アボカド サーモン。 サーモンとアボカドのタルタル

【みんなが作ってる】 サーモン アボカドのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

アボカド サーモン

アボカドサーモンサラダのダッチベイビーのレシピ カテゴリ ダッチベイビー 準備時間 5分 調理時間 20分 合計時間 25分 ダッチベイビーのアレンジです。 アボカドとスモークサーモンのサラダっぽいダッチベイビーです。 材料 (1人分)• 薄力粉 35g• 牛乳 50cc• 卵 1個• 塩 一つまみ• バター 適量• ベビーリーフ 適量• アボカド 2分の1個• マヨネーズ 適量 今回はマヨネーズを使用していますが、ドレッシングなどでもOKです。 作り方 1. 生地を作る ボウルに卵・牛乳・塩を入れて泡だて器でよく混ぜます 薄力粉をふるい入れ、だまが無くなるようによく混ぜ合わせます 3. スキレットを温める スキレットをコンロの火にかけて温めます バターを入れて溶かし、スキレットの前面にバターが回るように伸ばします 4. オーブンで焼いている途中に気になるとは思いますが絶対に扉を開けないでください! しぼみます! トッピング用の具材の準備 アボカドをスライスします スモークサーモンを縦半分に切ります この時アボカドにレモン汁を少々振りかけておくと変色防止になります。 盛り付けをする ダッチベイビーの粗熱がとれたら薄切りにしたアボカド、スモークサーモン、ベビーリーフを乗せ、お好みでマヨネーズやドレッシングをかけたら完成です アボカドサーモンサラダのダッチベイビーが完成 食べた感想 フワフワサクサクの生地にサーモンの塩気が間違いない組み合わせのダッチベイビーです。 そしてスモークサーモンとアボカドは女子の大好きな組み合わせですね。 あたくしは大好きです。 スモークサーモンの塩気がしっかりしているのでマヨネーズはそんなにたっぷりとかけなくても大丈夫です。 アボカドのねっとりとした食感にダッチベイビーの底の方のモチモチとした食感が組み合わさって口当たりも良いし美味しい。 アボカドとベビーリーフのグリーンにサーモンのオレンジが色彩的にも良いアクセントになってちょっと豪華な感じがします。 余ったサーモンをくるくるッと巻いてバラの花っぽくして飾ってみました。 なんだか華やかになっていいですね。 見た目にもちょっとリッチなダッチベイビーなので休日のモーニングやブランチに最適なメニューです。 作ってみての感想 ダッチベイビーは焼きたて熱々が美味しいのですが、これはあまり熱々すぎるとベビーリーフに火が通ってしにゃってなっちゃいます。 冷たく冷めすぎない程度に粗熱を取ってからベビーリーフを乗せるのがおすすめです。 ベビーリーフがしにゃってなると見た目も元気なさそうでおいしそうに見えないし、肝心の味も落ちちゃいます。 やっぱり葉物野菜はシャキッと元気そうなのが一番ですね。 また、スモークサーモンにも中途半端に熱が入ってしまい加熱したお魚特有のパサつきが出てしまいます。 スモークサーモンはやっぱりレアな感じのねっとりとした口当たりが美味しいので、熱が入らないようにしたいところです。 粗熱が取れるくらいの多少冷めたくらいではフワフワモチモチ食感は無くなりませんでした。 ので、安心して粗熱を取ってから元気なベビーリーフとねっとりレアなスモークサーモンで美味しく食べて下さい。 あと、今回あたくしはするのを忘れていたのですが、アボカドの変色防止にレモン汁を少々振りかけておくといいと思います。 今回忘れていたせいでちょっと黒く変色しかけちゃいました。 少々くらいならそんなに気になるほどの酸味でもないし、ダッチベイビーにトッピングする具材もスモークサーモンやベビーリーフなのでレモンの風味とも相性のいい素材だと思います。 今回はマヨネーズを使ったのですが、マヨネーズの代わりにお好みのドレッシングをかけても美味しそう。 クリーミー系のドレッシングやバジルを使ったハーブ系のドレッシングなら会うんじゃないかと思います。 また、スモークサーモンが結構塩気が効いているのでブラックペッパーにオリーブオイルというシンプルな味付けでお美味しいかもしれません。 その時のお家にあるお好みのドレッシングなどでいろいろ試して楽しんでみてください。 ダッチベイビーって何? ダッチベイビーというのは、オーブンで焼き上げたドイツ風のパンケーキのことです。 生地は端っこはサクサク、側面はふわふわとしていて、シュークリームの皮に近い感じかな。 底の部分はモチモチとしたクレープ生地のような食感が楽しい、1度で3つの新食感が楽しめる不思議なパンケーキです。 詳しくはに書いているのでそちらをご覧ください。 よくある失敗と対策なども併せて書いています。 これからいろいろ作っていく予定です。 作ったものはまた追記していきます。

