ジャニー喜多川 追悼。 ジャニーズ事務所の歴史秘話~スカウト、合宿所、落ちこぼれ組【ジャニー喜多川氏追悼特集3】|日刊サイゾー

Kis

ジャニー喜多川 追悼

日本芸能界において数々の功績を残したジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川氏が急逝した。 第三回目は、「週刊文春」誌上にて、ジャニー喜多川氏ホモセクハラ疑惑のキャンペーン記事に携わった芸能ジャーナリストの二田一比古氏。 芸能界に大きな足跡を残した「ジャニーズ事務所」創設者・ジャニー喜多川氏が87年の生涯を閉じた。 私にとってジャニー氏は常に取材対象者であり、なにかと因縁のあった芸能プロ社長のひとり。 だが、直接本人を取材することは結局叶わなかった。 ジャニー喜多川氏は米国ロサンゼルスで生まれた。 両親は共に日本人。 真言宗の僧侶だった父親が布教の為に渡米。 リトルトーキョーにあった高野山米国別院の主幹を務めていた関係で、幼少期はロスで過ごす。 両国の国籍を所有していた。 一時、日本に戻り和歌山や大阪で過ごしたこともあったという。 母親が若くして他界したため、姉で現・ジャニーズ事務所副社長のメリー喜多川氏が2人の弟の母親代わりだった。 姉弟の絆も、ジャニーズ事務所の原点である。 事務所成立して後も2人は苦楽をともに過ごした。 現代版「安寿と厨子王」と呼ばれる所以である。 2人は当時の事をあまり語ることがない。 人を介してして知ること以外に知る由もない。 ちなみに、2人の間にいたジャニー氏の兄は米国「NASA」で、科学者として働いていたという。 ジャニーズ事務所には関わっていなかったとされている。 それでも、ジャニー氏がタレントらを連れてロスで本場のショーなどを学ぶ際には、兄がガイドをしながら面倒を見ていたという。 ジャニーさんと同じようにとても親しみやすい人で温厚な人でした。 よく面倒を見てもらいましたね」(ジャニーズOB) 50代で死去。 家族はいたというが、杳としてその後の家族についてはわかっていない。 話はそれたが、ジャニー氏は帰国後、男性アイドルグループ「ジャニーズ」を結成(後述)し、ジャニーズ事務所を立ち上げる。 他の事務所の社長と同じように黒子に徹していた。 一時はその姿すらメディアの前に見せることはなく、いつも現場に来ていた広報担当者をファンらは「ジャニーさん」と思っていたこともあったようだ。 晩年は媒体を選び週刊誌に出たこともあったが、基本はスポーツ紙のジャニーズ担当記者限定で食事をしながらの懇談会のような形で語ることが多かった。 記者によれば「タレントのことやショーの話はとにかく饒舌。 延々と話す人」という。 ただし、記事にする場合は事務所から「使っていい話。 ダメな話」と指示があった。 これが本人による指示か事務所によるものかは定かではないが、タレントの話でも注文の多い事務所。 想像はつく。 直接取材が叶わなかったが、所属タレントの、主にスキャンダルを取材しているうちに、取材の矛先が次第にジャニー氏に向いていた。 「この人は何者だ? 」と探れば探るほど興味が増していく不思議な人だった。 「男の子を見出だす天才的な眼力」「ショーの作り方」など、ジャニー氏の表の話は亡くなった後も、タレントや関係者の口から語られている。 メンバーの組み合わせ、グループ名などすべてジャニー氏1人でやっていた。 「誰にもマネできないこと」と同業他社も舌を巻く存在だった。 それでも疑問点がなかったわけではない。 本来の芸能プロのやり方とは明らかに異なる。 本来、スカウトは歌や踊りを見てスカウトするもの。 例えば、沢田研二は京都のライブで歌っているところナベプロがスカウトした。 今はオーディション全盛期。 各事務所とも「俳優・歌手・タレント」など才能を見出だすための審査をする。 ジャニー氏はビジュアルありきでスカウト。 歌や踊りは入ってから専任の先生からレッスンを受けてデビューさせていく。 他に類を見ない方法だが、ジャニー氏が選んだ結果、隠れていた才能が開花する子もいれば、磨かれてエンタメ力を発揮するし子もいる。 だが、その逆を考えてみた。 受験に合格があれば不合格があるように、ジャニーズにスカウトされて入ったがデビューすることなく去っていく子もいる。 こんな逸話が語り継がれている。 「ビジュアルでスカウトするのですから、そうそう歌も踊りも上手い子ばかり揃うはずもない。 それをレッスンでなんとかするにしても、自然に差はできてしまう。 だが、グループならごまかせる。 グループにするには多少、ヘタな子でも入れる必然性ができてくる」 この話は思わぬ形で証明された。 