芥川 龍之介 桃太郎。 芥川龍之介のパロディ風『桃太郎』が面白い!

【おすすめ短編小説】桃太郎 芥川龍之介 退治された鬼の気持ちを知っているか?【あらすじ感想】

芥川 龍之介 桃太郎

働きたくないから鬼退治へ向かう桃太郎 桃太郎といえば鬼退治だが鬼退治をする理由が、 おじいさんやおばあさんのように働きたくないからだという軽はずみな理由で思い立つ。 それを聞いたおじいさんとおばあさんも、桃太郎の腕白ぶりに愛想をつかしており、鬼退治でも外に出ていくことは内心嬉しかったという。 犬と猿と雉の3匹の仲間を作るきっかけになった「きび団子」をあげるシーンも 1匹に対し、きび団子をひとつではなく、半分にしてあげるという、なんともセコい人柄が伺える。 童話では、立派な人格に大義ある志が宿った桃太郎だけれど、 芥川の手にかかった桃太郎は人間臭く、そこがかえって童話とのギャップが生まれ面白い。 桃太郎に退治された鬼の気持ち 童話の桃太郎は、鬼退治をして、鬼が所持していた金銀財宝を村に持ち帰って、めでたし、めでたし。 というストーリ-だけれど、本編は違う。 平穏に暮らしていた鬼たちに突如、桃太郎に理由もなく退治されてしまう。 命だけは勘弁してもらえた鬼が桃太郎に聞く。 「なぜ私たちを?あなたに何か無礼を?」 桃太郎は「特になく、思い立ったし、仲間もいるから」 といった動機の不純さすらもない動機によって、鬼は生活を奪われてしまう。 それ以後、鬼たちは桃太郎への復讐心を忘れずない。 そして 争いは続く。 人物の背景や立場によって、こうも物語の受け取り方は変わる。 これではどちらが正義かはわからない。 しかし、一面的でなく、物事は二面性を持っているし、それ以上に多面的にみることもできる。 その見方を提示してくれる芥川の桃太郎のほうが、とても童話として読みたかったとすら思う。 ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました。 pressnet. html こんな広告コピーがある。 これは、芥川の桃太郎が提示したものに通じる。 物事は多面的である。 聴く読書のすすめ オーディオブックは、耳で聴く本。 ナレーターが本を読み上げてくれるので、目を使わずに読書を楽しめます ・通勤、散歩、家事、就寝前などスキマ時間やながら聞きに ・登録無料の通常会員なら月額0円、お支払いは買いたい時だけ Amazon利用者はこちらがおすすめ Amazon Audible オーディブル は、プロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービス。 ビジネス書・自己啓発・小説・洋書・落語・講演など、様々なジャンルがラインアップ。