次の

サーモンとアボカドの人気レシピ!サラダやカルパッチョはおつまみにも

アボカド サーモン

1 g — タンパク質 12. 2 g 体重 x 1. 5 g 脂質 20. 9 g — 食物繊維 1. 3 g 20 g 以上 カリウム 380 mg 3500 mg 以上 カルシウム 11 mg 650 mg 以上 マグネシウム 26 mg 350 mg 以上 鉄分 0. 4 mg 7. 5 mg 以上 亜鉛 0. 4 mg 10 mg 以上 《手順》 玉ねぎをカットする 玉ねぎをみじん切りにし、水にさらす。 10分程置いて、水を切る。 フリーザーバッグに投入 サーモンの両面に塩を振り、10分程置く。 ペーパーで水気を押さえてフリーザーバッグに入れ、空気を抜いて密封する。 タルタルを作る ボウルに<A>の材料をすべて合わせ、水気を切った玉ねぎみじんを入れる。 アボカドは種に沿って包丁を一周入れ、手で上下を回して半分に分ける。 くり抜いた皮は器に使うため置いておく。 種のついていない方の身をくり抜き、角切りにカットしてボウルに加える。 BONIQに投入 BONIQが設定温度に達したらフリーザーバッグを湯せんに入れ、低温調理をする。 サーモンを加える BONIQの設定時間終了タイマーが鳴ったらフリーザーバッグを取り出す。 あら熱が取れたらサーモンの皮を取り、身をほぐしながら骨を取り除く。 仕上げ アボカドカップやクラッカーにタルタルを盛り付け、粗挽きこしょうを挽いて出来上がり。 《作る際のポイント》 アボカドを購入する時に、皮が柔らかい物を選びましょう。 サーモンや鮭にはアニサキスという寄生虫が付着している可能性があるため、冷凍されているサーモンを使うか、あるいは家庭用冷凍庫で48時間以上冷凍した魚を使用しましょう。 ) 《作った感想》 サーモンとアボカドと言えば女性が大好きな組み合わせですね。 スモークサーモンや刺身用のサーモンももちろん美味しいですが、加熱用のサーモンや鮭をいただいたり、サーモンムニエルに飽きたらぜひ試していただきたい一品です。 サーモンの余分な脂は落ちているのに、柔らかくてほろっほろ。 サーモンの身をあえて大きめにほぐし、ぜひそのほろほろ感を味わってくださいね。 濃厚な味で、ホースラディッシュとしょうゆが入ることで、ご飯にもよく合います。 BONIQ管理栄養士による栄養アドバイス タルタルに使用したアボカドは、「森のバター」とも呼ばれるほど栄養価が高い果物です。 アボカドにはタンパク質や脂質・糖質の代謝にかかわる栄養素であるビタミンB群や、葉酸、ビタミンEなど、優れた栄養がぎっしり詰まっています。 葉酸は、赤血球の生産のために必要な栄養素でもあり、胎児の神経管を調えるためにも必要な重要な栄養素です。 妊活中や妊娠初期の女性は積極的に摂取する必要があります。 ビタミンEは抗酸化作用を持つビタミンとして有名です。 体内の細胞を傷つける「活性酸素」を無害化する役目があるのですが、同じくアボカドに含まれる「グルタチオン」と、サーモンの赤い色素成分「アスタキサンチン」も強い抗酸化作用を持つ栄養素です。 サーモンとアボカドのタルタルは美容と健康に気をつかう方にぴったりの一品ですね。 質問・疑問・要望・作った感想をコメントいただけたら嬉しいです^^ 【注意】 低温調理では高温による殺菌ができないため、食の安全に留意する必要があります。 レシピ記載の温度・時間設定をご参考いただき、例として大きく温度設定を変更するなどはされないようご注意ください。 なお、レシピ記載の設定をお守りいただいた上であっても、食材や調理環境などによっても安全面のリスクが異なるため、最終的には自己責任となりますことご了承ください。 取扱説明書や低温調理ガイドブック、各種の低温調理における情報などをご覧いただいた上で、安全に配慮した調理をお願いいたします。 詳細はこちらのを参照下さいませ。 また食中毒に関して、下記のサイトもご一読ください。

