けることになります。 チラ見でも安全運転に支障をきたすため、違反として捕まってしまうケースが多々あります。 「2秒以上見てると違反」という情報が流れているようですが、そうではありませんので注意しましょう。 信号待ちでの携帯電話などの操作も違反に! 道路交通法では、携帯電話などの使用について、「当該自動車等が停止しているときを除き…」と定めています。 この「停止」というのがポイントです。 信号待ちが「停止」であると道路交通法上では明確に定めていません。 取り締まりする警察官の判断では、信号待ちは例え信号が赤で止まっていても安全のためにすぐに車を動かせる状態でなければならないため、停止とはならない、とすることが多いようです。 このため、実際に信号待ちの携帯電話やスマホの操作で捕まってしまった人はたくさんいます。 カーナビの操作も違反になる!! 道路交通法では、「画像表示用装置」を注視すると違反になると定めています。 携帯電話、スマートフォン以外にカーナビなどのディスプレイを注視することも「携帯電話使用等(保持)違反」の対象となってしまいます。 携帯電話使用等に関する道路交通法は下記を参照してください。 道路交通法 第71条 5の5 自動車又は原動機付自転車(略)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。 以下略)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。 以下略)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(略)に表示された画像を注視しないこと。 携帯電話使用等違反の罰金はいくら? 厳密に言うと、携帯電話使用等違反は「罰金」ではなく「反則金」です。 ハンズフリーを使っても携帯電話使用等違反に! 道路交通法では携帯電話使用等違反の範囲について、 (携帯電話等の)全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る と定めています。 確かに、ヘッドセットなどのハンズフリーは「全部または一部を手で保持」していませんので、携帯電話使用等の違反にはなりません。 しかし、 都道府県の条例でハンズフリーは禁止されています! 高音でカーラジオ等を聞き、又はイヤホーン等を使用してラジオを聞く等安全な運転に必要な交通に関する音又は声が聞こえないような状態で車両等を運転しないこと。 上記は東京都の道路交通規則ですが、他の多くの都道府県で、ヘッドセットなどのハンズフリーを使った携帯電話使用が禁止されています。 各都道府県の条例ですが、これに違反すると、 安全運転義務違反で取り締まりを受けます! 安全運転義務違反とは、道路交通法で運転者の義務となる安全運転を包括的に定めているものです。 道路交通法 第70条 「安全運転の義務」 (安全運転の義務) 第七十条 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。 この法律は、安全運転とならないものがすべて取り締まりの対象となります。 ハンズフリーの使用が禁止されている地域では、この「安全運転義務違反」で取り締まられています。 携帯、スマホは運転中に使用しないようにしましょう。 ハンズフリーなら通話しても大丈夫と思っていらっしゃった方は多いのではないでしょうか? ハンズフリーなら別に運転に支障をきたす事はないだろうと思う気持ちもわかりますが、条例で違反として扱われているため、危険であるという判断がなされているのだと思われます。 今一度、安全運転の見直し、交通違反の意味の確認をされることをおすすめします。 下記の「関連するおすすめ記事」では、すべての交通違反の意味、点数、罰金(反則金)をまとめていますので、ぜひご覧になってください。

