フリード モデルチェンジ。 【ホンダ・フリード】モデルチェンジ予想!情報はある?時期はいつ?|Car Rhythm(カーリズム)

新型フリード(フリード+)フルモデルチェンジして発売!価格と燃費性能と最新システムを解説!

フリード モデルチェンジ

こだわりのコンプリートカー 日本のミニバンでは必須アイテムの、3列のシートレイアウトとリアのスライドドアを当然のごとく採用。 その上で、全幅を日本固有の5ナンバー規格内に収め、全長も同規格の上限である4. シリーズ中に設定されたスペシャルモデルのモデューロXを手がけたのは、四輪車用純正アクセサリーを扱う、ホンダの100%子会社であるホンダアクセス。 専用のカスタマイズパーツを装着したこだわりのコンプリートカーである。 この名を冠するモデルは、現時点では「S660」「ヴェゼル」「ステップワゴン」、そしてこのフリードの全4車種がラインナップされている。 5リッターエンジンをCVTと組み合わせた純エンジン仕様と、やはり1. FF車のみのラインナップというのも同じだ。 すなわち最新のフリード モデューロXは、2つのパワーパックと、そのそれぞれに用意される2列目がキャプテンシートのタイプ(6人乗り)と2列目がベンチシートのタイプ(7人乗り)の、合計4タイプをラインナップ。 今回は6人乗りの純ガソリン仕様の、I型とII型を同時にテストドライブへと連れ出した。 空力性能を追求したフロントフェイス そもそも今回のマイナーチェンジではベースモデルもリアビューには目立った変更を受けておらず、モデューロXの場合も新旧を並べてみても、「非点灯時のハイマウントストップランプのカラーがレッドかクリアか」というくらいしか大きな識別点が見当たらないが、空力性能向上を狙って専用リアロアースカートの形状が若干変更されているという。 一方、標準車のフリードでもマイナーチェンジの前後で大きく表情が変化しているうえに、モデューロXではさらにその違いが歴然としているのがフロント側のデザインだ。 一般的にマイナーチェンジでは、見た目の新鮮さを演出するためのフェイスリフトが中心となることが多い。 しかし、今回のフリード モデューロXの場合は「主に空力性能強化による走行性能の向上」が主題。 これがフロントフェイスの変化に大きな影響を及ぼしている。 ボディーカラーにもよるものの、フォグライト周辺部分のピアノブラックとのコントラストがより明瞭になっており、「X」をモチーフとしたグラフィックが特に際立つ。 「モデューロXであること」を示すとともに、より低重心感が強調されるのが、新しいフロントマスクの特徴だ。 さらに、フロントのバンパーサイドには小さな突起も設けられている。 「エアロフィン」と名付けられたこのアイテムには、「旋回姿勢へのスムーズな移行」と「ホイールハウスから発生する気流の乱れの抑制によるしなやかで上質な旋回の実現」という効用がある。 見えないところで効いている エアロフィンがすぐに目につくのに対して、さらにマニアック(?)なリファインのポイントが、「エアロスロープ」と称するバンパー下の中央に設けられた左右対称の箱状の突起と、その左右にレイアウトされた「エアロボトムフィン」と呼ばれる小さな連続する7つの突起だ。 どちらもフロア下をのぞき込むようにしないと確認できない2つのデバイスである。 つまりは空力による操縦安定性アップが図られているのだ。 こうして涙ぐましいまでに細やかなファインチューニングが施せるのは、まさにこのモデルが「自動車メーカー直系チューナーの作品」だからにほかならない。 フリードだけでなく、モデューロX全車に採用されるエアロパーツ類は、ホンダ本体が所有する実車風洞でのテストに加えて、鷹栖にあるホンダのテストコースにおけるホンダアクセスの開発者とモデューロ開発アドバイザーである土屋圭市氏による過酷な実走テストを繰り返したのち、実際に「効用アリ」と判断されたものに限られる。 そしてなるほど、その効果は走りだして間もなく、高速道路に乗る前の段階で早くも実感できるものだった。 まさにモデューロならでは 実は今回のフリード モデューロXは、専用サスペンションと専用アルミホイール、さらにタイヤも従来型をキャリーオーバー。 実際、新旧両車のフットワークの基本テイストはすこぶる近い。 したがって、4輪の接地感の高さや操舵の正確性、大きな入力時のボディーの動きを一発で収める収斂(しゅうれん)性の高さなどは、いずれも「従来型と同様」といえる美点。 エコタイヤを履きながら「ここまで走れてしまうんだ!」と感心するフットワーク全般の印象も、まさにモデューロXを名乗る各車に共通する特筆すべきポテンシャルである。 その上で、最新モデルであらためて感心したのは、端的に言うと「ミニバンらしからぬ直進性の高さ」だった。 そしてこの感覚は速度が高まるにつれて確実に強くなるのである。 これ見よがしなデザインを見せつけることなく、ひそかに空気を味方につけたこのモデルのエアロパーツは、まさにモデューロならではのアイテムなのだ。 ライバルとは一線を画すそんな大きな特徴を身につけたフリード モデューロX。 (文=河村康彦/写真=小林俊樹).

