ジャパン ビバレッジ 自販機。 ジャパンビバレッジホールディングス

自販機メーカーの特徴と代表商品

ジャパン ビバレッジ 自販機

本社が入居するエステック情報ビル 市場情報 非上場 本社所在地 〒160-0023 1-24-1 設立 7月(創業は7月) 食品業 事業内容 自動販売機による各種食品飲料の販売 代表者 及川剛 資本金 1億円 売上高 1,500億6,444万3千円 (2017年12月期) 営業利益 50億351万9千円 (2017年12月期) 純利益 40億227万8千円 (2017年12月期) 純資産 243億95万8千円 (2017年12月31日現在) 総資産 549億9,390万3千円 (2017年12月31日現在) 従業員数 4,110名 (2009年3月31日現在) 決算期 毎年12月 主要株主 株式会社 70. 沿革 [ ]• 7月 - 創業 当時は「ユナイテッドスティールカンパニー」、などの輸出入と販売を行っていた• 9月 - 現在の本業である自動販売機のオペレーター業務を開始• 6月 - オフィスコーヒーサービス業務を開始 3月まで、同年4月以降は同社子会社に移管• 10月 - オフィスコーヒーサービス専業会社として、株式会社ユニマットオフィスコ 現・ が分離独立。 4月 - 自動販売機事業部門を分社し、株式会社ユニマットコーポレーションとなる• 4月 - 株式会社 JT と資本・業務提携し、JTが株式の過半数を取得• 9月 - 商号を株式会社ユニマットコーポレーションから株式会社ジャパンビバレッジへ変更• 7月 - 持株会社の株式会社ジャパンビバレッジホールディングスを設立• 1月 - 株式会社ジャパンビバレッジホールディングスが株式会社ジャパンビバレッジを吸収合併• 7月 - JTが保有していた当社株式がサントリー食品インターナショナルへ譲渡されたことを受け、同社の子会社となる。 自動販売機 [ ] 複数のメーカーの商品を1台に集約した「コンビ機」というオリジナルの自動販売機を展開している。 飲料メーカーと共同開発した「コンビ機」専売の商品も存在する。 コンビ機の他に、メーカー専売機として、、、()、、の5社の自動販売機も取り扱っている。 複数のメーカーを扱うカップ用(コーヒーやスープに特化した「プレミアムBar」や「Smart Cafe(スマートカフェ)」)、の「ブリック」を扱う紙パック飲料用、や菓子類などを扱う食品用の自動販売機等も運用している。 レスリング部 [ ] ユナイテッドスティールカンパニー時代の1970年代に創部。 金メダリストの、世界選手権3大会連続銀メダリストのらが所属した。 実業団対抗戦では、1979年より計13度、団体優勝している。 1995年に休部となるが、ジャパンビバレッジへの社名変更を機に再開し、、らが所属した。 の協賛もしていた。 現会長はかつて当社の代表取締役だった。 現在の所属選手• 浜口京子• 不祥事・事件 [ ] 事業場外みなし労働時間制の違法適用 2017年末、自販機の保守担当社員らに適用していた「事業場外みなし労働時間制」に関し、労働基準監督署が東京都内の支店については無効だと指導していたことが明らかになった。 