次の

「読書へのいざない」長谷クラス②~芥川龍之介「桃太郎」を読む~

芥川 龍之介 桃太郎

絵本の読み聞かせ仲間から誘われていた、朗読講習会に先日行ってみた。 今はの『桃太郎』を教材にやっているとのことで、この作品は、朗読動画で聞け、ネットの「」で読めるので、事前に予習して来てとの連絡があり読んでみた。 この版『桃太郎』は知らなかったけど、皆が知っている昔話の『桃太郎』をパロディ風に変えていて面白かった。 、こんな作品を書いていたとは。 」からだそだ。 この桃太郎は怠け者だったのか。 しかも桃太郎を育てたお爺さんやお婆さんも、 「内心この腕白ものに愛想を尽かしていた時だったから、出陣の支度に必要なものは桃太郎の言いなりに持たせることにした。 」そうだ。 鬼ヶ島へ向かう桃太郎が腰に下げたきびだんごに目を付けた犬が、「一つくれればお供する。 」 と言ったことに対して、桃太郎はとっさにそろばんを取り出し「半分しかやらぬ。 」とケチくさいことを言い、犬と押し問答になる。 その後犬の他にも、きびだんごの半分を餌食に、猿やキジも家来に従え、仲の悪い動物同士がいがみ合いながらやっと鬼ヶ島に到着する。 その鬼ヶ島は、極楽鳥のさえずる美しい天然の楽土であり、鬼たちは琴を弾いたり踊りを踊ったり、詩を歌ったり平和に暮らしていた。 鬼のお婆さんは孫の世話をしながら、 「お前達もいたずらをすると、人間の島へやってしまうよ。 」 「人間の島では鬼は殺されてしまうのだ。 」と、いい聞かせる。 そして、人間とはどうものかとの問いに対して、 「人間とは、角の生えない色白で気味の悪いもの。 」 「欲深く、嫉妬深く、自惚れ強く、仲間同士殺し合うし、火はつけるし、泥棒はするし、手のつけようのないケダモノだよ。 」と、孫達に説く。 桃太郎一行は到着した鬼ヶ島で、ありとあらゆる残虐行為をして、宝物と生き残った鬼の酋長の子供を人質に、意気揚々と国へ帰って行く。 その時鬼の酋長は桃太郎に、 「自分達は貴方様達にどんな無礼をしたのでしょうか?何故こんな酷い仕打ちを受けなければならなかったのでしょうかでしょうか?」 と、恐る恐る質問をする。 それに対しての桃太郎は、のらりくらりと答えになっていない説明を述べ、 「つべこべ言うなら、お前たちも皆殺しだ。 」と脅す。 この後、桃太郎は幸福な一生を送ったわけではなく、人質の鬼の子や鬼ヶ島で生き残った鬼達の復讐に遭い、住まいを焼かれたり、ずっと命を狙われ続ける。 そして桃太郎は、 「どうも、鬼というものの執念深さには困ったものだ。 」とため息をつく。 その間も、鬼たちは恋をするのも忘れ、鬼ヶ島の独立計画のため着々と準備を進める。 これを読み終えて、「こんな鬼にしたのは誰じゃ~!」 と思わず、テーブルをひっくり返しながら叫んでしまった。 というのはもちろん嘘だけれど、鬼は最初から悪い鬼だったわけではなく、一般的な昔話とは鬼と桃太郎に抱いたイメージが真逆で面白かった。 ネットサイトから読んだので、この作品の解説が知りたく調べてみたら、アマゾンの本書内容説明にこう記されていた。 大正期に活躍した「新思潮派」の作家、の後期の小説。 初出は「」臨時増刊[、1924(大正13)年]。 「白葡萄」[、1925(大正14)年]に収録。 昔話「桃太郎」のパロディであるが、日本政府が中国を植民地化したことを訴える内容となっており、その政治性、時代性から初期プロレタリア小説と位置づける見方がある。 なるほど、のその時代、日本が中国を植民地化したことを訴えた物語だったのか。 言われてみれば、戦争の始まりに置き換えた話とも思えるし、歴史的に見てもこの地球上で色々似たようなことが起こったような。 最初はウォーミングアップの為の簡単なストレッチから始まり、。 これらの練習は、バンドで歌う時にも大いに役立ちそうだ。 それからこの『桃太郎』を段落ごとに順番に読んでいき、読み方指導を受けるという流れだった。 珍しい固有名詞や、言い回しなどの読み方やアクセントが難しかった。 講師によって違うようだけど、絵本の読み聞かせの場合は、台詞部分はあまり声色を使ってはいけないようだけど、朗読講習会では、劇のように役に成り切って出来るところが面白い。 朗読は楽しいし、活舌も良くなりそうなので、これからも参加出来る時はなるべく参加したいと思った。 今月の会は、開催出来るのかは分からないけれど。 今回この『桃太郎』を読んで、撮っておいたこの写真を思い出した。 『』もその名のイメージとは違い、世界平和を目指して戦う話だった。 tsuruhime-beat.