次の

フリードのモデルチェンジ推移!マイナーチェンジや一部改良、フルモデルチェンジの時期や内容が一目瞭然

フリード モデルチェンジ

honda. これがちょっとした変化や外見にほとんど影響しない場合は一部改良、外見に若干の変化が生じたり大きな性能の変化があった場合を 「マイナーチェンジ」といいます。 たとえばトヨタ・ヴォクシーの場合、2016年1月の一部改良では「Toyota Safety Sence C 現在はCが取れています)」を採用したほか、塗装を自己修復機能付きに変更しています。 2017年3月に「マイナーチェンジ」を行っていますが、その際はヘッドランプやテールランプの形状・材質が変化し、リアの「VOXY」ロゴが新意匠に変更されました。 一方、数年に一度「完全なる次世代車」「新型車」として、その車を一から新しく作り替えますが、これを 「フルモデルチェンジ」といいます。 フルモデルチェンジした場合、発売される車は 「名前が同じ新型車」となるため、車の型番まですべて変化します。 たとえばR32型スカイライン・GT-Rがフルモデルチェンジをした時は型番が「BNR32」から「BCNR33」に変化し、R33型スカイライン・GT-Rとなりました。 もちろん名前だけでなくボディの形状や性能も大きく変化しています。 フルモデルチェンジを行った場合、先述のとおり ボディの形状や走行・環境性能が大きく変化するので、古いモデルに乗っている人にとっては絶好の乗換の機会となります。 一応大半は「改善・良化」のモデルチェンジなので、さらに性能の良い車に乗り換えたくなる気持ちは当然ですね(たまーに改悪になってしまっているフルモデルチェンジもありますが、たまーに、です)。 以上、マイナーチェンジとフルモデルチェンジについてご紹介しましたが、今回は、今後フリードがモデルチェンジするならどこが変わるのか、いつモデルチェンジするのかを、様々な観点から予想してみたいと思います。 honda. おそらくですが、 次に来るのは「マイナーチェンジ」でしょう。 フリードは2016年にフルモデルチェンジを終えたばかりで、 わずか2年でのフルモデルチェンジというのはあまりにも早すぎるからです。 また、先代のフリードが2008年の発売開始以降でマイナーチェンジを行ったのは「2010年」「2011年」「2014年」と、 だいたい2年周期でマイナーチェンジが行われていることがわかります。 そう考えると、次来るのは「マイナーチェンジ」という予想が立てられますね。 マイナーチェンジの時期予想については次の「ホンダフリードのモデルチェンジ時期はいつ頃?」で詳しく考察していますのでご覧ください。 今回のマイナーチェンジ予測ではもっとも最近にマイナーチェンジを遂げた「CR-V」を基準として予想しています。 honda. それはフリードも例外ではなく、現行モデルも「つり目」になっていますね。 このライトですが、現在は 「ハロゲンヘッドライト」と「LEDヘッドライト」の2種類が存在し、LEDヘッドライトは上位モデルにのみ標準搭載、もしくはオプション装備となっています。 