次の

サーモンとアボカドの人気レシピ!サラダやカルパッチョはおつまみにも

アボカド サーモン

特徴 [ ] が原産である。 低温に弱く、主に、で生育する。 野生のものは樹高が30メートルほどになる。 の栽培では法をとり、整枝もするのでそこまでは高くはならないが、それでも10メートルほどの高さになる場合もある。 樹形は品種によって異なるが、の寿命は短く1年ほどで、新梢伸長期には大量落葉する。 濃い緑色の果実をつける。 5月頃にが咲き、果実の収穫は翌11月から12月頃以降。 産の植物でもっとも近縁なものはの。 クスノキ科の植物の葉を食べるやその仲間の種の食草である。 アボカドがいつ頃から食物としてヒトに利用されてきたのかは定かではないが、西暦頃のものと見られるアボカドの実をかたどったが、の遺跡から出土している。 栽培については、で果樹として数百年以上に亘って栽培され続けており、遅くとも13世紀から15世紀頃までには栽培が行われたとされている。 少なくともでは、既に(南北両方)の熱帯地方のあちらこちらで栽培が行われていた。 果実の成熟に10か月から15か月要し、また、実にたくさんの栄養分が必要であり、アボカドの枝は隔年で実を付けるようになる。 多くの品種があるが、木全体で隔年結実する種と、枝ごとに隔年結実する種がある。 枝ごとに隔年結実する種では、木全体としては毎年実をつける。 アボカドの種子は果実としては比較的大きいが、これはアメリカ大陸で既に絶滅した巨大動物に合わせてしたものだと考えられている。 良質なに富み「森のバター」と称される。 名称 [ ] 、メキシコならびに中米のでは「アグアカテ」 aguacate もしくは「アワカテ」 ahuacate 、のスペイン語圏では「パルタ」 palta 、では「アバカテ」 abacate と呼ばれる。 日本語名のもとになった英語名 avocado は、スペイン語で「アボカド」を意味する「 aguacate」と、「」を意味する「 avocado」(現代の綴りでは abogado )との混同で生じた形といわれる。 なお、現代スペイン語では「abogado」に「アボカド」の意味はないが、では「アボカド」と「弁護士」はスペルが同じ単語となっている avocat。 日本語においては、英語名「 avocado」の綴りに従い、「アボ カド」の表記が正しいが、誤って「アボ ガド」と表記される場合もある。 昭和40年代まで [ ]は、果実の表皮がの肌に似ていることに由来する言い回し「 alligator pear」を直訳して、「ワニナシ」とも呼んでいた。 食用 [ ] アボカドの果実は、、、、、()の具材として用いられることが多い。 はアボカドの生産量・消費量ともに世界一であり、にしたアボカドに、、香味野菜、、 を加えた「」(ワカモーレ)は一般的なディップで、のチップスで掬って食べたり、各種の料理のソースにしたり、様々な料理にも加えられる。 日本では、を食べる時と同じ要領で、と醤油に浸して食べたり、巻寿司にしたり、マヨネーズに付けて食べることもある。 和風ドレッシングのサラダにも合う。 日本で売られているアボカドのほとんどはメキシコ産ハス種であり、一年中出回っているものの美味しい時期は3月から9月である 産、産、産のアボカドも日本で出回るようになったが、メキシコとは季節が逆のであり、旬の時期は10月から1月になる。 ニュージーランドではサラダにすることが多く、の代わりにに塗ったり、アイスクリームにしたりもする。 と合わせて食べる場合もある。 カリフォルニア産のアボカドも輸入されることがある。 アボカドはが豊富であり、「アボカドオイル」の材料にもなる。 このオイルは食用だけでなく、石鹸の材料にもなり、ではアボカドで作った石鹸も多い。 アボカドの実は樹上では軟らかくはならず、収穫後にさせることで軟化して食べ頃となる。 日本の店頭で販売されているアボカドは完熟していないものが多いが、常温で放置することで食べやすくなる。 熟すと果皮の色がより黒っぽくなるが、熟しても緑色のままの品種もある。 表皮を軽く押してわずかに柔らかさを感じるほどに軟化すれば食べ頃の目安となる。 なお、17で追熟させると黒くなる前に軟化する。 