ハンド スケール 轟 雷。 フレームアームズ・ガール ハンドスケール 轟雷 (プラモデル)

フレームアームズ・ガール ハンドスケール 轟雷 (プラモデル)

ハンド スケール 轟 雷

商品説明 手のひらサイズの「ハンドスケール」シリーズ、第一弾はフレームアームズ・ガール「轟雷」! 柳瀬敬之氏デザインによるフレームアームズ「轟雷」を、島田フミカネ氏が美少女化したイラストをもとにハンドスケールサイズで立体化しました! 【商品詳細】 ・プラモデル「フレームアームズ・ガール 轟雷」の設計データを使用する事により、高い造形力と高密度なディティールを手のひらサイズで再現! ・全高75mmの小サイズながら全身22カ所が可動します。 ・バズーカ、ナイフが付属。 ・極小サイズのフェイスパーツはインクジェット印刷によるアイプリント済み仕様です。 ・左向き、右向きの瞳などのデカールが付属。 ・デカール張り用の印刷なしフェイスパーツが1つ付属。 ・腕は繊細な構造ですので予備の腕が1組付属。 ・手首は握り手、平手の他に少し大きめの武器持ち手を付属。 Gウェポン等との接続で使える武器グリップを2個付属。 ・同じくM. Gウェポン等との接続で使う為の2mm穴から3mm凸に変換するパーツを付属。 ・背中に付けられる3mm穴の開いたオプションパーツが付属。 【「ハンドスケール」シリーズとは】 コトブキヤの精密造形技術により、従来の小サイズプラモデルでは無かった造形力と可動、精度で商品化を行います。 色分けされた成型色、印刷済みのフェイスパーツにより、塗装せずに組んだだけでも完成します。 各部に設けた接続部やPVC製の手首により、膨大なM. Gシリーズや、フレームアームズ・ガールシリーズ、ヘキサギアシリーズ、フレームアームズシリーズ等のパーツを使用する事が可能。 今後発売予定の各商品との頭部、腕部、脚部等の互換性も一部確保されており、お客様独自のカスタマイズが可能です。 実際の商品とは異なります。

次の

フレームアームズ・ガール ハンドスケール イノセンティア を作る

ハンド スケール 轟 雷

商品説明 手のひらサイズの「ハンドスケール」シリーズ、第一弾はフレームアームズ・ガール「轟雷」! 柳瀬敬之氏デザインによるフレームアームズ「轟雷」を、島田フミカネ氏が美少女化したイラストをもとにハンドスケールサイズで立体化しました! 【商品詳細】 ・プラモデル「フレームアームズ・ガール 轟雷」の設計データを使用する事により、高い造形力と高密度なディティールを手のひらサイズで再現! ・全高75mmの小サイズながら全身22カ所が可動します。 ・バズーカ、ナイフが付属。 ・極小サイズのフェイスパーツはインクジェット印刷によるアイプリント済み仕様です。 ・左向き、右向きの瞳などのデカールが付属。 ・デカール張り用の印刷なしフェイスパーツが1つ付属。 ・腕は繊細な構造ですので予備の腕が1組付属。 ・手首は握り手、平手の他に少し大きめの武器持ち手を付属。 Gウェポン等との接続で使える武器グリップを2個付属。 ・同じくM. Gウェポン等との接続で使う為の2mm穴から3mm凸に変換するパーツを付属。 ・背中に付けられる3mm穴の開いたオプションパーツが付属。 【「ハンドスケール」シリーズとは】 コトブキヤの精密造形技術により、従来の小サイズプラモデルでは無かった造形力と可動、精度で商品化を行います。 色分けされた成型色、印刷済みのフェイスパーツにより、塗装せずに組んだだけでも完成します。 各部に設けた接続部やPVC製の手首により、膨大なM. Gシリーズや、フレームアームズ・ガールシリーズ、ヘキサギアシリーズ、フレームアームズシリーズ等のパーツを使用する事が可能。 今後発売予定の各商品との頭部、腕部、脚部等の互換性も一部確保されており、お客様独自のカスタマイズが可能です。 実際の商品とは異なります。

次の

ハーフサイズの小さな『フレームアームズ・ガール ハンドスケール 轟雷』が2019年9月に発売!

