これは経費で落ちません 衣装。 これは経費で落ちません ドラマ動画!2話も見逃しフル視聴する方法

これは経費で落ちません!

これは経費で落ちません 衣装

タグ 10の秘密 森崎ウィン 本田翼 来世ではちゃんとします 松下幸之助 松下由樹 松坂大輔 桜井ユキ 森ひかる 森山未來 森川葵 木下隆行 武井咲 武勇伝 水川あさみ 沢村一樹 波瑠 浅丘ルリ子 浮気 清水富美加 渋谷すばる 木村拓哉 曙 渡辺満里奈 恋はつづくよ 山本恵美 岡田結実 岸英明 工藤静香 市川実和子 広末涼子 徳永えり 志保 悠仁様 星野源 悪魔の弁護人〜贖罪の奏鳴曲〜 新垣結衣 新宿スワン 新田真剣佑 新納慎也 日菜あこ 日馬富士・相撲協会 旦那 早見あかり 渋谷慶一郎 渡部篤郎 小泉進次郎まとめ 遠藤憲一 菅田将暉 菜々緒 落合モトキ 藤木直人 藤木直人 藤田紀子 豊原功補 貴乃花親方 野際陽子 芦田愛菜 鈴木一真 鈴木京香 鈴木保奈美 鈴木福 阿部寛 高橋一生 高橋一生 高橋克典 麒麟がくる 芸能・エンタメ 織田裕二 激やせ 相原勇 濱津隆之 田中みな実 田中哲司 田中圭 由美かおる 畠山愛理 病室で念仏を唱えないでください 病院の治しかた 知らなくていいコト 綾野剛 石原さとみ 石坂浩二 石橋杏奈 石破茂 秋山莉奈 竹内結子 笑福亭鶴瓶 絶メシロード 絶対零度2020 山口智子 小泉孝太郎 AYAトレーナー ブルゾンちえみ ナスD ナスディレクター ハケンの品格 2020 ハムラアキラ バイオリン バカリズム バカリズム ビートたけし ヤンキー トップナイフ リカ リゼロ ロペス 三浦大知 上戸彩 上沼恵美子 上白石萌歌 上白石萌音 中山美穂 ドラマ テセウスの船 中村蒼 みちょぱ 池田美優 cocomi G線上のあなたと私 koki M 愛すべき人がいて OnePixcel Re:ゼロから始める異世界生活 いとうあさこ すっぴん やめるときも チート CHEAT アキラ100% アニメ アリバイ崩し承ります イモトアヤコ ガンバレルーヤ よしこ・まひる キンタロー シシドカフカ シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 ダイエット 中川翔子 中西ハンナ 小泉今日子 嫁 和田聰宏 国仲涼子 土村芳 塚本高史 夏菜 夏菜 大沢あかね 姉妹 宇野祥平 吉田鋼太郎 安室奈美恵 安斉かれん 安達祐実 宮迫博之 富田望生 寺島進 寺脇康文 小室圭 小池百合子まとめ 向井理 吉沢亮 久保田紗友 僕はどこから 今村彩夏 仮面ライダー 仲間由紀恵 仲間由紀恵 伝説のお母さん 佐藤健 佳子様 偉人 傳彩夏 八村塁 古舘寛治 内田朝陽 前田公輝 勝村政信 北村一輝 千原せいじ 千鳥 ノブ・大悟 南明奈 及川光博 反町隆史 10の秘密 目次• どういうわけか森若は取材対象になってしまうようですが、真面目一徹な森若なのでそれがうまくいかないだろうということはなんとなく分かります。 仕事は完ぺきにこなしている森若ですが、取材とかそういうものは上手くしゃべれずぎくしゃくしてしまいそうです。 1話の最後では太陽が森若を食事に誘っていましたが、こういうときこそ彼の出番じゃないかと思います。 太陽は森若を好意的に見ている感じですし、まずは友達からの関係ということで 仲良くなってこういうときどうすればいいかなどアドバイスをしあったら良いのではないでしょうか。 予告では森若が食事をOKしていましたし、次回は森若の変化が見られそうです。 30代 女性 : これは経費で落ちませんの動画 2話の予想は、主人公の森若さんが勤める会社の経理部に提出される領収書や請求書がメインのお話になりそうです。 中には、きちんとした経費となりうるものもあるはずだとはわかっていますが、人によってさまざまな事情やウラストーリーがありそうです。 森若さんの性格や生活環境も描かれるかと思います。 経理部の面々とのやりとりや、営業部との新たなバトルも繰り広げられそうです。 タイトルにもあるように経費でおちませんというのが決めゼリフなのでしょうか。 