ものもらい 漢方。 目の病気と漢方薬 :: 病状 :: 漢方専門薬局 むつごろう薬局

「ものもらい」の原因・症状・対処法

ものもらい 漢方

ものもらいは、麦粒腫と呼ばれる、眼の周辺に出来る炎症性疾患です。 まぶたの裏側にも出来やすく、主に黄色ブドウ球菌という細菌の感染が原因とされます。 ものもらいは、出来やすい体質の方がいて、特に子供などは繰り返し発症することが多い疾患です。 しかし基本的には2,3日で治まります。 名前を見ると、何となく感染性が高そうですが、他人にうつることはほとんどないとされます。 ものもらいは重篤な状態につながるケースはほとんどありません。 しかし、痛みやかゆみを伴うことがあり、また見た目にも一目で分かってしまう疾患のため、度々起こる場合には気になる方も多いでしょう。 膿が出てしまえば、快方に向かうため、原則としては自然に任せておけば良いと思います。 病院を受診した場合には抗生物質の点眼薬か内服薬を処方されますが、原因が細菌感染で明確な場合が多く、薬も比較的良く効きます。 問題は上記のように繰り返す場合であり、その場合にはものもらいが出来にくい体質作りを考えても良いのではないでしょうか。 また急性期の治療も、抗生物質より漢方薬が良い場合もあります。 症状が起きるごとに抗生物質を使ってしまうよりは、漢方薬で早めの対処をしても良いのではないでしょうか。 さて、まずはものもらいの体質改善ですが、基本的には他の皮膚病と同じく、バリア機能を高めることが重要です。 漢方では身体のバリア機能は「衛気」が担うと考えられています。 「衛気」は身体を守る「気(エネルギー)」であり、その「気」が不足すると、細菌にも感染しやすくなってしまうのです。 よって、「衛気」を高めるための漢方薬として「 衛益顆粒(えいえきかりゅう)」をお勧めします。 ものもらいだけでなく、風邪を引きやすかったり、アレルギー体質がある方などにはピッタリの体質改善の漢方です。 具体的には「 黄連解毒湯(おうれんげどくとう)」というお薬や、「 知柏壮健丸(ちばくそうけんがん)」といった漢方薬が合うケースが想定されます。 そして、それでもものもらいになってしまった時の漢方薬ですが、「 天津感冒片(てんしんかんぼうへん)」や「 荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」、「 越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)」などの処方が使用されることが多いでしょう。 ちなみに、日本漢方の先生は、ものもらいに「葛根湯」を使用することがあるようですが、私はお勧めしません。 最後に生活養生ですが、基本的には「衛気」を高めることが重要なので、胃腸と呼吸器系を労わり、暴飲暴食を控え、タバコや極力止めるようにした方が良いでしょう。 また、香辛料の摂り過ぎや、油の多い料理、お菓子や甘いものの摂り過ぎもよくないと考えます。 このような漢方的な考え方を利用して、ものもらいの出来にくい、治りやすい体作りをしてみて下さいね。 よく読まれる記事• 1,477pv 病院のお医者様が子供に漢方を使う時に、おそらくもっとも頻度が高いのが「小建中湯(しょうけんちゅうとう)」というお薬だと思います。 ちなみにいわゆる保険が効く「医... 1,412pv チョコレートは女性や子供に人気のあるお菓子ですね。 「チョコなしでは生きていけない!」という方もいるかもしれません。 しかし、やっぱりチョコレートはお菓子です。 1,367pv いまだに有効な改善の手立てがない男性不妊。 精子の運動率や濃度の値が悪いと、人工授精での濃縮処理がまず検討され、その後は体外受精に進み、最後は顕微授精とステップア... 1,363pv 夏と言えばプールや海水浴。 女性の方は水着に抵抗があるのか、日焼けが気になるのか、消極派が多いような気もしますが、暑い夏をしのぐにはやはり一番の王道ではないでしょ... 1,317pv 「私はなんとなく粘膜が弱いなあ」と実感している方、いらっしゃいませんでしょうか。 口内炎が出来やすい、肛門が痛む、鼻の中が荒れやすい、ノドがすぐに痛くなる...