ハンド スケール 轟 雷

ハンドスケール 轟雷 キット内容 定価は2700円。 ボックスアート ハンドスケール 轟雷 ボックスアート 元の轟雷と同じですね、サイズだけ小さくした感じです。 フロントビュー そのまま轟雷を小さくしたといった感じ、さすがにこのサイズでは装甲パーツの色分けは省略せざるを得なかった部分もあるみたいですね。 ハンドスケール 轟雷 フロントビュー 大きさは8cmほどでヘキサギアのガバナーに近いです。 ちなみに通常のフレームアームズ・ガールと比べると半分くらいの大きさです。 リアビュー ハンドスケール 轟雷 リアビュー スカート部分もオリジナルの轟雷を再現できています、背中部分には接続用の穴があります。 フェイスパーツ 瞳印刷済みの物と瞳デカール貼り付け用の物が一つずつ フェイスパーツ2種 ハンドパーツ 握り手、平手、武器持ち手の3種類 ハンドパーツ3種 武器等、付属品 水転写デカール1シート。 すごく細かく印刷してあります。 付属品一覧 バズ持ち手以外は色分けは無し、ナイフはまだしもバズーカは結構塗装難しそうです。 なぜか腕部は予備が1セット入っています。 公式いわく「腕部は繊細なつくりのため予備がついている」とのことですがそんなに作るのが難しかったというようなことはありませんでした。 各部ディティール ノーマルの轟雷と同様に各部にディティールが入っています。 各部ディティール 色分けはされていない箇所がそこそこありますが、ディティールライン自体はしっかり入っています。 足裏やスカートもしっかり バズーカも色分けこそされていませんがディティールに関してはかなり細かく入っています。 バズーカ 合わせ目等 合わせ目が出る個所は髪の毛、バズーカくらいです。 ニッパー跡は各部に出てしまうので軽くやすりがけしてやるといいとおもいます。 可動域 この辺りはヘキサギアからの技術がしっかり使われている感じがします。 公式サイトでは「ピーキーな関節設計」とのことですが壊れそうな感じはあまりしませんでした。 首可動域 首可動域 左右回転は問題なし、上下左右に傾けられます。 肩可動域 水平まで上げた後は回転させてバンザイまで上がります。 ヒジ可動域 腰可動域 前後左右に傾けることはできませんが、回転は可能。 腰可動域 股関節可動域 前後に開脚可能、装甲とスカートの関係で左右は狭めです 股関節可動域 ヒザ可動域 可動域は最大90度くらいになります。 ヒザ可動域 ヒザ立ちはギリギリできます 足首可動域 ボールジョイント式、ガバナーや元のFAGに比べると接地性は悪め 足首可動域 その他可動部分 肩のキャノン砲は角度の調整が可能。 キャノン砲の角度調整 かかとのキャタピラは展開、収納できます。 キャタピラ展開 他のコトブキヤキットと組み合わせて遊ぶ 公式ブログでも紹介されていましたが、ヘキサギアのガバナーのパーツと互換性があるようです。 今所持しているガバナーはすべて男性タイプなので顔をつけかえると変な感じになってしまうのですが、フルフェイスならまぁありかな? ヤベー奴感がすごい 逆に轟雷の顔をアーリーガバナーに持ってくるのは意外と似合います。 ただ髪の毛が引っかかるのでナナメにしかつけられませんでした。 がたいのいい轟雷 それ以外にもバックパックを付けたり、ガバナー用の武器を持たせたりできます。 重装備轟雷 ヘキサギアに乗ることもできます。 ドライブ轟雷 M. Gとの接続用グリップも付いていますが、M. Gそのままだと当然サイズが合わないので、M. Gの中の一部分を持ってきてグリップを連結して使います。 小さめの物を選ぶと〇.

次の