ところが2018年8月に国内向けが発売されたホンダ・CR-Vでは、全グレードでLEDヘッドライトが標準装備されています。 このことから、人気車種であるフリードもマイナーチェンジ後には LEDヘッドライトが標準装備、もしくはメーカーオプションで装備可能になるのでは、と予想されます。 honda. 5L 直噴 DOHC i-VTEC」と呼ばれるエンジンが搭載されています。 これは2016年の発売当初ではホンダの最新鋭エンジンでした。 一方最近発売された新型CR-Vには 「SPORT HYBRID i-MMD」という新型エンジンが搭載されています。 これは走りを追求するSUVに対して、高性能と低燃費を両立させたエンジンになっています。 性能はV6エンジンと互角でありながらクラストップレベルの低燃費性能を持つエンジンです。 さすがにフリードにV6のパワーは必要ないと思うものの、i-MMDエンジンの1. 5Lモデルを制作し、搭載されることは十分に考えられます。 とりわけ、車中泊を重視してつくられるフリード+と走りを意識したModulo Xにはパワーが必要でしょうから、これは期待できそうです。 honda. しかし、フリードのスタンダードグレードであるBグレードには搭載されておらず、またガソリン車のGグレードはメーカーオプションとなっています。 CR-VではすべてのグレードでHonda SENSINGが標準装備になっています。 昨今の安全装備の需要の高さは説明するまでもないでしょうから、これは至極当然の流れですね。 すると、マイナーチェンジ後には フリードでもHonda SENSINGが 全グレードで標準装備されるのではないでしょうか。 honda. 2016年に2代目のフリードが発売されていますから、そこからマイナーチェンジ時期を考えると「2018年」といいたくなります。 しかし、2017年にModulo Xがグレードに追加されて以降は特に音沙汰がなく、すでに11月に差し掛かろうかという時期なので、本年のマイナーチェンジはなさそうです。 そうなると時期的には 「2019年春or秋」と予想されます。 なぜかというと、 過去のフリードのモデルチェンジが春、もしくは秋に行われてきたので、今回も同時期にモデルチェンジをしてくるのではないかという根端です。 もしマイナーチェンジの月までぴったり合わせてくるとすれば 「2019年4月・5月・9月・10月」のどこかでマイナーチェンジが来るのではないでしょうか。 honda. その予想の多くが 「2018年12月~2019年12月」となっており、上記の周期とそこまで差はありません。 ライバルであるシエンタが2018年6月にマイナーチェンジを行っていますので、2018年ギリギリの12月としているサイトもありました。 ただ、インターネット上の情報は真偽が定かではない可能性もありますので、一番良いのは公式の発表を待つことです。

次の

【フリードの真の実力】ホンダ新型フリード マイナーチェンジモデルの評価・口コミを辛口チェック!