会社が経費をどう考えているのか、経費とはどういうものなのかがストーリー展開されると予想します。 これは経費で落ちません ドラマ動画!2話の見所はどこ? 20代 女性 : これは経費で落ちませんの動画 2話の見所は、若い世代は何かとこれだからゆとりはとバカにされることが多いが、 中堅やベテラン世代の人たちも古い時代に作られた常識を当たり前だと思い込み、非効率なことを行なっていることが多いと思う。 今までのやり方が全てではないこと、新しいものを取り入れることの大切さなどを伝えてくれる話の展開になってくれることを期待している。 何かおかしいと思っても、今まではこうだった。 前例がない。 そういうことだと思うしかない。 と思い込んでしまったり、周りが暗黙の了解でそのような雰囲気になってしまったりするので、 その悪しき文化を少しでも変えられるきっかけになって欲しい。 30代 女性 : これは経費で落ちませんの動画 2話の見所は、取材を受けた森若がどんな反応を見せるかということです。 経理の仕事に関しては完ぺきな森若ですが、悪く言えば堅物な森若なので自分から取材で何かを話すとなると上手くいかなそうなきがします。 1話ではそんな失態を見せなかった森若なので2話ではうろたえたりカチンコチンになって上手く話せなくなる森若が見られるかもしれないと楽しみにしています。 他に期待しているのは森若と太陽の関係です。 1話で太陽は森若を好印象に思えたようですし、2話では森若が意を決して彼の食事をOKするようでした。 恋愛には奥手な森若がどんな行動に出るのか、どんな風に変わっていくのか楽しみにしています。 40代 女性 : これは経費で落ちませんの動画 2話の見所は、経費削減への取り組みではないかと思います。 高額の衣装代をどう安くあげるかに注目して観たい。 女性ならではのセンスで解決してゆくと思いますけど、森若さんがモデルになれば安くできるのではないかとも思います。 また楽しみにしていることは、高額の衣装代が経費で落ちるか否かという点だけでなく、森若さんと皆瀬さんの衣装対決が楽しみです。 加えて、経理のワンポイントアドバイスなんていうコーナーがあれば、経理に興味を持つ人にとって有益な情報になると思います。 早く、「経費で落ちません!」とキッパリ言っているところが観たいです。 営業は自分たちが会社の利益を生み出しているのだから、他の部署に少し融通を効かせて欲しいと思っている。 経理は決められた仕事を決められた時間までに行わなければいけないので、定時を1分でも過ぎたら入金などの処理はしたくない。 どこの会社でも、営業と経理に溝があるのだと思った。 領収書を受領して経費として処理するのが経理の仕事だが、これは本当に経費なのか?と真実を探りたい気持ちと、 それを探るのは経理の仕事の範疇ではないという葛藤もおもしろかった。 確かに本当に経費なのか気になるが、そこまで調べて判断することは経理の一社員がすることではないと思った。 30代 女性 : これは経費で落ちませんの動画 2話までの感想は、見た目も中身も真面目な森若の姿を見ていて面白かったです。 真面目なんだけどユーモアたっぷりな感じで、真面目過ぎるゆえのユーモアさなども感じられるドラマでした。 「これは経費で落ちません」を口癖にしていて一見融通の利かない女性のように思えて、 実は周りのことをよく見ていてかばってあげたり思いやりのある一面も持っています。 太陽は見た目今どきの青年でチャラチャラしているように見えて、 仕事相手の子供の面倒を見てあげたりと結構いいやつだなと最後の方でずいぶん印象が変わっていました。 なんとなく森若と似ている部分も多いので、意外と息が合うのかもしれません。 40代 女性 : これは経費で落ちませんの動画 2話までの感想は、簿記の勉強を始めていたところ、このドラマを知りました。 会社の経費として、交際費や交通費などが、どれなら経費として落ちるのか、毎回ドキドキしながらみています。 今回は、営業部の接待が交際費として落ちるのかどうかでしたが、ちゃんと落ちて良かったです。 お金が絡むドラマなので、単調かなと思っていたけど経理部の部長などのんびりとしたキャラクターで、ほっこりするドラマだと思います。 