メリー喜多川氏がSMAPに独立騒動が起きた2015年に「週刊文春」のインタビューを受けた際、「SMAPは歌も踊りも下手じゃないですか」と発言している。 メーカー会社の幹部が売れている自社製品を「これはダメだ」と世間に公言しているようなものである。 芸能界に旋風を起こすと、姉と弟の二人三脚で本格的に芸能ビジネスに参戦したジャニー氏。 今でこ志望者が殺到しているが、当時はジャニー氏みずから街に出てスターになる原石を探して少年をスカウトしていた。 「うちに遊びにおいで」と優しく誘っていたようだ。 当時、代々木にあったジャニー氏の自宅は次第にスカウトした少年の溜り場になっていた。 「ハイツという名だったと思うけど、1階にレストランが入っていて、ジャニーさんが留守の時でもレストランで好きな料理を食べられた。 まだ幼い少年でしたから、最高の贅沢でした」とOBが回顧してくれた。 部屋には米国のミュージックビデオや娯楽製品があり、ジャニー氏も一緒になって遊ぶこともあれば、音楽の話を聞かされたという。 そのうち、いつの間にか「歌と踊りをやってみたい」と思うようになった子も少なくない。 このスタイルは今も変わっていない。 現在は高級マンションの最上階に部屋を二つ持っていて、時にはジャニー氏自ら手料理をもてなしてくれたという。 外で食事する時は「デニーズ」などファミレス。 ジャニー氏も一緒になって食べる。 当時のジャニー氏の最高の贅沢が大好物の鰻だった。 時には少年たちにも振舞ってくれたという。 私が初めてジャニー氏の素顔を見たのも青山にあったデニーズだった。 少年たちに囲まれて楽しいそうに歓談する姿からは、とても社長とは思えない。 普通のおじさんだった。 仲良く食事をしながら談笑する光景は微笑ましいものだった。 ちょうど休日に父親と子供がファミレスで食事をする。 そんな光景にしか見えなかった。 タレントたちが親しみを込めて「ジャニーさん」と呼ぶのも親子と変わらない付き合いをずっと続けてきたからに他ならない。 タレントの誰もが親しみを持てる社長。 タレントを愛し、タレントに愛された一生だったと思う。 現在、活動しているタレントの数だけでも驚きの数字であるが、デビューに至らなかった「落ちこぼれ組」も必ずいる。 それがプロの世界でもある。 デビューできる子は表の話として大きくメディアに載るが、落ちこぼれ組は、そうはいかない。 ただ、静かに去っていく。 私が興味を持ったのはこの落ちこぼれ組だった。 プロ野球でもスカウトされて入団したが、一軍デビューすることなく引退していく。 プロ野球の話はドキュメントとしてよくテレビで取り上げている。 落ちた者にもドラマがあるのだ。 落ちこぼれ組。 私が興味を持った原点だった。 辞めた理由もそれぞれあった。 「タレントの仕事に向いていなかった」「志望する高校を受験したい」「親に連れ戻された」など10代の少年らしいまともな子もいる一方で、「素行不良」などで事務所を去る子もいた。 そう、ジャニー喜多川氏による「ホモセクハラ疑惑」である。 1999年、「週刊文春」が「ジャニー喜多川氏のホモセクハラ疑惑」という衝撃の連載を始めた。 私も特別取材班のメンバーの1人だった。 以前からジャニー氏のホモセクハラ問題に関しては、元ジャニーズのタレントが暴露本を執筆するなどあったが、「元タレントが一方的に言っているだけ」とされ、すべては真実とは限らず、やがて都市伝説のように伝えられていた。 だが、筆者が聞いたある少年の話は、具体的なもので、とても作り話とは思えなかった。 話に信憑性ありと判断。 連載のきっかけになった。 詳細は省くが、連載は反響を呼んだ。 芸能界も「ここまでやるのか」と固唾を飲んで「ジャニーズvs文春」の対決を注目していた。 追随するマスコミはなかったが、故・梨元勝芸能レポーターだけが記事に賛同するように追及しようと働きかけてくれた。 あまりに衝撃的だったのか、ついにジャニーズ事務所は連載途中で「文春」を名誉棄損で訴え、裁判になった。 いまだ例のないホモセクハラ裁判。 最終的には損害賠償とし、120万円を文春が支払う判決が決定したが、セクハラに関しては「記事の主要部分は真実」と認定。 事実上の文春の勝利と言われていた。 今回のジャニー氏死去のニュース報道では、朝日新聞だけがこの裁判の話を紹介していた。 ふただ・かずひこ 芸能ジャーナリスト。 40年近く女性誌・写真誌・男性週刊誌で記者として活動。 「週刊文春」の「ジャニー喜多川のホモセクハラ疑惑」の連載も取材チームのメンバーの一人として参加。

