アメリカ ufo 映像。 なぜ今、米国防総省がUFOの映像を公開したのか?

米海軍がUFO映像は「本物」と認める 著名物理学者も「UFOの可能性」指摘

アメリカ ufo 映像

これは本物のUFOなのか? なんかなつかしい画像 UFO 宇宙人 は存在するのかどうかは未だわからん 過去これまでにやれUFOの写真だ、やれ宇宙人の写真だと散々テレビで放送されてきていますが、結局のところは幽霊と同等で科学的にいることが証明できてないわけです。 「ちわーす。 〇〇惑星から来ました。 たごさくで~す。 」みたいに生きた宇宙人がなんでもいいので地球外の証拠を担いでYoutubeにでも登場してくれればいいのですが、まぁないですよね。 あ、でも僕個人的には宇宙人はいると思っています。 地球にだけ生物が存在していると考えるほうがナンセンスです。 ただ、物理的に会える距離に存在するか、それだけの文明・科学を持っているかは別です。 今のところ、地球ではそれを証明・確認するだけの科学はないわけです。 本物のUFOかどうかは別にして、とにかくわからんことは認めたペンタゴン 「UFO」ということばが「地球外生命体の乗り物」を表す言葉として定着しているし、それ自体は別になんら否定はしない。 「UFO」って「未確認飛行物体」=「Unidentified Flying Object」の頭文字からきてるわけで「未確認」というのが本来の意味で、「未確認」=「地球外」という認識になっているわけだ。 もしかしたら、北朝鮮の新しい戦闘機や偵察機かもしれないしそればかりは確証がないからなんとも言えない。 ただ、はっきりと言えることはアメリカ国防総省ペンタゴンが「これが何かはわからん!」と認めたということ。 「過去に出回った映像が本物かどうかや、映像に続きがあるのかといった国民の誤解を解消するため」 と発表しているから、 この映像の出所はアメリカ国防総省であり、映像自体は本物であるということがわかったわけである。

次の

【動画あり】アメリカ国防総省がUFOを「何かわからん!」と結論づける

アメリカ ufo 映像

2019年09月19日 12時30分 UFO動画は「本物」だとアメリカ海軍が認める、ただし海軍に公開の意図はなかった by 海軍パイロットによって2004年と2015年に撮影されたとされる「謎の飛行物体」のムービーはフェイクではなく本物だと、アメリカ海軍が認めました。 海軍広報はムービーに映っている物体をドローンや風船といった言葉ではなく、「未確認の空中現象」として説明しています。 以下がパイロットによって撮影された1本目の飛行物体のムービーです。 また2015年1月に撮影された2本目のムービーがこれ。 そして、2018年3月にはアメリカのパンクバンド「 」の元ギタリストで音楽プロデューサーの 氏が創設した が、謎の飛行物体をとらえた3本目のムービーを公開しました。 以下のムービーでは、パイロットが「一体あれは何だ?!」と興奮気味に物体を追っている様子が映し出されています。 映像は2本目と同じ2015年1月に撮影されたものとのこと。 機密解除された政府文書をアーカイブする「 」を運営するジョン・グリーンワルド氏は、2019年8月、海軍に3つのムービーについて情報を求めました。 コメントを求めたとき、「ドローン」や「風船」といった説明がされることを予測していましたが、海軍は予想に反し「未確認の空中現象 Unidentified Aerial Phenomen/UAP 」という説明を行ったとのこと。 なお、2019年4月にリークされた、「 」にもこの用語が使われているといわれています。 海軍が「未確認の空中現象」という新しい用語を使用しだしたことについては、 のライターであり情報公開法の専門家である 氏も「注目すべきこと」だと述べています。 一方でアメリカ海軍の広報であるジョゼフ・グラディッシャー氏は、「海軍は、このビデオに映し出される物体について、公式な説明や特性評価をしておらず、仮説や結論も発表していません」とコメント。 また未確認の空中現象という言葉は、いわゆる宇宙人の乗り物としての「UFO」を意味するものではなく、「軍のさまざまな訓練の場において、侵入もしくは操作が目撃された未確認あるいは無許可の飛行物体に付けられる基本的な説明」だとグラディッシャー氏は述べています。

次の

【アメリカ】“UFO映像” 米国防総省が公開 “物体が何かは不明”【米国】 [少考さん★]

アメリカ ufo 映像

ども、らく助です。 つい先日のニュースですが、ミステリー好きにはたまらない話題です。 アメリカの国防総省がついに未確認飛行物体の存在を発表しました。 米の国防総省が公に認めるのは、初めてに近いと思います。 一般投稿ではUFOの映像はかなりYouTube上にあるのですが 国防総省から公開されたのは計3つです。 2004年 海軍からの映像 2015年の映像 2つ 映像を見ているパイロットの驚きの声も含まれています。 一体これは何だ!?って感じでしょうか。 国防総省はUFOの調査をずっと実施してきたようですが映像を公開したのは非常に珍しいと思います。 写っている物体が何なのかはわかっていないとしています。 【防衛相 UFO遭遇に備え手順を】 米国防総省がUFOのような円盤状の飛行物体を記録した映像を公開した。 それに関連して、河野防衛相は28日午前の記者会見で、自衛隊がUFOに遭遇した際に備え「(対応の)手順をしっかり定めたい」と述べた。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics UFOの映像は、意外と意図的に作成されることもあり、本物の映像との 区別がつきにくいので、このように国防総省が出す映像は少し信憑性が高いと思います。 本当はもっと映像を持っていると思うので、出来ればどんどん出していってほしいと思います。

次の