食べごろに変色した時の色が付いたシールが貼られているものもあり、シールと同じ色になれば食べ頃だと判断できる。 果肉はきれいな薄緑色であるが、空気に触れていると茶色に変色する。 のような酸をかけることで、変色を抑えられる。 品種 [ ] アボカドには3系統1000品種以上があるといわれる。 日本のやで売られているものは、皮がゴツゴツしており、熟すと黒くなるハス種である。 ハス種は皮が厚く、長距離輸送や栽培が容易で多産であり、熟すと黒くなることから、消費者に食べ頃がわかりやすい利点で他の品種を席巻して栽培・販売されるようになった。 ハス種はメキシコで多く栽培されているが、系統的にはメキシコではなくである。 ハス種は生産量では他の品種を圧倒しているが、皮が厚くゴツゴツして熟すと黒くなるその性格は、1000種以上あるアボカドの中ではむしろ少数派である。 寒さに弱いアボカドの中でも比較的寒さに弱いハス種は日本での栽培には向かず、ベーコン種やフェルテ種が向き、ほんの少量ではあるが、高知、和歌山、南九州でも生産されている。 ベーコン種やフェルテ種は、皮は滑らかで、熟しても黒くはならない。 ではフェルテ種の栽培も多い。 実の大きさは品種によってさまざまで、小さいメキシコーラ種では100前後、大きいアナハイム種では500グラムから900グラムになる。 での品種は1を超えるものもある。 しかしながら、市場では大きすぎる品種や小さすぎる品種は取引されない。 世界で最も生産量が多く、日本の市場では大部分を占めるハス種は200~340g、ハス種に次いで多いフェルテ種は220~400gの大きさである。 メキシコ系 - 葉にの香りがあり、果皮が薄い。 タネが大きく可食部は少ない。 アボカドのなかでは耐寒性があり、味は濃厚である。 グアテマラ系 - 日本で売られているアボカドのほとんどはハス種であるが、ハス種はグアテマラ系である。 グアテマラ系といっても実の大きさは品種ごとに様々だが果皮は厚い。 葉にアニスの香りはない。 他のアボカド系統と比べると、種は小さめで、可食部は多めである。 西インド諸島系 - 葉にアニスの香りはなく、実の大きさは品種ごとに様々だが、果皮は薄い。 寒さに弱いアボカドの中でも西インド諸島系は最も寒さに弱い。 日本では唯一でのみ栽培が可能である。 品種は1000種を超え栽培品種は一部であり、細部はよく分かっていない品種も多い。 ハス種 - 前述したようにアメリカを始め世界の多くの国ではアボカドといえばハス種である。 日本でも流通するアボカドの99はハス種である。 グアテマラ系。 フェルテ種 - ハス種が主流になる前はフェルテ種が最も多く栽培されていた。 アボカドの中では比較的低温に強く、現在でも世界で2番目に生産量が多い。 食味は濃厚で美味しいが、熟しても黒くはならず、食べ頃が分かりにくく、収穫後の日持ちもハス種より悪い。 フェルテ種は、メキシコ系とグアテマラ系の交配種である。 ベーコン種 - フェルテ種同様熟しても緑色のままで食味は濃厚。 フェルテ種よりもさらに低温に強い。 日本の温暖な地域ならば栽培も可能。 メキシコ系とグアテマラ系の交配種。 ピンカートン種 - 脂肪分が多く大玉になる。 果皮は深緑で耐寒性は弱い。 果実の日持ち性は良い。 グアテマラ系。 リード種 - 球形の果実をつける。 大型で食味は濃厚。 ハス種よりさらに日持ち性は良い。 耐寒性は弱くイスラエルで少量生産されている。 グアテマラ系。 以上のように南アフリカ、イスラエル、スペインでは、複数の品種が見られる。 その脂肪分の8割以上は、、などの不飽和脂肪酸である。 豊富な脂肪分を含むため「森のバター」や「バターフルーツ」とも呼ばれることがあり、全ての果物の中で最大のカロリーを持つ。 糖分はほとんど含まず、10種類のビタミンと11種類のミネラルとを豊富に含んでおり、この豊富な栄養素はアボカドの脂肪分に凝縮されている。 果物には珍しくの含有量も高く、アボカド1個半程度で成人男性に必要なビタミンE(10)を摂取できる。 やも多く含む。 ただし、適切な収穫時期に収穫していないアボカドは脂肪が少なく、質が高くないものが含まれる。 アボカドの属するクスノキ科の植物には、種子散布に関わる鳥獣を引きつける栄養素として果肉に脂肪を蓄える種が多くある。 