次の

桃太郎は盗人なのか? −「桃太郎」から考える鬼の正体−

芥川 龍之介 桃太郎

こんにちは。 国文学科の長谷あゆすです。 メッセージが届きました。 国文科ゆるキャラの樟次郎くんからこんな連絡が。 それにしても、ちょうど良かった! おおっ。 返事が早い。 「ということで、またやって来ましたー。 」 樟次郎くんが無事到着。 では、さっそく秋期に行われた授業の様子をふりかえっていきましょう。 【長谷クラス2回目。 】 樟次郎:えーと、この科目では学生が4組に分かれて 4人の先生が担当する授業を3回ずつローテーションで受けていくんでしたね。 長谷:その通り。 よく覚えてましたね! 樟次郎:前回ちゃんとメモをとってたんで、ばっちりです。 長谷先生の授業では「桃太郎もの」を取り上げたんですよね。 「桃太郎と死の秘宝」とかそういうのを期待してました。 長谷:ハリーポッターか(笑) まあ、タイトルは確かにシンプルなんですけど、昔話の「桃太郎」とは内容が全然違うんですよ。 ちょっと本文を読んでみてください。 【芥川龍之介「桃太郎」を読む。 】 むかし、むかし、大むかし、ある深い山の奥に大きい桃の木が一本あった。 〈略〉 この木は世界の夜明以来、一万年に一度花を開き、一万年に一度実をつけていた。 〈略〉 不思議なのはその実は核のあるところに美しい赤児を一人ずつ、おのずから孕んでいたことである。 樟次郎:1万年に1度実をつける桃の木かぁ。 ファンタジックう~。 長谷:芥川版では、この赤児が入った桃の実を八咫鴉(やたがらす)がつついて谷川に落とします。 そして、川下にいるお婆さんがそれを拾うことを匂わせておいて、桃太郎の話をスタートさせるという流れになっています。 樟次郎:なんだかすごい能力を持った主人公が出てきそうですね(ワクワク)。 桃から生まれた桃太郎は鬼が島の征伐を思い立った。 思い立った訳はなぜかというと、彼はお爺さんやお婆さんのように、山だの川だの畑だのへ 仕事に出るのがいやだったせいである。 樟次郎:予想してなかった展開が来たなぁ(笑) 長谷:「仕事に出るのがいや」のあたりがリアルですよね。 お爺さん、お婆さんも桃太郎にはすでに愛想をつかしていて「一刻も早く追い出したさ」に準備を整えてやるんですよ。 樟次郎:面白いというか、切ないというか…あ、犬が出てきました。 …犬は黍団子と聞くと、たちまち彼の側へ歩み寄った。 「一つ下さい。 お伴しましょう。 」 桃太郎は咄嗟(とっさ)に算盤(そろばん)を取った。 「一つはやられぬ。 半分やろう。 」 犬はしばらく強情に、「一つ下さい」を繰り返した。 しかし桃太郎は何といっても「半分やろう」を撤回しない。 樟次郎: 「団子を分割する」っていう発想がただ者じゃないですね。 長谷:ちなみに、この後桃太郎は同じやり口で雉と猿をお供にするんですけど、チームワークがこれまた最悪で…。 (10 分後) 樟次郎:ふう~。 一気に読んじゃいました。 それにしても、 桃太郎が飢えたお供をけしかけて 平和を愛する鬼たちを虐殺していくっていうのが衝撃的でした。 ものすごく ダークな話で驚きました。 長谷:その後も、桃太郎が人質に取った子鬼が成長して逆襲を始めたり、例の桃の木になった実から次なる「未来の天才」が生まれる可能性が示唆されたりと、含みのある内容でしたよね。 】 長谷:では、ひととおり読み終わったところで、この話のテーマを考えてみましょう。 樟次郎くん、こんな感じで「考察メモ」を書いてみてください。 樟次郎:了解です。 「作者が伝えたかったことは何か」的なことを考えればいいんですよね! (カキカキ…)にしても、 読んですぐ「テーマ」を書くってキツいなぁ。 授業の時に「時間が足りません」っていう学生さんはいなかったんですか? 