次の

スマホ規制強化! 道交法改正で何が変わった!? 反則金や違反点数、罰則の違いを解説

携帯 電話 違反 改正

警視庁によると、クルマの運転時にスマホやカーナビなどの操作や画面を注視したこと(以下、携帯電話使用等)に起因する交通事故は、2008年時点で1299件だったのに対して、2017年には2832件に増加。 2018年も前年と同レベルの2790件を記録しています。 そのため、前述のように道路交通法を改正することで、携帯電話使用等に対して罰則の強化および違反点数の引き上げがおこなわれました。 なお、スマホや携帯電話などでの通話や、スマホやカーナビゲーションなどの画面を注視する行為をおこなった場合の携帯電話使用等(携帯電話使用等[保持])では、6か月以下の懲役または10万円以下の罰金。 反則金は、普通車で1万8000円の違反点数3点に変更となっています。 罰則が強化されたことで、スマホにイヤホンを接続してハンズフリー通話する方法や、カーナビとスマホをBluetooth接続して、クルマのスピーカーとマイクを使って通話するが注目されています。 しかし、道路交通法 第71条5の5では、「自動車を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置を通話のために使用し、表示された画像を注視しないこと(中略)。 」とあります。 要約すると、スマホなど手に持って操作する、もしくは画面を注視すること自体が違反ということになります。 では、イヤホンでのハンズフリーやカーナビのBluetooth通話は違反にはならないのでしょうか。 警視庁の交通課は次のように説明しています。 通話すること自体は違反ではありません。 しかし、通話を終えるため走行中に携帯を操作したり、画面を注視すると違反になります。 ナビ画面の操作でも同様です。 画面注視については、具体的な秒数が決められていません。 何をもって注視と判断するのかについては、運転操作から注意がそれたときといえます。 そして、その判断は現場の警察官に任せています。 よって、両耳を塞ぐイヤホンやヘッドホンを使って通話をしたら別の違反になります。 道路交通法では禁止されていない運転中の通話ですが、条例で禁止している自治体もあります。 条例も常に改正されていますから、ご自身が住んでいる地域では通話が可能なのかどうか、対象の都道府県警で確認してください。 運転中に通話をしているときは、運転への注意力が少なからず削がれているので危険な行為であるともいえます。 運転中に通話をしたいときでも、安全な場所にクルマをきちんと停車してから通話することをオススメいたします。 これ、間違った記事でしょ。 「自動車を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置を通話のために使用し、表示された画像を注視しないこと(中略)。 」 って書いてある事の解釈が間違ってる。 「通話のために使用し、表示された画像を注視しないこと」っていうのは、「通話の為に操作して、画面を見るな」って事。 これをこの記事は 「スマホなど手に持って操作する、『もしくは』画面を注視すること自体が違反。 」 としてる。 コレは普通に間違っている。 「使用『し』」の『し』は『かつ(and)』 であって「もしくは or 」では無い。 だから、警察も『通話する事は違反ではない』と言っている。 誤解を招く記事ですので、訂正をした方が良いですよ。

次の

スマホ「ながら運転」の罰則強化。2019年12月1日から違反点数や反則金が約3倍に?

携帯 電話 違反 改正

もくじ• 携帯違反の罰則強化 クルマを運転する人にとっては思わずビクッとする話題ですね。 運転中の携帯電話使用による罰則強化の情報です。 最近では飲酒運転に対する罰則が昔に比べ厳しいものになっていることもあり飲酒運転をする人はかなり少ないはず。 それでも世の中には凝りずに大変な事故を起こす愚かものもいますね・・ 今回は携帯の使用ですよ。 あなたは大丈夫ですか?、私はちょっとビクッとしましたよ。 携帯使用で罰則や罰金はいくらに? 旧 新 罰則 5万円以下の罰金 6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金 反則金(大型) 10000円 50000円 反則金(普通) 8000円 40000円 反則金(小型特殊) 6000円 30000円 運転中に携帯を使用した場合、 大型が1万円から5万円に増額、普通車が8千円から4万円に増額、小型特殊が6千円から3万円に増額となります。 一般的な普通車で5倍になりますからかなり強化する方針ですね。 たしかに携帯電話をいじってて事故をする可能性はかなり高いと思うし、絶対にやめさせるべきであれば個人的には10万でも100万でもいいかなと思ってしまいました。 もし今携帯を何気なく運転中に使っている方は本来NGですけど、 これを期にしっかりと携帯を持たない習慣をつけることをオススメしますよ! 携帯による事故件数• 2017年は2832件 違反したときの罰金だけみてしまうと、なんで増額するんだ!とか仕事で使うから困る! なんて人もいそうですが、なんと2832件も事故が起きているんですね。 記憶に新しいと思いますが、 2016年にはポケモンGOに夢中になっていたクルマが小学生を跳ねてしまい亡くなってしまった悲しい事故もありました。 ニュースで見ると遠いどこかの話しに聞こえてしまいますが決して他人事ではないですよね。 罰金が増えるから、というちょっとやめるきっかけとしては不純かもしれませんが、ポケモンGOの加害者が明日は我が身と思ったらすぐに携帯はやめるべきですよ。 運転といえば最近では「あおり運転問題」とか、いつまでたっても交通系のトラブルは後を立ちませんね。 ニュースに出ている事件なんてほんの氷山の一角で、実際に車を運転していると結構頻繁に危ない運転手とかルールを守らない車を見かけます。 これからは自分がいくら注意してても変な運転手と遭遇して人生台無しにしないようにしないといけません。 私はドライブレコーダーでばっちり録画しているので安心です。 運転中の携帯違反まとめ 運転中に携帯なんて絶対使わないから大丈夫! という人はこの記事のここまでたどり着いていないでしょう。 今ここを見ているあなたは携帯を使うことがあるのかもしれません、絶対にやめましょう! それでは運転中の携帯違反の罰金今度はいくらに?!道交法改正で罰則強化へまとめ.

次の