フリード モデルチェンジ

youtube. 2016年2月24日に行われた公式の記者会見にて、本田技研工業株式会(ホンダ)の八郷隆弘社長の発表の映像です。 「そして日本では、今年フリードがフルモデルチェンジを控える中、地域に根ざした強い商品づくりを展開していきます。 」 2016年以降のホンダの経営方針、世界での新しい販売戦略などが発表される中、会見の後半でフリードモデルチェンジに関する明言がありました。 また会見の中では「グローバル6極体制」という新しい販売戦略を発表しました。 世界を6つの地域に分け、それぞれの地域が自立して運営をしていくとのこと。 自立した運営とは完全に独立させるというものではなく、6地域それぞれの強みを生かしながら、別地域と密な連携をとり、効率的で柔軟な相互補完関係を目指すとのことです。 欧州ではシビックシリーズ、北米ではピックアップトラック、中国ではアキュラブランドのなどの生産・販売に力をいれていくなか、日本ではフィットの生産など。 日本での新型車・フルモデルチェンジの目玉はまずは3月に正式展開するホンダの()「クラリティ フューエルセル」。 トヨタの燃料電池車「MIRAI」に次ぐ、世界で2番目の量産型の燃料電池車となるので注目度も非常に高いですね。 そして、新型フリードへのモデルチェンジが目玉です。 これは同社が発売前に設定した月間販売目標の4倍以上の数値です。 パワースライドドアなども含むお得グレードを展開したこともありこの販売台数の内、先進的安全運転支援システムのにいたっては標準装備とオプション分で、82%という高い装着比率となっています。 7人乗れるコンパクトであるフリードは低燃費かつパワフルな走りへの評価が高く、家族連れユーザーを中心に人気を博しているようです。 新型フリードのフロントのデザインは、グリルとヘッドランプに一体感があり、同ホンダ社の人気 を連想させるデザインとなっています。 サイズ感やフォルムは旧型フリードを受けつぎ、とスライドドアが踏襲されていることが確認できます。 新型ステップワゴンに関する情報はこちら 新型フリードのカラーバリエーション 鮮やかなカラーが追加! 新型フリードのカラーバリエーションは以下から選択可能です。 先代のフリードのカラーバリエーションは8色設定され、設定されている色合いはあまりパッとしない印象がありますが、新型フリードでは1種類増えて9色のボディカラーが用意されます。 フリード+の後部収納スペースは2段にわかれており、後部座席を倒すと完全にフラットになる仕様は車中泊を楽しむ方には最適でしょう。 乗車定員をユーザーが選択することができることは非常に魅力的です。 3列シート車の方式を採用した際には6人乗りのみが選択可能となります。 新型フリードは軽自動車やコンパクトカーと大型中間ともいえる「「THIS IS 最高にちょうどいい」のコンセプトを体現し、購買層は若者からファミリー、主婦、介護用等々、非常に幅広い方に支持されるでしょう。 そこで、ホンダ純正のアクセサリーによりエクステリアからインテリア、便利な装備までそれぞれのユーザーが楽しめるように準備されています。 その他の快適装備 両側パワースライドドア 運転席のスイッチ操作でリアスライドドアが自動で開閉します。 (タイプ別設定・メーカーオプション) スライドドア・イージークローザー 半ドアの位置までスライドドアを閉めれば、自動で全閉してくれます。 (全車標準装備) プラズマクラスター技術搭載フフルオートエアコンディショナー 空気清浄機能や脱臭効果を発揮します。 (タイプ別設定・メーカーオプション) 木目調インパネミドルエリア 本物の木ではなく樹脂を加工した木目調のインテリアですが、実際に触ってみるとその質感はまるで本物の木材そのもので、温かみのある素材感になっています。 本革巻ステアリングハンドル ファミリカーにも欠かせない上質感を見事に表現しています。 コンビシート メイン部分はファブリックでサイドの部分は汚れにくくシワになりにくいプライムスムースという素材です。 クルーズコントロール 高速道路などで、自動で定速走行します。 その間アクセルペダルを踏む必要はありません。 (タイプ別設定) これらの装備以外にも、様々な快適装備が、標準またはメーカーオプションで装備されます。 新型フリードのグレード一覧と価格・燃費! 