事業所の外で働き会社が労働時間を把握できない場合が対象だが、社員は常時電話連絡を受けられたため、会社が実質的に労働時間を管理できたと判断したとみられる。 有給取得クイズ 2016年5月頃、支店長が「有給チャンス」というクイズを部下に出し、そのクイズに不正解だと有給休暇を取得させなかったとし、2018年8月17日、従業員側は会社側に説明を求めた。 なお、交渉の場には、このクイズを出したとされる支店長も参加する予定であったが欠席し、その場で電話で本人へ対応を求めたが、ジャパンビバレッジ側がそれすら拒否したという。 東京都労働委員会によるハローワークへの求人の紹介停止通報 2018年8月はじめまでに東京都労働委員会が都内のハローワークに対し、ジャパンビバレッジへの求人案内の停止を通報した。 によるとみられ、このような通報例は珍しく10年以上ぶりだという。 労働基準監督署による四度の是正勧告 2018年8月現在で違法な長時間労働と残業代不払いにおいて労働基準監督署から四度の是正勧告を受けている。 ジャパンビバレッジ側は各マスコミへの対応に『同一労働基準監督署から4度是正勧告を受けたわけではなく、同じ内容について、異なる4カ所の労働基準監督署より是正勧告を受けただけ』と回答し、労働環境改善への取り組みに対しての認識の甘さを露呈している。 消費増税分2億円を不払い 自動販売機の運営大手ジャパンビバレッジホールディングス(東京都新宿区)が、取引先に支払う手数料に消費税の引き上げ分を上乗せしていなかったとして公正取引委員会は2019年3月20日、消費税転嫁対策特別措置法違反(買いたたき)で再発防止などを勧告し、発表した。 未払い額は計約2億1780万円で過去最高という。 公取委によると、同社は消費税が5%から8%に引き上げられた2014年4月から18年9月にかけて、自販機の設置場所の提供を受けた約3万5500の法人や個人らに支払う販売手数料に、増税分を反映させず支払い続けていたという。 中小企業庁の調査で発覚した。 グループ会社 [ ]• 株式会社ジャパンビバレッジ北海道• 株式会社ジャパンビバレッジ東北• 株式会社ジャパンビバレッジイースト• 株式会社ジャパンビバレッジ東京• 株式会社ジャパンビバレッジセントラル• 株式会社ジャパンビバレッジウエスト• 株式会社ジャパンビバレッジ中四国• 株式会社ジャパンビバレッジ九州• 株式会社ジャパンビバレッジ沖縄• 株式会社ジャパンビバレッジエコロジー• 株式会社ビジネスサポートワークス• 株式会社ジェイビーサービス• 日新サービス株式会社 脚注 [ ] []• 編集部. 2019年8月29日閲覧。 共同通信. 2018年3月28日. 日本語. ライブドアニュース. 2018年8月18日閲覧。 2018年8月18日. 2018年8月18日閲覧。 東京新聞 TOKYO Web. 2018年8月18日閲覧。 テレビ朝日 テレ朝news. 2018年8月18日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2019年9月19日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