次の

目に効く漢方!!ものもらいに効く漢方とは

ものもらい 漢方

皮膚炎など、化膿しやすい人向けの漢方薬 「十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)」は、じんましんや湿疹が出た方、膿をもつような皮膚疾患ができたばかりの方などにおすすめです。 「十味敗毒湯」は、患部が湿潤型でじゅくじゅくしているときに、たまっている「水(すい)」や熱を発散させて、肌を正常にしていく処方です。 この薬は、有名な江戸時代の医師、華岡青洲が中国の処方を応用し、日本人向けに創った薬として広く使われています。 効能・効果 体力中等度なものの皮膚疾患で、発赤があり、ときに化膿するものの次の諸症:化膿性皮膚疾患・急性皮膚疾患の初期、じんましん、湿疹・皮膚炎、水虫 配合生薬(成分・分量) 成人1日の服用量12錠(1錠400mg)中 十味敗毒湯エキス…2000mg (サイコ・キキョウ・センキュウ・ブクリョウ・レンギョウ・オウヒ各1. 5g、ボウフウ・ドクカツ各1. 0g、カンゾウ・ケイガイ各0. 5g、ショウキョウ0. 16gより抽出。 ) 添加物として、乳糖、ステアリン酸Mg、CMC-Ca、セルロース、メタケイ酸アルミン酸Mg、水酸化Al/Mgを含有する。 成分に関連する注意 本剤は天然物(生薬)のエキスを用いていますので、錠剤の色が多少異なることがあります。 用法・用量 次の量を1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。 年齢 1回量 1日服用回数 成人(15才以上) 4錠 3回 15才未満7才以上 3錠 7才未満5才以上 2錠 5才未満 服用しないこと 用法・用量に関連する注意 小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。 注意点・副作用 使用上の注意• 相談すること• 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください (1)医師の治療を受けている人 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人 (3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人) (4)胃腸の弱い人 (5)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人• 1カ月位(化膿性皮膚疾患・急性皮膚疾患の初期に服用する場合には1週間位)服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください• 本剤の服用により、まれに症状が進行することもあるので、このような場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください 保管方法 (1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください (2)小児の手の届かない所に保管してください。 (3)他の容器に入れ替えないでください。 (誤用の原因になったり品質が変わります。 ) (4)使用期限の過ぎた商品は、服用しないでください。 (5)水分が錠剤につきますと、変色または色むらを生じることがありますので、誤って水滴を落としたり、ぬれた手で触れないでください。 製品情報.