特に印象に残っているシーンは、経理部の森若さんが、 「交際費で落ちます!」と部長や営業部の山田くんの前で宣言するところです。 なんだか胸がすっきりしました。 契約社員・室田千晶が季節の飾りつけを施していて、居心地のいい空間だ。 皆瀬織子が高い差し入ればかり勧めるので、驚く沙名子。 しかしインタビューの方は散々だった。 沙名子は緊張しているし、質問されても面白い受け答えができない。 ついでにと「経費精算書」を渡された沙名子。 報告を受け、真夕に高級なお菓子を見せられて、新発田経理部長と田倉勇太郎は広報・皆瀬織子の経費の乱用を疑う。 広告塔である織子は会社が安く見られないように装う必要はあるわけだが…。 行き過ぎがないか、チェックする役目を沙名子が指示されてしまう。 仕方なく広報にCMの記録を借りに行く沙名子。 勘のいい織子には経理のチェックだと見破られてしまうのだった。 真夕とCMをチェックしていくが、確かに購入品の衣装は使用している様子、織子にウソはないようだ。 ロッカールームに広報課・室田千晶からの高級な差し入れがあり、ほおが緩む沙名子。 そこに、鏡美月が求人誌のゲラを見せに来る。 驚く沙名子は皆瀬織子に抗議しに行く。 『鏡さんはOKって言った』などと、とぼける織子。 差し替えを要求する沙名子。 『対外的にも写真と名前があった方がいい』との織子の主張にも、決して屈しない構えだ。 自分勝手と言い出す織子、約束を守るように主張する沙名子。 何とか『わかったわよ!』との返事を獲得するが、怒りが収まらない。 ・ ・ ・ 皆瀬織子と太陽が争っているのを聞きつける沙名子。 『言ってなかったっけ?』『聞いていません』のお決まりの会話だ。 織子の独断で、チラシに割引券が入っていたらしい。 織子の肩を持つ上司に頭ごなしに怒られるも、決してめげない太陽。 『あなたは決める立場にありませんから!』との攻撃に目をむく織子。 これを聞いて、少し太陽に好感を持つ沙名子だった。 撮影会を偵察! 広報部の経費乱用疑惑を聞いて、新発田部長は、田倉に撮影所の偵察を命じ、結局真夕と沙名子も付き合うことになる。 3人の前に、目を見張る光景が広がっている。 イタリア仕込みの生ハムが現場でサーブされる、ビュッフェ形式の豪華な差し入れが展開していた。 田倉は織子を問い詰めるも、『たかが差し入れ、されど差し入れ』などと言いくるめられてしまう。 沙名子は問題の「40万円のカメラ」に注目、広報社員・ノセが『なんで買ったのか』とぼやいているのを聞き逃さなかった。 制作会社や業者が持ってくるべき機材をなぜ購入したのか、疑念がわく。 3人はつい生ハムを食して、報告に撤収する。 新発田部長は、高額の稟議を通した吉村営業部長に責任があると主張。 やって来た吉村に『皆瀬織子があげたらなんでも承認するのですか?』とくってかかる。 成果を主張しつつも『ガツンと言っときます』と去っていく吉村。 吉村部長がノセに確認すると、やはりカメラの購入は必要ないとの返事。 2人でもめるも、実際に皆瀬織子を前にすると、圧に負けて弾劾できない男たちだった。 膨らむ織子への疑惑 終業時間。 経理で確認し、千晶を直撃。 差し入れもショールームの展示も『好きでやっている』と言い張り、経費を申請する気のない千晶。 自費での仕事に驚く沙名子。 査定の心配をする千晶に、沙名子は「消耗品費」を請求するように強く言うのだった。 美月にイタリアンレストランでの社員の女子会に拉致されてしまう沙名子。 メニューの生ハムで、顔を見合わせる真夕と沙名子だ。 太陽のことでもめていた中島希梨香が『公務員と付き合っている』と告白し、話題は彼氏やマッチングアプリの話になる。 イロイロ質問されるのを警戒する沙名子。 そのうち織子の夫が10歳年下のイケメンだという話になる。 SNSの写真を見て、ビックリする沙名子。 映画監督・皆瀬知也は、何と沙名子のよく知るビデオショップの店員だった。 しかも、会社の高級な「差し入れ」が、夫に回されている様子なのだ! ・ ・ ・ 『兎は追うな』と思いつつ、SNS情報で皆瀬知也の撮影現場をのぞきに行く沙名子。 