中小企業庁:株式会社ジャパンビバレッジホールディングスによる消費税転嫁対策特別措置法の違反行為に関して公正取引委員会へ措置請求をしました

ジャパン ビバレッジ 自販機

日本コカ・コーラ株式会社 特徴 赤いラベルでおなじみのコカ・コーラは19世紀にアメリカで発明され、今では世界的に愛されているメーカーです。 自販機もシンボルカラーである赤を基調としたデザインになっており、遠くから見てもコカコーラ商品であることが一目で分かります。 自販機の台数は83万台と、全メーカー中トップの台数を誇っています。 取り扱っている商品も豊富に取り揃えています。 代表的な商品• コカ・コーラ• スプライト• ファンタ• いろはす• 爽健美茶• 紅茶花伝• ジョージア• ミニッツメイト サントリーフーズ株式会社 特徴 サントリーはアルコール飲料の販売をメインとしており、1980年代以降、清涼飲料水の販売にも力を入れています。 1997年には、アメリカのペプシコ社から日本でのペプシコーラ事業を譲り受け、サントリーの自販機でペプシコーラを販売することができるようになりました。 省エネ対策にも積極的で、消費電力が国内最小の超省エネ自販機を出しています。 2015年5月に自販機事業を撤退したJTの自販機を買収したことで、コカ・コーラに次ぐ台数シェア率となっています。 自販機の色は主に青を基調としています。 代表的な商品• ペプシコーラ• BOSS• 南アルプスの天然水• DAKARA• オランジーナ• CCレモン• Lipton• 伊右衛門• 烏龍茶 アサヒカルピスビバレッジ株式会社 特徴 アサヒ飲料は、三ツ矢サイダーやバヤリースオレンジなど、長年愛されている商品を取り扱っている老舗メーカーです。 2012年にはカルピスを買収し、自販機で販売できる商品のバリエーションが格段に上がりました。 また、いち早くWi-Fiを搭載した自販機を展開して、自販機の利便性を向上させています。 自販機のカラーは青で、側面に「Asahi Calpis」のロゴが印字されています。 代表的な商品• 三矢サイダー• バヤリースオレンジ• カルピスウォーター• 十六茶• welch• WONDA• 富士山のバナジウム天然水 キリンビバレッジ株式会社 特徴 日本の清涼飲料水メーカーであるキリンビバレッジは、コカ・コーラ、サントリーに次いで業界3位を誇る大手企業です。 1928年からのロングセラーブランド「キリンレモン」は誰もが知っている代表商品であり、JAS規格認定商品の認定商品です。 また、日本初となるペットボトルの紅茶飲料「午後の紅茶」をはじめ、根強い人気を誇るコーヒー「FIRE」、緑茶ブランドとしてヒットしている「生茶」など、多くの人気商品を取り扱っています。 ヤクルトや小岩井乳業とも提携しており、より多彩な商品が1台の自販機に並べられています。 自販機は、白い筐体の側面に赤い文字で大きくロゴが入っているため、すぐにKIRINと分かります。 代表的な商品• キリンレモン• 午後の紅茶• トロピカーナ• FIRE• Volvic• RedBull ダイドードリンコ株式会社 特徴 ダイドードリンコは、大同薬品工業の新規事業(清涼飲料販売)として誕生しました。 社名の由来は、「 Dynamic Do Drink Company」からなり、「ダイナミックに活動するドリンク仲間」を表現しています。 緑・オレンジ・黒のラインが特徴のブレンドコーヒーは、HOTとCOLDに対応する自販機の普及と共にダイドーの人気商品となりました。 他のメーカーと比べて自販機による売上が大きく、約9割を占めます。 自販機は、白い筐体におなじみのダイドーロゴが入っています。 代表的な商品• ダイドーブレンドコーヒー• ダイドーデミタスコーヒー• 世界一のバリスタ監修• 葉の茶• 贅沢香茶• miu• アリナミン• ゆずれもん• ミスティオ 株式会社ポッカコーポレーション 特徴 1973年冷温兼用の自販機を三共電器(現サンデン)と共同開発、世界初となる連続加温できる缶コーヒーも開発しました。 これに伴って各メーカーも缶コーヒーに力を入れ、全国的に広まることとなります。 男性の顔が描かれたデザインはポッカコーヒーの代名詞であり、時代の流れに合わせて少しずつ変化しているものの、現在でもデザインの一部として残されています。 代表的な商品• レモンスカッシュ• キレートレモン• Pokkaコーヒー• 玉露入りお茶• がぶ飲みミルクコーヒー• がぶ飲みメロンクリームソーダ• VitaeneC• ネクター 株式会社伊藤園 特徴 伊藤園は「お~いお茶」をはじめとしたお茶製品・野菜飲料を主力としており、飲料業界4位でありながらお茶部門で最王手のメーカーです。 黒のパッケージで有名なウーロン茶は、世界初の缶入りウーロン茶として販売されました。 お茶ブランドの先駆けとして、海外にも事業を展開しています。 白地に緑と青のラインが入った自販機が目印です。 代表的な商品• お~いお茶• ウーロン茶• 健康ミネラルむぎ茶• evian• Tullysコーヒー• 充実野菜• 複数のメーカーの商品を1台の自販機に集約したオリジナル自販機「コンビ機」は、省スペース化・消費電力削減・充実した品揃えを実現しています。 また、グループ会社のサントリーのほかに、キリンビバレッジ・アサヒカルピス・大塚製薬・ポッカの5社メーカーの自販機も取り扱うことができます。 代表的な商品• 各メーカー自販機• Smart Cafe• カップ機• 紙パック機• 食品自動販売機.