これは、多くの鳥獣種子散布植物が糖分を用いている点とは対照的である。 生産 [ ] 世界の生産量 [ ] 1980年代後半の時点では、アボカドは世界全体で150万程度の生産があり、以降生産量は増え続けている。 2005年には322万トン生産された。 流通しているアボカドの多くは一個250~300g程度で、100億個の桁のアボカドが生産されていると考えられる。 全世界の生産量の約3割はメキシコ産である。 日本の輸入量 [ ] 日本の輸入量は1970年代までは微々たるものであったが、1970年代後半から増え、1980年には479トン、1990年には2163トン、2000年には14070トン、2005年には28150トン、と急増している。 2005年の時点で、日本に輸入されている果実の中では、に次いで三番目に輸入量が多い。 においては、10月にはアボカドまつりも開催される。 日本での栽培 [ ] 南部、鹿児島県、、、 のように、比較的温暖な地域で栽培されている。 出荷量は2016年産で約8トン(まとめ)と、輸入量(2018年に約7万4000トン)に比べると少ないが、栄養豊富なことから需要が増えていること、同じく温暖な気候に合うのを利用できる点から、で栽培が広がっている。 個人レベルで生育させ、として楽しむことは比較的容易であり、寒冷地の露地植えを除いて越冬も可能である。 栽培法の一例として、まず種子をよく洗って果肉を取り除き、上端(果実の柄に近い部分で、やや尖っている)を上にし、3分の1ほどをのの要領で水に浸けておく。 陽当たりの良い場所に置いて水位を保ち、水が腐らないように水替えしながら育てると、夏場で1週間、冬場で7週間ほどで発根し、さらに発芽する。 発芽した後は、やといった保水性の高い用土に植え替える。 過剰な水分は木を弱らせる。 温暖地であれば、水洗いした種子を直接庭や用土に播種してもよいが、冷蔵庫で一旦冷やされたアボカドは発芽しない場合が多いので注意が必要である。 発芽率がよくない場合は、流通過程で冷蔵されている可能性もあるので購入店舗を変えてみるのも一つの方法である。 発芽した後の成長は速く、栽培条件が良ければ、1年間で0. 5~1m程度の高さになるが、観葉植物として仕立てるには、成長段階で適宜剪定して樹形を整える必要がある。 初夏や夏に植えると、充分に成長する前に冬を迎え、枯れてしまう場合も多い。 桜の開花時期以降である4月頃に種を植えるのが最適である。 高温多湿および比較的湿気の多い土壌を好み、寒さには弱く、露地植えの場合は、雪や霜に直接あたらないよう注意する。 グアテマラ種の交配種は、かなりの低温に耐えるとされる。 また、露地栽培で、芽や葉が出たばかりの高さ5~10cm程度の状態で、初夏や夏を迎えてしまうと、気温が高くなって活動が活発になったやが夜間に大量に群がって新芽を食い荒らし、枯れてしまう場合がある。 開花・結実させることも可能で、早ければ数年で開花に至る。 ただし、雄花と雌花の咲く時期が違うので、1本の木だけでは受粉させられず、確実に結実させるには、かなりの個体数が必要になる。 アボカドの水耕栽培(左の写真の90日後) 実の保存 [ ] アボカドの味を堪能するには追熟の必要があるが、保存中に4. また、アボカドの実はがあると早く軟化するので、長期保存したい場合は換気してエチレンガス濃度を下げる必要がある。 ハス種は貯蔵性が高く、また貯蔵技術の進歩に加えてやや未熟な実を収穫してできるだけ低温で輸出する農家の努力もあって、1年中出回るようになった。 雌雄異熟現象 [ ] アボカドの花は(のようながを運んでさせる)で一つの花に(めしべ)と(おしべ)があるが、一つの花の中でも雌蕊が成熟するタイミングと雄蕊が成熟するタイミングにズレがあり、簡単には受粉しない。 アボカドにはAタイプとBタイプの2種類があり、Aタイプは開花1日目の午前中に雌蕊が成熟して受粉し、花は一旦閉じて2日目午後に再度開花し、今度は雄蕊が成熟して花粉を放出する。 Bタイプは開花1日目の午後に雌蕊が成熟して受粉し、一旦閉じた後に2日目の午前中に再度開花し、今度は雄蕊が成熟して花粉を放出する。 