社用のテーブルセットや、40万円のカメラも使用されている様子に驚く。 織子は、悪びれず会社から借りていると明言。 『高額なカメラは、経理部に保管を把握する義務がある』と主張する沙名子だ。 ふてくされる織子だが、夫・知也がやって来て、沙名子とビデオショップで顔見知りと聞き驚く。 沙名子があえて知也に密告しないので、面食らう織子だった。 経理部の決断は「グレー」、沙名子は動画に?! 週明けに沙名子の報告を聞き、動揺する経理部。 『旦那のために買った』とすれば悪質だが、実際稟議は通っているし、会社でも使っている機材なので判断が難しい。 『グレーか』というのが、新発田部長の結論だ。 今後も積極的にチェックしていかなくてはならないが、それには人手が足りない。 部長は経理部員の中途募集を発表する。 HPの動画でPRすることを求められ…拒否する沙名子と田倉、興味があるもスルーされる真夕。 結局ジャンケンで負けた沙名子が出演することになる。 ・ ・ ・ 千晶の相談に乗る沙名子。 経費申請について、正社員を狙っているので目立ちたくないから自費がいいと言い張る千晶だ。 沙名子は経費を申請する方が会社のメリットになることを指摘する。 販売促進の効果を証明し、次につなげていくために大事なことなのだ。 千晶は契約社員の厳しい立場を主張。 沙名子は千明の嘆きを聞きつつも、行き過ぎた自腹をやめるように伝えるのだった。 ・ ・ ・ 動画撮影の日。 美月のアドバイスで口角をあげて話す沙名子だが、ひきつっているイメージだけでちっとも冴えない。 ひょっこり見に来た太陽は、むしろ感心しているのだった。 ・経費をチェックして疎まれるのも仕事 ・広報のように人に好かれる仕事は私には無理 ・予算を効果的なものに使ってほしい! そんな話を黙々と語る沙名子。 夢のある話を求められた沙名子の答えは『数字がピタリとしまった瞬間』だった。 『やっぱり森若は、森若だ』と苦笑する新島総務部長だった。 落とす女・落とせない女解決、イーブンな女にはデートが?! 経理部では噴き出している社員が3人。 募集動画としては成功だろうか。 そこに千晶が領収書の精算をしにやってくる。 リニューアルプランに無事経費がついたのだ。 他にCM会社からの見積り書もあった。 高額カメラのモトを取る努力を織子もしているのだ。 皆瀬織子の撮影会では、適量の差し入れ品が用意されて、使用カメラはちゃんと自社製品だ。 一方夫・皆瀬知也も映画撮影は、ちゃんと自身のビデオカメラを使っていた。 ・ ・ ・ 退社する沙名子を待っていた太陽。 自分を知ってもらうためにどうしても一緒に食事したいというのだ。 逃げようとすると、自分のプロフィールを大声で叫び出す太陽。 『平成2年8月28日生まれ28歳…血液型はO型、特技はバク転です!』 しかもインタビューに対する誉め言葉を大声で続けるので、たまりかねた沙名子は、金曜の夕食をOKしてしまう。 OKに踊りあがって喜ぶ太陽。 うっかり承知してしまった自分に驚く沙名子だった…。 一見すると皆瀬織子が悪人で弾劾されるべき、室田千晶は可愛そうな立場だから保護するべき、というふうにも思えます。 見かけだけで一刀両断はせず、グレーゾーンも許し、また経費を使わないことが必ずしも会社のためにならないことまで話してくれました。 イーブン、もとい公正を愛する気持ちを目の当たりにして、沙名子に関心を持ったのが太陽というわけですね。 沙名子も織子に物おじしない太陽の姿勢に好感を持ったようですし、2人の年齢は沙名子が1歳上というだけですから、正直いい関係に思えます。 次回の居酒屋デート(?)のシーンが楽しみです! これは経費で落ちません ドラマ動画!2話のあらすじを最後に ドラマ『これは経費で落ちません』2話のあらすじを簡単に紹介します~! 森若さん(多部未華子)は、広報課の皆瀬織子(片瀬那奈)から求人誌の取材対象になってほしいと頼まれる。 仮名で写真なしを条件に引き受ける森若さんだが、実際の取材では堅苦しい受け答えしかできず、その場を凍らせてしまう。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