次の

ジャニー喜多川のお気に入りは堂本剛や松本潤!滝沢秀明は後継者?

ジャニー喜多川 追悼

ジャニー喜多川 今年度2019年の紅白歌合戦にジャニー喜多川さんの追悼企画が行われると騒がれている。 少年隊・SMAP・TOKIO・嵐など数々の人気アイドルを世に送り出したジャニーさんの功績をたたえ、追悼企画がかなり可能性のある検討が成されているらしい!! 【ギネスブック】にも【最も多くのコンサートをプロデュースした人物】としてその他含め3部門に認定されている。 実績は日本芸能界では圧倒的に群を抜いている。 そんな紅白2019で検討されているジャニーさんの追悼企画について解説して行きます。 NHKとジャニー喜多川の関係性 言うまでも無いが所属するジャニーズメンバーは紅白歌合戦の常連。 さらに1962年にジャニーズ事務所を設立したジャニー喜多川さん。 同年にはさっそく所属する事務所のタレント、いわば初代ジャニーズをNHKバラエティー番組【夢であいましょう】にバックダンサーとして出演させ、芸能界にデビューさせている実績があります。 これをきっかけに以降紅白歌合戦に多数のジャニーズグループを送り込んでいった。 そして司会さえもジャニーズ。 中居正広・井ノ原快彦・嵐など白組の司会を務めた。 NHKとジャニー喜多川さんの関係性は言うまでも無く深い。 紅白歌合戦2019のジャニーさん追悼企画の中身は?? 気になるのは当然ココ! 【ジャニーさん追悼企画の中身】 ですよね。 一番可能性の高い企画内容はこの2つ!! 【NHKの番組に出演した際の秘蔵映像が放送される】 【ジャニーズグループオールスターズで大合唱】 この2つだ!! 後者は天国の 【父親=ジャニーさん】に向け 【息子たち=ジャニーズたち】がジャニーさんの手掛けた楽曲を大合唱するという内容。 こうなってしまった場合は大炎上必至だと言う・・・ なぜか? これは至極当然でジャニーズファン達からすれば嬉しい限りかも知れないが世間一般の人々からすればこう見える。 【紅白歌合戦の私物化】 こう見えてしまうのだ。 NHKからすれば日本の芸能界に大きな貢献をした人物。 そして【ギネスブック】に載った人物だ。 しかしジャニーズを昔から知るご意見番たちは知っている。 ジャニー喜多川という人物を世間の人はどう見ている? ジャニーさんと言えばジャニーズ帝国をゼロから作り上げた物凄い人物。 そして前述の功績を遺したとてもとても物凄い人物!! しかし!!日本の社会貢献と言う点においては全くの偉人ではありません!! それを知っている日本国民の中核を成す中年層の御意見番がいっぱいいるのだ。 ジャニーさんは過去には少年たちに行き過ぎた指導から虐待行為で有罪になった経験もあります。

次の

ジャニー喜多川追悼『映画 少年たち』ライブパフォーマンス映像付で上映

ジャニー喜多川 追悼

近藤真彦(左)と木村拓哉(右) 7月9日午後4時47分、解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血のため都内の病院で亡くなったジャニーズ事務所社長の ジャニー喜多川氏。 享年87歳。 先月18日に救急搬送されて以来、さまざまな憶測が流れていたが、その約3週間後の訃報となった。 ジャニー氏といえば、これまでフォーリーブスや郷ひろみ、たのきんトリオ、光GENJI、そして SMAPや嵐など数多くの歴史に残る人気男性アイドル、グループを育て上げてきた。 「もちろんジャニーさんが突然亡くなったのは想定外でしたが、事務所内は混乱しているという様子ではないようです。 ジャニーさんが人材発掘、育成、舞台などのプロデュースを一手に引き受けてきた一方で、事務所の経営面を牽引してきたジャニーさんの姉、メリー喜多川副社長の娘である藤島ジュリー景子副社長が次期社長に就任するでしょう。 ただ、所属タレントたちのなかでは、東山紀之さんや、昨年現役を引退して現在はジャニーズJr. そしてジュリー派と、東山らもサポートする滝沢派の対立などを読み取る報道も相次いでいたが、週刊誌記者は語る。 「ジャニーさん死去へのジャニタレたちの追悼コメントの発表順からも、さまざまな事務所の内部事情が読み取れます。 10日午前に情報番組への生出演があった東山と国分を除き、所属タレントたちが事務所を通じて一斉にコメントを出したのは10日の夕方でした。 そんななか唯一、ジャニーさんが亡くなった当日の夜にコメントを出したのが木村拓哉で、中国版短文投稿サイト『微博(ウェイボー)』でコメントをつぶやきました。 木村が所属していたSMAPの元マネジャーだった飯島三智氏の手腕をジャニーさんは高く評価していたものの、SMAPの独立騒動を機にメリー副社長は事実上、飯島さんを追い出しました。 その際、木村はこれまでも妻の工藤静香も通じて家族ぐるみで親交を保っていたメリー副社長側についた。 つまり、今では木村は完全なメリー&ジュリー派なのです。 その木村に事務所が所属タレントのなかで一番最初に追悼コメントを出させたという事実に、なんらかの意図を感じざるを得ません。

次の