プレミアム グリーン 車。 JR東日本、東京~伊豆エリアを結ぶ観光特急列車の名称を「サフィール踊り子」に決定 同社初の「プレミアムグリーン車」を設定。2020年春運行予定

サフィール踊り子のプレミアムグリーン車を紹介!

プレミアム グリーン 車

JR東日本が伊豆方面に向けて新たな観光特急列車を運行します。 車両は新型のE261系電車で、車内には「ヌードルバー」や同社初の「プレミアムグリーン車」などを設けます。 2020年春デビュー予定 JR東日本は2018年5月8日(火)、伊豆方面へ新しい観光特急列車を運行すると発表しました。 2020年春から、東京・新宿〜伊豆急下田間で運行開始を予定。 車両は新型のE261系電車2編成が投入されます。 車両のトータルデザインは、工業デザイナーの奥山清行さんが代表を務める「KEN OKUYAMA DESIGN」が担当。 これまでJR東日本の車両では、豪華寝台列車「TRAIN SUITE 四季島」をはじめ、山手線の新型E235系電車、秋田新幹線のE6系電車などを手掛けています。 新型E261系の外観は、JR東日本によると「伊豆の圧倒的で雄大な自然」を表現。 ベースカラーは「伊豆の海と空」をイメージした紺碧色と、「伊豆の砂浜が太陽の光を受けて金色に輝く様子」のホワイト、「溶岩地形である城ヶ崎海岸の黒々とした岩石」のグレーが使われます。 また、開放的な車内空間にするために、各車両の側面上部に天窓が設けられます。 列車は8両編成 グリーン個室や「ヌードルバー」も 列車は8両、定員164人で、1号車(伊豆急下田方)はJR東日本初の「プレミアムグリーン車」、2〜3号車は4人用または6人用のグリーン個室、4号車はオープンスタイルのキッチンを備えた「ヌードルバー」、5〜8号車はグリーン車です。 プレミアムグリーン車は座席が1+1列、前後1250mm間隔で並びます。 天窓と窓からの景色を楽しめるよう、収納スペースは座席の下に配置されます。 ヌードルバーでは麺(ヌードル)料理が提供されます。 相模湾の景色を眺めながら食事できるカウンター席とボックス席を用意。 また、グリーン個室へのデリバリーサービスも予定されています。 ヌードルバーのプロデュースとデザインは、おもに八戸線を走る観光列車「TOHOKU EMOTION」の飲食プロデュースを手掛けた「TRANSIT GENERAL OFFICE」が担当します。 グリーン車の座席は2+1列、前後1160mm間隔で配置。 さらに各車両には、大型の荷物置き場が設けられるほか、無料公衆無線LAN、全席電源コンセントも用意される予定です。

次の

プレミアムカーについて|京阪電車 <座席指定>特別車両 PREMIUM CAR|京阪電気鉄道株式会社

プレミアム グリーン 車

JR東日本が満を持して東海道線に投入した新型車両、サフィール踊り子号ですが、 その豪華さをさっそく体験してきました。 普通車はなく、すべてグリーン車。 サフィール踊り子は8両編成。 そのうち4号車カフェテリア車を除いてすべてグリーン車であります。 まずは8号車から5号車のグリーン車を見てみましょう。 車内は2列+1列。 リクライニングはこの角度。 読書灯も完備。 そして一席ずつコンセントもあります。 また、5号車の車端には車いすの方と一緒に旅行を楽しめるスペースもあります。 もちろん5号車のお手洗いは車いすでもそのまま利用できる広さですよ。 このグリーン車でのオススメは何といっても上りの列車の8号車の最前列。 1A1Bの2名席と1Cの1名席ですね。 こうして先頭の展望を楽しむことができます。 ただ、ほかの展望車両と違って、テーブルをつけるための仕切りがあり、 展望を楽しむには少し背伸びする姿勢になります。 そして、各車両には大きなラゲッジスペースが設置されております。 スーツケースも楽々ですね。 グリーン個室完全復活!2号車3号車 さて、スーパービュー踊り子にあった個室のグリーン車ですが、時代の流れとともに淘汰されてきましたが、ここにきて四季島等の豪華観光列車の成功もあり、グリーン個室専用車両が2両もついております。 4名席の個室と、 6名席の個室。 もちろん窓は海側に向いております。 そしてこの車両ではカフェテリアのヌードルが出前可能。 扉を開けなくてもこちらのスペースに出前が提供されるスペースがあります。 通路側からみるとこのような感じですね。 室内にはもちろんコンセントも完備。 ただ、人気の座席なので1か月前に予約することをお勧めします。 なのでどうしても個室を利用したい場合は「びゅう」商品を予約するのも一考ですね。 JR初登場!プレミアムグリーン車は1号車 今回のサフィール踊り子号のもう一つの目玉はプレミアムグリーン車であります。 グリーン車の横にダイヤモンドのマークがついてます。 車内はなんと1名+1名の2名席が10列のみ。 リクライニングはもちろん電動。 リクライニングを倒しても、 カウル上になっているので後ろの方に迷惑は掛かりません。 そして2人で少しだけ向かい合わせにしたり、海側に向けたりすることもできます。 もちろん読書灯や、前の席の下に足を伸ばせるスペースもあります。 このプレミアムグリーン車の圧倒的一番人気は何といっても最前列の1Aと1B。 今回は上り利用だったので最後尾でしたが、 こうして回転させて流れゆく車窓を楽しむこともできますよ。 いかがでしたか。 伊豆旅行に行く際にはリニューアル踊り子と合わせて、サフィール踊り子も楽しんでいただければと思います。 参考になれば幸いです。

次の

プレミアムカーについて|京阪電車 <座席指定>特別車両 PREMIUM CAR|京阪電気鉄道株式会社

プレミアム グリーン 車

JR東日本は、伊豆方面への新たな観光特急列車「サフィール踊り子」の運転を2020年3月14日から開始すると発表した。 東京〜伊豆急下田間で、臨時列車を含め1日最大2往復を運転する。 土休日は新宿発の臨時列車も設定する。 使用車両は新造のE261系8両編成で、全席がグリーン車以上の特別席となっているのが特徴。 1号車にはJR東日本で初めてとなるプレミアムグリーン車が導入された。 また、家族やグループで利用できるグリーン個室も備える。 4号車に設けたカフェテリアでは、日本料理「傳」の長谷川在佑料理長監修のラーメンを提供する。 料金体型は、グリーン料金が100キロまで1,050円、200キロまで(東京から熱海以遠など)2,100円。 プレミアムグリーン料金は100キロまで2,550円、200キロまで3,600円。 伊豆急行線内では、グリーン料金780円、プレミアムグリーン料金1,600円。 また、グリーン個室料金は4人用が8,400円、6人用が12,600円となっている。 「サフィール踊り子」の運転開始に伴い、現行の特急「スーパービュー踊り子」は廃止される。 また、特急「踊り子」の一部の使用車両を185系からE257系に変更する。

次の