次の

これは経費で落ちません! ドラマの感想(多部未華子)

これは経費で落ちません 衣装

ヴィジュアル系ロックバンド「0. 1gの誤算」とは? NHKドラマ10 これは経費で落ちません! に出演させて頂いた0. 1gの誤算です😆 沢山あるバンドの中から誤算を選んで頂きありがとうございました!! 撮影時の伊藤沙莉さんとの写真です😆 — 0. 地道なライブ活動と口コミがファンを着実に増大し、2018年には全国ツアーも開催されました。 1gの誤算」はヴィジュアル系ロック界では人気のバンドですが、世間一般の認知度と言えばかなり低い方。 しかし「月曜から夜更かし」 日本テレビ系 の街頭インタビューに登場したことから、一般層の注目度も高まったようです。 「月曜から夜更かし」 日本テレビ系 4月の放送回で、番組恒例の「個人的ニュース」にバンドメンバーが登場。 「タピオカが流行りすぎていること」と、その見た目とは裏腹なトークを繰り広げ注目を浴びます。 その後、「有吉ジャポン」 TBS系 でも0. 1gの誤算の特集が組まれるなど、世間への認知度はどんどんと高まりました。 「これは経費で落ちません!」の役どころ 主人公の森若沙名子 多部未華子 は経理部の後輩である佐々木真夕 伊藤沙莉 はヴィジュアルバンド「CAROLINE 0. 1gの誤算 」の大ファンです。 バンドメンバーであるアレッサンドロの等身大パネルをオークションで6万円で落札する熱の入れ様に心配する沙名子。 しかし、真夕は「推しにかけるお金は生命維持費ですから。 」とニコニコして答えます。 ひさしぶりにCAROLINEのライブがあるとはしゃいでした真夕でしたが、ライブ当日に入社以来ずっと助けられてきた同僚の仕事を手伝うためライブに行くことをあきらめ、仕事に没頭します。 仕事が終わりライブ会場に駆けつけるも、すでにライブは終わりメンバーが車に乗るところでした。 ライブに行けなかった真夕は帰りにコンビ二でコーヒーを買いますが、見知らぬ人とぶつかりコーヒーを全てこぼしてしまいます。 ついていない自分に悲しくなった真夕、なんとそこへCAROLINEのバンドメンバーが車から降りてきたのです。 そして、真夕が大好きなアレッサンドロが「大丈夫?いちごちゃん」と声をかけ、コーヒーがついたワンピースをティッシュで拭いてくれます。 最後に「泣かないで」といってバグ。 まるで昭和の少女漫画のような展開でした。 アレッサンドロの不慣れなセリフの言い回しが可愛かったです。 ネットでは「おいおい、出てるよ」「これは神回」「リアルだなーと思ったら本物だった」などの声があがっていました。

次の

これは経費で落ちません!

