特別 支給 の 老齢 厚生 年金 申請。 在職老齢年金で特別支給の老齢厚生年金も減額される!!

125万人が忘れている「申請しないともらえない年金」をご存知ですか(週刊現代)

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 申請

もらい忘れる人、多数 年金は、繰り上げるか、繰り下げるかで将来もらえる額が大きく変わってくる。 この時にカギとなるのが、特別支給の老齢厚生年金や加給年金、振替加算などの耳慣れない年金であった。 年金にはこうした細かい制度が無数に存在する。 しかし、多くの人がこうした年金の申請を忘れがちだ。 社会保険労務士の北村庄吾氏が語る。 「年金制度は申請主義です。 自ら申請しなければいつまでたっても受け取ることはできません」 国はもらい忘れの年金について、積極的には教えてくれないのだ。 そこでここでは、多くの人がもらい忘れがちな年金を紹介していこう。 都内在住の飯野守さん(63歳・仮名)は昨年春、日本年金機構から「年金の請求手続きのご案内」という書類を受け取った。 「年金の支給は65歳からのはず」 そう考えた飯野さんは書類をしばらく放置した。 しかし、これが飯野さんの勘違いだった。 飯野さんが受け取ったのは 特別支給の老齢厚生年金についての案内だったのだ。 「繰り上げ受給と勘違いして申請をしない人がいます。 特別支給をもらっても65歳からの年金額が減ることはありません。 また特別支給は繰り下げ受給もできません」(社会保険労務士・奥野文夫氏) 「特別支給は絶対に請求する」と覚えておこう。

次の

老齢厚生年金の特別支給を受ける権利のある方は年金を受け取れる対象が増え、増やすこともできるようになりました | マネーの達人

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 申請

もらい忘れる人、多数 年金は、繰り上げるか、繰り下げるかで将来もらえる額が大きく変わってくる。 この時にカギとなるのが、特別支給の老齢厚生年金や加給年金、振替加算などの耳慣れない年金であった。 年金にはこうした細かい制度が無数に存在する。 しかし、多くの人がこうした年金の申請を忘れがちだ。 社会保険労務士の北村庄吾氏が語る。 「年金制度は申請主義です。 自ら申請しなければいつまでたっても受け取ることはできません」 国はもらい忘れの年金について、積極的には教えてくれないのだ。 そこでここでは、多くの人がもらい忘れがちな年金を紹介していこう。 都内在住の飯野守さん(63歳・仮名)は昨年春、日本年金機構から「年金の請求手続きのご案内」という書類を受け取った。 「年金の支給は65歳からのはず」 そう考えた飯野さんは書類をしばらく放置した。 しかし、これが飯野さんの勘違いだった。 飯野さんが受け取ったのは 特別支給の老齢厚生年金についての案内だったのだ。 「繰り上げ受給と勘違いして申請をしない人がいます。 特別支給をもらっても65歳からの年金額が減ることはありません。 また特別支給は繰り下げ受給もできません」(社会保険労務士・奥野文夫氏) 「特別支給は絶対に請求する」と覚えておこう。

次の

60歳以降の特別支給の老齢厚生年金を請求しないと65歳からの年金は増えますか?

特別 支給 の 老齢 厚生 年金 申請

申請は市役所で必要書類をそろえて、申請書類を年金事務所へ持参するか、又は郵送しますが書類に不備があると二度手間になったり支給がずれこんだりします。 一度で終了するための注意点と申請手順を配偶者の場合の実例でお教えします。 注意点 1 市役所で発行の書類は 誕生日の前日から交付されたものに限ります。 書類申請時に市役所で教えてくれますが、市役所に行ってから分かったのでは二度手間です。 2 社会保険事務所は混雑しますので、 事前に予約しましょう。 1か月前から電話受け付けが可能です。 3 年金振込の金融機関の 口座で使用している印鑑は必ず持って行きましょう。 老齢年金の受給手続きから支給まで 支給までのスケジュール 【例】 通知から受給まで 1. 通知 年金支給の通知が 誕生日(男性62歳、女性60歳)の3か月前に通知が郵送されます。 申請 【年金申請書の記載】 書き方の説明は、分りにくいですが、じっくり読み込みましょう。 ・ 記入の必要なものは、配偶者年金ナンバー、ご自身のマイナンバー(記入すると一部書類が不要となります。 ) ・ 年金手帳は、婚姻前後で2冊持っておられる方は両方必要です。 (旧姓は厚生年金用、婚姻後の姓は国民年金用) 添付書類 必要書類の例 必要書類が重複するような場合は1種類の準備で大丈夫です。 ・ 全ての方 戸籍抄本、謄本、住民票、住民票記載事項証明書のいずれか ・ パターンにより異なるもの 本人の戸籍謄本・戸籍抄本 世帯全員の住民票 配偶者の年金手帳 配偶者の基礎年金番号通知書 所得証明書 課税証明書 源泉徴収票 退職年齢が分かる就業規則 年金証書 遺族給与金証書 医師または歯科医師の診断書 レントゲンフィルム 雇用保険被保険者証 船員失業保険証 高年齢雇用継続給付支給決定通知書 申請書類をそろえて、申請書を社会保険事務所かセンターに提出。 お問い合わせや予約申し込みは「」へ 3. 年金証書 申請後、約20日ほどで老齢厚生年金証書が送付されます。 大切に保管しましょう。 年金振込通知書 老齢基礎年金・老齢厚生年金の請求は日本年金機構の 受付後2か月以内に「年金証書・年金決定通知書(年金振込通知書)」で振り込み予定日の通知のはがきが来ます。 はがき到着から、 おおむね50日で振り込まれます。 支給 年金は 偶数月15日に金融機関に2か月分振込まれます。 今からでも間に合う保険料を納めて増える年金支給額 「資格期間」が10年になりましたが、以下の方法で年金額を増やすことができます。 任意加入制度 60歳以上でも国民年金に任意加入ができます。 (加入には一定条件あり) 「60歳から65歳まで」希望者は任意加入ができます。 資格期間が10年に満たない方は最長70歳まで国民年金に任意加入できます。 後納制度 過去5年間に納め忘れた保険料を納めることができます。 平成30年9月までなら 5年以内の納め忘れ、未加入分の保険料を納めることができます。 特定期間該当届 専業主婦・主夫の届け出漏れ期間の届け 配偶者の退職や、本人の収入増で健康保険の被扶養者から外れたとき、国民年金3号(専業主婦・主夫)から1号に切り替えが必要ですが、 忘れていたとき届けをします。 どの程度の支給額になるのでしょうか試算してみました。 「特別支給の老齢厚生年金」や「老齢厚生年金」 厚生年金を支払った額によりますが概略、保険金支払いが1年増える毎に2万円弱と考えましょう。 FP事務所ASAI 代表 身近なよろず相談。 お客様の利益最優先で、独立FPの視点での相談をモットーに活動。 ライフプラン、リタイアメントプランニング、資産運用、保険、税金、相続、金融商品、社会保険、住宅ローン、その他の悩みを一緒に考え解決、セカンドオピニオンでも利用してください。 ご希望にお答えします。 京都大学卒、ビール会社の工場・本社勤務後、独立系事務所設立「FP事務所ASAI」代表。 講演経験、投資経験も豊富:「豊の国 かぼす特命大使」大分県知事任命、「一般社団法人大阪あそ歩委員会」ガイド。

次の