このように、アボカドは雌蕊の成熟と雄蕊の成熟が午前・午後とズレるので、小規模な果樹園にAタイプばかり、あるいはBタイプばかり植えても実が成ることは無い。 タイプの違う品種を混植しないと実が成らない。 ただし、メキシコのようにきわめて大規模な果樹園がある所では、同一品種でも開花期がズレるものもあり、昆虫が雌花の開花期まで花粉を持ち越すこともあるのでハス種ばかりでも実をつける。 Aタイプにはハス種、アナハイム種、デューク種、マッカーサー種、メキシコーラ種、ピンカートン種があり、Bタイプにはベーコン種、クリフトン種、エドノール種、フェルテ種、ズタノ種、サンタナ種がある。 毒性 [ ] 果実、種子、葉などにはという物質が含まれており、以外の動物には反応を起こす。 ただし、に対するを持つ人はアボカドでも症状を発することがある。 、、、、、に与えるとや呼吸困難を惹き起こす場合がある。 、、、、に対しても毒性を示すことがある。 一方で、アボカド入りの犬猫フードやも販売されており、企業の報告によれば、「健康被害の症例は無い」という。 アボカドの毒性に関してはまだ不明確な点も多々ある。 未熟な果実や種子、葉にはやも含んでおり、アボカドの種子を砕いたものをの駆除剤にすることもあるが、効果はそこまで高くはない。 アボカドの毒性はそれほど強いものではないが、アボカドの葉を大量に食べたヤギが死亡した例がある。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• [ ]• 米本 2007 39-40頁• 米本 2007 40,50頁• 米本 2007 41頁• Barry, PC 2001年4月7日. Canku Ota. 2007年12月29日閲覧。 農文協 編集 『果樹園芸大百科 17 熱帯特産果樹』 p. 33 2000年3月25日発行• 米本 2007 62頁• スミソニアン・マガジン October 24, 2013()2020年1月2日閲覧• Dakin, Karen 1990. 2 ed. , , 1989 ,• マッハ・キショ松 2016年5月23日. アイティメディア. 2018年11月30日閲覧。 ジェイ・キャスト. 2018年6月7日. 2018年11月30日閲覧。 米本 2007 42頁• 渡辺庸生『魅惑のメキシコ料理』58頁。 米本 2007 160-161頁• 高嶋典子「アボカドペーストを使った高栄養レシピ」『緩和ケアと栄養』54-57頁• 宮城尚史、宮城香珠子『アボカド三昧』2013年• 米本 2007 167-168頁• 米本 2007 117-121頁• 米本 2007 37-74頁• 米本 2007 67頁• 米本 2007 13-17頁• 米本 2007 24-25頁• 2019年1月9日閲覧。 果物ナビ(2020年1月2日閲覧)• 『』2019年11月25日(フード面)2020年1月2日閲覧• 米本 2007 31頁• 米本 2007 120頁• Animal Poison Control Center - (2008年2月12日アーカイブ分)aspca. Breeder's Choice Pet Food - (2007年10月22日アーカイブ分)Breeder's Choice Pet Foods, Inc. 米本 2007 170頁 参考文献 [ ]• 米本 2007 米本仁巳『アボカド』農文協、2007年発行• 農文協 編集『果樹園芸大百科 17 熱帯特産果樹』 p. 33〜p. 45 農山漁村文化協会 2000年3月25日発行• 『緑の雑学辞典』グラフ社• 食品工業編集部 2012 「日本への拡大図るニュージーランド産アボカド」『食品工業』2012年1月15日号、75-79頁• 渡辺庸生『魅惑のメキシコ料理』58頁• 高嶋典子「アボカドペーストを使った高栄養レシピ」『緩和ケアと栄養』54-57頁• 宮城尚史、宮城香珠子『アボカド三昧』2013年• 井上弘明、高橋文次郎「アボカドの雌雄異熟現象」『生物の科学 遺伝』裳華房、1991年10月、85-90頁 関連項目 [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の