好みや用途に合わせて駆動方式やパワーユニット、乗車定員を選ぶことが出来ます。 ガソリン車、車共に3種類のグレードが用意されます。 全体的に、ハイブリッド車の方が装備が充実しているようです。 5L i-+i-DCD :7速デュアルクラッチトランスミッション 主な装備(Gの装備に加えて) ・1列目シート用サイドエアバッグシステム&サイドカーテンエアバッグシステム ・1列目 ・本革巻ステアリングハンドル ・15インチアルミホイール フリードのスポーツカスタム無限のパーツも発売! ホンダのアフターパーツを製造する「無限」は新型フリードとフリード+用のパーツを新たに発売しました。 上記の画像はその一部です。 「ADVANCED STYLE」のコンセプトのもと、「先進的」「個性的」を意識して、スポーティなエアロパーツなどをライナップしています。 コンパクトのフリードにも、走る喜びを求める方は必見のパーツですね。 フリード ガソリン車(2WD)のエコカー減税額 フリードB、G、G の2WDモデルが該当します。 (乗車定員は関係ありません。 フリード ガソリン車(4WD)のエコカー減税額 フリードB、G、G のモデルが該当します。 (乗車定員は関係ありません。 (乗車定員は関係ありません。 フリード+ ハイブリッド車(4WD)のエコカー減税額 フリード+ HYBRID G のモデルが該当します。 しかしながら、取得税と重量税の免税は初回登録時(購入時)にしか適用されないため、ガソリン車との車両価格差40万円分を埋めることはできません。 使用用途や頻度、地域によって正しいグレード選択を心がけましょう。 3列シートはフリード!2列シートはフリード+を選択! 新型フリード、及びフリード+(フリードプラス)のグレードによる価格・燃費性能、装備の差を考えるとどれを選択しますか? 3列シートの6人乗り、7人乗りの必要性がある方は必然的にフリードとなり、5人までで十分という方はフリード+が快適に生活を送れるでしょう。 7人乗りクラス最高水準の燃費燃費性能を誇るエンジンは非常に魅力的ですね。 事項では新型フリードに搭載さる先進的なのシステムや、エンジン性能、ライバル車種などをご紹介していきます。 イマ話題の記事はこちら! 新型フリードの性能・エンジンスペック ハイブリッドと1. 5Lエンジン ホンダの公式HPにて新型フリードのが発表され、の「スポーツハイブリッド i-DCD」と「1. 5L直噴 i-」が用意されました。 細かい動力性能や燃費性能は今回は明らかにされませんでしたが、ハイブリッドエンジンやガソリンエンジンは と同様の物が採用されました。 <現行のフリード> 1. 5Lで最高は118ps/は14. 7kgm <モデルチェンジ後の新型フリード> 1. 5Lでは132ps、最大トルクは16. ガソリンエンジンのタンク容量は2WDは36L、車は40Lとなっています。 3列シーターとは思えないほどのコンパクトサイズですが、どのシートにおいても大人が快適に座れるほどの居住空間になっています。 2mです。 とは思えないほどの取り回しやすさです。 Uターンや駐車など、普段使いの際に使いやすいサイズとなっています。 新型フリードの直進性能は開発者も太鼓判! 新型フリードの開発責任者によると、新型フリードの基本性能において一番こだわった部分が直進性能で、家族で長距離の移動をこなす上で、運転手が高速などで疲れを感じないようにまっすぐ走る車を意識したとのこと。 そのためにや車体剛性を見直すばかりではなく、足回りのリアなどにも念入りに改良を加えているとのことです。 新型フリードにホンダセンシング搭載! ホンダ公式HPにて、新型フリードにが搭載されると発表されました。 とは、ホンダの先進的な予防安全技術です。 「事故に遭わない社会」というコンセプトのもと、ホンダの先進的な予防安全設備は進化しています。 単眼カメラによって、車間・車速制御機能による高速道路運転支援システムが実用化されました。 追突軽減ブレーキも搭載されており、ドライバーの長距離運転に手助けになっています。 予防安全技術が搭載されることで、ファミリーカーとしてのイメージや利用者もより一層増えるのではないでしょうか。 ホンダセンシングの性能や実績に関して詳しくは以下の記事をご確認ください。 