長谷:実は、前回の授業終わりに本文を渡しておいて、 考察メモを書くところまで各自で準備してきてもらったんです。 樟次郎:なるほど~…あれ、こっちにあるプリントは何ですか? 長谷:忘れてました。 こちらは大正期の国語の教科書(尋常小学国語読本)に載っている「桃太郎」です。 これを見てもらって、当時のスタンダード型「桃太郎」と芥川版が全然違うことを確認したりもしましたね。 】 長谷:さて、ここからが グループワークです! ごらんください。 今回は現場の様子をちゃんと写真に撮っております。 長谷:まず、自分が考えた「テーマ」をマジックで白い紙に大きく書きます。 そして、その紙を見せてから「どういうことか」「なぜそう考えたか」をメンバーに説明していきます。 樟次郎:どんな意見が出ていたのか気になりますー! 長谷:じゃ、こちらを見てください。 長谷:グループ発表の後は、こんなふうに全員が考えた「テーマ」の紙を前に貼りました。 樟次郎:色々ありますね~。 長谷:学生が考えたことを内容で分類してみると、6~7種類くらいに大別できました。 中には芥川版「桃太郎」が 昔話「桃太郎」の序章として書かれていたんじゃないか、という解釈もあって面白かったです。 樟次郎: 「スターウォーズ」方式ですね。 長谷:そうそう。 ハリウッド映画の「スターウォーズ」だと、主人公のルークが悪の権化ダースベイダーと闘う話(エピソード4~6)が先にあって、その後に「ダースベイダーが闇堕ちした由来」を描く話(エピソード1~3)が制作されました。 それと同じように、昔話「桃太郎」が先にあって、 芥川が「鬼が闇落ちして凶悪化するまでのエピソード」を後付けしたんじゃないかっていう解釈ですね。 樟次郎:芥川版の最後では、生き残った鬼たちが独立計画のために目を輝かせて爆弾を仕込んでましたよね。 ここを見たら確かに「平和主義者の闇落ち(凶悪化)」っていうモチーフがあるように読めます。 それに、ラストでは不思議な桃の木がまだ無数に実をつけていて「未来の天才(桃太郎)」がまた生まれるんだ、ってこともほのめかされてましたし…。 みたいなナレーションを妄想しながら読み直すと、ひとしお感慨深いです(泣) 【まとめ】 長谷:さて、その後は各グループの代表者が前に出て 「全体発表」をしました。 それぞれに、根拠を挙げつつ自分の言葉でしっかり考えを伝えていたのがすばらしかったです。 樟次郎:読書は一人で楽しむものと思ってましたけど、人の解釈を聞くのも面白そうですね。 長谷:そう思ってもらえたなら嬉しいです! 芥川作品の中には「桃太郎」のように人間の醜さや身勝手さをリアルに描くものもあれば、人間の心の尊さを感動的に描くものもあります。 読書の幅を広げていくことで、作者の創作意図や表現方法についても新しい発見があるのではないでしょうか。 樟次郎:ふむふむ。 長谷:ちなみに、授業では 「読書を通して浮かんだ疑問が、新たな作品との出会いに繋がったり、文学研究の糸口になったりするかもしれない」という話をして、しめくくりました。 樟次郎: 「読書へのいざない」を 「文学研究へのいざない」に繋げた ところがあざといわけですね。 長谷:「読書」の場合、そこから何を考えるかは自由です。 一方で、「文学研究」の場合、先行研究にはない新しい角度から解釈を加えることや、自説を裏付けるための論証をすることが求められます。 ただし、 「読んで、考えて、何かをみつける」という点では、読書の楽しみと繋がっている気がします。 そこで生まれる「ワクワク感」こそ、学ぶ楽しさなんだと思います。 ……と、語りは尽きませんが(お腹もすいてきたし)そろそろ終わりましょうか。 樟次郎:はーい。

次の