これは経費で落ちません 衣装

(1) 「経理部の森若さんの巻」 天天コーポレーションの経理部では森若沙名子(多部未華子)が佐々木真夕(伊藤沙莉)や田倉勇太郎(平山浩行)、新発田部長(吹越満)とともに経費審査の日々。 ある日、パラダイスカフェという事業のチーフ山田太陽(重岡大毅)が森若さんのもとにたこ焼き代の領収書の精算に来る。 打ち合わせ相手はパラカフェの内装を委託しているデザイナー曽根崎ミレイ(藤原紀香)。 疑問をもつ森若さんの元に今度はUSAランドの領収書が…。 48分 (2) 「落とす女、落とせない女の巻」 せっけんメーカーの経理女子・森若さん(多部未華子)は、広報課の皆瀬織子(片瀬那奈)から求人誌の取材対象になってほしいと頼まれる。 写真無しを条件に引き受ける森若だが、取材では堅苦しい受け答えしかできず、その場を凍らせてしまう。 一方、織子は社の広告塔であることをいいことに取材時の衣装を経費で落とし、その価格が高いうえに差し入れの経費も際限がない。 これに田倉勇太郎(平山浩行)たち経理部が立ち上がるが…。 48分 (3) 「逃げる男の巻」 営業部の中島希梨香(松井愛莉)は、山崎(桐山漣)のもとでお荷物社員の馬垣(岡崎体育)と一緒に新商品のパッケージデザインを担当していた。 馬垣からデザイン会社の請求書を受け取る佐々木真夕(伊藤沙莉)。 後日森若さん(多部未華子)も馬垣から同額の請求書を頼まれる。 数日後、システムと請求書の振り込み合計額の照合チェックをした真夕は、100万以上金額が合わないことを発見。 経理部全員で原因究明に乗り出すが…。 48分 (4) 「女の明日とコーヒー戦争の巻」 コーヒーメーカーのコーヒーを皆にいれて回る横山窓花(伊藤麻実子)に対して、コーヒーサーバーをリースする稟(りん)議書を出そうとする平松由香利(平岩紙)。 この総務部女子の争いに森若さん(多部未華子)も巻き込まれ、由香利は自身が通う生き方セミナーに森若さんを誘う。 講師の三並愛美(須藤理沙)は各人の輝く可能性に投資することを聴講者に説くが、一方で三並が由香利の稟議書のリース先の社長であることがわかり…。 48分 (5) 「流された男の巻」 経理部の田倉勇太郎(平山浩行)と高校で同級生だった静岡工場の熊井(山中崇)が、今も仲がいいのを知る森若さん(多部未華子)。 しかし熊井の過去データを調べたところ、社員が一時的にお金を持つ仮払金の申請を、精算を後回しにしながら自転車操業で続けていたのを発見。 しかも製造部担当の勇太郎が熊井のパスワードで代理処理していたことがわかる。 他にも怪しい経理案件がないか調べると、リース会社との契約の更新があった。 48分 (6) 「うさぎとタイガーの巻」 経理部に帰国子女の新人・麻吹美華(江口のりこ)が入ってくる。 しかし美華は完璧な正義を目指しちょっとしたつじつま合わせにも目くじらを立て、森若さん(多部未華子)もへきえきし互いの持論を戦わせる。 そんな折、経理部の言うことを聞かない秘書の有本マリナ(ベッキー)が、地方の旅館に商品を売った代金を経理部に持ってくる。 秘書が扱う経費は、社長案件のため特別枠という名目で経理部でもアンタッチャブルとされていた。 48分 (7) 「石けんの秘密とキスの巻」 会社の功労者を表彰する授賞式を前に、せっけん作りのレジェンドと呼ばれる仙台工場の留田(でんでん)が経理部に領収書を持ってくる。 留田は藤見アイ(森田望智)という正社員になりたての女子とくっついてパンケーキの店に夢中で、森若さん(多部未華子)から見るとレジェンド感が薄い。 そんなころ、留田が責任者として作っている新発売のせっけんの質が落ちているという口コミが入り、麻吹美華(江口のりこ)が調べ始めると…。 48分 (8) 「嘘つきとノベルティの巻」 森若さん(多部未華子)は山田太陽(重岡大毅)が樹菜(筧美和子)というかわいい女性と抱き合っているのを目撃して悩む。 社内では希梨香(松井愛莉)がノベルティーグッズとなるバッグのサンプルを作り、真夕(伊藤沙莉)たち経理女子に配布する。 一方、営業部では天天ガールズという新しい広告塔のオーディションを催し、そこに樹菜も登場。 そんな中、社長の息子・円城格馬専務(橋本淳)が海外から戻り、波乱が巻き起こる!? 48分 (9) 「水曜日の領収書の巻」 森若さん(多部未華子)は誕生日に山田太陽(重岡大毅)と花火大会に行くが、雨に降られスマホがぬれて壊れてしまうわ、かぜで熱が出てしまうわで最悪の状態に。 翌朝、太陽が森若さんの弟のふりをして会社に休暇願いの電話を入れるが、一方で広報の織子(片瀬那奈)のもとに、公表前の売り上げデータが情報漏えいしたことがわかる電話が入る。 調べたところ、漏えい時のアクセス履歴になんと森若さんのパスワードが使われていて…。 48分 (10) 「どうしますか、森若さんの巻」(最終回) 秘書の有本マリナ(ベッキー)が副業で働くクラブで、部長たちが円城格馬専務(橋本淳)に反旗を翻してひそかにライバル会社・サンライフコスメの役員と買収交渉を進めていた。 そんな中、森若さん(多部未華子)たち経理女子は、マリナとライバル企業の役員が古くから知り合いだったことが気になり、マリナの経理履歴から過去をたどる。 一方、山田太陽(重岡大毅)は室田千晶(真魚)が情報漏えい事件の晩に会社にいたことを知る。 48分 --.

次の