ホンダフリードスパイクは「フリード+(フリードプラス)」に! フリードスパイクは、ホンダ フリードをベースとした、より広い室内空間を実現したアウトドアに適したモデルです。 フリードプラスは、3列目シートが取り外され、広いラゲッジスペースを確保しています。 その他、汚れや水分を気にせずに荷物を詰めるようにするための、荷室用ユーティリティボードが標準装備されます。 新型フリードプラスの開発責任者によると、大きなテールゲートと荷室の低重心化によって、フリード プラスはフリードに比べてボディの耐久性が低くなっており、剛性を高めるために重量が10kg以上重くなっているとのことです。 現行型のフリースパイクについては、以下のリンクにて詳しく解説しています。 新型フリードの口コミや評価・評判は? 室内がとても広々していて乗り心地がよく、ドライブを楽しめる車です。 運転席からの視界も広々していて、運転自体を楽しめます。 出典: 他社に無い、モデル位置 ホンダらしい足回りも確保 加速もストレスを感じない 5ナンバーは日本の英知 出典: ステップワゴンからのでしたが、室内広さは気になりませんでした。 維持費が下がり、長距離通勤のため燃費が良くなり経済面でもちょうどいいです。 出典: 思ったよりモデルチェンジの変更点にインパクトがないとの声も散見されますが、概ね期待通りの良好な評価が並んでいます。 新型フリードのライバルはトヨタ シエンタ 新型フリードのライバルとなるのは、ボディサイズや価格帯から です。 シエンタもフリードと同様に、1. 5Lガソリンエンジンとモデルを用意しており、燃費性能まで同じとなりました。 現に発売前からディラーでは対決試乗のような企画も… コンパクトさと7人乗りの便利さを兼ね備えたモデルの新型フリードとシエンタを、乗って比べてみてください! 燃費性能を比較! シエンタ、ともにガソリンエンジンとハイブリッドエンジンが用意されています。 それぞれのでの燃費性能を比較します。 【ハイブリッドモデル】 シエンタ:27. 2~27. 6~19. フリードで4WDを選択した場合、7名の乗車定員は選べず、6人乗りとなります。 価格を比較! 新型フリードとシエンタの価格を、パワーユニット別に比較します。 【モデル】 シエンタ:222万6763~232万9855円(税込) 新型フリード:225万6000~265万6000円(税込) 【ガソリンモデル】 シエンタ:168万9709~212万1709円(税込) 新型フリード:188万~233万2200円(税込) ガソリンモデルはシエンタの方が若干安いようですが、ハイブリッドモデルではほとんど価格の差は見られません。 フリードの最上級グレードは装備が豊富な分高価になっています。 今回は3つの視点からフリードとシエンタを比較しましたが、性能や価格にほとんど差は見られませんが、やはり後から登場した新型フリードの最新装備は魅力的です。 デザインや内装の好みや、どんな装備が必要なのかを見極めて選択しましょう! 新型フリードの値引き術をご紹介! 新型フリードを購入するにあたって、少しでも安く購入したいというのが消費者の本音です。 今回は、新型フリードをディーラーで購入する際の値引き交渉術をご紹介します。 2月3月は年度末決算期に当たり、ディーラーは1台でも多く新車を売り、売上高を伸ばそうとします。 新車ディーラーは販売実績によってメーカーから受ける販売奨励金の額が変わると言われており、次年度の奨励金を増額するために1台でも販売台数を伸ばす必要があり、そのため大幅値引きを期待することができます。 フリードと同様にサイズの7人乗りで、価格帯もほぼ同じのライバル車です。 ウィッシュは2016年内に生産を終了し、購入チャンスは限られています。 発売されたばかりのフリードと、2009年より販売され、販売終了が決定しているウィッシュを比較すれば当然様々な点においてフリードの方が優れていますが、あえて対決させることでお得な値引き額を引き出すという作戦です。 自分に合ったグレードを選択して、お得にフリードを購入しましょう! また、シエンタやウィッシュ、ヴェゼルなどのライバル車とも比較して吟味したり、値引き交渉をすることをおすすめします。 燃費性能や安全性能、内装など全ての面で進化した新型フリードが人気車種として台頭してくることは間違いないでしょう。 ホンダの新型車についてはこちら! ミニバンに関するおすすめ記事!.

次の