次の

ものもらい(めばちこ、めいぼ)におすすめの7種の漢方薬

ものもらい 漢方

麦粒腫は、原因は細菌感染によるものです。 汗を出す腺や、まつげの毛根に感染した場合を「 外麦粒腫」、マイボーム腺の感染を「 内麦粒腫」と呼びます。 マイボーム腺は、目のまわりのまつ毛の内側に上下60個くらいもある腺です。 油を分泌して、涙が蒸発するのを防いでいます。 マイボーム腺の開口部が目のふちのところにほぼ一直線に並んでいるのですが、鏡で見ても肉眼で見分けるのはちょっと難しい。 油(脂質)を分泌していて、この油がまばたきで涙の表面にひろがり、涙が蒸発するのを防いでくれています。 「 霰粒腫」は、マイボーム腺という皮脂腺が詰まることにより、中に分泌物がたまってしまい、その刺激でまぶたにしこりのような塊ができます。 麦粒腫とは異なり細菌感染によるものではありませんが、時に炎症が起こり急性化膿性霰粒腫へと変化することがあります。 急性化膿性霰粒腫の場合は、赤みや痛みや目やになど麦粒腫と似た症状が起こることもあります。 マイボーム腺が詰まると、涙の表面に蒸発を防ぐための油の膜がきちんとできません。 それだけ涙が乾きやすくなり、ドライアイの重要な原因の1つと考えられているのです。 一般的に麦粒腫や霰粒腫は、目をこすったり、まぶたをよく触る人に起こりやすいといわれています。 また、 霰粒腫は目の血液循環がわるいことが大きく影響しています。 甘いもの、脂っこいもの、カフェイン飲料やアルコール飲料が好きな人にできやすい傾向があります。 甘いもの、脂っこいもの、カフェイン飲料などは、血液を濃くどろどろにして血液循環を悪くします。 血液循環が悪くなると脂肪がうまく分泌されず、マイボーム線がつまり霰粒腫になります。 これまでドライアイになるのは、涙の分泌が少ないことが主な原因だと考えられてきました。 ところが最近の研究では、涙の分泌が少ないのは1割ほどとされているのです。 では何が原因なのか? 角膜の表面を覆っている涙は単なる水ではなく「油層」「水/ムチン層」の2層構造になっているのです。 外側にある「油層」が涙の蒸発を抑え、内側の「水/ムチン層」は涙が流れ落ちないようにする役割を果たしています。 これによって常に角膜が涙で覆われているというわけです。 これでわかる通り、涙の「油層」成分がとても重要です。 この油の成分を出す まぶたの「マイボーム腺」の異常が、ドライアイの原因の8割のようです。 角膜を覆う十分な油の供給が少なくなると、すぐに角膜が乾燥してしまうのです。 麦粒腫の場合は、抗菌の軟膏または点眼による治療が主になります。 「発赤期」と呼ばれる初期段階には、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌などに効果のある抗菌薬の内服、点眼療法を行います。 これらの抗菌薬と抗炎症薬の内服と、点眼療法を行うことで一般的には1週間程度でほぼ完治すると考えて良いでしょう。 症状が悪化して、腫れや傷みがひどい時には、膿瘍部を切開する場合もあります。 その場合は治癒に、1~2週間くらいかかります。 霰粒腫の場合は、放置していても改善するケースが多いとされています。 ただし、炎症が強い場合や感染の合併がある場合は、非ステロイド系・ステロイドの抗炎症剤、抗生物質を内服(または点眼)することで治療する場合もあります。 内容物の周りに袋が形成され、内容物が硬くなった場合は、自然治癒を期待できなくなり、この場合はまぶたを切開して取り除くこともあります。 麦粒腫も霰粒腫も、人にうつることがないので、眼帯をする必要はありません。 コンタクトは、治療中に装用すると患部を刺激する可能性があり、治ってから使うようにします。 「霰粒腫」(さんりゅうしゅ)は、マイボーム腺という皮脂腺が詰まることにより、中に分泌物がたまってしまい、その刺激でまぶたにしこりのような塊ができる……と書きましたが、女性の場合、メークでもマイボーム腺をふさぎがちです。 例えば、アイメークの濃い女性は、まつ毛の内側の粘膜に濃いアイラインを引いたりします。 目がパッチリと見えます。 しかし、この粘膜にある小さい穴こそが、マイボーム腺なのです。 アイラインが、マイボーム腺の開口部をふさぐメークになっているんです。 アイライナーにかぎらず、マスカラやアイシャドウなども、目の際までつけるとマイボーム腺の機能を侵す原因になります。 毎回、洗顔で丁寧に落とせばよいのですが、問題は落としきれないメークがマイボーム腺の詰まりの原因になること。 この腺が詰まると、異物感や不快感の原因になり、さらに感染すれば炎症が起こり、ものもらい「霰粒腫」の原因にもなるのです。 このマイボーム腺や涙腺の詰まりをとり、ドライアイや疲れ目軽減の対策としてオススメなのが「目を温める」ことです。 「目を温める」ことは、局所の血管拡張、血液やリンパ液の循環促進、細胞の新陳代謝などに作用します。 【涙腺・マイボーム腺のケア方法】 手軽な方法として、入浴時、タオルを湯に浸して絞り、天井に向けた目に載せて、閉じたまぶたの上から3分ほど、温めるとよいでしょう。 マイボーム腺に固まった脂は、約40度C(お風呂の温度)で溶けるといわれています。 入浴時以外では、ホットタオルがオススメ。 目の上にのせるだけで、簡単にケアができます。 疲れ目軽減で目を温める場合は、約10分温めることで、目の見え方を調整する毛様体筋のこりがほぐれ、目のピント調節力が改善され、疲れ目も緩和されます。

次の