次の

中小企業庁:株式会社ジャパンビバレッジホールディングスによる消費税転嫁対策特別措置法の違反行為に関して公正取引委員会へ措置請求をしました

ジャパン ビバレッジ 自販機

日本コカ・コーラ株式会社 特徴 赤いラベルでおなじみのコカ・コーラは19世紀にアメリカで発明され、今では世界的に愛されているメーカーです。 自販機もシンボルカラーである赤を基調としたデザインになっており、遠くから見てもコカコーラ商品であることが一目で分かります。 自販機の台数は83万台と、全メーカー中トップの台数を誇っています。 取り扱っている商品も豊富に取り揃えています。 代表的な商品• コカ・コーラ• スプライト• ファンタ• いろはす• 爽健美茶• 紅茶花伝• ジョージア• ミニッツメイト サントリーフーズ株式会社 特徴 サントリーはアルコール飲料の販売をメインとしており、1980年代以降、清涼飲料水の販売にも力を入れています。 1997年には、アメリカのペプシコ社から日本でのペプシコーラ事業を譲り受け、サントリーの自販機でペプシコーラを販売することができるようになりました。 省エネ対策にも積極的で、消費電力が国内最小の超省エネ自販機を出しています。 2015年5月に自販機事業を撤退したJTの自販機を買収したことで、コカ・コーラに次ぐ台数シェア率となっています。 自販機の色は主に青を基調としています。 代表的な商品• ペプシコーラ• BOSS• 南アルプスの天然水• DAKARA• オランジーナ• CCレモン• Lipton• 伊右衛門• 烏龍茶 アサヒカルピスビバレッジ株式会社 特徴 アサヒ飲料は、三ツ矢サイダーやバヤリースオレンジなど、長年愛されている商品を取り扱っている老舗メーカーです。 2012年にはカルピスを買収し、自販機で販売できる商品のバリエーションが格段に上がりました。 また、いち早くWi-Fiを搭載した自販機を展開して、自販機の利便性を向上させています。 自販機のカラーは青で、側面に「Asahi Calpis」のロゴが印字されています。 代表的な商品• 三矢サイダー• バヤリースオレンジ• カルピスウォーター• 十六茶• welch• WONDA• 富士山のバナジウム天然水 キリンビバレッジ株式会社 特徴 日本の清涼飲料水メーカーであるキリンビバレッジは、コカ・コーラ、サントリーに次いで業界3位を誇る大手企業です。 1928年からのロングセラーブランド「キリンレモン」は誰もが知っている代表商品であり、JAS規格認定商品の認定商品です。 また、日本初となるペットボトルの紅茶飲料「午後の紅茶」をはじめ、根強い人気を誇るコーヒー「FIRE」、緑茶ブランドとしてヒットしている「生茶」など、多くの人気商品を取り扱っています。 ヤクルトや小岩井乳業とも提携しており、より多彩な商品が1台の自販機に並べられています。 自販機は、白い筐体の側面に赤い文字で大きくロゴが入っているため、すぐにKIRINと分かります。 代表的な商品• キリンレモン• 午後の紅茶• トロピカーナ• FIRE• Volvic• RedBull ダイドードリンコ株式会社 特徴 ダイドードリンコは、大同薬品工業の新規事業(清涼飲料販売)として誕生しました。 社名の由来は、「 Dynamic Do Drink Company」からなり、「ダイナミックに活動するドリンク仲間」を表現しています。 緑・オレンジ・黒のラインが特徴のブレンドコーヒーは、HOTとCOLDに対応する自販機の普及と共にダイドーの人気商品となりました。 他のメーカーと比べて自販機による売上が大きく、約9割を占めます。 自販機は、白い筐体におなじみのダイドーロゴが入っています。 代表的な商品• ダイドーブレンドコーヒー• ダイドーデミタスコーヒー• 世界一のバリスタ監修• 葉の茶• 贅沢香茶• miu• アリナミン• ゆずれもん• ミスティオ 株式会社ポッカコーポレーション 特徴 1973年冷温兼用の自販機を三共電器(現サンデン)と共同開発、世界初となる連続加温できる缶コーヒーも開発しました。 これに伴って各メーカーも缶コーヒーに力を入れ、全国的に広まることとなります。 男性の顔が描かれたデザインはポッカコーヒーの代名詞であり、時代の流れに合わせて少しずつ変化しているものの、現在でもデザインの一部として残されています。 代表的な商品• レモンスカッシュ• キレートレモン• Pokkaコーヒー• 玉露入りお茶• がぶ飲みミルクコーヒー• がぶ飲みメロンクリームソーダ• VitaeneC• ネクター 株式会社伊藤園 特徴 伊藤園は「お~いお茶」をはじめとしたお茶製品・野菜飲料を主力としており、飲料業界4位でありながらお茶部門で最王手のメーカーです。 黒のパッケージで有名なウーロン茶は、世界初の缶入りウーロン茶として販売されました。 お茶ブランドの先駆けとして、海外にも事業を展開しています。 白地に緑と青のラインが入った自販機が目印です。 代表的な商品• お~いお茶• ウーロン茶• 健康ミネラルむぎ茶• evian• Tullysコーヒー• 充実野菜• 複数のメーカーの商品を1台の自販機に集約したオリジナル自販機「コンビ機」は、省スペース化・消費電力削減・充実した品揃えを実現しています。 また、グループ会社のサントリーのほかに、キリンビバレッジ・アサヒカルピス・大塚製薬・ポッカの5社メーカーの自販機も取り扱うことができます。 代表的な商品• 各メーカー自販機• Smart Cafe• カップ機• 紙パック機• 食品自動販売機.

次の